2320201010ra.png
 
 
 
 

■ 今回のテーマは、ふわふわパンケーキ


 
今回は2020年10月10日にフジテレビ系の生活情報番組『土曜はナニする!?』の人気コーナー「10分ティーチャー」で紹介された「ふわふわパンケーキ」の作り方と健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で「ふわふわパンケーキ」のやり方を教えてくれたのは、栄養士の斎藤ゆかりさんです。
 
 
斎藤ゆかりさんは、大手製粉会社にて5年間にわたり250種類以上の小麦粉の性質を見て、パンが自在に作れるようになり、パン教室の講師向け講座『こなこな・マジック』を主催し、すでに700名以上受講されています。



 

■ パンケーキの健康効果がすごい!


 
パンケーキは、1食(2枚 242g)あたり644kcal(タンパク質58.56kcal、脂質182.97kcal、炭水化物405.32kcal)あります。
 
 
パンケーキはカロリーも糖質もやや高めですが、以下のとおり心と体の健康によい成分が豊富に含まれています。
 
 
 

『疲労回復効果』


パンケーキに豊富に含まれるビタミンB群は、疲労回復効果が抜群に優れています。
 
 
 

『生活習慣病の予防』


パンケーキに豊富に含まれるビタミンEは優れた抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去して、老化や動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『高血圧の予防』


パンケーキにはカリウムも富に含まれているので、利尿作用に優れているため、むくみや高血圧の予防改善にも効果的です
 
 
 
【パンケーキの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)抗酸化効果
(3)老化の予防効果
(4)シミしわの予防効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)骨や歯を丈夫にする効果
(7)ストレス抑制効果
(8)免疫力アップ効果
(9)貧血の予防効果

 
【パンケーキに含まれる栄養素】
 
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンK
(5)ビタミンB1,B2,B6,B12
(6)ナイアシン
(7)葉酸
(8)パントテン酸
(9)ビオチン
(10)ビタミンC
(11)ナトリウム
(12)カリウム
(13)カルシウム
(14)マグネシウム
(15)リン
(16)鉄
(17)亜鉛
(18)銅
(19)マンガン
(20)ヨウ素
(21)セレン
(22)クロム
(23)モリブデン
(24)食物繊維

 
 
 
 

■ ふわふわパンケーキのレシピ


 
■ 材料(2~4人分)

<生地>
(1)塩(4g)
(2)ドライイースト(2g)
(3)砂糖(18g)
(4)卵(2個)
(5)牛乳(70g)
(6)サラダ油(20g)
(7)強力粉(160g)
(8)バニラエッセンス(適量)
 
<トッピング>
(1)バター(適量)
(2)メイプルシロップ(適量)

 
■ ふわふわパンケーキの作り方


(1)まず最初にボウルに<生地>の材料をいれて、粘りが出るまでしっかり混ぜます。
 
(2)ラップをかけて、常温で240~300分かけて生地を発酵させます。
 
(注)生地の厚さが2倍以上になればOKです。
 
(3)発酵した生地をフライパンに加えて弱火で2分焼きます。
 
(4)生地の表面に気泡が出たら、裏面に返してフタをし、そのまま5分ほど蒸し焼きにします。
 
(5)生地に火が通ったらお皿に盛り付けて、バターとメイプルシロップをトッピングして出来上がり!
 

 
 
 
 

■ まとめ


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回は土曜はナニするで放送尾された「ふわふわパンケーキ」を紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
生地を発酵させることで、ふわふわ感が増し、おいしさがアップします。面倒でも一手間加えることで栄養価もアップするので、ぜひお試しください。少しでも参考になれば幸いです。