2020200623.png
 
 
 

■ 今回はレモンレタスそうめん


 
今回は2020年06月23日にフジテレビ系列の生活番組『ノンストップ』で紹介された「レモンレタスそうめん」の作り方とレタスの健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
今回番組内でレモンレタスそうめんの作り方を教えて下さったのは、お洒落な日本料理店「賛否両論」のオーナーシェフ笠原将弘さんです。
 
 
これから夏を迎えるにあたって、疲労回復効果に優れたレモンと体を冷やしてくれる効果に優れたレタスを同時に食することができるレモンレタスそうめんは、ぴったりのお料理です。



 

■ レモンとレタスの健康効果


 
レモンはビタミンCが豊富に含まれていて、免疫力を高めてストレス抑制、疲労回復、美肌(シミしわの予防など)、高血圧、動脈硬化などの予防にも優れた効果が期待できる食材です。
 
 
暑さが厳しい夏に欠かすことが出来ない食材です。とくに今年の夏は例年以上に熱中症対策が難しいとされているので、水分補給と一緒にレモン(果汁タイプでもOK)を摂取していただきたいです。
 
 
また、レモンにはクエン酸も豊富に含まれています。クエン酸を骨を丈夫にする働きを促進させたり、万病の元「活性酸素」を取り除く効果も期待できるので、様々な病気の予防に効果的です。
 
 
次にレタスは低カロリーでありなが、ベータカロチン、ビタミンC、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれています。
 
 
先にべたとおりレタスは体を冷やす効果が期待でき、しかも優れた抗酸化作用によって、老化、肌トラブル、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の予防など幅広い美容と健康効果が期待できる大変優れた食材です。
 
 
 
 

■ レモンレタスそうめんのレシピ


 
レモンレタスそうめんは、市販のそーめんに鶏肉とレモン、レタスをのせるだけなので、本当に簡単です。レタスのシャキシャキした食感とレモンの酸味が絶妙です。
 
 
■材料(4人分)

(1)鶏むね肉(1枚)
(2)レタス(1/2玉)
(3)レモン(2個)
(4)塩(少々)
(5)片栗粉(適量)
(6)そうめん(6束)
(7)あらびき黒コショウ(少々)
 
<A>
(1)だし汁(320cc)
(2)しょうゆ(大さじ2+2/3)
(3)みりん(大さじ2+2/3)
 
<B>
(1)オリーブオイル(大さじ3)
(2)砂糖(小さじ2)

 
 
■レモンレタスそうめんの作り方(調理時間約20分)

(1)レタスは千切りにして水にさらし、水気を切ります。
 
(2)レモン1個は皮をむいて薄いちょう切りにし、種がある場合は取り除いて、残り1個は果汁をしぼります。
 
(3)鍋に(A)を入れてひと煮立ちさせます。粗熱を取ってからしぼったレモン汁を混ぜて冷やします。
 
(4)ボウルに千切りにしたレタスとレモンのいちょう切りを入れ、(B)を加えて和えます。
 
(5)鶏肉は皮を取り除いて細切りにし、塩で下味をつけ、片栗粉をまぶします。
 
(6)次に熱湯でさっと茹で、氷水にとって冷やし、ペーパータオルにのせて水けをしっかり切ります。
 
(7)そうめんはパッケージに記載されている通りに茹でてください。茹で上がったら氷水で冷やし、水気を切って器に盛ります。
 
(8)鶏肉とレタスをのせて、冷やした出汁をかけます。黒コショウを振ったら出来上がり!

 
 
 

■ まとめ


 
最後までご覧いただきありがとございます。今回はノンストップで紹介された「レモンレタスそうめん」を紹介させていただいたわけですが、いかがでしたでしょうか?。
 
 
レモンとレタスには、ビタミンCや食物繊維など女性には大変ありがたい美容と健康効果が期待できる優れた栄養素が豊富に入っています。
 
 
これから厳しい暑さが容赦なく私たちの身体を襲ってきます。夏バテしないように「レモンレタスそうめんで乗り切りましょう!!