5120201122ra.png
 
 
 
 

■ 今回はみそだれチキンカツのレシピ


 
今回は2020年11月22日にテレビ東京系の情報番組『男子ごはん』で放送された「みそだれチキンカツ」の作り方と「チキンカツ」の優れたダイエット効果についてまとめさせていただきました。
 
 
「みそだれチキンカツ」は、料理研究家の栗原心平さんが考案されたレシピです。




 

■ チキンカツの健康効果とは?


 
チキンカツは、1人前(142.4g)あたり、カロリーは305kcal(タンパク質96.68kcal、脂質157.14kcal、炭水化物40.84kcal)あります。また、チキンカツには以下の美容と健康効果が期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、疲労からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『生活習慣病予防効果』


チキンカツに含まれるビタミンEには優れた抗酸化作用があり、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『免疫力アップ』


チキンカツには免疫機能を強化してくれるタンパク質が豊富に含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『高血圧の予防』


チキンカツにはカリウムも豊富に含まれているので、利尿作用に優れているため、むくみや高血圧の予防改善にも効果的です
 
 
 
【チキンカツの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)老化の予防効果
(3)シミしわを予防する美肌効果
(4)がんなどの生活習慣病の予防効果
(5)高血圧を予防する効果
(6)骨や歯を強くする効果
(7)抗酸化効果
(8)免疫力アップ効果

 
【チキンカツに含まれる栄養素】
 
<ビタミン>
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンK
(5)ビタミンB1,B2,B6,B12
(6)ナイアシン
(7)葉酸
(8)パントテン酸
(9)ビオチン
(10)ビタミンC
 
<ミネラル>
(1)ナトリウム
(2)カリウム
(3)カルシウム
(4)マグネシウム
(5)リン
(6)鉄
(7)亜鉛
(8)銅
(9)マンガン
(10)ヨウ素
(11)セレン
(12)クロム
(13)モリブデン
 
<その他>
(1)食物繊維
(2)食塩

 
 
 
 

■ みそだれチキンカツのレシピ


 
■材料(四人分)

(1)鶏むね肉(大1枚 300g)
(2)塩(小さじ1/2)
(3)黒コショウ(適量)
 
<A>
(1)薄力粉(大さじ3)
(2)卵1個(適量)
(3)生パン粉(適量)
(4)揚げ油(適量)
 
<トッピング>
(1)キャベツ(千切り 適量)
(2)和からし(適量)
 
<みそだれ>
(1)赤みそ(大さじ2)
(2)酒(大さじ1)
(3)みりん(大さじ1)
(4)砂糖(大さじ1)
(5)しょうゆ(大さじ1)

 
■ みそだれチキンカツの作り方


(1)まず最初にみそだれを作ります。小鍋に赤みそ、酒、みりん、砂糖、しょうゆを入れて、混ぜながら強火にかけ、もったりするまで煮詰めます。
 
(2)鶏肉の皮を取り除いて、厚みを半分に切って塩、黒コショウを振って下味をつけます。
 
(3)<A>の薄力粉と卵を混ぜて鶏肉をからめ、生パン粉を押さえながらまぶします。
 
(4)揚げ油を180℃に熱して、(3)の肉を入れて中火で揚げます。
 
(注)衣が固まってきたら、たまに裏表を返しながら揚げていきます。
 
(5)衣がきつね色になったら油を切って取り出し、食べやすく切って器に盛ります。
 
(6)みそだれをかけて、キャベツ、和からしを添えたら出来上がり!
 

 
 
 
 

■ さいごに


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回は男子ごはんで放送された「みそだれチキンカツ」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
胸肉を半分の厚みに切って使うことで、さっぱりしたサクサクチキンカツに仕上がります。またコクのある味噌ダレとの相性抜群です。少しでも参考になれば幸いです。