6720201127ra.png
 
 
 
 

■ 今回は「担々そぼろ」のレシピ


 
今回は2020年11月28日に日本テレビ系の料理番組『キューピー3分クッキング』で放送された「担々そぼろ」の作り方と「担々そぼろ」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で「担々そぼろ」の作り方を教えて下さったのは、料理研究家の上島亜紀さんです。



 

■ 担々そぼろの健康効果がすごい!


 
担々そぼろは豚ひき肉をベースに長ネギ、ニラ、ニンニクを豆板醤、甜麺醤、みそをたっぷり使って炒めます。担々そぼろには、抗酸化作用に優れたビタミンCとEが豊富に含まれています。
 
 
これらの栄養成分が万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。また、担々そぼろには他にも以下のような美容と健康に関する効果が期待できます。
 
 
 
 

『疲労回復効果』


ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、疲労からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『免疫力アップ』


担々そぼろには免疫機能を強化してくれるタンパク質、亜鉛、銅、マンガンなどが豊富に含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『高血圧の予防』


担々そぼろに含まれるカリウムには摂りすぎたナトリウム(塩分)を排出して、体内の水分濃度を調整する働きがあることから、高血圧を予防する効果が期待できます。
 
 
 
 
【担々そぼろの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)抗酸化効果
(3)老化の予防効果
(4)免疫力アップ効果
(5)血圧を下げる効果
(6)便秘を予防改善する効果
(7)がんなどの生活習慣病の予防効果
(8)骨や歯を丈夫にする効果
(9)しみしわを予防する美肌効果

 
【担々そぼろに含まれる主要成分】
 
<ビタミン>
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンK
(5)ビタミンB1,B2,B6
(6)ナイアシン
(7)葉酸
(8)パントテン酸
(9)ビオチン
(10)ビタミンC
 
<ミネラル>
(1)ナトリウム
(2)カリウム
(3)カルシウム
(4)マグネシウム
(5)リン
(6)鉄
(7)亜鉛
(8)銅
(9)マンガン
(10)ヨウ素
(11)セレン
(12)クロム
(13)モリブデン
 
<その他>
(1)食物繊維
(2)食塩

 
 
 
 

■ 担々そぼろのレシピ


 
■材料(作りやすい分量)

(1)豚ひき肉(500g)
(2)長ねぎ(大 1/2本 70g)
(3)にら(1/2わ 50g)
(4)ニンニク(2片)
(5)豆板醤(大さじ3)
(6)甜麺醤(大さじ3)
(7)みそ(大さじ3)
(8)すり白ごま(大さじ3)
(9)酒(大さじ2)
(10)ラー油(大さじ1)

 
■ 担々そぼろの作り方


(1)まず最初に長ねぎを粗みじん切りにします。
 
(2)にらを5㎜幅に切ります。
 
(3)ニンニクをみじん切りにします。
 
(4)フッ素樹脂加工のフライパンにひき肉とニンニクを入れて、水気が飛んでひき肉の脂が出るまで強火で炒めます。
 
(5)豆板醤、甜麺醤、みそ、すり白ごまを加え、汁気をしっかり飛ばして、全体になじむまで炒めます。
 
(6)酒を加えてアルコール分を飛ばし、長ねぎ、にらを加えて炒めます。
 
(7)全体がなじんだらラー油を加えて、ひと混ぜしたら出来上がり!
 
(※)保存容器に入れて冷蔵で4日、密閉保存袋に入れて冷凍で2週間保存可能です。食べるときは電子レンジで温めてください。
 

 
 
 
 

■ さいごに


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はキューピー3分クッキングで放送された「担々そぼろ」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
担々そぼろは、ごはんにのせたり、おにぎりの具にしたり、レタスで巻いて食べるといいようです。また、なすとともに麻婆なすにしたり、春雨を加えて春巻きの具にも合うそうです。
 
 
ご飯のおかずやお弁当など色々な料理に使いまわしできますし、コスパも非常にいいので、まとめて作り置きしておくといいかもしれません。少しでも参考になれば幸いです。
 
 
 
 

【3分クッキング公式】担々そぼろ