体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:体の痛み不調の原因

体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
     ■ 脳卒中の最大の原因は「高血圧」  2014年に厚労省から発表されたデータによりますと、日本人の死亡原因として「脳卒中」は、全体でベスト3に入るほど大きな割合を占めています。脳卒中(脳疾患)は、50歳代に入ると急激に発症リスクが高まります。  しかし、殘念ながら若いからといって安心することはできません。脳卒中は20代から30代前半の方々の死亡原因の5位をマークしているので、しっかり予防す...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ がんになる人が増えている?  恐ろしいことに、今現在日本では2人に1人はがんになる時代にすでに突入しています。事実日本人の死亡原因の1位となっていますが、社会的なストレスや食習慣が劇的に改善される可能性が低いだけに、今後も拡大傾向が続くと予想されてます。  よく「ガンは遺伝による要因が大きいと」いった声もありますが、やはり普段の生活習慣や性格なども大きな要因となってます。代表的なのが以...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ リバースプランクとは!?  今回ご紹介させていただくエクセサイズは、プランクの一つである「リバースプランク」です。通常のプランクと異なり、体の向きを反対にして行うのでバック・プランクとも呼ばれています。  リバースプランクは上図にあるとおり、肩、腕、背中、お腹、お尻、太ももなどの筋肉を効率よく鍛えることが出来るのですが、特に背中側の脊柱起立筋、お尻の大殿筋、背中の背広筋を鍛えることがで...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 腰痛で苦しめられている人は2800万人を超えている!?  今現在腰痛に苦しめられている人は、日本全国で約2800万人(潜在的な人を含めて)に達していると推定されています。もはや腰痛は国民病と呼べるレベルにあります。慢性的な腰痛は日常生活に大きな支障をきたすだけに注意が必要です。  腰痛というと長時間座りっぱなしで姿勢が悪化したり、長期間にわたって無理な態勢で重い物を持ち運びすると発症し...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 爪の状態が悪いと病気が進行している!?  昔から「爪は健康状態を映す鏡」といったことが言われてますが、爪の状態を見れば、ある程度現在の健康状態を推測できます。実は爪にはあらゆる種類の病気や症状が映し出されています。それほど健康状態が爪にあたえる影響が大きいんです。  例えば2012年に米国(カリフォルニア大学)で発表された研究結果によりますと、乾癬(かんせん)(皮膚に出来た赤い発疹(ほ...

記事を読む

脳卒中(脳梗塞など)の原因第1位は「高血圧」の放置!高血圧に効くセルフケアで血流を改善して脳卒中を予防!

 
 
197020180310ht.png
 
 
 
■ 脳卒中の最大の原因は「高血圧」
 
 
2014年に厚労省から発表されたデータによりますと、日本人の死亡原因として「脳卒中」は、全体でベスト3に入るほど大きな割合を占めています。脳卒中(脳疾患)は、50歳代に入ると急激に発症リスクが高まります。
 
 
しかし、殘念ながら若いからといって安心することはできません。脳卒中は20代から30代前半の方々の死亡原因の5位をマークしているので、しっかり予防するためにも若いうちから生活習慣を正す必要があります。
 
 
ちなみに脳卒中とは、脳に酸素と栄養素を送っている血液の流れがある日突然滞ってしまう病気の総称でして、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血が脳卒中に含まれます。脳卒中を予防する上で最も重要なのが高血圧を放置しないことです。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

がんになりやすい人の3つの特徴!まじめで責任感が強い人は仕事のストレスに要注意!腸を温めてガンを予防する方法!

 
 
4820180601hm.png
 
 
 
■ がんになる人が増えている?
 
 
恐ろしいことに、今現在日本では2人に1人はがんになる時代にすでに突入しています。事実日本人の死亡原因の1位となっていますが、社会的なストレスや食習慣が劇的に改善される可能性が低いだけに、今後も拡大傾向が続くと予想されてます。
 
 
よく「ガンは遺伝による要因が大きいと」いった声もありますが、やはり普段の生活習慣や性格なども大きな要因となってます。代表的なのが以下の3つです。
 
 
 
 
1262017922ht.png
 
 
 
(1)ストレス
 
 
仕事などにより過度なストレスによって、交感神経が興奮し、体内で活性酸素を生成されてしまいます。そうすると体の中から酸性化=錆びつくこととなり、がん細胞が生じやすくなってしまいます。
 
 
しかし、残念ながらストレス社会を生きるうえでストレスを完全に避けることはできません。したがって、極力ストレスを貯めこまないためにも、一生懸命になりすぎないことも大切です。気を楽に持つことで体の緊張がほどけていきます。
 
 
そのためにも、「ネガティブな自分」をしっかり受け入れてあげてください。ネガティブな感情があっても全然おかしいことではありません。むしろ無い方がおかしいです。「そんなときもある」、「きっとこれからいいことが起こる」と、肯定的な言葉をつぶやいてみましょう。

» 記事の続きを読む

 タグ

お腹周り、お尻、背中、二の腕の「脂肪(しぼう)」がごっそり取れる!腰痛や肩こりなどの予防にも利く!

 
 
11460170301ht.png
 
 
 
■ リバースプランクとは!?
 
 
今回ご紹介させていただくエクセサイズは、プランクの一つである「リバースプランク」です。通常のプランクと異なり、体の向きを反対にして行うのでバック・プランクとも呼ばれています。
 
 
リバースプランクは上図にあるとおり、肩、腕、背中、お腹、お尻、太ももなどの筋肉を効率よく鍛えることが出来るのですが、特に背中側の脊柱起立筋、お尻の大殿筋、背中の背広筋を鍛えることができます。
 
 
やり方は非常に簡単です。仰向けの状態で両肘で体をおこし、腰を上げて、そのままの体勢をキープ(30秒から1分程度)します。プランクと同じように、頭・腰・足のラインが一直線になるように注意してください。
 
 
 
 
 
10960170301ht.png
 
 
 
■ リバースプランクの効果とは!?
 
 
また、リバースプランクは、正面プランクとは違う筋肉を刺激してくれます。お腹周りの筋肉量が増えると脂肪がつきにくくなり、なおかつ腰痛や肩こりなどの予防にもなります。毎日数分程度行うだけで、とてつもない健康効果が期待できます。
 
 
スキマ時間に行うようにすれば、無理なく習慣化することができるので、是非リバースプランクを実践して運動不足を解消しましょう!。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

背中や腰の筋肉を柔らかくして血行を改善!椎間板ヘルニアなどの腰痛予防に利く!辛い腰の痛みにさようなら!

 
 
2120180910hm.png
 
 
 
■ 腰痛で苦しめられている人は2800万人を超えている!?
 
 
今現在腰痛に苦しめられている人は、日本全国で約2800万人(潜在的な人を含めて)に達していると推定されています。もはや腰痛は国民病と呼べるレベルにあります。慢性的な腰痛は日常生活に大きな支障をきたすだけに注意が必要です。
 
 
腰痛というと長時間座りっぱなしで姿勢が悪化したり、長期間にわたって無理な態勢で重い物を持ち運びすると発症してしまうイメージが依然として強いですが、実はこれはほんのごく一部なんです。
 
 
 
 
487090171220ht.png
 
 
 
『 腰痛の原因はストレスだった!? 』
 
 
これまで腰痛の約85%は原因不明とされていましたが、最近ではストレスが大きくかかわっていることが解明されつつあります。本来我々人間の脳には痛みを抑える物質を分泌する働きがありまして、それを側坐核(そくざかく)が行っています。
 
 
しかし、側坐核はストレスを受けると機能が低下してしまうので、必要以上に痛みを感じることになってしまいます。つまり、痛みをケアしながら同時にストレスを解消しないと痛みは思うように改善されません。
 
 
このため適度な運動が見直されています。そこで今回ご紹介させていただきたいのが「マッケンジー体操」です。
 
 
 
 
 
488090171220ht.png
 
 
 
■ マッケンジー体操とは!?
 
 
今回は、ニュージーランド在住の世界的に著名な理学療法士、ロビンA・マッケンジー氏によって考案された「マッケンジー体操」をご紹介させていただきます。マッケンジー体操は、上の画像にあるとおり、うつぶせになって上体をそらすエクセサイズです。
 
 
誰でも簡単にできるエクセサイズですが、腰痛の予防・改善効果が非常に優れています。マッケンジー体操は、普段から座りっぱなしの状態で仕事をしていていて、猫背とまではいかなくても、つねに前かがみになりながら作業をしているような人が行うと腰が楽になります。
 
 
 
 
3464420161220l.png
 
 
 
『 すでに痛みがある場合の注意点とは? 』
 
 
すでに腰に痛みがある人がいきなりやると症状を悪化させてしあう危険性があるので、ゆっくりとした気持ちの良い呼吸を意識しながら少しずつ上体をそらしてくといいようです。
 
 
ということで、今回はマッケンジー体操の効果について簡単にまとめさせていただきました。整体 姿勢屋さんを運営されている整体師の堀口大輔先生が実演されている動画の中で非常に分かりやすく解説されていますので、是非こちらの動画をご覧になっていただいた上でマッケンジー体操を実践してみてください。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

爪をみれば健康状態がズバリ分る!爪が健康状態を警告する5つのサインとは!?こうなる前に爪もみで簡単セルフケア!

 
 
16120180310ht.png
 
 
 
■ 爪の状態が悪いと病気が進行している!?
 
 
昔から「爪は健康状態を映す鏡」といったことが言われてますが、爪の状態を見れば、ある程度現在の健康状態を推測できます。実は爪にはあらゆる種類の病気や症状が映し出されています。それほど健康状態が爪にあたえる影響が大きいんです。
 
 
例えば2012年に米国(カリフォルニア大学)で発表された研究結果によりますと、乾癬(かんせん)(皮膚に出来た赤い発疹(ほっしん)の上に、フケのような垢が付着し、ポロポロとはがれ落ちる病気)の患者さんの約77%に何らかしらの爪の異常が見られたようです。
 
 
一般的な症状としては爪が崩壊(爪床からの爪の剥離)します。また、真菌性爪感染症になると爪が黄色に変化し、様々な体調不良を引き起こしますので、小まめに爪の状態をチェックすることをオススメします。
 
 
 
 
31382017401ht.png
 
 
 
『 爪もみ療法でセルフケア!』
 
 
また、爪に何かしらのサインが出ている場合、自律神経が崩れているケースが多いので、各病気のサインが初期の段階であれば、自律神経のバランスを整えることで、症状改善されるきっかけになります。
 
 
上図にあるとおり、手の指には沢山のつぼがありますので、指を普段から軽くマッサージしてあげるだけでも、良い効果をもたらしてくれます。ということで、今回は爪もみ療法のやり方とあわせて、健康状態がわかる爪の5つのサインをご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます