miso_soup_291.jpg
 
 
 
 

■ みそ汁の健康効果が凄い!


 
私は長年パン食だったため、過去10年ほどみそ汁を食していませんでした。高血圧を予防する意味あって、塩分をできるだけ控えたいと考えていたため、なおさらのことみそ汁から距離をおいていました。
 
 
しかし、だんだんパン食に飽きてきまして、思い切って一昨年あたりから朝食を完全に和食に切り替え、みそ汁も毎朝飲むようにしたのですが、驚くべきことに血圧はパン食事代よりも安定しています。
 
 
かなり大きめのお椀に毎朝2杯ほど飲んでいるにもかかわらず、すこぶる調子が良いので自分のことながら非常に喜んでいます。どうやらみそ汁は体内でのナトリウムの排出機能を高める働きがあるので、それほどみそ汁の塩分の多さを気にする必要はないようです。
 
 
 
 
amount_of_salt_291.jpg
 
 
 

『 味噌汁は食のバランスをとりやすい! 』


 
むしろ豆腐や野菜などの具材を多くすることによって、みそ汁の塩分を吸収してくれるので、食のバランスは以前とは比較にならないほど改善されているようです。
 
 
ということで今回はみそ汁を飲むことによって、どのような健康効果がえられるのか分かりやすく解説したさんの記事と大根のおみそ汁の作り方を実演してる動画( 無駄なし!まかない道場さん)を合わせてご紹介させていただきます。



 
 
「味噌汁は塩分が多い」は誤解!
実はこんなに健康的だった

 
 
miso_soup_292.jpg
 
 
 

『 味噌汁は忙しい方にぴったり! 』


 
毎日の朝食で味噌汁は飲みますか? 朝はパン食だから味噌汁は飲まないという人も多いと思いますが、朝おみそ汁を1杯飲むだけで、一日の栄養バランスが整うので、忙しい方にこそ飲んでもらいたい健康食品です。
 
 
しかし、味噌汁は日本人の食生活に欠かせない料理の一つでありながら、その効能を詳しく知っているという人は少ないのではないでしょうか。今回は、意外に知られていない味噌汁の効能についてご紹介します。
 
 
 
 
 

■ 味噌汁の効果は江戸時代から知られていた


 
江戸時代には「医者に金を払うなら、味噌屋に払え」と言われており、味噌汁の効能として「気を穏やかにし、血を活かし、毒を消し、消化を良くし、寒を防ぎ、嘔吐を抑え、腹下しを止め、血をめぐらせる。
 
 
また髪を黒くし、肌を潤す」と知られていました。東洋医学の医食同源の考えから、味噌汁が薬膳的な食べ物と考えられていたのです。
 
 
 
 

『 味噌汁を飲むと胃がんの死亡リスクが大幅減! 』


 
現代でも味噌汁の効能は様々語られています。味噌汁を全く飲まない人は毎日飲んでいる人にくらべて、胃ガンによる死亡率が50%も高いという調査結果があります。
 
 
味噌に含まれる豊富なミネラルと、熟成過程で発生する物質が、ガン抑制に何らかの効果があるのではないかとされています。
 
 
味噌には胃の粘膜を守る働きがあり、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍になりにくくなるとも言われています。これは60歳を過ぎると、差がはっきりと出てきます。また、味噌には活発な消化酵素が含まれているので、他の食材の消化吸収を助ける働きがあります。
 
 
 
 
 

■ 疲労回復、アンチエイジングにも


 
味噌の主原料である大豆に含まれるサポニンは、血清コレステロールの上昇を抑え、レシチンはコレステロールを低下させる働きがあります。
 
 
動脈硬化予防が期待できるカリウム・マグネシウムも含まれています。
 
 
この他にも、良質なたんぱく質やビタミン類、イソフラボンなど多くの栄養素が含まれており、美肌効果・疲労回復・抗酸化作用といったアンチエイジング効果が期待できます。
 
 
 
 
 

■ 塩分量は大丈夫?


 
塩分が気になり、味噌汁を控える人もいると思います。厚生労働省が定めた一日の塩分摂取目標は男性9g。味噌汁1杯に含まれる塩分は1.5g前後です。
 
 
これだけみると量が多いように思いますが、大豆や具材に含まれるカリウムが、体内のナトリウムの排出を促進してくれるので、総合的に考えると決して塩分量は多くないと言えます。
 
 
 
 
 

■ 味噌汁は朝の毒消し


 
味噌汁には様々な効能があることはお分かりいただけたかと思いますが、さらに“朝に食べるべき理由”もあるのです。
 
 
昔から「朝の毒消し」と言われる通り、味噌汁は体の中の不要な物の排出を促進してくれます。前日の疲労や精神的な安定にも効果があり、一日の始まりに体と心をリセットしてくれます。
 
 
 
 

『 味噌汁で季節の変わり目におきる体調不良を予防しよう! 』


 
さらに、体の中から温めてくれるので、体を目覚めさせるのにもピッタリ。また、寒さが日増しに厳しくなる今の時期は様々な体調不良を引き起こしやすいわけですが、味噌汁を飲むことで免疫力を高めてくれるので、予防するうえでも飲んでおきたいところです。
 
 
具材も様々なものを活用できるので、具だくさんにすれば朝から栄養価の高い食事ができます。
 
 
 
 
【出典】 nikkanCare.ism
 
【画像】 白ごはん.com
 
【画像】 Pinterest
 
 
 
 
 

■ みそ汁は塩分が高いからと控えるのは大損のまとめ


 
最後までお読みいただきありがとうございます。
 
 
みそ汁だけでも心と体の健康に良い効果をもたらしてくれる栄養成分が豊富に含まれていますが、色々な種類の具材を沢山いれることでさらに健康効果がアップします。
 
 
私は毎日最低1杯はお味噌汁を飲んでいます。具材を沢山いれるので、塩分はとくに気にしたことはありませんが、逆にお味噌汁を飲まない日が数日続くと体の調子(特に冬)がイマイチ上がってきません。
 
 
あの徳川家康は、その当時の人たちの平均寿命が40歳だったのに対して73歳まで生きたわけですが、毎日食事のさいは必ずお味噌汁を飲んでいたようです。
 
 
家康は長生きするために、とにもかくにも健康第一だったそうです。そんな家康が食事のさい必ず食していたものが体に悪いわけがありません。私も家康にならって食事毎にみそ汁を飲むようにします。