2420200911ra.png
 
 
 

■ 今回は豚肉の煮込み シナモン風味のレシピ


 
今回は2020年9月11日にテレビ朝日系のお料理番組『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』で放送された「豚肉の煮込み シナモン風味」の作り方と「豚肩ロース肉」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回のテーマは「スパイス&ハーブ」、番組内で「豚肉の煮込み シナモン風味」の作り方を教えて下さったのは、辻調理専門学校の西洋料理講師の小池浩司さんです。




 

■ 豚肩ロース肉の健康効果がすごい!


 
豚肩ロース肉は、100gあたり253kcal(タンパク質68.4kcal、脂質172.8kcal、炭水化物0.4kcal)と、カロリー、脂質ともにやや高めです。
 
 
しかし、豚肉には心と体の健康によい効果をもたらしてくれる栄養成分が豊富に含まれています。
 
 
何といっても豚肉にはビタミンB群がたっぷり含まれていて、バツグンの疲労回復効果があるので、疲れているときにオススメです。
 
 
また、他にも太りにくい体質になる「ロイシン」、睡眠障害を予防・改善する「トリプトファン」、脳を活性化する「アラキドン酸」なども含まれています。
 
 
 

『美肌効果』


美肌といえば「コラーゲン」と言っても過言ではなほど美肌づくりには欠かせない重要な成分ですが、豚肉のコラーゲンは人間に一番近いアミノ酸から作られていことから、人間の体に馴染みやすいと言われてます。
 
 
 

『免疫力アップ』


豚肉には免疫力を高める効果が期待できる良質なタンパク質が豊富に含まれているので、免疫力をアップする効果が期待でき、様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『高血圧の予防』


豚肉にはカリウムも富に含まれているので、利尿作用に優れているため、むくみや高血圧の予防改善にも効果的です。
 
 
 
【豚肩ロース肉 の健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)免疫力アップ効果
(3)老化の予防効果
(4)コレステロール値を下げる効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)骨や歯を丈夫にする効果
(7)貧血の予防効果
(8)美肌効果

 
【豚肩ロース肉に含まれる栄養素】
 
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンK
(5)ビタミンB1,B2,B6,B12
(6)ナイアシン
(7)葉酸
(8)パントテン酸
(9)ビタミンC
(10)ナトリウム
(11)カリウム
(12)カルシウム
(13)マグネシウム
(14)リン
(15)鉄
(16)亜鉛
(17)銅
(18)マンガン

 
 
 
 

■ 豚肉の煮込み シナモン風味のレシピ


 
■ 材料(二人分)

(1)豚肩ロース肉(300g)
(2)シナモンスティック(1本)
(3)りんご(1/2個)
(4)レモン(薄切り、2枚)
(5)赤ワイン(80ml)
(6)はちみつ(大さじ1)
(7)塩(小さじ2/3)
(8)こしょう(適量)
(9)バージンオリーブ油(大さじ1/2)

 
■ 豚肉の煮込み シナモン風味の作り方

(1)まず最初にりんごを皮のまま4等分にカットします。
 
(2)豚肩ロース肉に塩(小2/3)の半量とこしょう(適量)をふって、下味をつけます。
 
(3)鍋にバージンオリーブ油(大1/2)を熱して、豚肉の脂から強火で焼きはじめ、全体的に焼き色がついたら取り出します。
 
(4)鍋に残った(3)の焼き油を捨てます。
 
(5)赤ワイン、はちみつ、シナモンスティック、残りの塩を加えて煮立て、豚肉を戻し入れます。
 
(6)りんご、レモンを加えて落とし蓋、さらに鍋の蓋をして、時々返しながら弱火で15分煮ます。
 
(7)豚肉を取り出して1cm厚さに切ります。
 
(8)器に盛って、煮汁をかけたら出来上がり!

 
 
 
 

■ まとめ


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はおしゃべりクッキングで放送された「豚肉の煮込み シナモン風味」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
豚肩ロース肉は、カロリーも脂質もやや高めですが、それ以上に美容と健康に関する優れた効果が期待できますし、コスパもいいので是非参考にしてみてください。