1820200908ra.png
 
 
 

■ 今回はふわふわ煮込みハンバーグのレシピ


 
今回は2020年9月8日に日本テレビ系の情報番組『スッキリ』の人気コーナー「みんなの食卓」で放送された「ふわふわ煮込みハンバーグ」の作り方と「煮込みハンバーグ」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で「ふわふわ煮込みハンバーグ」の作り方を教えて下さったのは、フレンチレストラン「sio(シオ)」のオーナーシェフ、鳥羽周作さんです。
 
 
鳥羽周作さんは、Jリーグの練習生、小学校の教師を経てフレンチの世界に飛び込んだユニークな経歴を持つ方で、それゆえに鳥羽さんが手掛けるお料理は斬新です。



 

■ 煮込みハンバーグの健康効果がすごい!


 
煮込みハンバーグは、1人前(386.6g)あたり534kcal(タンパク質101.12kcal、脂質329.13kcal、炭水化物76.72kcal)と、栄養価がバツグンに高い食品です。
 
 
煮込みハンバーグには、以下のような美容と健康に関する効果があります。
 
 
 

『疲労回復効果』


ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れていて、披露からくる手足のしびれやむくみ、食欲不振、不安、集中力不足などの症状にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
 

『生活習慣病予防効果』


煮込みハンバーグに豊富に含まれるビタミンEとCには優れた抗酸化作用があり、万病の元とされている活性酸素を除去して、動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『免疫力アップ』


煮込みハンバーグには免疫機能を強化してくれるタンパク質、亜鉛、銅、マンガンなどが豊富に含まれているので、免疫力を高めて様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『高血圧の予防』


煮込みハンバーグにはカリウムも富に含まれているので、利尿作用に優れているため、むくみや高血圧の予防改善にも効果的です
 
 
 
【煮込みハンバーグの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)抗酸化効果
(3)老化の予防効果
(4)シミしわの予防効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)骨や歯を丈夫にする効果
(7)貧血の予防効果
(8)ストレス抑制効果
(9)便秘の予防改善効果
(10)整腸効果

 
【煮込みハンバーグに含まれる栄養素】
 
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンK
(5)ビタミンB1,B2,B6,B12
(6)ナイアシン
(7)葉酸
(8)パントテン酸
(9)ビオチン
(10)ビタミンC
(11)ナトリウム
(12)カリウム
(13)マグネシウム
(14)リン
(15)鉄
(16)亜鉛
(17)銅
(18)マンガン
(19)ヨウ素
(20)セレン
(21)クロム
(22)モリブデン
(23)食物繊維

 
 
 
 

■ ふわふわ煮込みハンバーグのレシピ


 
■材料(2人分)

(1)タマネギ(1個)
(2)しめじ(60g)※ほかのきのこや野菜でもOK
(3)合いびき肉(350g)
(4)塩(4g)
(5)卵(1個)
(6)バター(ひとかけ)
(7)サラダ油(適量)
 
<A>
(1)パン粉(25g)
(2)牛乳(大さじ5、75cc)
(3)ナツメグ(小さじ1強、1.5g)
(4)ケチャップ(大さじ1.5)
 
<B>
(1)デミグラスソース缶(1缶)
(2)水(100ml)
(3)醤油(20g)
(4)はちみつ(25g)
(5)白味噌(40g)

 
■ ふわふわ煮込みハンバーグの作り方

(1)まず最初にハンバーグとソース用に分けて、タマネギを切ります。半分はハンバーグ用に細かいみじん切り、残りの半分はソース用に1cm厚さのスライスにします。
 
(2)しめじの医師突きを切り落としてバラバラにほぐします。
 
(注)生肉を調理する前に野菜を切っておくと調理しやすくなります。
 
(3)フライパンにサラダ油をひいて、みじん切りした玉ねぎを炒めます。
 
(4)薄いあめ色になるまで炒めたら、冷蔵庫で冷ましておきます。
 
(注)茶色くなりすぎず、軽く色づくくらいでOK。
 
(5)(A)の材料のボウルに入れて混ぜ合わせます。
 
(注)つなぎぎとなる材料を先に混ぜておくと、あとでひき肉などの材料となじみやすくなります。
 
(注)ケチャップをつなぎに入れることで、味に深みが増します。
 
(6)氷を入れたボウルの上にもう一つボウルを用意し、合いびき肉と塩を入れてよく混ぜます。
 
(注)塩とひき肉をしっかり混ぜておくことで、焼いたときに崩れにくくなります。
 
(7)粘り気が出たら、卵、冷ました玉ねぎ、混ぜ合わせたつなぎを入れて、さらに混ぜます。
 
(注)氷を入れたボウルを使うことによって、手の暖かさで肉の脂が溶けるのを防ぎます。
 
(注)卵は粘り気が出るまでしっかり練ってから入れます。
 
(8)ハンバーグのタネを4等分に分けて丸く成形してから上下をつぶします。
 
(注)厚めに成形することでハンバーグを焼くさいに脂や水分が出にくくなり、ふわふわジューシーに仕上がります。
 
(9)熱したフライパンにサラダ油を入れて両面に焼き目がつくまで焼きます。
 
(10)焼き目がついたら水を約100ccを入れてフタをし弱めの中部で5分間蒸し焼きにします。
 
(注)蒸し焼きにすることで火がまんべんなく入ります。
 
(11)焼けたら、フライパンからハンバーグを一旦お皿に移します。
 
(12)次にソースを作ります。フライパンを洗ってから、バターを溶かし、スライスした玉ねぎとしめじを炒めます。
 
(注)フライパンを洗うことによって雑味を防ぐことができます。
 
(13)野菜がしんなりしてきたら、<B>の材料を加えて、弱めの中火で軽く煮立てる。
 
(14)ソースにハンバーグを戻し入れて、スプーンで上からソースをかけます。
 
(15)フタをして、弱火の中火で5分煮込んだら出来上がり!

 
 
 
 

■ まとめ


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はスッキリで放送された「ふわふわ煮込みハンバーグ」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
煮込みハンバーグは、カロリーも糖質も高いですが、美容と健康に優れた効果をもたらしてくれる栄養素が豊富に含まれています。少しでも参考になれば幸いです。