7820201230ra.png
 
 
 
 

■ 今回は「タラモサラダ&ガーリックトースト」のレシピ


 
今回は2020年12月30日に日本テレビ系の料理番組『キューピー3分クッキング』で放送された「タラモサラダ&ガーリックトースト」の作り方と「タラモサラダ」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で「タラモサラダ&ガーリックトースト」の作り方を教えて下さったのは、料理研究家の藤野賢治さんです。




 

■ タラモサラダの健康効果とは!?


 
タラモサラダは、小皿1皿(約98.3g)あたり162kcal(タンパク質17.48kcal、脂質11.16kcal、炭水化物74.22kcal)あります。
 
 
ちなみにタラモサラダには以下のような美容と健康に関する効果が期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、披露からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『美肌効果』


また、ビタミンB群のナイアシンとパントテン酸は、皮膚や粘膜の健康をサポートする作用があり、また、代謝に関する多くの酵素の働きをサポートする役割もあるので、肌の状態を整えくれます。
 
 
 

『生活習慣病予防効果』


タラモサラダに豊富に含まれるビタミンCとビタミンEには優れた抗酸化作用があり、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『貧血の予防』


タラモサラダには鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血を予防する効果があるモリブデンが豊富に含まれています。
 
 
 
【タラモサラダの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)抗酸化効果
(3)老化の予防効果
(4)シミしわなどを予防する美肌効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)ストレス抑制効果
(7)貧血の予防改善効果
(8)高血圧の予防改善効果

 
【タラモサラダに含まれる栄養素】
 
<ビタミン>
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンk
(5)ビタミンB1,B2,B6,B12
(6)ナイアシン
(7)葉酸
(8)パントテン酸
(9)ビオチン
(10)ビタミンC
 
<ミネラル>
(1)ナトリウム
(2)カリウム
(3)カルシウム
(4)マグネシウム
(5)リン
(6)鉄
(7)亜鉛
(8)銅
(9)マンガン
(10)ヨウ素
(11)セレン
(12)クロム
(13)モリブデン
 
<その他>
(1)食物繊維
(2)食塩

 
 
 
 

■ タラモサラダ&ガーリックトーストのレシピ


 
■材料

<タラモサラダ>
(1)ジャガイモ(4個 570g)
(2)たらこ(1+1/2複 150g)
(3)タマネギ(150g)
(4)塩(少々)
(5)白コショウ(少々)
(6)オリーブ油(3/4カップ)
 
<ガーリックトースト>
(1)バゲット(1/2本)
(2)オリーブ油(適量)
(3)ニンニク(1/2片)
(※)塩

 
■ タラモサラダ&ガーリックトーストの作り方


(1)まず最初にガーリックトーストを作ります。バゲットを1cm厚さに切ります。
 
(2)天板に並べてオリーブ油をふって、160℃に予熱したオーブンで薄く色づくまで焼きます。
 
(注)オーブンがない場合はオーブントースターで焦がさないように焼きます。
 
(3)冷めたら、ニンニクの切り口をこすりつけます。
 
(4)次にタラモサラダを作ります。お鍋に水1リットルを入れ、塩大さじ1を加えたら、ジャガイモを皮つきのまま丸ごと入れて、やわらかくなるまでゆでます。
 
(5)タマネギを粗みじん切りにします。
 
(6)たらこを薄皮を除き、ほぐします。
 
(7)ジャガイモは温かいうちに皮をむいて、裏ごしします。
 
(8)タマネギとたらこを加えて練り、途中で塩、白コショウ、オリーブ油を加えてゴムベラでよく練り混ぜます。
 
(9)ガーリックトーストにタラモサラダをたっぷりのせたら出来上がり!
 
(※)タラモサラダは保存容器に入れて、冷蔵庫で4~5日保存可能です。
 

 
 
 
 

■ さいごに


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はキューピー3分クッキングで放送された「タラモサラダ&ガーリックトースト」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
優れた美容と健康効果が期待できる「タラモサラダ&ガーリックトースト」が年末年始のごちそうとして、少しでも参考になれば幸いです。
 
 
 
 

【3分クッキング公式】タラモサラダ&ガーリックトースト