1020201104ra.png
 
 
 
 

■ 今回はお茶漬けで海鮮あんかけ茶碗蒸しのレシピ


 
今回は2020年11月4日にTBS系の情報番組『グッドラック』で放送された「お茶漬けで海鮮あんかけ茶碗蒸し」の作り方と「茶碗蒸し」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で放送されたお茶漬けで海鮮あんかけ茶碗蒸しは、ママタレとして不動の人気を誇るギャル曽根さんが考案されたレシピで、永谷園さけ茶漬けを使った超簡単レシピです。



 

■ 茶碗蒸しの健康効果とは!?


 
茶碗蒸しは、1人前(146.6g)あたり142kcal(タンパク質40.92kcal、脂質63.09kcal、炭水化物28.16kcal)あります。
 
 
茶碗蒸しは栄養バランスに優れ、しかも具材が低カロリー、低脂質なものが多いので、ダイエット向きな食品です。
 
 
茶碗蒸しには以下の通り美容と健康に優れた効果が期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


茶碗蒸しに含まれるビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、疲労からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『免疫力アップ』


茶碗蒸しには免疫機能を強化してくれるタンパク質、亜鉛、銅、マンガンなどが含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『骨や歯の健康維持』


茶碗蒸しには骨や歯を作るのに必要なカルシウムとカルシウムが骨から溶け出して骨密度が下がるのを防いでくれるマグネシウム、カルシウムの吸収を促進し、骨や歯を丈夫にする働きがあるビタミンDやビタミンKなども含まれています。
 
 
 
 
【茶碗蒸しの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)抗酸化効果
(3)老化の予防効果
(4)シミしわの予防効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)骨や歯を丈夫にする効果
(7)ストレス抑制効果
(8)高血圧の予防改善効果
(9)免疫力アップ効果

 
【茶碗蒸しに含まれる栄養素】
 
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンK
(5)ビタミンB1,B2,B6,B12
(6)ナイアシン
(7)葉酸
(8)パントテン酸
(9)ビオチン
(10)ビタミンC
(11)ナトリウム
(12)カリウム
(13)カルシウム
(14)マグネシウム
(15)リン
(16)鉄
(17)亜鉛
(18)銅
(19)マンガン
(20)ヨウ素
(21)セレン
(22)クロム
(23)モリブデン
(24)食物繊維

 
 
 
 

■ お茶漬けで海鮮あんかけ茶碗蒸しのレシピ


 
■ 材料(1個分)

(1)永谷園さけ茶漬け(1袋)
(2)木綿豆腐(150g)
(3)卵(1個)
(4)かにかま(3本)
(5)片栗粉(小さじ2)
(6)しょうがチューブ(少々)
(7)水(100ml)

 
■ お茶漬けで海鮮あんかけ茶碗蒸しの作り方

(1)まず最初に丼に水気を切った木綿豆腐を入れ、しっかり潰します。
 
(2)卵と水100ccを(1)に入れて軽く混ぜます。
 
(3)かにかまを裂いて(1)に入れて、再度混ぜます。
 
(4)ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で4分30秒加熱します。
 
(5)次に海鮮あんを作ります。お鍋に120mlの水と永谷園さけ茶漬け、片栗粉を入れてよく混ぜます。
 
(6)お鍋を火にかけて、しょうがチューブを加えてよく混ぜます。
 
(7)電子レンジから(4)を取り出して、海鮮あんをかけたら出来上がり!

 
 
 
 

■ 最後に


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回は「グッドラック」で放送された「お茶漬けで海鮮あんかけ茶碗蒸し」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
永谷園のお茶漬けは色々な料理に使えるので本当に便利ですよね。我が家ではパスタや炊き込みご飯などによく使ってます。お茶漬けとして食べることの方が少ないくらい重宝しています。少しでも参考になれば幸いです。