1920201108ra.png
 
 
 
 

■ 今回はアラビアータのレシピ


 
今回は2020年11月8日にテレビ東京系の情報番組『男子ごはん』で放送された「アラビアータ」の作り方と「アラビアータ」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
アラビアータは、イタリア料理のパスタソースの一種で、トマトベースのソースで唐辛子、ニンニクを入れたスパイシーなソースです。
 
 
今回番組内で「アラビアータ」の作り方を教えて下さったのは、料理家の栗原心平さんです。




 

■ アラビアータの健康効果がすごい!


 
アラビアータは、1人前(302.2g)あたり、カロリーは341kcal(タンパク質31.44kcal、脂質120.78kcal、炭水化物166.8kcal)あります。
 
 
100g換算すると113kcalなので、カロリーは気にするほど高くありません。アラビアータには以下のような美容と健康効果が期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


アラビアータに豊富に含まれるビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、疲労からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『免疫力アップ』


アラビアータには免疫機能を強化してくれるタンパク質、亜鉛、銅などが豊富に含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『生活習慣病予防効果』


アラビアータに含まれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEには優れた抗酸化作用があり、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『美肌効果』


また、ビタミンCには「血行促進作用」があり、皮膚の新陳代謝を高めて表皮下のメラニン色素のターンバックを促進させる働きがあり、シミやソバカスを予防する美肌効果も期待できます。
 
 
 
【アラビアータの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)老化の予防効果
(3)シミしわの予防効果
(4)がんなどの生活習慣病の予防効果
(5)ダイエット効果
(6)骨や歯を強くする効果
(7)血液サラサラ効果
(8)抗酸化効果

 
【アラビアータに含まれる栄養素】
 
(1)ビタミンA
(2)ビタミンE
(3)ビタミンK
(4)ビタミンB1,B2,B6
(5)ナイアシン
(6)葉酸
(7)パントテン酸
(8)ビオチン
(9)ビタミンC
(10)ナトリウム
(11)カリウム
(12)カルシウム
(13)マグネシウム
(14)リン
(15)鉄
(16)亜鉛
(17)銅
(18)マンガン
(19)ヨウ素
(20)セレン
(21)クロム
(22)モリブデン
(23)食物繊維

 
 
 
 

■ アラビアータのレシピ


 
■材料(2人分)

(1)パスタ(フェデリーニ 150g)
(2)ニンニク(3片)
(3)玉ねぎ(30g)
(4)ホールトマト(ダイス 1缶 400g)
(5)赤唐辛子2本
(6)白ワイン大さじ1
(7)塩(適量)
(8)オリーブ油(適量)
(9)パセリ(みじん切り 適量)

 
■ アラビアータの作り方


(1)まず最初にニンニクは横薄切りにします。
 
(2)玉ねぎはみじん切りにします。
 
(3)フライパンを熱してオリーブ油(大さじ1)をひき、ニンニクを入れて弱火で加熱します。
 
(4)薄いきつね色にカリカリになるまで揚げ焼きします。
 
(5)別のフライパンにオリーブ油(大さじ1)を熱してホールトマト、白ワイン、ちぎった赤唐辛子を種ごと加えます。
 
(6)蓋をしてたまに混ぜながら強めの中火で5分煮詰めます。
 
(7)2/3くらいまで煮詰めたら玉ねぎを加えてひと煮し、塩(小さじ2/3)、(4)を油ごと加えて混ぜます。
 
(8)鍋に湯を沸かしてオリーブ油と塩を入れて混ぜ、フェデリーニを加えて表示時間より1分短く茹でます。
 
(9)茹で汁を切った(8)を(7)に加えてザっと和えます。
 
(10)器に高さをつけながら盛って、パセリをちらしたら出来上がり!
 

 
 
 
 

■ さいごに


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回は男子ごはんで放送された「アラビアータ」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
アラビアータはイタリア語で、日本語に直訳すると「怒ってる」という意味なんだそうです。かなりスパイシーなので、食べると体がポカポカします。
 
 
辛いのが苦手な方は、唐辛子を半分(1本)にされるといいでしょう。少しでも参考になれば幸いです。