2120200910ra.png
 
 
 

■ 今回はかじきとしめじのトマト蒸し煮のレシピ


 
今回は2020年9月10日にNHKの朝の情報番組『あさイチ』で放送された「かじきとしめじのトマト蒸し煮」と「かじき」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で「かじきとしめじのトマト蒸し煮」の作り方を教えて下さったのは、料理研究家の上田淳子さんです。



 

■ かじきは栄養価がバツグン!


 
かじきは、1切れ(約200g)あたり198kcal(タンパク質183.2kcal、脂質3.6kcal、炭水化物0.8kcal)あります。かじきはお魚の中でもバツグンに栄養価が高いです。
 
 
かじきには、DHA、EPA(不飽和脂肪酸)が豊富に含まれていて、血液中のコレステロールや中性脂肪を減少させて、血流を改善する効果があり、動脈硬化、心臓病、がんの予防につながります。
 
 
また、DHA、EPAは脳の働きを活性化する効果もあり、脳卒中や認知症の予防効果が期待できます。他にもかじきには、以下のような美容と健康効果が期待できます。
 
 
 

『疲労回復効果』


かじきには疲労回復効果に優れたビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群が不足すると疲れやすくなり、食欲不振、動悸、気分が落ちこみやすくなります。
 
 

『美肌効果』


かじきはビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEは、肌にハリとうるおいを与えるコラーゲンの合成、血流をよくする効果があります。また、紫外線からお肌をガードし、シミやシワの予防にもなるので、肌トラブルの予防・改善にも効果が期待できます。
 
 
 

『免疫力アップ』


かじきには免疫機能を強化してくれるタンパク質、亜鉛、銅、マンガンなどが豊富に含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『高血圧の予防』


かじきにはカリウムも富に含まれているので、利尿作用に優れているため、むくみや高血圧の予防改善にも効果的です
 
 
 
【かじきの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)免疫力アップ効果
(3)老化の予防効果
(4)シミしわの予防効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)血液サラサラ効果
(7)骨や歯を強くする効果

 
【かじきに含まれる栄養素】
 
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンB1,B2,B6,B12
(5)ナイアシン
(6)葉酸
(7)パントテン酸
(8)ビタミンC
(9)ナトリウム
(10)カリウム
(11)カルシウム
(12)マグネシウム
(13)リン
(14)鉄
(15)亜鉛
(16)銅
(17)マンガン

 
 
 
 

■ かじきとしめじのトマト蒸し煮のレシピ


 
 
■材料(2人分)

(1)カジキ(2切れ、200~250g)
 
<ソース>
(1)オリーブオイル(大さじ1)
(2)玉ねぎ(1/2個)
(3)しめじ(100g)
(4)カットトマト缶(200g)
(5)塩(小さじ1/3)
(6)コショウ(適量)
(7)チリペッパー(適量)
(8)オリーブオイル(適量)
 
<塩糖水(調味液)>
(1)水(100cc)
(2)塩(小さじ2/3)
(3)砂糖(小さじ1.5)

 
■ かじきとしめじのトマト蒸し煮の作り方

(1)まず最初に塩糖水(えんとうすい)を作ります。ポリ袋に水、塩、砂糖を入れてよく混ぜて溶かします。
 
(2)かじきを塩糖水につけて、しっかり空気を抜いて口を閉じて結び、冷蔵庫で3時間ほど寝かします。
 
(3)玉ねぎを薄切りにします。
 
(4)しめじの石づきをとって小房に分けます。
 
(5)かじきの水気をキッチンペーパーで拭き取って、半分に切ります。
 
(6)フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、玉ねぎとしめじを炒めます。
 
(7)2分ほど炒めてしんなりしてきたら、トマト缶、塩、こしょう、チリペッパーを入れてサッと煮ます。
 
(8)フツフツとしてきたらカジキをソースの上に乗せて、フタをして2~3分蒸し煮します。
 
(9)かじきに火が通ったら、サッと混ぜてお皿に盛ります。
 
(10)残ったソースにお好みでオリーブオイルを加えて軽く煮詰めて、かじきを乗せたら出来上がり!

 
 
 
 

■ まとめ


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はあさイチで放送された「かじきとしめじのトマト蒸し煮」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
かじきは、上述させていただいたとおり栄養価バツグンのお魚です。美容にも健康にも良いので、少しでも参考になれば幸いです。ありがとうございました。