120201101ra.png
 
 
 
 

■ 今回は「鶏むね肉のトマトスパイス煮こみ」のレシピ


 
今回は2020年11月1日にTBS系の健康情報番組『ゲンキの時間』で放送された「鶏むね肉のトマトスパイス煮こみ」の作り方と「鶏むね肉」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回の番組のテーマは、『知って得する★お肉の健康パワー&(秘)調理法』です。鶏むね肉とトマトを一緒に食べることで免疫力がアップして、様々な病気の予防につながります。
 
 
しかもコスパも良く、簡単に作れてしまうので、年末に向けて何かと忙しくなる今の時期にピッタリの一品です。





 

■ 鶏むね肉の健康効果がすごい!


 
鶏むね肉は、100gあたり191kcal(タンパク質78kcal、脂質104.4kcal、炭水化物0kcal)あります。
 
 
鶏むね肉には、アミノ酸の一種で抗酸化作用に優れた「カルノシン」と「アンセリン」が豊富に含まれているので、体内の活性酸素を除去して、老化、動脈硬化、がんなどを予防する効果が期待できます。
 
 
しかも、今回ご紹介させていただくレシピ「鶏むね肉のトマトスパイス煮こみ」に使われるトマトにも「リコピン」」という抗酸化作用に優れれた栄養成分が豊富に含まれているので、さらなる免疫力アップ効果が期待できます。
 
 
他にも鶏むね肉には以下の通り美容と健康に優れた効果が期待できます。
 
 
 
 

『疲労回復効果』


ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、疲労からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『免疫力アップ』


鶏むね肉には免疫機能を強化してくれるタンパク質、亜鉛、銅、マンガンなどが豊富に含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『うつ病の予防効果』


鶏むね肉には幸せホルモン「セロトニン」の原料となる「トリプトファン」が豊富に含まれてます。セロトニンはリラックス効果や安眠作用があり、自律神経を整えて、ストレスを軽減してくれるので、うつ病の予防にもつながります。
 
 
 
【鶏むね肉の健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)免疫力アップ効果
(3)老化の予防効果
(4)抗酸化効果
(5)ストレスを抑制する効果
(6)美肌効果
(7)がんなどの生活習慣病の予防効果
(8)骨や歯を丈夫にする効果

 
【鶏むね肉に含まれる栄養素】
 
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンK
(5)ビタミンB1,B2,B6,B12
(6)ナイアシン
(7)葉酸
(8)パントテン酸
(9)ビオチン
(10)ビタミンC
(11)ナトリウム
(12)カリウム
(13)カルシウム
(14)マグネシウム
(15)リン
(16)鉄
(17)亜鉛
(18)銅
(19)マンガン

 
 
 
 

■ 鶏むね肉のトマトスパイス煮こみのレシピ


 
■材料(作りやすい分量)

(1)鶏むね肉(1枚)
(2)トマト缶(1個)
(3)玉ねぎ
(4)赤パプリカ
(5)大豆の水煮
(6)カレー粉(適量)
(7)ターメリック(適量)
(8)塩(適量)
(9)こしょう(適量)

 
■ 鶏むね肉のトマトスパイス煮こみの作り方


 
(1)まず最初に鶏むね肉、玉ねぎ、赤パプリカを細かく切ります。
 
(2)フライパンを油で熱して(1)を炒めます。
 
(3)トマト缶と水を加えて煮ます。
 
(4)大豆の水煮を加えます。
 
(5)カレー粉、ターメリック、塩こしょうで味を調えたら出来上がり!
 

 
 
 
 

■ さいごに...


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回は「ゲンキの時間」で放送された「鶏むね肉のトマトスパイス煮こみ」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
今回の「鶏むね肉のトマトスパイス煮こみ」は、具材を一口サイズにそれぞれカットして煮込むだけで簡単にできて栄養抜群です。
 
 
これから日増しに寒くなって、免疫力が落ちやすくなりますので、今回のレシピが少しでも参考になれば幸いです。