1220201006ra.png
 
 
 
 

■ 今回はきのことジャガイモのフリカッセのレシピ


 
今回は2020年10月6日にテレビ朝日系のお料理番組『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』で放送された「サーモンとかぶのエスカベッシュ」の作り方と「サーモン」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回のテーマは「秋を味わう」、番組内で「サーモンとかぶのエスカベッシュ」の作り方を教えて下さったのは、辻調理専門学校の西洋料理講師の小池浩司さんです。



 

■ サーモンの健康効果がすごい!


 
サーモンは、1切れ(86g)あたり110kcal(タンパク質72kcal、脂質32.4kcal、炭水化物0.32kcal)と、タンパク質が豊富に含まれています。
 
 
サーモンに豊富に含まれるオメガ3脂肪酸は、血管壁に脂肪が蓄積するのを予防し、血液の流れを良い状態に保ってくれるので、血液を通じて全身に栄養分・酸素がスムーズに行き渡ります。
 
 
こうしたことからオメガ3脂肪酸は、さまざまな病気を予防してくれます。他にサーモンには以下の通り美容と健康に優れた効果が期待できます。
 
 

『生活習慣病予防効果』


サーモンに豊富に含まれる「アスタキサンチン」という成分には優れた抗酸化作用(ビタミンEの約1000倍)があり、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


鮭に豊富に含まれるアンセリンという成分は疲労の原因「乳酸」の分解を促し、持久力を高める働きがあります。また、眼精疲労を改善したり、ストレスを解消する効果も期待できます。
 
 
 

『免疫力アップ』


サーモンには免疫機能を強化してくれる亜鉛、銅、マンガンなどが豊富に含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 
 
【サーモンの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)抗酸化効果
(3)老化の予防効果
(4)シミしわの予防効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)骨や歯を丈夫にする効果
(7)ストレス抑制効果
(8)血液サラサラ効果
(9)血中コレステロール抑制効果
(10)アンチエイジング効果

 
【サーモンに含まれる栄養素】
 
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンB1,B2,B6
(5)ナイアシン
(6)葉酸
(7)パントテン酸
(8)ナトリウム
(9)カリウム
(10)カルシウム
(11)マグネシウム
(12)リン
(13)鉄
(14)亜鉛
(15)銅

 
 
 
 

■ サーモンとかぶのエスカベッシュのレシピ


 
■ 材料(二人分)

(1)さけ(250g)
(2)かぶ(1個)
(3)しめじ(80g)
(4)しょうが(15g)
(5)カレー粉(小さじ1/4)
(6)白ワイン酢(40ml)
(7)白ワイン(50ml)
(8)ナンプラー(小さじ2)
(9)砂糖(大さじ1/2)
(10)塩(小さじ1/2)
(11)バージンオリーブ油(小さじ4)
(12)塩(適量)
(13)こしょう(適量)
(14)小麦粉(適量)

 
■ サーモンとかぶのエスカベッシュの作り方

(1)まず最初にさけの皮をとって、2cm幅に切ります。
 
(2)かぶの皮をむいて12等分のくし形に切ります。
 
(3)しめじの石づきを切って、手でほぐします。
 
(4)しょうがの皮をむいて太めの千切りにします。
 
(5)さけに塩コショウし、小麦粉をまぶします。
 
(6)フライパンにバージンオリーブ油(小2)を熱し、さけの両面を中火で焼き、取り出して容器に入れます。
 
(7)(6)のフライパンにバージンオリーブオイル(小2)を熱し、かぶ、しめじ、しょうがを中火で炒めます。
 
(8)カレー粉を加えて炒め、白ワイン酢を加えて半量になるまで強火で煮つめます。
 
(9)白ワインを加えてアルコール分を飛ばして火を止め、ナンプラー、砂糖、塩を加えます。
 
(10)(9)をさけの上に加え、ラップをかけたら粗熱が取れるまで常温で寝かせます。
 
(11)フタをして冷蔵庫で30分以上冷します。
 
(12)冷蔵庫から取り出して、器に盛り付けたら出来上がり!

 
 
 
 

■ まとめ


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はおしゃべりクッキングで放送された「サーモンとかぶのエスカベッシュ」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
エスカベッシュは、スペインの家庭料理なんですが、地中海風の南蛮漬けのようなお料理で、色々な食材にあうので、使いまわしが効くので重宝します。少しでも参考になれば幸いです。