220201001ra.png
 
 
 
 

■ 今回はきのこと豚肉のピリ辛炒めのレシピ


 
今回は2020年10月1日にNHKの朝の情報番組『あさイチ』の人気コーナー「みんな!ゴハンだよ」で放送された「きのこと豚肉のピリ辛炒め」と「きのこ」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で「きのこと豚肉のピリ辛炒め」の作り方を教えて下さったのは、NHK「きょうの料理」や日本テレビ「キユーピー3分クッキング」でおなじみの料理家の田口成子さんです。



 

■ しめじの健康効果がすごい!


 
しめじは、1パック(170g)あたり24kcal(タンパク質14.28kcal、脂質4.59kcal、炭水化物29.92kcal)と、超低カロリー、超低脂質な食材です。
 
 
しめじは、キノコ類の中でも特にダイエット効果が高いです。キノコ類全般に言えることですが、しめじも食物繊維が豊富に含まれていて、なめこやまいたけよりも多く含まれています。
 
 
食物繊維は腸内環境を整えて排便をスムーズにする効果があり、これがしめじを含むキノコ類がダイエットに有利に働く理由の一つです。
 
 
しめじには食物繊維にプラスして、食欲を抑える効果がある「レクチン」という栄養成分が含まれているため、さらにダイエット効果を高めてくれます。
 
 
他にもしめじには以下の通り美容と健康に優れた効果が期待できます。
 
 
 
 

『疲労回復効果』


ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、披露からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『免疫力アップ』


しめじには免疫機能を強化してくれる亜鉛、銅、マンガンなどが豊富に含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『高血圧の予防』


しめじにはカリウムも富に含まれているので、利尿作用に優れているため、むくみや高血圧の予防改善にも効果的です
 
 
 
【しめじの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)免疫力アップ効果
(3)老化の予防効果
(4)コレステロール値を下げる効果
(5)血圧を下げる効果
(6)血糖値を下げる効果
(7)がんなどの生活習慣病の予防効果
(8)骨や歯を丈夫にする効果
(9)美肌効果

 
【しめじに含まれる栄養素】
 
(1)ビタミンD
(2)ビタミンB1,B2,B6
(3)ナイアシン
(4)葉酸
(5)パントテン酸
(6)カリウム
(7)マグネシウム
(8)リン
(9)鉄
(10)亜鉛
(11)銅
(12)マンガン
(13)食物繊維

 
 
 
 

■ きのこと豚肉のピリ辛炒めのレシピ


 
 
■材料(2人分)


(1)しめじ(1パック、170g)
(2)エリンギ(1パック、170g)
(3)サラダ油(大さじ1と1/2)
(4)豚切り落とし肉(150g)
(5)塩(少々)
(6)こしょう(少々)
(7)酒(小さじ2)
(8)かたくり粉(小さじ2)
(9)にんにく(1/2かけ分)
 
<A>
(1)豆板醤(小さじ2/3)
(2)しょうゆ(大さじ1)
(3)酒(大さじ1)
(4)砂糖(大さじ1/2)
 

 
 
■ きのこと豚肉のピリ辛炒めの作り方


(1)まず最初にしめじの石づきを取り除いて、ほぐします。
 
(2)エリンギは太いものと細いものに分け、太いものは四つ割りにして長さを半分に切り、細いものは縦半分に切ります。
 
(3)次に合わせ調味料をつくります。豆板醤、しょうゆ、酒、砂糖を分量通り入れて混ぜます。
 
(4)熱したフライパンにサラダ油を入れ、しめじ、エリンギを加えます。
 
(5)強めの中火で、時々混ぜながら2分ほど焼きつけます。
 
(6)豚肉を一口大に切って、塩こしょう、酒、片栗粉を加えて揉みこみながら下味をつけます。
 
(7)しめじ、エリンギがしんなりしたら、フライパンの真ん中を空け、空いたスペースに豚肉を入れます。
 
(8)中火で豚肉の色が変わるまで炒めます。
 
(9)豚肉に火が通ったら<A>の調味料を加えて全体をからめます。
 
(10)お皿に盛り付けたら出来上がり!
 

 
 
 
 

■ まとめ


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はあさイチで放送された「きのこと豚肉のピリ辛炒め」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
しめじとエリンギは豚肉との相性が良く、しかも栄養価がバツグンに高いので、「きのこと豚肉のピリ辛炒め」は美容と健康に良い効果をもたらしてくれる一品です。少しでも参考になれば幸いです。