1420210107ra.png
 
 
 
 

■ 今回は「中華おこわ」のレシピ


 
今回は2021年1月7日にビタミンTBS系のお料理番組『グッとラック!』で放送された「中華おこわ」の作り方と「中華おこわ」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回ご紹介させていただく「中華おこわ」は、食べることとお料理が大好きなママタレントとして主婦層にカリスマ的人気を誇るギャル曽根さんが考案したレシピです。
 
 
もち米を使わずに、市販されている「お餅」を使ったお手軽レシピです。お正月用に買い込んで、余ってしまったお餅を一掃できます。



 

■ お餅の健康効果とは?


 
お餅は、一個(50g)あたり118kcal(タンパク質8.4kcal、脂質3.6kcal、炭水化物100.6kcal)です。ちなみに100g換算すると235kcalあり、カロリーは高いですが、脂質は低いです。
 
 
お餅に含まれる「アミロペクチン」というデンプン成分は、お餅のあの独特のもちもち感を生み出し、しかも消化吸収が良く、少しの量で効率よくエネルギー補給できます。
 
 
また、お餅は体を温めて代謝をアップする効果も期待できるパワーフードなんです。他にもお餅には、以下のような美容と健康に関する効果が期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、披露からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『生活習慣病予防効果』


お餅に含まれる亜鉛は、体内にあるビタミンAの代謝を促し、同時にビタミンAの抗酸化作用の活性化を促し、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『免疫力アップ』


お餅には免疫機能を強化してくれるタンパク質、亜鉛、銅、マンガンが含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『貧血の予防』


お餅には鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血を予防する効果があるモリブデンが豊富に含まれています。
 
 
 
【お餅の健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)抗酸化効果
(3)老化の予防効果
(4)シミしわなどを予防する美肌効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)ストレス抑制効果
(7)免疫力アップ効果
(8)貧血の予防改善効果

 
【お餅に含まれる主要成分】
 
<ビタミン>
(1)ビタミンE
(2)ビタミンB1,B2,B6
(3)ナイアシン
(4)葉酸
(5)パントテン酸
(6)ビオチン
 
<ミネラル>
(1)ナトリウム
(2)カリウム
(3)カルシウム
(4)マグネシウム
(5)リン
(6)鉄
(7)亜鉛
(8)銅
(9)マンガン
(10)ヨウ素
(11)セレン
(12)モリブデン
 
<その他>
(1)食物繊維

 
 
 
 

■ 中華おこわのレシピ


 
■ 材料(一人分)

(1)切り餅(2個)
(2)筑前煮(鶏肉入り 150g)
(3)お米(2合)
(4)めんつゆ(3倍濃縮 大さじ3)
(5)ショウガの千切り(1片)
(6)ごま油(小さじ1)

 
■ 中華おこわの作り方


(1)まず最初に切り餅は8等分に切ります。
 
(2)筑前煮を食べやすい大きさに切ります。
 
(3)ショウガを千切りにします。
 
(4)炊飯釜にお米、めんつゆを入れて、お水を2合の目盛りまで入れます。
 
(5)ショウガ、切ったお餅、筑前煮を乗せて炊飯します。
 
(6)炊き上がったら、ごま油を入れて、全体をさっくり混ぜたら出来上がり!
 

 
 
 
 

■ さいごに


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回は、「グッとラック!」で放送された「中華おこわ」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
「中華おこわ」は、お餅だけでなく、おせちの残った筑前煮も処分できるので、本当に助かります。さすがカリスマ主婦ギャル曽根さんです。
 
 
「中華おこわ」が今晩のごはんに少しでも参考になれば幸いです。