7120200703.png
 
 
 

■ 今回は厚揚げの豆腐ステーキ


 
今回は2020年7月9日にNHKの朝の人気情報番組『あさイチ』で放送された「厚揚げの豆腐ステーキ」の作り方と知られざる厚揚げの健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内で厚揚げの豆腐ステーキの作り方を教えて下さったのは、料理研究家の牛尾理恵さんです。



 

■ 厚揚げの健康効果


 
意外に思われるかもしれませんが、厚揚げは豆腐よりも健康効果が優れているんです。厚揚げのタンパク質は豆腐の約5倍で鉄分に関しては3倍以上あります。
 
 
とはいっても、厚揚げは油で揚げているので、カロリーは豆腐よりも多いですが、厚揚げ1枚あたりのカロリーは195calなので、意外とダイエット向きの食材なんです。
 
 
しかも、今回ご紹介させていただく厚揚げステーキは外側の皮の部分は切り落とす(豆苗サラダに使います)ので、さらにヘルシー。
 
 
 
 

『厚揚げは体に良い栄養素の宝庫!』


 
厚揚げは体に良い効果をもたらしてくれる栄養素が豊富に含まれていながら、糖質が非常に少なく、栄養価に優れた食材です。
 
 
特にタンパク質やカルシウム、マグネシウム、イソフラボンが豊富に含まれているため、動脈硬化、心筋梗塞、糖尿謬などの生活習慣病の予防や美肌にも優れた効果を期待できます。
 
 
(1)ビタミンE
(2)ビタミンK
(3)ビタミンB1
(4)ビタミンB2
(5)ビタミンB6
(6)カルシウム
(7)マグネシウム
(8)リン
(9)鉄
(10)亜鉛
(11)銅
(12)マンガン

 
 
 

■ 厚揚げの豆腐ステーキのレシピ


 
厚揚げは内側の豆腐の部分と外側の皮の部分とを切り分けます。切り分けるさいに出来るだけ皮の部分を薄く切り取ると、焼いたときに香ばしさが増します。
 
■材料(2人分)

(1)厚揚げ(2枚:500g)
 
<ステーキ>
 
(1)厚揚げの内側
(2)塩(小さじ1/3)
(3)こしょう(少々)
(4)小麦粉(大さじ1)
(5)オリーブオイル(大さじ1)
(6)にんにく(1片:潰す)
(7)ピザ用チーズ(20g)
(8)万能ねぎ(適量)
 
<付け合わせ>
 
(1)トマト(1個:輪切りに)
(2)オリーブオイル(適量)
(3)塩こしょう(適量)

 
 
■厚揚げの豆腐ステーキの作り方(調理時間約15分)

(1)厚揚げは内側の豆腐の部分と外側の皮の部分を切り分けます。
 
(2)内側の豆腐の部分に塩コショウで下味をつけ、小麦粉をまぶします。
 
(3)フライパンを中火で熱してオリーブオイルと潰したニンニクを入れます。
 
(4)フライパンを回しながらオイルに香りを移したら、豆腐を入れて片面3分ずつ、カリッと香ばしくなるまで焼きます。
 
(5)チーズ、細ネギを乗せて、フタをしてチーズが溶けるまで1分ほど焼いたらお皿に取り出します。
 
(6)付け合わせのトマトを焼きます。1cmの輪切りにし、オリーブオイルをひいたフライパンで強めの中火で焼きます。
 
(7)お好みの焼き加減になったら取り出して豆腐ステーキに添えたら出来上がり!

 
(注意!)豆腐を焼いている途中でニンニクが焦げそうになったら速やかに取り出してください。
 
 
 
 

■ まとめ


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はあさイチで放送された「厚揚げの豆腐ステーキ」をご紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
厚揚げは豆腐よりも栄養価に優れていて、生活習慣病の予防からダイエットや美肌ににまで良い効果をもたらしてくれる優れた健康食材です。参考になれば幸いです。