2820210213ra.png
 
 
 
 

■ 今回は「菜の花回鍋肉」のレシピ


 
今回は2021年2月13日にテレビ朝日系の料理番組『おかずのクッキング』で放送された「菜の花回鍋肉(ホイコーロー)」の作り方と「回鍋肉」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で「菜の花回鍋肉」の作り方を教えて下さったのは、人気和食レストラン「賛否両論」のオーナー兼料理人の笠原将弘さんです。



 

■ 回鍋肉(ホイコーロー)の健康効果とは!?


 
回鍋肉は、1食(149.8g)あたり249kcal(タンパク質29.8kcal(7.45g)、脂質172.44kcal(19.16g)、炭水化物36kcal(9g))あります。
 
 
100g換算すると166kcalなので、回鍋肉はカロリーややや高め、脂質はかなり高めですが、回鍋肉には以下のような美容と健康に関する効果が期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、疲労からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『生活習慣病予防効果』


回鍋肉に豊富に含まれるビタミンCとビタミンEには優れた抗酸化作用があり、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『美肌効果』


また、ビタミンCには「血行促進作用」があり、皮膚の新陳代謝を高めて表皮下のメラニン色素のターンバックを促進させる働きがあり、シミやソバカスを予防する美肌効果も期待できます。
 
 
 

『免疫力アップ』


回鍋肉には免疫機能を強化してくれるタンパク質、亜鉛、銅、マンガンなどが含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『貧血の予防』


回鍋肉には鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血を予防する効果があるモリブデンが豊富に含まれています。
 
 
 
【回鍋肉の健康効果】
 
(1)抗酸化効果
(2)老化の予防効果
(3)シミしわなどを予防する美肌効果
(4)がんなどの生活習慣病の予防効果
(5)貧血の予防効果
(6)ストレス抑制効果
(7)骨や歯を強くする効果
(8)便秘の予防効果
(9)疲労回復効果効果

 
【回鍋肉に含まれる栄養素】
 
<ビタミン>
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンK
(5)ビタミンB1,B2,B6,B12
(6)ナイアシン
(7)葉酸
(8)パントテン酸
(9)ビオチン
(10)ビタミンC
 
<ミネラル>
(1)ナトリウム
(2)カリウム
(3)カルシウム
(4)マグネシウム
(5)リン
(6)鉄
(7)亜鉛
(8)銅
(9)マンガン
(10)ヨウ素
(11)セレン
(12)クロム
(13)モリブデン
 
<その他>
(1)食物繊維
(2)食塩
 

 
 
 
 

■ 菜の花回鍋肉(ホイコーロー)のレシピ


 
■材料(二人分)

(1)豚バラ薄切り肉(200g)
(2)菜の花(1束)
(3)長ネギ(1/2本)
(4)ショウガ(10g)
(5)サラダ油(大さじ2)
(6)塩(少々)
 
<A>
(1)酒(大さじ2)
(2)甜麺醤(大さじ1+1/2)
(3)しょうゆ(大さじ1)
(4)砂糖(大さじ1)
 
<トッピング>
(1)糸唐辛子(適量)

 
■ 菜の花回鍋肉(ホイコーロー)の作り方


(1)まず最初に菜の花をかために塩ゆでします。
 
(2)引き上げて冷水にとって、しっかり水気を絞り、半分に切ります。
 
(3)豚バラ薄切り肉を5cm長さに切ります。
 
(4)(1)と同じ湯でさっと茹でて、ざるに上げて湯をきります。
 
(5)長ネギを斜め薄切りにします。
 
(6)しょうがをみじん切りにします。
 
(7)フライパンにサラダ油(大さじ2)を入れて中火にかけ、ショウガを炒めます。
 
(8)香りが立ったら、豚肉、長ネギ、菜の花を加えてさっと炒めます。
 
(9)(8)に<A>の酒、甜麺醤、醤油、砂糖を加えてさっと炒め合わせます。
 
(10)香りが立ったら、器に盛って、お好みで糸唐辛子を散らしたら出来上がり!
 

 
 
 
 

■ さいごに


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はおかずのクッキングで放送された「菜の花回鍋肉」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
「菜の花回鍋肉」に含まれるコンニャクや里芋などの具材には美容と健康に関して良い効果が期待できる栄養成分が豊富に含まれています。
 
 
カロリーも脂質も低いので、ダイエットにもピッタリな「菜の花回鍋肉」が今晩のおかずやお酒のおつまみに少しでも参考になれば幸いです。