3220200813ra.png
 
 
 

■ 今回はあじの生姜オイルのレシピ


 
今回は2020年8月13日にテレビ朝日系の料理番組『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』で放送された「あじの生姜オイル」の作り方と「あじ」の優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で「あじの生姜オイル」の作り方を教えて下さったのは、辻調理専門学校講師の人気講師岡本健二さんです。



 

■ あじの健康効果がすごい!


 
あじは、100gあたり121kcal(タンパク質82.8kcal、脂質31.5kcal)あります。また、あじには心と体の健康によい成分が豊富に含まれています。
 
 
特にあじはEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれていて、血中コレステロールを下げて、血栓症、動脈硬化、認知症などを予防する効果があります。
 
 

『疲労回復効果』


あじはビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB群は疲労回復効果が抜群に優れています。
 
 

『免疫力アップ』


あじにはタンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は免疫力をアップする効果も期待できるので、様々な病気を予防する効果が期待できます。
 
 
 

『高血圧の予防』


そして、あじにはカリウムも富に含まれているので、利尿作用に優れているため、むくみや高血圧の予防改善にも効果的です
 
 
 
【あじの健康効果】
 
(1)疲労回復効果
(2)目の健康改善効果
(3)老化の予防効果
(4)アレルギー症状抑制効果
(5)がんなどの生活習慣病の予防効果
(6)骨や歯を丈夫にする効果
(7)記憶力向上効果

 
【あじに含まれる栄養素】
 
(1)ビタミンA
(2)ビタミンB1,B2,B6,B12
(3)ビタミンD
(4)ビタミンE
(5)ナイアシン
(6)葉酸
(7)パントテン酸
(8)ビオチン
(9)ナトリウム
(10)カリウム
(11)カルシウム
(12)マグネシウム
(13)リン
(14)鉄
(15)亜鉛
(16)銅
(17)ヨウ素
(18)セレン
(19)クロム

 
 
 
 

■ あじの生姜オイルのレシピ


 
■材料(二人分)

(1)あじ(300g)
(2)乾燥わかめ(5g)
(3)玉ねぎ(200g)
(4)塩(適量)
(5)昆布茶(適量)
 
【しょうがオイル】
(1)しょうが(40g)
(2)みょうが(2個)
(3)あさつき(10本)
(4)油(大さじ3)
(5)ごま油(小さじ1/2)
(6)塩(小さじ1/3)
(7)薄口しょうゆ(小さじ1/2)

 
■あじの生姜オイルの作り方

(1)まず最初にあじを三枚おろしにして皮をむきます。
 
(2)次に5mm厚さのそぎ切りにし、塩と昆布茶をふりかけて10分寝かせます。
 
(3)しょうがとみょうがをみじん切りにし、あさつきは小口切りにします。
 
(4)乾燥わかめを水に浸けて戻します。
 
(5)玉ねぎは繊維に逆らって薄切りにします。
 
(6)わかめと玉ねぎを同じ水に浸けて、混ぜてザルにあげ、水分を切ります。
 
(7)最後にしょうがオイルを作ります。フライパンに油、ごま油、しょうがを入れて弱火で炒めます。
 
(8)香りが出たら塩、薄口しょうゆを加え、ひと煮立ちしたら火を止め、みょうが、あさつきを加えてボウルに移し、粗熱を取ります。
 
(9)器に(6)をしいて、あじの水分を取ってから盛り、(8)をかけたら出来上がり!

 
 
 
 

■ まとめ


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はおしゃべりクッキングで放送された「あじの生姜オイル」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
あじには上述させていただいた通り美容と健康に優れた効果をもたらしてくれる栄養素が豊富に含まれています。
 
 
あじの生姜オイルは、おかずだけでなく、お酒のおつまみにも合いそうです。また、そうめんと一緒にたべるのもありかもです。少しでも参考になれば幸いです。