3320201114ra.png
 
 
 
 

■ 今回は炊飯器で簡単蒸し芋のレシピ


 
今回は2020年11月14日にTBS系の情報バラエティ番組『メレンゲの気持ち』で放送された「炊飯器で簡単蒸し芋」の作り方と「サツマイモ」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
「炊飯器で簡単蒸し芋」は、SNSで話題となっているふかし芋のレシピです。炊飯器でじっくり加熱することでさつまいもの甘味が増し、お店の味をご家庭で楽しめます。



 

■ さつまいもの健康効果がすごい!


 
サツマイモは、1本(Mサイズ200g)あたり264kcal(タンパク質9.6kcal、脂質3.6kcal、炭水化物252kcal)あります。
 
 
100g換算すると132gあるので、ややカロリー高めではありますが、サツマイモには食物繊維(不溶性食物繊維)が豊富に含まれています。
 
 
不溶性食物繊維は、水分を吸収すると便が大きくして腸管を刺激し、大腸のぜん動運動を活発化することで、排便がスムーズになります。
 
 
また、サツマイモの皮に豊富に含まれる「ヤラピン」という成分は緩下作用があるので、皮ごと食べると食物繊維との相乗作用によって、便秘の予防・改善により優れた効果を発揮します。
 
 
ですので、さつまいもを食べることで腸内環境が整って、老廃物や有害物質の排せつが促進されることから、美容と健康に良い効果をもたらしてくれます。他にもサツマイモには以下のような美容と健康効果が期待できます。
 
 
 

『免疫力アップ』


サツマイモには免疫機能を強化してくれるビタミンC、亜鉛、銅、マンガンなどが豊富に含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『生活習慣病予防効果』


サツマイモに豊富に含まれるビタミンEとCには優れた抗酸化作用があり、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『高血圧の予防』


また、サツマイモにはカリウムも富に含まれているので、利尿作用に優れているため、むくみや高血圧の予防改善にも効果的です
 
 
 
【サツマイモの健康効果】
 
(1)抗酸化効果
(2)老化の予防効果
(3)シミしわの予防効果
(4)がんなどの生活習慣病の予防効果
(5)貧血の予防効果
(6)ストレス抑制効果
(7)便秘の予防改善効果
(8)整腸効果

 
【サツマイモに含まれる主要成分】
 
<ビタミン>
(1)ビタミンA
(1)ビタミンE
(2)ビタミンB1,B2,B6
(3)ナイアシン
(4)葉酸
(5)パントテン酸
(6)ビオチン
(7)ビタミンC
 
<ミネラル>
(1)カリウム
(2)カルシウム
(3)マグネシウム
(4)リン
(5)鉄
(6)亜鉛
(7)銅
(8)マンガン
(9)ヨウ素
(10)クロム
(11)モリブデン
 
<その他>
(1)食物繊維

 
 
 
 

■ 炊飯器で簡単蒸し芋のレシピ


 
■材料(作りやすい分量)


(1)サツマイモ(2本)
(2)水(200cc)

 
■ 炊飯器で簡単蒸し芋の作り方


(1)まず最初にさつまいもをきれいに洗って、炊飯器に入れます。
 
(2)水をを加えて、通常モードで炊飯すれば出来上がり!
 

 
 
 
 

■ さいごに


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回は「メレンゲの気持ち」で放送された「炊飯器で簡単蒸し芋」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
サツマイモには上述させていただいた通り美容と健康に優れた効果をもたらしてくれる栄養素が豊富に含まれています。
 
 
「炊飯器で簡単蒸し芋」は、炊飯器のスイッチを押すだけで簡単にできるので、おやつなど、ちょっと小腹がすいたときに最適な一品です。少しでも参考になれば幸いです。