plank_091.jpg
 
 
 
 

■ お腹ブヨブヨを軽く考えてませんか?



これから本格的な冬を迎えるにあたって楽しいイベントが目白押しです。こんなときは、つい気が緩んで暴飲暴食しがちです。冬は一年で一番太りやすい季節なんですが、服を沢山着るので「太ったな」という実感がわきにくいので、そのまま放置してしまうので厄介なんです。
 
 
しかも、これに運動不足がプラスすると、加速的に脂肪がつきやすくなってしまいます。ですが、ウエスト周りはごまかせません。春を迎えるまえに「お腹ぶよぶよ」を今からしっかり対策しましょう。
 
 
 
 

『 おすすめは体幹トレーニング 』


 
そこでおすすめしたいのが「体幹トレーニング」です。私ごとで恐縮ですが、毎年この時期は5キロくらい太るので、年末年始で太った体を元に戻すためにハードなダイエットをしていました。
 
 
一昨年から「体幹トレーニング」を毎日やるようになったので、ハードなダイエットはやってません。
 
 
最初は結構きつかったんですが、2年もやれば、すっかり習慣になり、やらないと気持ちが悪いので、ほぼ毎日実践しています。


そのおかげで体重が乱高下することもなくなり、しかも肩こりや腰痛も改善されたので、以前よりも疲れにくくなった点も大きなメリットです。
 
 
ですので、是非今回ご紹介させていただくお腹がへこむ体幹トレーニング「プランク」を是非習慣化してください。そのお腹周りを引き締める効果に驚くと思います。


若いうちはいいのですが、30も過ぎれば「こんなにお肉が付くなんて!」と、驚く場面に何度も出くわすことになります。
 
 
 
 
 
subcutaneous_fat_091.jpg
 
 
 

■ お腹ブヨブヨを放置するのは危険!


 
もしかしてすでにお腹にかなりの脂肪を蓄えていませんか?。
 
 
普段なにも運動をしなければ年齢とともに筋肉量が減って代謝が落ちるので、その状態が続くと誰でも20代後半にはお腹はブヨブヨになります。


若いから大丈夫と思っていると、あっという間に男性はオッサン化、女性はおばさん化が進みます。
 
 
運動する習慣がないと腹筋が弱るので、内臓の位置もだんだん下がってしまいます。これを放っておくとさらに悲惨な状態になってしまいます!


内臓脂肪が増えると高血圧や糖尿病といった生活習慣病、動脈硬化、心疾患、脳卒中を発症するリスクが高まりますので、内臓脂肪が多い人は内臓脂肪を減らす努力がどうしても必要なんです。
 
 
そこで今回は、運動が続かない方でも無理なく続けられる「1日たった10秒でOKの体幹トレーニング」をご紹介。動画を見ながら、今すぐチャレンジしてみてください。



 
 

■ 体幹トレーニング(プランク)実践編!


 
今回は運動が続かない人でも出来る1日たった10秒でOKの体幹トレーニングをご紹介します。
 
 
やり方は非常に簡単なんですが、その効果は絶大です。下の画像にあるポーズをキープするだけなので、体に負担は一切かかりません。
 
 

(1)まず最初にうつぶせになり握りこぶしを床に縦につく。
 
(2)握りこぶしから肘までを床につけ体を支えます。
 
(3)足のつま先を立て体を浮かせる(10秒間キープ)
 
頭から足まで一直線になるように意識しましょう!
 

 
 
 
plank_092.jpg
 
 
 

■ 体感トレーニング(プランク)を行うさいの注意点!


 
お腹が沈んだりお尻が出っ張らないように注意して下さい。正しい姿勢で行なうことによって体幹が鍛えられ姿勢もよくなります。
 
 
お腹のプニ肉解消にもつながりますよ!。もし余裕があるのであれば、片足ずつ上げてみてください。かなりきついですが、その分効果は一気に高まります。
 
 
左右10秒ずつプラスで行なうといいでしょう。たった10秒でも効果を実感出来ると思います。できるだけ毎日続けて美しい体をキープしましょう。
 
 
 
 
 
plank_093.jpg
 
 
 

■ お腹引き締め効果が凄い体幹トレーニングのまとめ


 
上図にありますとおり、プランクにはサイドを鍛えるタイプのものもあります。こちらと合わせて行うことによって、お腹周りの脂肪の取れ方が加速します。一般的な腹筋を鍛えるエクセサイズでは横腹の筋肉を鍛えるのが難しいです。
 
 
プランクなら後ろも前も横も効率よく鍛えることができます。ですので、最初はうつ伏せ型のプランクからスタートし、慣れてきたところでサイドのプランクも実践されると良いでしょう。
 
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow

【動画】 美レンジャー ch.
 
1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」