3420201016ra.png
 
 
 
 

■ 今回はランチョンミートのポテト焼きのレシピ


 
今回は2020年10月16日にNHKの情報番組『ひるまえほっと』で放送された「ランチョンミートのポテト焼き」と「切り干し大根」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で「ランチョンミートのポテト焼き」の作り方を教えて下さったのは、 人気長寿番組「笑点」の司会でおなじみの春風亭昇太さんです。



 

■ じゃがいもの健康効果がすごい!


 
じゃがいもは、1個(Mサイズ、135g)あたり103kcal(タンパク質8.64kcal、脂質1.26kcal、炭水化物95.04kcal)あります。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、じゃがいもにはビタミンCが豊富に含まれていて、100g換算した場合ホウレン草とほぼ同じで、以下のとおり優れた美容と健康に関する効果が期待できます。
 
 
 

『生活習慣病予防効果』


ビタミンCには優れた抗酸化作用があり、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『美肌効果』


また、ビタミンCには「血行促進作用」があり、皮膚の新陳代謝を高めて表皮下のメラニン色素のターンバックを促進させる働きがあり、シミやソバカスを予防する美肌効果も期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


じゃがいもに豊富に含まれるビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、披露からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『貧血の予防』


じゃがいもには鉄が不足して起こる鉄欠乏性貧血を予防する効果がある鉄とモリブデンが豊富に含まれています。
 
 
 
【じゃがいもの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)老化の予防効果
(3)シミしわの予防効果
(4)便秘の予防改善効果
(5)高血圧の予防効果
(6)ストレス抑制効果
(7)貧血予防効果

 
【じゃがいもに含まれる栄養素】
 
(1)ビタミンB1,B2,B6
(2)ナイアシン
(3)葉酸
(4)パントテン酸
(5)ビオチン
(6)ビタミンC
(7)カリウム
(8)カルシウム
(9)マグネシウム
(10)リン
(11)鉄
(12)亜鉛
(13)銅
(14)マンガン
(15)クロム
(16)モリブデン
(17)食物繊維

 
 
 

■ ランチョンミートのポテト焼きのレシピ


 
■材料(2人分)

(1)ランチョンミート(1缶、200g)
(2)じゃがいも(3個、240g)
 
<水溶き片栗粉>
(1)水(大さじ4)
(2)水溶き片栗粉(大さじ3)
 
<A>
(1)粉チーズ(少々)
(2)サラダ油(大さじ1)
(3)オリーブ油(適量)
(4)粗びき黒コショウ(少々)

 
■ ランチョンミートのポテト焼きの作り方


(1)まず最初にじゃがいもは3mm角、6cm長さの細切りにします。
 
(2)ランチョンミートも3mm角、6cm長さの細切りにします。
 
(3)フライパンにサラダ油を中火で熱して、じゃがいもを炒めます。
 
(4)じゃがいもに火が通って透き通ってきたら、バットに取り出します。
 
(5)同じフライパンにランチョンミートを入れて、中火で炒めます。
 
(注)ランチョンミートをじっくり炒めるとカリカリの食感が楽しめます。
 
(6)ランチョンミートの表面がカリカリになったらじゃがいもを戻して炒め合わせ、平らに広げます。
 
(7)混ぜ合わせた水溶き片栗粉を回しかけて、3分ほど焼きます。
 
(8)全体にこんがり焼き色がついたら、フライパンより大きい皿をフライパンの上にフタをするようにのせます。
 
(9)そのままフライパンを返してランチョンミートとじゃがいもを皿に移します。
 
(注)熱いので火傷しないよう十分注意してください。
 
(10)オリーブ油をお好みで回しかけ、粉チーズと黒コショウをふったら出来上がり!
 

 
 
 
 

■ まとめ


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回は「ひるまえほっと」で放送された「ランチョンミートのポテト焼き」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
ランチョンミートのポテト焼きは、ごはんのおかずにもいいですが、ビールのおつまみにも合いそうです。少しでも参考になれば幸いです。