5920200827ra.png
 
 
 

■ 今回はたたききゅうりの豚キムチ炒めのレシピ


 
今回は2020年8月27日にNHKの朝の情報番組『あさイチ』の人気コーナー「みんな!ゴハンだよ」で放送された「たたききゅうりの豚キムチ炒め」の作り方と「豚キムチ」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で「たたききゅうりの豚キムチ炒め」の作り方を教えて下さったのは、料理研究家の小田真規子さんです。
 



 

■ 豚キムチはダイエットにぴったり


 
豚キムチは、100gあたり149kcal(タンパク質19.64kcal、脂質106.65kcal、炭水化物19.8kcal)あります。豚キムチはビタミン群とミネラルがバランスよく含まれています。
 
 
豚キムチにはさらに下記の通り優れた健康効果が期待できます。
 
 

『疲労回復効果』


豚キムチには疲労回復効果に優れたビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群が不足すると疲れやすくなり、食欲不振、動悸、気分が落ちこみやすくなります。
 
 
 

『生活習慣病の予防』


ビタミンEは優れた抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去して、老化や動脈硬化、糖尿病、ガンなどの生活習慣病を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『美肌効果』


ビタミンC・ビタミンEには、肌にハリとうるおいを与えるコラーゲンの合成、血流をよくする効果があります。また、紫外線からお肌をガードし、シミやシワの予防にもなるので、肌トラブルの予防・改善にも効果が期待できます。
 
 
 

『便秘の予防改善効果』


キムチには食物繊維と乳酸菌が豊富に含まれているので、腸内のぜん動運動を促して、排便をしやすくするので便秘の予防・改善に優れた効果を発揮します。
 
 
 

『高血圧の予防』


そして、豚キムチにはカリウムも富に含まれているので、利尿作用に優れているため、むくみや高血圧の予防改善にも効果的です
 
 
 
【豚キムチの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)免疫力アップ効果
(3)老化の予防効果
(4)シミしわの予防効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)骨や歯を健康にする効果
(7)貧血の予防効果
(8)血液サラサラ効果
(9)ダイエット効果
(10)ストレス抑制効果

 
【豚キムチに含まれる栄養素】
 
(1)ビタミンA
(2)ビタミンD
(3)ビタミンE
(4)ビタミンK
(5)ビタミンB1,B2,B6,B12
(6)ナイアシン
(7)葉酸
(8)パントテン酸
(9)ビオチン
(10)ビタミンC
(11)ナトリウム
(12)カリウム
(13)カルシウム
(14)マグネシウム
(15)リン
(16)鉄
(17)亜鉛
(18)銅
(19)マンガン
(20)セレン
(21)モリブデン
(22)食物繊維

 
 
 
 

■ たたききゅうりの豚キムチ炒めのレシピ


 
■材料(2人分)

(1)きゅうり(2~3本、200~250g)
(2)豚バラ肉(薄切り、150g)
(3)ネギ(1/2本分、5mmの斜め切り)
(4)キムチ(100g)
(5)しょうゆ(小さじ2~3)

 
■たたききゅうりの豚キムチ炒めの作り方

(1)まず最初にきゅうりをまな板の上で木べらなどを使って潰し、縦に割って4~5cm長にします。
 
(2)ねぎを5mm幅の斜め切りにします。
 
(3)キムチを1cm幅程度に食べやすく切ります。
 
(4)豚バラ肉を7~8cm長さに切ります。
 
(5)フライパンに豚バラ肉を広げて並べます。その上にねぎ、きゅうりの順に乗せて強めの中火で2分ほど焼きます。
 
(注)豚肉の余分な脂が出てきたら、ペーパータオルで拭き取ります。
 
(6)豚肉に焼き色がついたらキムチを加えて2分ほど炒め合わせます。
 
(7)具材を端に寄せて真ん中にスペースを作り、そこにしゅうゆを加えます。
 
(8)ふつふつとしてきたら全体に炒め合わせます。
 
(9)お皿に盛り付けたら出来上がり!

 
 
 
 

■ まとめ


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はあさイチで放送された「たたききゅうりの豚キムチ炒め」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
旬のきゅうりと豚肉、キムチを合わせた夏にぴったりのピリ辛メニュー。スタミナ満点なので厳しい残暑を乗り越えるのにピッタリ!。少しでも参考になれば幸いです。