2020年02月の記事一覧


月別アーカイブ:2020年02月

2020年02月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
      ■ バナナの魅力とは?  バナナダイエットは、確かみのもんたさんの番組内で紹介され、その日の夕方には日本中のスーパーからバナナが消え、その後空前のブームが巻き起こりました。当時私の実家の冷蔵庫には大量のバナナが常備されていました。  バナナには美肌成分がたっぷり含まれていますし、なにより果物の中でもバナナは特に安いのが嬉しい。また、フィリピンや台湾から大量に輸入されているので、季節に関係...

記事を読む

不安神経症の予防と対策
    ■ 不安神経症とは?!  今回のテーマは「不安神経症」です。何かと不安を喚起させる出来事が多いですよね。どんなにがんばっても情報としてテレビ、新聞、ネットなどから容赦なく襲ってきます。  不安神経症(不安障害)などの精神疾患は、だれでもなりえるわけですから、しっかり予防策を講じる必要があります。その方法として最も堅実なのが、食事、睡眠、運動など生活習慣を見なおして改善することです。  ちなみ...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    ※注意:上の図はイメージです。使い捨てカイロを直接お肌の上に貼らないでください。    ■ 使い捨てカイロでもっと健康に!!  今年も無事冬至を終えたので、これから本格的に冬を迎えることになるわけですが、「寒さ対策」できてますか?。わたしは「腸活」の一環として使い捨てカイロを上図にあるとおり、丹田(たんでん)周辺に貼って温めています。  代謝と内臓の働きが良くなるので、ここ数年風邪をひいてま...

記事を読む

その他
    ■ 季節の変わり目に風邪を引く前に白湯を飲む!  今日は寒かったですね。全国的に今年一番の寒さを記録したところが多かったようです。風邪、インフルエンザのシーズンは、11月から3月頭くらいまでで、冬は一年を通じて一番免疫力が落ちやすい季節なので注意が必要です。  そうした中、免疫力を高めて風邪や様々な病気を予防するためにオススメしたいのが、「白湯」です。白湯を飲むことによって血行を改善して免疫...

記事を読む

その他
      ■ ホットヨーグルトとは?  「ホットヨーグルト」とは、その名の通りヨーグルトを電子レンジなどで温めたものです。あまり加熱し過ぎると乳酸菌が死滅し、癖のあるカマンベールチーズのようになります。  これはこれで美味しいという人もいます、ヨーグルトの風味を楽しむのであれば、ほどよい暖かさがやはり一番です。しかし、なぜヨーグルトをわざわざ温めるのでしょうか?。       『 温めるとヨーグル...

記事を読む

その他
      ■ 職場のストレスの9割は人間関係の問題  今回のテーマは「 嫌いな人上手に付き合う方法 」です。精神科医の樺沢紫苑医師が人間関係に関する問題について非常に分かりやすく解説しています。ところであなたの職場には何らかしらのストレスがありますか?。  実は職場のストレスの9割は人間関係の問題といふうに言われていまして、こうした人間関係の問題が解決すれば、必然的に9割方の職場のストレスは解消され...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ 風邪は一年中流行していた!?  すでに風邪やインフルエンザが流行するのは11月の後半から3月の前半くらいまでで、ピークは2月中旬頃です。しかし、風邪のウイルスは約200種類くらいあって、それぞれ特徴が異なるため、今現在1年中風邪を引きやすい環境下にあります。  冬は寒さが厳しいので、免疫力が低下しやすいことから、体のだるさや疲れ、風邪(つらい咳)をひきやすくなったり、胃腸の調子が悪く...

記事を読む

その他
      ■ リンゴと酢の優れた栄養素について  リンゴ酢は、文字通りリンゴをお酢につけたものでして、その優れた美容と健康効果から、ここ2~3年で愛用者が劇的に増えています。ちなみにリンゴと酢に含まれる栄養素はそれぞれ以下のとおりです。   【リンゴ】 (1)ビタミンA(2)ビタミンB(B1,B2,B6)(3)ビタミンC(4)ビタミンE(5)ナイアシン(6)タンパク質(7)脂質(8)炭水化物(9)カリウム(10...

記事を読む

その他
     ■ ミカンには糖尿病など生活習慣病の予防効果あり!?  昔はみかんというと冬だけの食べ物だったので、小学校の学校給食では収穫時期を過ぎたみかんを腐らせないために凍らせてましたよね。(私が住んでいた地域だけかもしれませんが...)  しかし、今では生産者の方々の努力によって、おいしいハウスみかんを1年中食べることができるようになりました。その影響からか、季節感がどんどん薄れているような気がしま...

記事を読む

その他
      ■ 朝おかゆの健康効果が凄い?  おかゆは水分が沢山含まれていますが、実はこの水分が腸を綺麗にしてくれるデトックス効果があるので、おかゆを食べることによって、美容と健康に良い効果をもたらします。  また、おかゆを食べるタイミングについてですが、一番いいのは朝です。中華圏では朝におかゆを食べる風習が今も庶民の間で根強く残っています。  中華料理は脂っこいものが多いので、意外に思われるかもし...

記事を読む

焼きバナナダイエットの健康効果が凄い!優れた整腸作用が冷え、むくみ、便秘、うつ病、PMS、慢性疲労の予防に利く!

 
 
280_2016030218482160d.png
 
 
 
 
■ バナナの魅力とは?
 
 
バナナダイエットは、確かみのもんたさんの番組内で紹介され、その日の夕方には日本中のスーパーからバナナが消え、その後空前のブームが巻き起こりました。当時私の実家の冷蔵庫には大量のバナナが常備されていました。
 
 
バナナには美肌成分がたっぷり含まれていますし、なにより果物の中でもバナナは特に安いのが嬉しい。また、フィリピンや台湾から大量に輸入されているので、季節に関係なく一年中食べることができる点も大きな魅力です。
 
 
 
 
9214201611109.png
 
 
 
『 なぜバナナはダイエットと相性がよいのか!? 』
 
 
バナナは低カロリーでありながら、空腹を満たしてくれるうえに腹持ちがいいので、ダイエットの捕食にぴったりです。夜お腹が空いているときにバナナを食べても太りません。


腸の働きが良くなり、幸せホルモン「セロトニン」の分泌量も多少ではありますが、アップします。心と体の健康に良い効果をもたらしてくれるので、バナナダイエットの人気は今だに健在です。
 
 
バナナは甘くておいしいですし、消化にも優しいので無理なくバナナダイエットを続けることができます。これもバナナダイエットの人気のポイントとなっています。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

不安神経症の原因と主な症状について!不安障害になりやすい人の特徴!セロトニンの分泌量を増やして予防・改善!

 
920181001hm.png
 
 
 
■ 不安神経症とは?!
 
 
今回のテーマは「不安神経症」です。何かと不安を喚起させる出来事が多いですよね。どんなにがんばっても情報としてテレビ、新聞、ネットなどから容赦なく襲ってきます。
 
 
不安神経症(不安障害)などの精神疾患は、だれでもなりえるわけですから、しっかり予防策を講じる必要があります。その方法として最も堅実なのが、食事、睡眠、運動など生活習慣を見なおして改善することです。
 
 
ちなみに不安障害は、下図にありますとおり、「パニック障害」、「全般性不安障害」、「社会不安障害」、「強迫性障害」、「外傷後ストレス障害」の5つに別れます。この中で圧倒的に多いのが「 パニック障害 」です。
 
 
 
1720170501ht.png

» 記事の続きを読む

丹田(たんでん)に使い捨てカイロを貼って体温を上げる!血行が改善して冷え、むくみ、便秘、生理痛、風邪の予防に!

 
 
3864420161220l.png
 
 
※注意:上の図はイメージです。使い捨てカイロを直接お肌の上に貼らないでください。
 
 
 
 
■ 使い捨てカイロでもっと健康に!!
 
 
今年も無事冬至を終えたので、これから本格的に冬を迎えることになるわけですが、「寒さ対策」できてますか?。わたしは「腸活」の一環として使い捨てカイロを上図にあるとおり、丹田(たんでん)周辺に貼って温めています。
 
 
代謝と内臓の働きが良くなるので、ここ数年風邪をひいてません。また、つらかった花粉症の症状もほぼ無くなりました。勿論他にも色々な原因があってのことですが、厳しい冬の寒さを和らげてくれるアイテムとして使い捨てカイロは最高です。
 
 
体を冷やさないことがいかに大切か、この年になってようやく知ることができました。ちなみに私は冬の間は外出のさい、必ず使い捨てカイロを持ち歩いています。ちなみに普段使っているのは『ホッカイロ 貼る レギュラー 30個
 
 
 
 
 
103401801012ht.png
 
 
 
■ 低体温は万病の元!?
 
 
冬場は特に体を冷やさないことが大切です。もしも、体温が1℃下がると以下の状態に体が陥ってしまいます。
 
 

(1)免疫力が約37%も低下
 
風邪や病気にかかりやすくなって、しかも治りにくくなる。
 
 
(2)基礎代謝が約13%も低下
 
基礎代謝が低下して、脂肪燃焼効率が悪化して太りやすくなってしまう。
 
 
(3)体内酵素の働きが50%低下
 
栄養の消化やエネルギーを生産する力が低下して、疲れが取れない、だるいといった症状を引き起こす。
 
 
(4)がん細胞が繁殖しやすくなる
 
がん細胞は低体温を好み、35℃まで低下すると、一気に増え始めます。
 

 
 
 
104401801012ht.png
 
 
 
『体温をあげて代謝と免疫力をアップ!』
 
 
定番中の定番ですが、30枚も入っていて、お値段が600円台後半で売られています。コスパもいいので、気兼ねせずに沢山使っています。外出先で使い捨てカイロを人にあげると滅茶苦茶喜ばれます。
 
 
職場の人や学校のお友達にあげると絶対喜ばれるので、色々な点で使い捨てカイロにお世話になっています。これから春を迎えるにあたって、気候が乱高下することも多いので、免疫力を低下させないためにも有効に使い捨てカイロを使いたいところです。
 
 
ということで、今回は丹田に使い捨てカイロを貼った場合に得られる効果について解説されているtenki.jpラボさんの記事と丹田呼吸法を解説しいてる動画を合わせてご紹介させていただきます。是非この二つで厳しい冬の寒さを乗り越えてくださいね!!

» 記事の続きを読む

 タグ
None

風邪を引きやすくなったら「白湯」を飲む!白湯の優れた健康効果で血行を改善して免疫力をアップ!体内の老廃物を一掃!

 
27.png
 
 
 
■ 季節の変わり目に風邪を引く前に白湯を飲む!
 
 
今日は寒かったですね。全国的に今年一番の寒さを記録したところが多かったようです。風邪、インフルエンザのシーズンは、11月から3月頭くらいまでで、冬は一年を通じて一番免疫力が落ちやすい季節なので注意が必要です。
 
 
そうした中、免疫力を高めて風邪や様々な病気を予防するためにオススメしたいのが、「白湯」です。白湯を飲むことによって血行を改善して免疫力を高めてくれます。また、風邪の引き始めには、プラスして葛根湯を飲むといいでしょう。
 
 
葛根湯は「あれもしかしたら風邪をひいたかな...」と思われるような場面に遭遇したさいに飲むと風邪の症状を最小限に抑えることができるので、手元に用意しておくだけでも予防効果が期待できます。
 
 
2678920161119.png
 
 
『 体温が上昇すると免疫力と基礎代謝がアップします! 』
 
 
上図にあるとおり、体温が上がればあがるほど免疫力がアップして、がんなどの病気をやっつけてくれるのですが、さすがにここまで体温が上昇すると数日間は寝込まなければならないので、仕事のことを考えると風邪を放置することはできません。
 
 
ですので、白湯を習慣的に飲んで免疫力を高めるように努めてます。また、白湯にはダイエット効果や腸をはじめとした内臓器官の働きを良くする効果もあるので、風邪やインフルエンザの予防だけでなく、一年を通じて飲んで欲しい飲み物です。
 
 
ということで今回は白湯の優れた美容と健康効果と作り方についてまとめた記事と人気Youtuberの佐々木あさひさんが白湯のおいしい作り方を実演した動画をご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ホットヨーグルトの凄すぎる効能・効果!腸内環境を改善して免疫力、セロトニンの分泌量UP!便秘、肌トラブルの予防に!

 
 
795.png
 
 
 
 
■ ホットヨーグルトとは?
 
 
「ホットヨーグルト」とは、その名の通りヨーグルトを電子レンジなどで温めたものです。あまり加熱し過ぎると乳酸菌が死滅し、癖のあるカマンベールチーズのようになります。
 
 
これはこれで美味しいという人もいます、ヨーグルトの風味を楽しむのであれば、ほどよい暖かさがやはり一番です。しかし、なぜヨーグルトをわざわざ温めるのでしょうか?。
 
 
 
 
82578920161201.png
 
 
 
『 温めるとヨーグルトの効能・効果がアップ! 』
 
 
本来であればヨーグルトはそのまま食べても美容と健康にいいわけですが、温めることによって飛躍的にヨーグルトのもつ効果・効能が高まるからなんです。
 
 
特に女性の場合は腸の働きが飛躍的に改善されることにより、辛い便秘などの症状が改善されることによって血行も良くなることから、美肌効果やダイエット効果も期待できます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

嫌いな人と上手に距離をとりながら付き合う方法!職場などで嫌いな人に振り回されない方法とは?

 
 
2814401801026ht.png
 
 
 
 
■ 職場のストレスの9割は人間関係の問題
 
 
今回のテーマは「 嫌いな人上手に付き合う方法 」です。精神科医の樺沢紫苑医師が人間関係に関する問題について非常に分かりやすく解説しています。ところであなたの職場には何らかしらのストレスがありますか?。
 
 
実は職場のストレスの9割は人間関係の問題といふうに言われていまして、こうした人間関係の問題が解決すれば、必然的に9割方の職場のストレスは解消されるわけです。
 
 
 
 
2824401801026ht.png
 
 
 
『 なぜ人は無理して人に合わせようとするのか? 』
 
 
しかし、そうはいっても仕事における人間関係は難しいですよね。職場には自分の好きな人もいれば、嫌いな人もいます。嫌な上司もいれば、優しい先輩もいます。しかし、いくら仕事のためとはいえ、一人一人にあわせていたら疲れてしまいます。
 
 
世の中には色々な人がいるわけですから、とんでもない人もいます。しかし、どんなに嫌いな人であっても、良好な関係を築かなければという思いから、無理して相手に合わせようとし、その結果として自分を見失ってしまい、色々なことに悩まされます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

風邪の予防と引き始めの風邪には「貼るカイロ」が効く!血流を改善して体温と免疫力をアップ!肩こり、冷えの予防にも!

 
 
1372017922ht.png
 
 
 
 
■ 風邪は一年中流行していた!?
 
 
すでに風邪やインフルエンザが流行するのは11月の後半から3月の前半くらいまでで、ピークは2月中旬頃です。しかし、風邪のウイルスは約200種類くらいあって、それぞれ特徴が異なるため、今現在1年中風邪を引きやすい環境下にあります。
 
 
冬は寒さが厳しいので、免疫力が低下しやすいことから、体のだるさや疲れ、風邪(つらい咳)をひきやすくなったり、胃腸の調子が悪く食欲不振になったり、頭痛や関節の痛み、自律神経失調症など様々な体調不良を引き起こしやすい時期なので十分注意が必要です。
 
 
 
 
21620170501ht.png
 
 
 
『 寒さで免疫力が低下しやすい冬は要注意! 』
 
 
とくに今の時期は、冬の厳しい寒さによって、朝晩の寒暖差が非常に激しいので、免疫力が落ちやすいです。しっかり風邪やインフルエンザを予防するためにも、免疫力を高める必要があります。
 
 
また、最近は風邪だと思っていたら中々風邪の症状が治らないので、病院に行って過敏性肺炎(咳や痰、悪寒、頭痛、全身倦怠感、体重減少、発熱、呼吸困難など主な症状)を発症していたことが明らかになるケースが増えているようなので、1週間以上経過して症状が治まらない場合は、速やかに病院に行きましょう。
 
 
いずれにせよ冬から春にかけて免疫力が低下しやすいので、できるだけ風邪を長引かせないためにも風邪をひいてしまったあとの対策も事前に準備する必要があります。お薬のCMコピーにもありますが、やはり風邪は、ひきはじめが肝心です。
 
 
 
 
 
98278920171201.png
 
 
 
■ 風邪は「貼るカイロ」で予防!
 
 
突然ゾクゾク寒気がしたり、咳やくしゃみが頻繁に出たり、喉が痛くなったりしたら風邪のひき始めのサインです。これらの症状が出たら出来るだけ体を温める必要があります。そうした場合に有効なのが薬ではなく、使い捨てカイロ(貼るタイプ)です。
 
 
この方法だと風邪薬よりも安全ですし、体がだるくなったりすることもありません。人によっては市販薬を服用するよりもり効果(咳の症状が特に楽になります)があります。しかも、格安で利用できるので、ぜひ試してみてください。
 
 
ということで、今回は使い捨てカイロを「第七頸椎」に貼って風邪を治す方法を解説した動画と、それらを記事にしたものを合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

リンゴ酢に含まれるリンゴ酸とクエン酸の健康効果が凄い!免疫力と疲労回復効果がアップ!高血圧、糖尿病の予防にも!

 
 
248_201605311823268ff.png
 
 
 
 
■ リンゴと酢の優れた栄養素について
 
 
リンゴ酢は、文字通りリンゴをお酢につけたものでして、その優れた美容と健康効果から、ここ2~3年で愛用者が劇的に増えています。ちなみにリンゴと酢に含まれる栄養素はそれぞれ以下のとおりです。
 
 
 

【リンゴ】
 
(1)ビタミンA
(2)ビタミンB(B1,B2,B6)
(3)ビタミンC
(4)ビタミンE
(5)ナイアシン
(6)タンパク質
(7)脂質
(8)炭水化物
(9)カリウム
(10)カルシウム
(11)マグネシウム
(12)リン
(13)食物繊維
 

 
 
 
19220171021ht.png
 
 

【お酢】
 
(1)ビタミンB(B1,B2,B6,B12)
(2)ナイアシン
(3)ビオチン
(4)ナトリウム
(5)カリウム
(6)カルシウム
(7)マグネシウム
(8)リン
(9)亜鉛
(10)クロム
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

毎日「みかん」食べると糖尿病の発症リスクが6割減る!動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、ガンなど生活習慣病の予防にも!

 
 
3720180301ht.png
 
 
 
■ ミカンには糖尿病など生活習慣病の予防効果あり!?
 
 
昔はみかんというと冬だけの食べ物だったので、小学校の学校給食では収穫時期を過ぎたみかんを腐らせないために凍らせてましたよね。(私が住んでいた地域だけかもしれませんが...)
 
 
しかし、今では生産者の方々の努力によって、おいしいハウスみかんを1年中食べることができるようになりました。その影響からか、季節感がどんどん薄れているような気がします。しかし、それ以上に心と体に良い恩恵を受けられるようになったのも確かです。
 
 
冬の定番だったミカンに、糖尿病など生活習慣病の予防にも効果があることが農研機構果樹研究所と浜松医科大学のチームの研究によって明らかになりました。
 
 
 
 
41230170114.png
 
 
 
『 ミカンには優れた健康効果が沢山ある! 』
 
 
なんといってもミカンはビタミンCが豊富なので、風邪の予防や疲労回復など優れた美容と健康効果が大きな魅力とされていますが、さらにミカンの魅力が増すことになりました。
 
 
ということで、今回はあらたに発見されたミカンの健康効果について解説されているJ-CASTニュースさんの記事と糖尿病について解説されている動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

朝おかゆの優れたデトックス効果で腸の中から健康に!免疫力と脂肪燃焼効率をアップして様々な病気の予防に!

 
 
411_20160614190216879.png
 
 
 
 
■ 朝おかゆの健康効果が凄い?
 
 
おかゆは水分が沢山含まれていますが、実はこの水分が腸を綺麗にしてくれるデトックス効果があるので、おかゆを食べることによって、美容と健康に良い効果をもたらします。
 
 
また、おかゆを食べるタイミングについてですが、一番いいのは朝です。中華圏では朝におかゆを食べる風習が今も庶民の間で根強く残っています。
 
 
中華料理は脂っこいものが多いので、意外に思われるかもしれませんが、朝おかゆを食べることで胃や腸に良い効果をもたらします。それもそのはずおかゆはお米にたっぷり水分が含まれているので、体内へしっかり水分が補給され、血行がよくなります。
 
 
 

4144420161220l.png
 
 
 
『 おかゆは季節の変わり目にもぴったり! 』
 
 
冬は体が冷えやすいので、胃や腸を温めてくれる「おかゆ」は、寒い今の季節にぴったりです。水分が豊富に含まれている朝おかゆでおなかの底から温まり、次第に冷えが解消されていきます。また、免疫力も同時にアップしてくれます。
 
 
風邪やインフルエンザの予防にも朝おかゆは最適です。ですので、病院で病院食として採用されているわけです。ということで、今回は朝おかゆの優れた効能・効果についてまとめてある美レンジャーさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます