3020210114ra.png
 
 
 
 

■ 今回は『ぶりのごま衣焼き』のレシピ


 
今回は2021年1月14日にNHKの朝の情報番組『あさイチ』の人気コーナー「みんな!ゴハンだよ」で放送された『ぶりのごま衣焼き』の作り方と「ブリ」の健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回の番組内で『ぶりのごま衣焼き』の作り方を教えて下さったのは、料理研究家の夏梅美智子さんです。



 

■ ブリの健康効果がすごい!


 
ブリは、一切れ(200g)あたり514kcal(タンパク質171.2kcal、脂質316.8kcal、炭水化物2.4kcal)です。
 
 
100g換算すると257kcalあり、カロリー、脂質ともにかなり高いですが、ブリにはサプリメントなどに使用されるDHA(ドコ サへキサエン酸)とEPA(エイコサぺンタエン酸)が豊富に含まれています
 
 
DHAとEPAは脳を活性化させて学習能力、記憶能力を向上させる効果の他、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、逆に善玉コレステロールを増やす働きがあります。
 
 
これにより動脈硬化、心筋梗塞 、脳梗塞、糖尿病、がんなど生活習慣病を予防する効果が期待できます。ブリには他にも以下のような美容と健康に関する効果が期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、披露からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『生活習慣病予防効果』


ブリに豊富に含まれるビタミンA、ビタミンEには優れた抗酸化作用があり、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『美肌効果』


また、ビタミンEには「血行促進作用」があり、皮膚の新陳代謝を高めて表皮下のメラニン色素のターンバックを促進させる働きがあり、シミやソバカスを予防する美肌効果も期待できます。
 
 
 

『免疫力アップ』


ブリには免疫機能を強化してくれるタンパク質、亜鉛、銅などが豊富に含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『高血圧の予防』


ブリにはカリウムも富に含まれているので、利尿作用に優れているため、むくみや高血圧の予防改善にも効果的です。
 
 
 
【ブリの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)抗酸化効果
(3)老化の予防効果
(4)シミしわなどを予防する美肌効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)骨や歯を丈夫にする効果
(7)ストレス抑制効果
(8)貧血の予防改善効果
(9)免疫力アップ効果
(10)高血圧の予防改善効果

 
【ブリに含まれる主要成分】
 
<ビタミン>
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンB1,B2,B6,B12
(5)ナイアシン
(6)葉酸
(7)パントテン酸
(8)ビオチン
(9)ビタミンC
 
<ミネラル>
(1)ナトリウム
(2)カリウム
(3)カルシウム
(4)マグネシウム
(5)リン
(6)鉄
(7)亜鉛
(8)銅
(9)マンガン
(10)ヨウ素
(11)セレン
 
<その他>
(1)食塩

 
 
 
 

■ ぶりのごま衣焼きのレシピ


 
■材料(二人分)

(1)ブリ(切り身3切れ 約250g)
 
<ブリ下味>
(1)すりおろしショウガ(小さじ1)
(2)しょうゆ(大さじ1)
(3)砂糖(大さじ1)
 
<衣>
(1)小麦粉(大さじ4 約35g)
(2)水(大さじ3)
(3)白ごま(大さじ3~4)
(4)サラダ油(大さじ1+1/2)

 
 
■ ぶりのごま衣焼きの作り方


(1)まず最初にブリの水けを拭いて3等分のそぎ切りにします。
 
(2)すりおろしショウガ、しょうゆ、砂糖を混ぜ合わせ、ブリ全体にからめて20分間以上おきます。
 
(3)ボウルに小麦粉、水を混ぜ合わせ、汁けを軽く拭いたブリを入れて、からませます。
 
(4)ブリを片面だけに白ごま(大さじ3~4)を押しつけながらまぶします。
 
(5)フライパンにサラダ油(大さじ1+1/2)を中火で熱します。
 
(6)ブリをごまがついている面を下にして並べ、2分ほど焼きます。
 
(7)ブリの上下を返し、さらに2~3分焼きます。
 

 
 
 
 

■ さいごに


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はあさイチで放送された「ぶりのごま衣焼き」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
旬の寒ブリには優れた美容と健康に関する効果が期待できる栄養成分が豊富に含まれているので、今晩のおかずに「ぶりのごま衣焼き」が少しでも参考になれば幸いです。