2020年05月の記事一覧


月別アーカイブ:2020年05月

2020年05月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
      ■ 突然ですが、あなたは何歳まで生きたいですか?  今回のテーマは「寿命を縮める食べ物」についてです。「皆さんは何歳まで生きたいですか?」と、男女を問わず各年代に聞くと大抵の方は「70歳代前半」と答えます。  お孫さんの成長(結婚まで)を見守るには少し足りないかなというくらいの年齢ですが、これには理由があって、それくらいまでなら体力的に自信があるので他人に迷惑をかけずに生きられると考えて...

記事を読む

その他
     ■ 体脂肪気になりますか?  2008年4月から始まった「特定健診制度(メタボ検診)」によって、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの「生活習慣病」に対する意識が大きく変わることが期待されたわけですが、施工される前とほとんど変わっていません。  自分の健康を維持するために、人はそれぞれ目安にするものをもっているが、その目指すところは人によって違う。すべての人が体脂肪を減らすことに一生懸命に...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    ■ 姿勢が悪い人が増えている原因とは!?  職場で長時間座りながら仕事をされている方の多くが背中や腰にかけて様々な病気や症状を発症させてしまうリスクがあります。先進国では座りっぱなしとスマホの長時間利用による健康被害が社会問題になっています。  長時間座りっぱなしの状態が長期間続くと血液循環が著しく悪化し、首や肩のコリ、背中の痛み、腰痛などを引き起こす原因となります。さらに悪化すると動脈硬化...

記事を読む

その他
     ■ 嫌な相手の言葉に傷つかない方法とは?  人間関係の問題に悩まされている方は非常に多いわけですが、人の命がかかっている医療機関やお金を取り扱っている金融関係の場合は患者さんや顧客からのクレームが他の業界よりも厳しいためおおきな問題となっています。  以前企業向けにオーダーメイドのカスタマサポートを請け負っている企業の方とお話させていただく機会があったのですが、企業独自でも運営しているカス...

記事を読む

その他
      ■ レンチンたまねぎで免疫力アップ?  レンジでチンするだけの簡単レシピを「レンチン●●」といった言い方をしますが、今回ご紹介するレシピは「レンチンたまねぎ」です。たまねぎは抗酸化作用に優れています。  温めて食することによって、体内の悪玉菌を死滅させ、免疫力をアップしてくれるので、風邪やインフルエンザが流行する今の時期に欠かせない食材です。        『 レンチン玉ねぎは電子レンジで...

記事を読む

その他
     ■ 食べてすぐに寝る  食後に軽く寝るのが良いといった声もありますが、これはソファなど楽に腰掛けられる物に座ったままの状態で15分程度の仮眠を取るのであれば問題ないようです。  リラックス効果が高まるのでストレスも抑えられ、仕事の効率も上がります。  しかし、食べてすぐに横になってしまうと、どうしても胃の中で処理されている最中の物が腸に行きやすくなってしまいますので、確実に胃と腸の働きに悪...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    ■ 朝食を抜くのはデメリットだらけ?  ほんの一昔前まではダイエットの一環として朝食を抜くことがもてはやされていましたが、最近では朝食をしっかり摂ることの重要性がより高まっています。朝、昼、晩の3食の中で最も重要なのが朝食とされているほどです。  朝食を抜くとたしかにダイエット効果はそれなりにありますが、それ以上にデメリットが多いです。朝食を抜くと血糖値が下がるので勉強や仕事のパフォーマンス...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
      ■ なぜ人の悪口を言うと自分が傷つくのか!?  あなたは私たちが普段の生活の中で何気なく使っている言葉が、脳と体に大きな影響を与えていることをご存知ですか!?。基本的に脳は主語が理解できませんので、脳からすれば他の誰かの悪口を言うことは、自分の悪口を言うのと同じなんです。  「脳は主語を理解できない」という特異な性質を無視して人の悪口やマイナス的な言葉を使うと、知らず知らずのうちに自分自...

記事を読む

その他
    ■ とにかくポジティブ!  今年に入ってから仕事がありえないくらい忙しくなり、睡眠時間を大幅に削って何とか対応したものの、心と体の免疫力が落ちたためか何かと落ち込むことが多く、最近では珍しくネガティブな気持ちになることがありました。  しかし、すでにネガティブな気持ちを払拭する方法を本やネットで探しながら実践してきたので、ムリしないでもポジティブに戻るのが早くなりました。不思議とポジティブな...

記事を読む

心の病気の予防と対策について
    ■ パニック障害に苦しむ人が増えている!?  パニック障害に苦しむ人たちが年々増えています。実はパニック障害は決して珍しい病気ではなく、誰もが成り得る病気なんです。驚くべきことに日本国内にはパニック障害の患者数がすでに1000万人を超えています。  現時点で10人に1人がパニック障害を引き起こしている状態です。パニック障害は突然不安や恐怖感に襲われ、動悸が激しくなり、呼吸をしているのかしてい...

記事を読む

知らずに毎日食べてた体に悪くて確実に「健康寿命」を縮めるNG食品4とは?老化、肥満、高血圧、糖尿病、がんを予防!

 
 
29890171204ht.png
 
 
 
 
■ 突然ですが、あなたは何歳まで生きたいですか?
 
 
今回のテーマは「寿命を縮める食べ物」についてです。「皆さんは何歳まで生きたいですか?」と、男女を問わず各年代に聞くと大抵の方は「70歳代前半」と答えます。
 
 
お孫さんの成長(結婚まで)を見守るには少し足りないかなというくらいの年齢ですが、これには理由があって、それくらいまでなら体力的に自信があるので他人に迷惑をかけずに生きられると考えているからなんです。
 
 
しかし、最近は健康寿命の大切さが叫ばれているとおり、死を迎える10年ほど前か健康が急激に悪化してしまうのです。しかも長期間にわたって治療にものすごいエネルギーを取られてしまいます。
 
 
 
 
833.png
 
 
 
■ 健康寿命を伸ばしましょう!
 
 
ですので、できるだけ健康で長生きするためにも「健康寿命」が大事になります。そのためにも血流を良い状態に保てるよう血管を強くしなければなりません。ですので、中高年と呼ばれる年代に達したら、自ら食生活を正さなければなりません。
 
 
しかし、だからといって糖質制限食のような厳しいい食事制限をする必要はありません。意識して控える程度で十分です。ちなみに人間の寿命は、DNA細胞の両側をキャップのように保護する物質「テロメア」に強く影響されるようです。
 
 
今回はどうすれば健康で長生きできるか解説している記事とテロメアの若返り効果について解説している動画とあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

体脂肪を効率よく減らす方法!激しい運動をしなくても体脂肪は落ちる!まずは自分の肥満度をチェック!

 
 
311420180205ht.png
 
 
 
■ 体脂肪気になりますか?
 
 
2008年4月から始まった「特定健診制度(メタボ検診)」によって、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの「生活習慣病」に対する意識が大きく変わることが期待されたわけですが、施工される前とほとんど変わっていません。
 
 
自分の健康を維持するために、人はそれぞれ目安にするものをもっているが、その目指すところは人によって違う。すべての人が体脂肪を減らすことに一生懸命になっているわけではないのはわかりますし、もちろんそれで何ら問題ありません。
 
 
 
 
 
312420180205ht.png
 
 
 
『 肥満は他人事ではない! 』
 
 
しかし、最近ではメタボ治療のための専門外来が次々と誕生しているので、近い将来「肥満」で悩まれている多くの人が肥満を克服出来る日が来るかもしれませんが、メタボの元凶とされる体脂肪を効率よく落とすためにも、体脂肪について詳しく知る必要があります。
 
 
ということで、今回は自分で自分の理想のボディを手にいれるための方法と体脂肪に関する知識についてわかりやすくまとめてあるカラパイアさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

スマホが原因で姿勢が悪化!首こり、肩コリ、腰痛、骨盤の歪み、ぽっこりお腹、猫背を予防・改善する方法!

 
9220171115ht.png
 
 
 
■ 姿勢が悪い人が増えている原因とは!?
 
 
職場で長時間座りながら仕事をされている方の多くが背中や腰にかけて様々な病気や症状を発症させてしまうリスクがあります。先進国では座りっぱなしとスマホの長時間利用による健康被害が社会問題になっています。
 
 
長時間座りっぱなしの状態が長期間続くと血液循環が著しく悪化し、首や肩のコリ、背中の痛み、腰痛などを引き起こす原因となります。さらに悪化すると動脈硬化、高血圧など段階を経て重篤度の高い生活習慣病に発展する可能性が高いので注意が必要です。
 
 
 
 
23582017401ht.png
 
 
 
『 猫背と反り腰の違いとは!? 』
 
 
また、最近は猫背や反り腰といった姿勢に問題がある方が増えています。猫背と反り腰の違いについてですが、猫背は皆さんご存知のとおり、背中や腰が猫のように丸まってしまった状態です。
 
 
一方、反り腰はポッコリお腹、お尻がタレやすくて脂肪がつきやすい、背中が沿っているため、背中から腰にかけての筋肉が硬直し、慢性的な背中や腰の痛みを抱え込むことになります。
 
 
 
 
24282017401ht.png
 
 
 
『 姿勢が悪化する原因と改善方法とは!? 』
 
 
姿勢が悪化する原因についてですが、「長時間座りっぱなし」、「スマートフォンの長時間使用」、「慢性的な運動不足」、「筋肉のバランスが悪い」、「ハイヒールや厚底ブーツ」を日常的に履いているなどがあげられます。
 
 
ですので、まず取り組むべきは姿勢を改善することです。そのためにエクセサイズやストレッチを習慣化することで、姿勢を改善し、上述したような病気や症状を予防する必要があります。
 
 
今回ご紹介させていただくエクセサイズは単に姿勢を改善するだけでなく、背中からふくらはぎまで筋肉量が増えるので、血液循環の改善からダイエットまで期待できる大変優れものです。ぜひ一度試してみて下さい。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

苦手な人たちの毒のある言葉に傷つくのは時間の無駄だった?嫌な人たちの毒のある言葉から自分を守る方法!

 
 
35620180501hm.png
 
 
 
■ 嫌な相手の言葉に傷つかない方法とは?
 
 
人間関係の問題に悩まされている方は非常に多いわけですが、人の命がかかっている医療機関やお金を取り扱っている金融関係の場合は患者さんや顧客からのクレームが他の業界よりも厳しいためおおきな問題となっています。
 
 
以前企業向けにオーダーメイドのカスタマサポートを請け負っている企業の方とお話させていただく機会があったのですが、企業独自でも運営しているカスタマサポートの場合、離職率が非常に高いそうです。9割を超えているケースも珍しく無いのだとか...。
 
 
また、お客様から毒のある言葉をストレートに受けてしまうので、うつ病を発症させてしまうケースも多い点も、カスタマサポートという仕事の離職率が極端に高い原因でもあります。しかし、一方でカスタマサポートの仕事を長期間にわたって行っている人も沢山います。
 
 
 
 
 
2291001708030ht.png
 
 
 
■ 毒のある言葉のストレスを最小限に抑える方法とは?
 
 
特別コミュニケーション能力が高いわけでもなく、ストレス解消のために特別なことをしているわけでもないのに、なぜこのような差がでるのか伺ったところ、「何を言われても絶対に気にしない!」と自分自身に命令するように思い込むのだそうです。
 
 
とにかく「気にしない」ことが大切で、これを徹底するのだそうです。そうすると相手の言葉に傷つくことなく、淡々と対応することができるのだとか...。すると相手も冷静さを取り戻し、どのようにすべきか、カスタマサポートの方の提案を受け入れてくれるのだそうです。
 
 
 
 
514420180219ht.png

 
 
『 潜在意識に働きかける! 』
 
 
なんと言いますか潜在意識の使い方に長けているとしかいいようがありません。このような方法が普通にできればストレス社会の中でストレスを最小限に抑えて働くことができます。どれほど人間関係が悪い職場であっても、普通に働く事が出来ると思います。
 
 
ということで今回は精神科医・西脇俊二先生の最新刊を解説している新刊JPさんの記事と潜在意識に働きかけながら自己愛を高めてストレスを解消する動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

レンチン玉ねぎの健康効果が凄い!玉ねぎを電子レンジで15秒間チンするだけ!血流を改善して血液サラサラ!

 
 
51_2016011604320617b.png
 
 
 
 
■ レンチンたまねぎで免疫力アップ?
 
 
レンジでチンするだけの簡単レシピを「レンチン●●」といった言い方をしますが、今回ご紹介するレシピは「レンチンたまねぎ」です。たまねぎは抗酸化作用に優れています。
 
 
温めて食することによって、体内の悪玉菌を死滅させ、免疫力をアップしてくれるので、風邪やインフルエンザが流行する今の時期に欠かせない食材です。
 
 
 
 
87201708011ht.png
 
  
 
『 レンチン玉ねぎは電子レンジで15秒間あたためるだけ! 』
 
 
しかも、レンジで15秒程度温めるだけでできてしまうので、主婦の皆様はもちろんのこと、一人暮らしで栄養バランスが乱れているひとり暮らしの方にもオススメできます。
 
 
体に良い影響を及ぼす食材や料理は通常あまり美味しいとは言えないものが多いですが、このレンチンレシピの料理は食材本来の旨味を引き出してくれるので、美味しいですよ。
 
 
 
 
4984201610131.png
 
 
 
『 レンチンたまねぎで健康寿命が延びる!? 』
 
 
今回は玉ねぎ優れた健康効果によって「血管年齢」が若返るメカニズムとレンチンたまねぎをおいしく作る方法を解説した記事と動画をご紹介させて下さい。血管年齢が若返れば健康寿命が延びるので、中高年の方の健康法として最適です。
 
 
私はたまねぎだけでなく、トマトなどもまるごとスープ(コンビニで売ってる缶のもの)と一緒に煮込んで食べたりしますが、本当に最高です!!。レンチン玉ねぎはレシピも豊富でアレンジも効くので是非試してみてくださいね。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

食後にやってはいけない5つのこと!体への負担がハンパじゃない!多くの人がこれで「健康寿命」を縮めています!

 
 
14420180501hm.png
 
 
 
■ 食べてすぐに寝る
 
 
食後に軽く寝るのが良いといった声もありますが、これはソファなど楽に腰掛けられる物に座ったままの状態で15分程度の仮眠を取るのであれば問題ないようです。
 
 
リラックス効果が高まるのでストレスも抑えられ、仕事の効率も上がります。
 
 
しかし、食べてすぐに横になってしまうと、どうしても胃の中で処理されている最中の物が腸に行きやすくなってしまいますので、確実に胃と腸の働きに悪影響を及ぼします。
 
 
 
 
6008920161128.png
 
 
 
『 逆流性胃腸炎などを発症する原因に! 』
 
 
これが習慣化すると、逆流性胃腸炎などを発症する原因となってしまうので要注意です。
 
 
消化機能を良い状態にたもつためにも食後30分~1時間静かに体を休ませる方がよい
 
 
また夕食を食べた後すぐに横になってそのままウトウトしてしまうと、夜眠れなくなってしまうこともありますので、夕方以降(午後3時)の仮眠は控えたほうがいいでしょう。
 
 
また夜に食べてすぐに寝てしまうと寝ている間に脂肪として蓄積されやすくなりますので、夜は食後最低でも2時間は置いてから就寝されることをオススメします。
 
 
 
 
 
6018920161128.png
 
 
 
■食後のお風呂
 
 
食べてすぐにお風呂に入ると、胃腸の血液循環が急激に悪化するため、それと同時に胃液の分泌と胃腸の働きが悪化するため消化不良を起こしてしまう可能性があります。
 
 
ご飯を食べてから、最低でも30分、できれば60分程度休憩してから入りましょう。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

やっぱり朝食も和食が最高!がんを引き起こす可能性のある出来れば避けたい5つの朝食メニューとは!?

 
436_20160616185458e92.png
 
 
 
■ 朝食を抜くのはデメリットだらけ?
 
 
ほんの一昔前まではダイエットの一環として朝食を抜くことがもてはやされていましたが、最近では朝食をしっかり摂ることの重要性がより高まっています。朝、昼、晩の3食の中で最も重要なのが朝食とされているほどです。
 
 
朝食を抜くとたしかにダイエット効果はそれなりにありますが、それ以上にデメリットが多いです。朝食を抜くと血糖値が下がるので勉強や仕事のパフォーマンスが著しく低下します。
 
 
一時的に体重は減っても、栄養バランスが偏ると徐々に肥満化していきます。また、動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病リスクが高まりますので、朝食を抜いていいことはほとんどありません。
 
 
 
 
 
4030171005ht.png
 
 
 
■ パンと牛乳が体を壊す!?
 
 
「パンと牛乳は今すぐやめなさい!」の著者・内山葉子先生は、パンは腸と脳をこわし、牛乳は骨と血管を弱くすることを指摘しています。また、乳ガン患者さんの特徴として「パンと牛乳」を好む傾向が強いのだとか。
 
 
乳がんを予防する上でも、これらは避けるべきと強く説いています。ちなみに牛乳とパンを控えるだけで、内臓脂肪が激減し、アトピー、鼻炎の症状が改善、子宮筋腫、卵巣嚢腫が縮小するなど健康にいいことだらけです。
 
 
しかも、朝食でパン食を好む人は、欧米人が好むおかず(カリカリベーコン、ハムエッグなど)を食べるので、余計に腸内環境を悪化させて免疫力を奪うので、美容と健康に関してはデメリットだらけです。
 
 
 
 
4120171005ht.png
 
 
 
『 朝食はパンよりもご飯の方がいい理由とは? 』
 
 
また、“脳トレ”でおなじみの東北大学教授・川島隆太氏がおこなった調査によれば、朝食がパンの子どもはご飯を食べている子どもよりも脳の発達がおくれやすいとのことです。しかも子どもの学年が上がるにつれて、パン派とご飯派の発達の差がどんどん広がるのだとか……!
 
 
健康のためにも脳の発育のためにも、朝食はパンよりもご飯のほうがオススメです。特に昔ながらのおかずらしいおかずがない朝食(みそ汁、お新香、納豆など)は、朝食メニューとして最高です。
 
 
しかし、「どうしてもパンじゃなきゃ!」という場合は、同じパンでも精製されていない全粉粒のものを選びましょう。全粉粒のパンは小麦粉のパンよりも栄養価が高く、食後の血糖値も上がりにくいといわれています。
 
 
 
 
36360170301ht.png
 
 
 
『 朝食は何でもいいというわけにはいかない!? 』
 
 
それほど朝食は重要なのですが、だからといってお腹を満たせれば何でもいいというわけにはいきません。残念ながら和食以外の朝食定番メニューの中には健康によくないものがかなり含まれています。
 
 
ということで、今回は「がんリスク」が高い朝食メニューについて解説させていただいたまとめと、自力でガンを治す方法を解説した宗像久男先生の動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

人の悪口を言えば言うほど自分自身を深く傷つけていた!脳を使いこなして人間関係の悩みを解消する方法!

 
 
6420171111ht.png
  
 
 
■ なぜ人の悪口を言うと自分が傷つくのか!?
 
 
あなたは私たちが普段の生活の中で何気なく使っている言葉が、脳と体に大きな影響を与えていることをご存知ですか!?。基本的に脳は主語が理解できませんので、脳からすれば他の誰かの悪口を言うことは、自分の悪口を言うのと同じなんです。
 
 
「脳は主語を理解できない」という特異な性質を無視して人の悪口やマイナス的な言葉を使うと、知らず知らずのうちに自分自身を苦しめることになります。
 
 
下図にありますとおり「脳」は、大脳新皮質(理性・知性の脳)を「新しい脳(New Brain)」、それ以外を全て「古い脳(Old Brain)」と呼びます。ちなみにここで言う脳とは「古い脳」のことです。
 
 
 
 
54440160930.png
 
 
 
『 脳の中では他人の悪口が自分の悪口に変換される? 』
 
 
人間特有の高度な精神活動をコントロールする「新しい脳」のほうは主語を認識できるのに対し、感情を司る「古い脳」のほうは認識することができないため、新しい脳から送られてくる情報をすべて鵜呑みにしてしまうことから、様々な弊害が生じてしまいます。
 
 
このため、あなたが人の悪口を言うたびに、脳の中では自分が悪口を言われた時と同じ状態になってしまうわけです。つまり、自分で自分を傷つけているのと同じなんですね。
 
 
同じ理由から愚痴などのマイナス的なことを言うと全部自分に返ってきてしまうので、愚痴を言いたくなっても、そこでぐっとこらえてガマンする方が心と体にはいいんですね。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

ネガティブな状態から一瞬でポジティブになるための方法!嫌なこと嫌いな人が劇的に減る9つの習慣!

 
5020190105hm.png
 
 
 
■ とにかくポジティブ!
 
 
今年に入ってから仕事がありえないくらい忙しくなり、睡眠時間を大幅に削って何とか対応したものの、心と体の免疫力が落ちたためか何かと落ち込むことが多く、最近では珍しくネガティブな気持ちになることがありました。
 
 
しかし、すでにネガティブな気持ちを払拭する方法を本やネットで探しながら実践してきたので、ムリしないでもポジティブに戻るのが早くなりました。不思議とポジティブな情報に触れているうちに気持ちがポジティブになっていくんですよね。
 
 
ここ1~2年で習慣も変わりました。きっかけさえつかめれば意外と簡単に習慣さえも変わるものです。「そんなにポジティブがいいのか?」と以前であれば思っていましたが、今なら自信をもって「はい」といえます。
 
 
 
 
10254201611114.png
 
 
 
『 2020年世界は昨年以上に混乱する!?』
 
 
というのもネガティブな状態をそのまま放置すると嫌なことだらけになってしまうからです。色々なことを楽しめるようになるためにも大切なんですね。来年は今年以上に世界中が混乱(紛争、災害、金融危機、政治スキャンダルなど)することが予想されます。
 
 
特に夏以降はネガティブにならざるえない出来事が沢山起こる(出来れば起こってほしくないですが...)かもしれませんが、そんな場合でも今現在自分がやっているポジティブなエネルギーに変換すための方法をまとめてみました。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

パニック障害になりやすい人とは?パニック障害の原因と対策について!首のコリを解消すれば症状は改善する?

 
2620190105hm.png
 
 
 
■ パニック障害に苦しむ人が増えている!?
 
 
パニック障害に苦しむ人たちが年々増えています。実はパニック障害は決して珍しい病気ではなく、誰もが成り得る病気なんです。驚くべきことに日本国内にはパニック障害の患者数がすでに1000万人を超えています。
 
 
現時点で10人に1人がパニック障害を引き起こしている状態です。パニック障害は突然不安や恐怖感に襲われ、動悸が激しくなり、呼吸をしているのかしていないのか感覚的に分からなくなり、呼吸が早くなるという症状は、「パニック発作」と呼ばれています。
 
 
これらはパニック障害の基本となる特徴です。原因は色々言われていますが、ここ最近は耳周りや首の極端なコリが原因であるケースが増えているようで、その最大の理由が「スマホ」の長時間利用です。
 
 
 
 
870.png
 
 
 
■ パニック障害になりやすい人とは!?
 
 
パニック障害になりやすい人の特徴は、こどものころから内気で人見知りが強すぎて、親のそばに張り付いていたようなタイプの人、不安や恐怖心が強いタイプの人が、なりやすいとされています。そして、ストレスがピークに達したときに、パニック発作が起こりやすくなります。
 
 
パニック障害は圧倒的に女性に多く、なんと男性の3倍です。すでにパニック発作は3人に1人が体験している状態なので、誰もが引き起こす可能性がある病気です。しっかりパニック障害を予防するためにも、パニック障害についてきちんと理解する必要があります。
 
 
ということで今回はパニック障害についてわかりやすく解説した綺麗のトリセツさんの記事と耳周りのつぼをマッサージして首周りのコリを解消し、パニック障害の症状を改善させる方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます