half_bridge_1261.jpg
 
 
 
 

■ ハーフブリッジとは!?


 
子どものころに誰もが一度は「ブリッジポーズ」をやったことがあるかと思います。意外に思われるかもしれませんが、このブリッジポーズを実践することで、心と体の美容と健康に様々な良い効果をもたらしてくれるんです。
 
 
しかし、このブリッジポーズは初心者の方には難易度が高いです。背筋の力が弱いと腕を延ばして体を持ち上げることができません。


仮に持ち上げることが出来ても数十秒から1分間その状態を維持することが難しいんです。


そこで今回ご紹介させていただくのは、「ハーフブリッジ」といって、背筋の力がそれほど強くなくても出来るので、初心者の方でも無理なく実践することができます。
 
 
 
 
 

■ ハーフブリッジのメリット!?


 
人それぞれ体の使い方が微妙に異なるわけですが、無意識のうちに習慣化してしまうので、気がついたら体に歪みを生じさせてしまい、様々な体調不良を引き起こす原因となってしまいます。
 
 
例えば骨盤が歪むことによって、血行が著しく悪化し、疲労、腰痛、むくみなどの症状の原因とされています。


しかし、ハーフブリッジをすることで歪んでしまった首、背骨、股関節を正常な状態に戻す効果が期待されています。
 
 
 
 

『 1日たった1分で凄い効果を実現! 』


 
また、ハーフブリッジは全身の筋肉を使うので、1日1分程度実践するだけでも代謝や免疫力がアップし、血流が改善進され、次第に全身の血行が良くなります。


そして、体の歪みが改善されると次第に姿勢も良くなります。
 
 
そして、猫背が改善されるメリットは計り知れません。ブリッジはお腹が自然と伸びるので全身に効率よく刺激を与えることが出来ます。


普段使わない筋肉やなかなか動かさない骨に作用し、しっかり体のバランスを整えます。



 
 
1日1分ハーフブリッジの効果が凄い!
 
 
half_bridge_1263.jpg
 
 
 
 

■ ハーフブリッジポーズの効果について


 
身体の歪みが改善されると同時に血行も改善されるので、次第に新陳代謝も良くなり、代謝がUPすることによって痩せやすい体質になることから、ダイエット効果も期待できます。
 
 
ヨガのハーフブリッジポーズは、腹部に程よい刺激を与えることができるので、様々な内臓器官の働きを改善してくれます。また、生理痛を和らげる効果が期待できるため、つらい痛みに苦しんでいる方にハーフブリッジポーズは特にオススメです。
 
 
また、ハーフブリッジポーズは、後屈のポーズなので、姿勢を改善する効果が期待できます。ですので、猫背を治しながら首や肩こり、背中の痛み、腰痛などを解消することも十分可能です。
 
 
 
 

『 1日中座りっぱなしの方にぴったり! 』


 
姿勢が悪いと肺が圧迫さるので、ストレスから緊張しやすくなり、呼吸も浅くなります。これを放置してしまうと様々な体調不良(頭痛、腹痛、過呼吸など)を引き起こす原因となります。
 
 
ですので、スマホを長時間(1日5時間以上)利用されている方やデスクワークで一日中座りっぱなしの方、また、一日中立ちっぱなしの方にハーフブリッジポーズを強くオススメします。
 
 
 
 
 

■ ハーフブリッジポーズのやり方


 
次にハーフブリッジのやり方をご紹介させていただきます。ハーフブリッジポーズを実践するさいに気を付けていただきたいのが「呼吸」です。
 
 
無呼吸の状態でハーフブリッジポーズをやると期待できる効果が半減してしまいます。また、苦しいので習慣化する前に挫折してしまいます。


ですので、気持ちよい呼吸を意識しながらハーフブリッジのポーズを実践してください。
 
 
 
 
 

▼ ハーフブリッジのやり方『STEP1』


 
まず最初に仰向けに寝てください。手のひらを床につけて横におきます。
 
次に両ひざを肩幅に開いた状態で立ててください。
 
how_to_half_bridge_1261.jpg
 
 
 
 
 

▼ ハーフブリッジのやり方『STEP2』


 
手で床を押しながら、お尻を上にあげてください。そのさいに内股やがに股にならないように注意します。
 
how_to_half_bridge_1262.jpg
 
 
 
ゆっくり呼吸をしながら体を元の状態に戻します。これを2~3回くりかえします。
 
how_to_half_bridge_1263.jpg
 
 
 
 
 

▼ ハーフブリッジのやり方『STEP3』


 
もしできるなら、図にあるような格好で、お尻の下で手を組んでみてください。そのさい方は内側に引きます。
 
how_to_half_bridge_1264.jpg
 
 
 
組んだ手を押しながら、お尻を上に持ち上げます。そのままの状態をキープします。(10秒から30秒)
 
how_to_half_bridge_1265.jpg
 
 
 
 
 

▼ ハーフブリッジのやり方『STEP4』


 
組んだ手をほどいて、首→肩→背中→お尻の順番でゆっくりとおろしてください。
 
how_to_half_bridge_1266.jpg
 
 
 
 
 

▼ ハーフブリッジのやり方『STEP5』


 
次にひざを抱えます。
 
how_to_half_bridge_1267.jpg
 
 
 
そのままゆっくりと呼吸をしながら背筋を左右にゆらします。
 
how_to_half_bridge_1268.jpg
 
 
 
 
【出典】 Prevention
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow
 
【動画】 医療・健康番組チャンネル
 
「 半ブリッジ 」
 
 
 
 
 
 
 

■ 背中・お腹・お尻の脂肪がスッキリ取れるのまとめ


 
最後までお読みいただきありがとうございます。
 
 
ハーフブリッジは、体を痛めることなく全身の筋肉を刺激して筋肉量を増やしつつ血流を良くし、同時に代謝をアップする効果が期待できるので、習慣化するとダイエットにもつながります。
 
 
ハーフブリッジを実践するタイミングについてですが、夜寝る前に布団の上で行うのがおススメです。
 
 
日中のストレスで緊張した筋肉がほぐれて全身がリラックスし、寝つきも良くなるので、睡眠の質も高まります。


是非今日からハーフブリッジを実践してみてください。