健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ


記事一覧

メンタルケア
     ■ メンタルの強さとは? メンタルの強さは才能ではありません。  人は生まれつきメンタルが強いとは限りません。  子どものころは大人しくて人の影に隠れていたような存在だったのが、大人になってから実業家として一代で大きな事業を成功させた人は歴史を振り返れば沢山います。  極論すればメンタルが強い人とメンタルが弱い人の違いは物事に対する「考え方」です。  メンタルが強ければ思い通りの人生を描い...

記事を読む

ダイエット
     ■ 体脂肪気になりますか? 2008年4月から始まった「特定健診制度(メタボ検診)」によって、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの「生活習慣病」に対する意識が大きく変わることが期待されたわけですが、施工される前とほとんど変わっていません。  自分の健康を維持するために、人はそれぞれ目安にするものをもっていますが、その目指すところは人によって違います。  すべての人が体脂肪を減らすことに一...

記事を読む

メンタルケア
   【ストレスからくる体の病気】 (1)頭痛・脳卒中(2)気管支喘息(3)高血圧・心臓病(4)胃・十二指腸潰瘍(5)うつ病・神経病(6)自律神経失調症(7)肥満症(8)過敏性腸症候群     ■ ストレスを放置してはならない! すでにご存知かもしれませんが「過労死」という言葉は、すでに世界共通語になってまして、欧米メディアでも度々使われてます。  殘念ながら余り良い使われ方ではありません。過労死に...

記事を読む

マッサージ
  引用元:Wikihow    ■ 足裏をやわらかくすれば人はもっと健康に! 足は第2の心臓と呼ばれています。  それもそのはず、実は心臓だけでは全身に血液を送ることができないんです。  足裏がポンプのような役割を果たしているので、頭のてっぺんからつま先まで安定的に血液が送られます。  ですので、足裏が何らかの原因によって固くなってしまうとポンプとしての働きが次第に悪化するので、血液の流れも同時に悪化す...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 運動不足=肥満=認知症!? 今回のテーマは「脳の老化」についてです。  最近認知症と肥満の関係を説く研究結果がさかんに発表されていますが、単に肥満というだけでなく、運動不足も大きな原因の一つであることが明らかになりました。  つまり、運動不足⇒肥満⇒脳の老化+生活習慣病となってしまうわけですが、脳の老化といってもいきなりアルツハイマーになってしまうわけではありません。  発症までの10年...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

【誰も教えてくれない】メンタルの強い人がやっている5つの方法!行動が変わり人生が好転!

 
mental_strong_01071.jpg
 
 
 
 

■ メンタルの強さとは?


 
メンタルの強さは才能ではありません。
 
 
人は生まれつきメンタルが強いとは限りません。
 
 
子どものころは大人しくて人の影に隠れていたような存在だったのが、大人になってから実業家として一代で大きな事業を成功させた人は歴史を振り返れば沢山います。
 
 
極論すればメンタルが強い人とメンタルが弱い人の違いは物事に対する「考え方」です。
 
 
メンタルが強ければ思い通りの人生を描いていけますが、逆は自分に負けてしまいます。
 
 
 
 
 

■ 心の状態をどう保つか


 
あなたの心の状態があなたの人生を作り上げるといっても過言ではありません。
 
 
それくらい人は気分によって左右されます。
 
 
スポーツ選手を見れば分かる通り、一流と称される選手でも心の状態によってパフォーマンスの質が大きく左右される世界です。
 
 
うまく行動できるかを決定するうえで心の状態が非常に大切です。
 
 
 
 

▼ 幸せは自分の心が決める


 
自分の目の前にある物事に対してどのように感じるかは自分の心で決めるわけですから、なおさらです。
 
 
そこに他人の考え方を無理して(本当は望んでいない)入れようとするから、おかしくなります。
 
 
感じたままに行動すれば常に心に左右されることになりますが、自分がどう感じたいかを考えて行動することで感情に左右されなくなり、いつも穏やかに過ごすことができます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

【ごっそり痩せる】体脂肪を効率よく減らす方法!激しい運動をしなくても体脂肪は落ちる!

 
body_fat_01121.jpg
 
 
 
 

■ 体脂肪気になりますか?


 
2008年4月から始まった「特定健診制度(メタボ検診)」によって、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの「生活習慣病」に対する意識が大きく変わることが期待されたわけですが、施工される前とほとんど変わっていません。
 
 
自分の健康を維持するために、人はそれぞれ目安にするものをもっていますが、その目指すところは人によって違います。
 
 
すべての人が体脂肪を減らすことに一生懸命になっているわけではないのはわかりますし、もちろんそれで何ら問題ありません。
 
 
 
 
 
body_fat_01122.jpg
 
 

【BMI=体重(kg)÷身長(m)2】

(1)やせ  =18.5未満
(2)普通  =18.5~25
(3)肥満度1=25~30
(4)肥満度2=30~35
(5)肥満度3=35~40
(6)肥満度4=40以上


 
 
 
 

■ 肥満は他人事ではない!


 
しかし、最近ではメタボ治療のための専門外来が次々と誕生しているので、近い将来「肥満」で悩まれている多くの人が肥満を克服出来る日が来るかもしれませんが、メタボの元凶とされる体脂肪を効率よく落とすためにも、体脂肪について詳しく知る必要があります。
 
 
ということで、今回は自分で自分の理想のボディを手にいれるための方法と体脂肪に関する知識についてわかりやすくまとめてあるカラパイアさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

【知らないとヤバい!】ストレスは万病の元!最強のストレス解消法でイライラ、過呼吸、不眠を予防!

 
stress_01121.jpg
 
 

【ストレスからくる体の病気】
 
(1)頭痛・脳卒中
(2)気管支喘息
(3)高血圧・心臓病
(4)胃・十二指腸潰瘍
(5)うつ病・神経病
(6)自律神経失調症
(7)肥満症
(8)過敏性腸症候群
 

 
 
 
 

■ ストレスを放置してはならない!


 
すでにご存知かもしれませんが「過労死」という言葉は、すでに世界共通語になってまして、欧米メディアでも度々使われてます。
 
 
殘念ながら余り良い使われ方ではありません。過労死にいたるまでには、それ相当のストレスを抱えています。
 
 
しかし、上図にある通り、ストレスは万病の元といえるほど、様々な病気の原因となっているので、放置することは許されません。
 
 
そのまま放置すると自分でコントロールができなくなるほど、自分を追い込んでしまいます。
 
 
インターネットが普及してから我々の暮らしは飛躍的に向上しましたが、間違いなくストレスは加速的に増えていますよね。
 
 
ストレスが溜まれば溜まるほど心身に悪影響をおよぼします。
 
 
逆にいうとストレスを予防・解消できれば、様々な病気を予防できます。
 
 
 
 
 

■ こまめにストレス解消しよう!


 
仕事で何か問題が生じてしまい、強いストレスの影響からマイナス思考がさらに酷くなると問題を解決することが不可能な心の状態になってしまいます。
 
 
我々日本人は幸せホルモン「セロトニン」などの脳内物質の分泌量が欧米の人ほど多くありません。
 
 
このため、脳の構造上どうしても不安なことを考えてしまい、自らストレスを拡大してしまう傾向が強いです。
 
 
そうならないためにも、ストレスを解消する方法を身につけなければなりません。
 
 
ということで今回はストレスを予防・解消する方法についてまとめと精神科医でありながらベストセラー作家として話題作を次々出版されている樺沢紫苑先生自らがストレス解消法を解説している動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

からだの調子を整える足先・足裏マッサージ!足先と足裏をやさしく揉みほぐして全身の血流を改善する簡単セルフケア!

 
foot_acupoint_01071.jpg
 
引用元:Wikihow
 
 
 
 

■ 足裏をやわらかくすれば人はもっと健康に!


 
足は第2の心臓と呼ばれています。
 
 
それもそのはず、実は心臓だけでは全身に血液を送ることができないんです。
 
 
足裏がポンプのような役割を果たしているので、頭のてっぺんからつま先まで安定的に血液が送られます。
 
 
ですので、足裏が何らかの原因によって固くなってしまうとポンプとしての働きが次第に悪化するので、血液の流れも同時に悪化するため、様々な体調不良を引き起こす引き金となってしまいます。
 
 
このため、常に足の裏をチェックして、足の裏を柔らかくすることで、美容と健康を保つことが容易になります。
 
 
というと何だか難しいことのように思われるかもしれませんが、そんなことは全くありません。
 
 
足裏を柔らかくすればいいだけです。
 
 
 
 

▼ お風呂でマッサージすると代謝と免疫機能がアップ!


 
私は毎晩お風呂の中で足裏をマッサージしています。
 
 
真冬でも40℃くらいのぬるめのお湯につかりながらマッサージするのですが、2~3分やっているとけっこうな量の汗をかきます。
 
 
代謝が良い証拠ですね。
 
 
また、習慣的に足裏をマッサージすることで毎晩ぐっすり眠ることができるようになり、その日の疲れはその日のうちに解消できるようになりました。
 
 
睡眠の質を高めるうえで、これほど効果的な健康法はないと思っています。
 
 
ということで、今回は足裏を刺激して健康になる方法を解説しているサタデープラスさんの記事と効果的な足裏マッサージの方法を実演している動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

40歳代以上の方に知ってほしい運動不足が老化を加速させてしまう理由について!脳の老化、肌の老化に要注意!

 
woman_feel_bad_01111.jpg
 
 
 
 

■ 運動不足=肥満=認知症!?


 
今回のテーマは「脳の老化」についてです。
 
 
最近認知症と肥満の関係を説く研究結果がさかんに発表されていますが、単に肥満というだけでなく、運動不足も大きな原因の一つであることが明らかになりました。
 
 
つまり、運動不足⇒肥満⇒脳の老化+生活習慣病となってしまうわけですが、脳の老化といってもいきなりアルツハイマーになってしまうわけではありません。
 
 
発症までの10年間の生活習慣が脳の老化の原因となります。
 
 
特に地方に住んでいる方は自宅から職場まで車通勤の方が少なくありません。
 
 
しかも終日会社の中でパソコンの前に座りっぱなしの状態で仕事をされる方が多いので、ほとんど体を動かしていないことになります。
 
 
 
 
vascular_condition_01111.jpg
 
 
 

■ 運動不足は万病のもと!


 
残念ながら都心で生活する人たち以上に運動不足(かなり深刻な)の方が多いです。
 
 
運動不足が慢性化する余分な脂肪を溜め込むことなり、これが体の代謝を低下させ、血行障害を引き起こす原因となります。
 
 
さらに放置すると肥満化が一気に進み、それと並行して血液がドロドロとなって上図のような形で血管が細くなってしまいます。
 
 
そうなると血栓症、動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病といった生活習慣病を引き起こすので、運動は定期的に行わなければ健康は維持できません。
 
 
ということで今回は運動不足による脳の老化のメカニズムを解説した記事をご紹介していただきます。
 
 
そして、運動不足効率よくを解消していただくために自宅にいながら数十分間の有酸素運動に匹敵する運動効果がある「ヨガポーズ:ランジ」の動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます