3720210119ra.png
 
 
 
 

■ 今回は『しらたきカルボナーラ』のレシピ


 
今回は2021年1月19日にNHKの朝の情報番組『あさイチ』の人気コーナー「クイズとくもり」で放送された『しらたきカルボナーラ』の作り方と「しらたき」の健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で「しらたきカルボナーラ」の作り方を教えて下さったのは、料理研究家の牛尾理恵さんです。
 
 
牛尾さんは、「しらたきカルボナーラ」をはじめ、しらたきを様々な料理に取り入れてマイナス10Kgのダイエットに成功しています。



 

■ しらたきのダイエット効果とは?


 
しらたきは、1玉(200g)あたり12kcal(タンパク質1.6kcal、脂質0kcal、炭水化物24kcal)あり、100g換算すると6kcalです。
 
 
しらたきは、超低カロリー、超低脂質、超低糖質な食材でありながら、「グルコマンナン」という食物繊維が豊富に含まれています。
 
 
食物繊維には水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」の二つのタイプがあり、食物繊維には不溶性食物繊維が豊富に含まれています。
 
 
不溶性食物繊維は胃や腸で水分を吸収して大きく膨らみ、腸を刺激して腸内のぜん動運動を促して排便をスムーズにし、便秘の予防・改善に優れた効果を発揮します。
 
 
また、しらたきには以下のとおり美容と健康に関する優れた効果が期待できます。
 
 
 

『美肌効果』


しらたきに含まれる「セラミド」という成分は、美肌成分として有名ですが、セラミドはお肌の角質層を強化して、外部刺激から守ってくれる働きがあります。
 
 
 

『アレルギーの予防効果』


また、セラミドにはアトピーや花粉症などアレルギーの予防・改善する効果も期待できます。
 
 
 

『貧血の予防』


しらたきには鉄分が豊富に含まれているため鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血を予防する効果が期待できます。
 
 
 
【しらたきの健康効果】
 
(1)血糖値の改善効果
(2)花粉症の予防効果
(3)骨や歯を健康にする効果
(4)シミしわを予防する美肌効果
(5)便秘の予防改善効果
(6)腸内環境改善効果
(7)コレステロール抑制効果
(8)ダイエット効果
(9)貧血の予防効果

 
【しらたきに含まれる主要成分】
 
<ビタミン>
(1)ビタミンB6
 
<ミネラル>
(1)ナトリウム
(2)カリウム
(3)カルシウム
(4)マグネシウム
(5)リン
(6)鉄
(7)亜鉛
(8)銅
(9)マンガン
 
<その他>
(1)食物繊維

 
 
 
 

■ しらたきカルボナーラのレシピ


 
■材料(二人分)

(1)しらたき(400g)
(2)ベーコン(40g)
(3)オリーブ油(小さじ2)
(4)白ワイン(大さじ3)
 
<カルボナーラソース>
(1)生クリーム(100ml)
(2)粉チーズ(大さじ2)
(3)卵黄(2個分)
(4)塩(小さじ1/2)
 
<その他>
(1)粗びきこしょう(適量)

 
 
■ しらたきカルボナーラの作り方


(1)まず最初にベーコンを1cm幅に切ります。
 
(2)次にカルボナーラソースを作ります。ボウルに生クリーム、粉チーズ、卵黄、塩を入れて混ぜ合わせます。
 
(3)しらたきを熱湯で2分ほどゆでて臭みを取り、ざるにあげて水けをきります。
 
(注)しらたきが長ければ食べやすい長さに切ります。
 
(4)フライパンを中火で熱し、(3)のしらたきを3分ほど乾煎りします。
 
(注)フライパンで炒めることで、しらたきの水分を飛ばして、プリッとした食感になります。
 
(5)フライパンにオリーブ油を入れて熱します。
 
(6)香りが出てきたらベーコン、しらたき、白ワインを加えて炒め合わせます。
 
(注)お好みでみじん切りにしたニンニクを入れてもOK。
 
(7)(2)のカルボナーラソースを回し入れたら火を止めます。
 
(8)余熱で火を通しながら全体に混ぜ合わせます。
 
(9)器に盛りつけて、お好みで粗びきコショウをふったら出来上がり!
 

 
 
 
 

■ さいごに


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はあさイチで放送された「しらたきカルボナーラ」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
しらたきは超低カロリー、超低糖質、超低脂質な食材でありながら、優れた美容と健康に関する効果が期待できるので、ダイエット中の方にぴったりです。
 
 
今晩のごはんに「しらたきカルボナーラ」が少しでも参考になれば幸いです。