120210102ra.png
 
 
 
 

■ 今回は「エアリー卵かけごはん」のレシピ


 
今回は、NHKの健康情報番組『ガッテン』で放送された「エアリー卵かけごはん」の作り方と「卵かけごはん」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回の番組テーマは、「1個20円のワンダーランド!目玉焼き&卵かけごはん極うまSP」、定番の卵料理を究極の卵焼きに変える裏技を伝授。
 
 
エアリー卵かけごはんは、古めの卵の卵白は「泡立ちがよい」という特徴を生かした新感覚の卵かけごはんです。



 

■ 卵かけごはんの健康効果とは!?


 
卵かけごはんは、お茶碗1杯(238g)あたり374kcal(タンパク質51.12kcal、脂質59.94kcal、炭水化物245.44kcal)あり、100g換算すると157kcalです。
 
 
卵かけごはんには以下のような美容と健康に関する効果が期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、疲労からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『生活習慣病予防効果』


卵かけごはんに豊富に含まれる亜鉛は、体内にあるビタミンAの代謝を促し、同時にビタミンAの抗酸化作用の活性化を促し、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。 
 
 
 

『骨や歯の健康を保つ効果』


卵かけごはんに豊富に含まれるビタミンDには、カルシウムの吸収を促進し、骨や歯を健康に保つ働きがあります。
 
 
 

『貧血の予防』


卵かけごはんには鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血を予防する効果があるモリブデンが豊富に含まれています。
 
 
 
【卵焼きの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)抗酸化効果
(3)老化の予防効果
(4)シミしわを予防する美肌効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)骨や歯の健康を保つ効果
(7)ストレス抑制効果
(8)貧血の予防改善効果

 
【卵焼きに含まれる主要成分】
 
<ビタミン>
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンK
(5)ビタミンB1,B2,B6,B12
(6)ナイアシン
(7)葉酸
(8)パントテン酸
(9)ビオチン
 
<ミネラル>
(1)ナトリウム
(2)カリウム
(3)カルシウム
(4)マグネシウム
(5)リン
(6)鉄
(7)亜鉛
(8)銅
(9)マンガン
(10)ヨウ素
(11)セレン
(12)クロム
(13)モリブデン
 
<その他>
(1)食物繊維
(2)食塩

 
 
 

■ エアリー卵かけごはんのレシピ


 
■材料(一人分)

(1)古めの卵(1個)
(2)ごはん(1膳)
(3)しょうゆ(お好みで)

 
 
■ エアリー卵かけごはんの作り方


(1)まず最初に卵黄と卵白を分けます。
 
(2)ごはんの真ん中にくぼみをつくって、卵白だけを入れます。
 
(3)卵白を素早くかき混ぜながら、少しずつ周りのごはんを卵白に混ぜ込んでいきます。
 
(注)30秒から1分程度でOK!
 
(4)ごはんと卵白がしっかり混ざってフワフワになったところで卵黄をのせて、お好みでしょうゆをかけたら出来上がり!。
 

 
 
 
 

■ さいごに


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回は「ガッテン」で放送された「エアリー卵かけごはん」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
卵かけごはんには上述させていただいたとおり、優れた美容と健康に関する効果が期待できます。日本の国民食「卵かけごはん」がお正月をのんびり過ごすために少しでも参考になれば幸いです。