2720210313ra.png
出典:AC
 
 
 
 

■ 今回は「レバー丼」のレシピ


 
今回は2021年3月13日にテレビ朝日系の料理番組『おかずのクッキング』で放送された「レバー丼」の作り方と「鶏レバー」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で「レバー丼」の作り方を教えて下さったのは、料理研究家の土井善晴さんです。




 

■ 鶏レバーの健康効果とは!?


 
鶏レバーは、100gあたり111kcal(タンパク質75.6kcal(18.9g)、脂質27.9kcal(3.1g)、炭水化物2.4kcal(0.6g))あります。
 
 
鶏レバーはカロリー、脂質ともにやや高めですが、以下のような美容と健康に関する効果が期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、別名「疲労回復ビタミン」とも呼ばれています。また、疲労からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『美肌効果』


ビタミンB群のナイアシンとパントテン酸は、皮膚や粘膜の健康をサポートする作用があり、また、代謝に関する多くの酵素の働きをサポートする役割もあるので、肌の状態を整えくれます。
 
 
 

『生活習慣病予防効果』


鶏レバーに豊富に含まれる亜鉛は、体内にあるビタミンAの代謝を促し、同時にビタミンAの抗酸化作用の活性化を促し、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、心筋梗塞、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『新陳代謝改善効果』


鶏レバーには新陳代謝を高める働きがある「セレン」が豊富に含まれています。新陳代謝が良くなると、同時に血液の循環が良くなるので、体に溜まった老廃物や毒素が体の外にスムーズに排出されるようになり、その結果太りにくい体質になるので、つくねにはそれなりのダイエット効果が期待できます。
 
 
 

『貧血の予防』


鶏レバーには鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血を予防する効果があるモリブデンが豊富に含まれています。
 
 
 
【鶏レバーの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)抗酸化効果
(3)老化の予防効果
(4)シミしわを予防する美肌効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)ストレス抑制効果
(7)免疫力アップ効果
(8)骨や歯が丈夫になる効果
(9)貧血の予防改善効果
(10)新陳代謝改善効果

 
【鶏レバーに含まれる栄養素】
 
<ビタミン>
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンK
(5)ビタミンB1,B2,B6,B12
(6)ナイアシン
(7)葉酸
(8)パントテン酸
(9)ビオチン
(10)ビタミンC
 
<ミネラル>
(1)ナトリウム
(2)カリウム
(3)カルシウム
(4)マグネシウム
(5)リン
(6)鉄
(7)亜鉛
(8)銅
(9)マンガン
(10)ヨウ素
(11)セレン
(12)クロム
(13)モリブデン
 
<その他>
(1)食塩
 

 
 
 
 

■ レバー丼のレシピ


 
■材料(一人分)

(1)鶏レバー(100g)
(2)卵(大1個)
 
<A>
(1)しょうゆ(大さじ1)
(2)砂糖(大さじ2/3)
(3)酒(大さじ3)
(4)ご飯(適量)

 
■ レバー丼の作り方


(1)まず最初に下ごしらえします。鶏レバーはさいの目大に切ります。
 
(2)フライパンにレバー、しょうゆ、砂糖、酒を入れて火にかけます。
 
(3)煮立ったらアクを取って、火が通るまで煮ます。
 
(4)溶き卵を少しずつ流し入れて火を通します。
 
(5)どんぶりにご飯をよそって、(4)をのせたら出来上がり!
 

出典:おかずのクッキング
 
 
 
 

■ さいごに


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はおかずのクッキングで放送された「レバー丼」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
鶏レバーはカロリー、脂質ともにやや高めなんですが、美容と健康に関する効果が期待できる栄養成分が豊富に含まれています。
 
 
そんな鶏レバーを卵でとじて上品な味に仕上げた「レバー丼」が今晩のごはんに少しでも参考になれば幸いです。