2420210312ra.png
出典:AC
 
 
 
 

■ 今回は「蛤にゅうめん」のレシピ


 
今回は2021年3月12日にテレビ朝日系のお料理番組『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』で放送された「蛤にゅうめん」の作り方と「はまぐり」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回のテーマは「春の海から」で、番組内で「蛤にゅうめん」の作り方を教えて下さったのは、辻調理専門学校の日本料理講師:岡本健二さんです。



 

■ はまぐりの健康効果とは?


 
はまぐりは、1個(15g)あたり6kcal(タンパク質3.68kcal(0.92g)、脂質0.72kcal(0.08g)、炭水化物1.08kcal(0.27g))あります。
 
 
100g換算すると38kcalなので、はまぐりは魚介類の中でも低カロリー、低脂質、低炭水化物な食材でありながら美容と健康に良い効果が期待できる栄養成分が豊富に含まれています。
 
 
代表的なのが「タウリン」です。タウリンには胆汁酸の分泌を促進して、肝臓の働きを良くしたり、血中コレステロールを下げて動脈硬化などの生活習慣病を予防する働きが期待できます。
 
 
また、タウリンには滋養強壮にも効果があると言われています。他にもはまぐりには以下のような美容と健康に関する優れた効果が期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、披露からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『貧血予防効果』


また、はまぐりにはビタミンB12が豊富に含まれています。 ビタミンB12には、貧血の予防、腰痛など末梢神経の回復、生活リズムを正常にする効果があると言われています。
 
 
 

『生活習慣病予防効果』


はまぐりに含まれる亜鉛は、体内にあるビタミンAの代謝を促し、同時にビタミンAの抗酸化作用の活性化を促し、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『高血圧の予防』


はまぐりにはカリウムも富に含まれているので、利尿作用に優れているため、むくみや高血圧の予防改善にも効果的です
 
 
 
【はまぐりの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)抗酸化効果
(3)老化の予防効果
(4)シミしわの予防効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)むくみの予防効果
(8)ストレス抑制効果
(9)貧血予防効果

 
【はまぐりに含まれる栄養素】
 
<ビタミン>
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンB1,B2,B6,B12
(5)ナイアシン
(6)葉酸
(7)パントテン酸
(8)ビタミンC
 
<ミネラル>
(1)ナトリウム
(2)カリウム
(3)カルシウム
(4)マグネシウム
(5)リン
(6)鉄
(7)亜鉛
(8)銅
 
<その他>
(1)食塩

 
 
 
 

■ 蛤にゅうめんのレシピ


 
■ 材料(二人分)

(1)はまぐり(8個:350g)
(2)長ネギ(1/2本)
(3)乾燥ワカメ(2g)
(4)油揚げ(1/2枚)
(5)柚子(1/4個)
(6)そうめん(2束)
 
<A>
(1)だし(700ml)
(2)酒(100ml)
(3)みりん(小さじ1)
(4)塩(小さじ1/3)
(5)薄口しょうゆ(小さじ1)
(6)塩(大さじ2)
(7)油(適量)

 
■ 蛤にゅうめんの作り方


(1)まず最初に下ごしらえします。そうめんを水に5分つけ、軽くもんで水洗いし、水気をきります。
 
(2)はまぐりを塩(大さじ2)を溶かした水(1リットル)の中に1時間つけて砂出しします。
 
(※)殻をこすり合わせて洗います。
 
(3)長ネギを斜め5mm幅に切ります。
 
(4)油揚げを3cm長さ、5mm幅の短冊切りにします。
 
(5)フライパンに油(適量)を熱して、長ネギ、はまぐりを中火で炒めます。
 
(6)香りが立ったら、だし、酒、油揚げ、ワカメを加えて、はまぐりの殻が開くまで煮ます。
 
(7)(6)のはまぐりを取り出し、みりん、塩、薄口しょうゆで味を調え、そうめんを中火で1分煮ます。
 
(8)(7)とはまぐりを器に盛り、柚子の皮をすりおろしてふったら出来上がり!
 

出典:上沼恵美子のおしゃべりクッキング
 
 
 
 

■ さいごに


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はおしゃべりクッキングで放送された「蛤にゅうめん」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
上述したとおりはまぐりには、美容と健康に良い効果をもたらしてくれる栄養成分が豊富に含まれています。
 
 
そんなはまぐりをたっぷり使った「蛤にゅうめん」が今晩のおかずに少しでも参考になれば幸いです。