2020年02月の記事一覧


月別アーカイブ:2020年02月

2020年02月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

太りにくい体にする
     ■ 運動をやめた途端に太る理由とは?  それまで毎日のようにやっていた運動をやめてしまったとたんに筋肉量が落ちると代謝も低下するので、逆に脂肪が増えるので、太って当然です。ちなみに学生時代にハードなスポーツをやった人の多くが、一回あたりの食事量が非常に多いのが特徴です。  学生時代は一日中飲み食いしても、毎日の過酷な練習によって、その分のエネルギーを消費できたので、まったく問題ありませんが...

記事を読む

その他
      ■ バナナの魅力とは?  バナナダイエットは、確かみのもんたさんの番組内で紹介され、その日の夕方には日本中のスーパーからバナナが消え、その後空前のブームが巻き起こりました。当時私の実家の冷蔵庫には大量のバナナが常備されていました。  バナナには美肌成分がたっぷり含まれていますし、なにより果物の中でもバナナは特に安いのが嬉しい。また、フィリピンや台湾から大量に輸入されているので、季節に関係...

記事を読む

不安神経症の予防と対策
    ■ 不安神経症とは?!  今回のテーマは「不安神経症」です。何かと不安を喚起させる出来事が多いですよね。どんなにがんばっても情報としてテレビ、新聞、ネットなどから容赦なく襲ってきます。  不安神経症(不安障害)などの精神疾患は、だれでもなりえるわけですから、しっかり予防策を講じる必要があります。その方法として最も堅実なのが、食事、睡眠、運動など生活習慣を見なおして改善することです。  ちなみ...

記事を読む

その他
     ■ 歩くのさえ面倒なあなたに  メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に該当する人たちが約960万人います。予備軍が980万人もいるので、この2つを合わせると1940万人です。  恐ろしいことに人口の6分の1が生活習慣病を発症する危険性にさらされているわけです。メタボリックシンドロームの大きな原因を占めるのが極度の運動不足です。     『 辛いエクセサイズは続かない! 』  運動を習慣...

記事を読む

体の痛み不調の原因
   ■ 愛のある言葉の凄さとは!?  人を好きになるドキドキ感は、いくつになってもかけがえのないものですが、できるだけ良い関係を保つためにも、愛のある言葉を掛け合うことが大切です。ちなみに愛のある言葉をかけあうだけで体温がアップします。  後述しますが、これがとてつもない健康効果が得られるんです。愛のある言葉といっても別に難しく考える必要は一切ありません。ただ「愛してる」というだけでOkなんです。こ...

記事を読む

その他
     ■ 原因不明の体調不良に苦しむひとたちが増えている?  原因不明の体調不良に苦しめられている人が増えています。その共通点としてあげられるのが「疲れがとれにくい」ということです。  まず気をつけなければならないのが、規則正しい生活をこころがけることです。そのために必要となるのが質の高い睡眠、バランスの良い食事、適度な運動の三つです。  疲れにくい体質を改善するためには生活習慣を変えなければな...

記事を読む

睡眠について
    ■ 寝過ぎは全く体によくなかった!?  睡眠不足以上に寝過ぎは体に悪いとされています。すでに「寝すぎ」に関する問題については、医学的なデータがすでに沢山発表されていますが、長期間にわたって寝すぎが習慣化してしまうと体だけでなく脳の働きにまで深刻なダメージを与える危険性があります。  米国心臓学会の研究結果によりますと、長期間にわたって毎日8時間以上眠ると心臓疾患のリスクを高める危険性があり、...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 体にやさしい寝方にするメリットとは?  体に痛みがあると、思うように寝れなかったり、寝ている間に寝返りを打って、強い痛みで目がさめてしまう、といったことを誰もが一度は経験されたことがあるかと思います。そうなると神経が痛みに集中して意識してしまうので、思うように寝れません。  睡眠不足になると疲れが取れにくくなってしまいます。そうすると翌日の仕事や学業に支障をきたしてしまうことになるので...

記事を読む

体の痛み不調の原因
   ■ 足指は健康の基本です!  日常生活の中で足の指を意識することは、ほとんどありませんよね。しかし、足の指は足の裏から足首、ふくらはぎ、ひざ、ももを経由して骨盤、背骨へとつながっており、いわば体の起点といってもいいくらい重要なんです。  加齢や極度の運動不足によって足の指が弱ってしまうとどうなると思いますか?。足の指につながる足の筋肉も弱ってしまいます。さらにその状態を放置すると足の骨や関節ま...

記事を読む

その他
     ■ なわとびはジョギングよりもカロリー消費効率が高い!?  意外に思われるかもしれませんが、欧米では数あるエクササイズの中で「なわとび」の人気が非常に高いです。日本では大人の男女がなわとびをしている姿を見かけることはほとんどありませんよね。小学生くらいの子供たちがやる運動といったイメージが強いです。  しかし、今後なわとびは日本でも人気が広がるかもしれません。というのも「なわとびダイエット...

記事を読む

痩せにくい体質を改善する方法!筋肉をやわらかくすれば代謝と脂肪燃焼効率がアップ!肩こりや腰痛の予防にも!

 
 
8020180310ht.png
 
 
 
■ 運動をやめた途端に太る理由とは?
 
 
それまで毎日のようにやっていた運動をやめてしまったとたんに筋肉量が落ちると代謝も低下するので、逆に脂肪が増えるので、太って当然です。ちなみに学生時代にハードなスポーツをやった人の多くが、一回あたりの食事量が非常に多いのが特徴です。
 
 
学生時代は一日中飲み食いしても、毎日の過酷な練習によって、その分のエネルギーを消費できたので、まったく問題ありませんが、問題なのは、運動をやめても食事量が減らないことです。当然太ってしまいますよね。
 
 
 
 
89578920161201.png
 
 
 
『 筋肉をつけたくない人はどうすればいいの?』
 
 
女性は筋肉がつくのを嫌がる人(ごっつく見えるため)が意外に多いです。もし、筋肉がつくことによって、ごっつく見えるのがいやならば、ストレッチを多めに取り入れましょう。そうすれば、しなやかな筋肉がつくので、見た目的にも良くなります。
 
 
また、同時に免疫力と代謝もアップするので、太りにくい体質になります。食事制限だけで痩せようとするのは非常に危険です。精神的にも肉体的にもよくありません。食事の中身を考慮し、適度な運動を取り入れて太りにくい体質をめざしましょう。

» 記事の続きを読む

焼きバナナダイエットの健康効果が凄い!優れた整腸作用が冷え、むくみ、便秘、うつ病、PMS、慢性疲労の予防に利く!

 
 
280_2016030218482160d.png
 
 
 
 
■ バナナの魅力とは?
 
 
バナナダイエットは、確かみのもんたさんの番組内で紹介され、その日の夕方には日本中のスーパーからバナナが消え、その後空前のブームが巻き起こりました。当時私の実家の冷蔵庫には大量のバナナが常備されていました。
 
 
バナナには美肌成分がたっぷり含まれていますし、なにより果物の中でもバナナは特に安いのが嬉しい。また、フィリピンや台湾から大量に輸入されているので、季節に関係なく一年中食べることができる点も大きな魅力です。
 
 
 
 
9214201611109.png
 
 
 
『 なぜバナナはダイエットと相性がよいのか!? 』
 
 
バナナは低カロリーでありながら、空腹を満たしてくれるうえに腹持ちがいいので、ダイエットの捕食にぴったりです。夜お腹が空いているときにバナナを食べても太りません。


腸の働きが良くなり、幸せホルモン「セロトニン」の分泌量も多少ではありますが、アップします。心と体の健康に良い効果をもたらしてくれるので、バナナダイエットの人気は今だに健在です。
 
 
バナナは甘くておいしいですし、消化にも優しいので無理なくバナナダイエットを続けることができます。これもバナナダイエットの人気のポイントとなっています。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

不安神経症の原因と主な症状について!不安障害になりやすい人の特徴!セロトニンの分泌量を増やして予防・改善!

 
920181001hm.png
 
 
 
■ 不安神経症とは?!
 
 
今回のテーマは「不安神経症」です。何かと不安を喚起させる出来事が多いですよね。どんなにがんばっても情報としてテレビ、新聞、ネットなどから容赦なく襲ってきます。
 
 
不安神経症(不安障害)などの精神疾患は、だれでもなりえるわけですから、しっかり予防策を講じる必要があります。その方法として最も堅実なのが、食事、睡眠、運動など生活習慣を見なおして改善することです。
 
 
ちなみに不安障害は、下図にありますとおり、「パニック障害」、「全般性不安障害」、「社会不安障害」、「強迫性障害」、「外傷後ストレス障害」の5つに別れます。この中で圧倒的に多いのが「 パニック障害 」です。
 
 
 
1720170501ht.png

» 記事の続きを読む

バックランジの健康効果が凄い!血流を改善して代謝、免疫力、筋力をアップ!肩こり、腰痛、筋肉低下、老化の予防に!

 
 
2020180601hm.png
 
 
 
■ 歩くのさえ面倒なあなたに
 
 
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に該当する人たちが約960万人います。予備軍が980万人もいるので、この2つを合わせると1940万人です。
 
 
恐ろしいことに人口の6分の1が生活習慣病を発症する危険性にさらされているわけです。メタボリックシンドロームの大きな原因を占めるのが極度の運動不足です。
 
 
1928920161117.png
 
 
 
『 辛いエクセサイズは続かない! 』
 
 
運動を習慣化出来ない人のほとんどがウォーキングなどの適度な運動は刺激がないので見向きもせず、激しいジムワークを好む傾向が強いのですが、早い段階でほとんどの方が挫折します。辛いのは長くは続かないんです。
 
 
そこで今回オススメしたいのが「バックランジ」というエクセサイズです。バックランジは初心者の方が初めて行ってもフォームが崩れにくいので、しっかりハムストリングス大腿四頭筋、大臀筋といった筋肉を刺激して、下半身を効率よく鍛えることができます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

人を好きになるドキドキ感が幸せホルモン「オキシトシン」の分泌量をアップ!ストレスを抑制して多幸感をアップ!


18020190201keihatu.png
 
 
 
■ 愛のある言葉の凄さとは!?
 
 
人を好きになるドキドキ感は、いくつになってもかけがえのないものですが、できるだけ良い関係を保つためにも、愛のある言葉を掛け合うことが大切です。ちなみに愛のある言葉をかけあうだけで体温がアップします。
 
 
後述しますが、これがとてつもない健康効果が得られるんです。愛のある言葉といっても別に難しく考える必要は一切ありません。ただ「愛してる」というだけでOkなんです。この言葉には人を思いやるすべてが含まれています。
 
 
こういったことは過去にも言われていましたが、愛を言葉として伝えることによって、どのような変化が人体に起こるのか実際に実験が行なわれました。
 
 
 
 
79761026.png
 
 
 
『 体温が上昇して代謝と免疫力がアップ! 』
 
 
その結果、愛の言葉を伝えられた被験者の体温は平均約0.8℃上昇したようです。「なんだそれだけ...」と思われるかもしれませんが、体温を1度あげると基礎代謝が約12%前後上昇し、同時に免疫力が高まるので、心と体の健康に良い効果をもたらします。
 
 
なぜこのようなことが起こるのかというと、愛の言葉をかけることによって「副交感神経」が活性化するため、その結果として体温が上昇し、しかもリラックスした状態になります。相手に安心感を与えられるので、そうなるのも無理ありませんね。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

ストレスが溜まりすぎて疲れがとれない人必見!疲れにくい体に改善する方法!頭痛、肩こり、腰痛、むくみの予防にも!

 
 
7720180301ht.png
 
 
 
■ 原因不明の体調不良に苦しむひとたちが増えている?
 
 
原因不明の体調不良に苦しめられている人が増えています。その共通点としてあげられるのが「疲れがとれにくい」ということです。
 
 
まず気をつけなければならないのが、規則正しい生活をこころがけることです。そのために必要となるのが質の高い睡眠、バランスの良い食事、適度な運動の三つです。
 
 
疲れにくい体質を改善するためには生活習慣を変えなければなりません。今回は疲れにく体質に改善するために必要な点をまとめさせていただきます。
 
 
 
7724201611107.png
 
7694201611107.png

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

寝すぎに注意!毎日8時間以上眠ると死亡率が30%高くなる!?動脈硬化や糖尿病など生活習慣病の発症リスクもアップ

 
2620191101keihatu.png
 
 
 
■ 寝過ぎは全く体によくなかった!?
 
 
睡眠不足以上に寝過ぎは体に悪いとされています。すでに「寝すぎ」に関する問題については、医学的なデータがすでに沢山発表されていますが、長期間にわたって寝すぎが習慣化してしまうと体だけでなく脳の働きにまで深刻なダメージを与える危険性があります。
 
 
米国心臓学会の研究結果によりますと、長期間にわたって毎日8時間以上眠ると心臓疾患のリスクを高める危険性があり、死亡リスクが30%アップすることが明らかになっています。
 
 
他にもいろいろと寝すぎによるデメリットはありますが、主だったものは以下のとおりです。
 

●鬱のリスクを高める
●ホルモンバランスが乱れる
●自律神経のバランスが乱れる
●糖尿病のリスクを高める
●太りやすい体質になる
●心臓に負担を与える
●疲れやすくなる

 
 
 
 
■ なぜ寝すぎてしまうのか?
 
 
寝すぎてしまう人の中には一度起きてもすぐにまた寝てしまう方が少なくありません。二度寝も15分程度であれば心と体をリラックスさせ、良い影響を与えてもくれますが、トータルで睡眠時間が8時間以上となれば体に良くありません。
 
 
私の友人に平日は8~9時間寝て、週末は12時間以上寝ているのがいます。平日は仕事があるから、なんとか嫌々起き上がるも、週末は誰も咎めるものがいないので、昼過ぎ(冬は夕方まで)まで寝ています。
 
 
学生時代は非常にスリムだったのですが、今では当時の面影がまったくないほど太ってしまいました。まだ若いのにすでに生活習慣病予備軍に仲間入りしています。学生時代はどちらかというと睡眠時間が短い方だったのですが、社会に出てからは仕事のストレスで睡眠時間が次第に長くなっていったようです。
 
 
 
 
■ 寝つきが悪いと寝すぎてしまう?
 
 
寝貯めするかのように寝すぎてしまう原因の一つとして、寝付きの問題があります。平日は布団に入った瞬間に仕事のことなど不安なことを考えてしまい、思うように寝つけないといった問題に苦しめられている人が非常に多いです。
 
 
今回は寝すぎがいかに人間の心と体に問題であるかについてと不安を抑えて快眠するための方法を分かりやすく解説した動画をあわせてご紹介させていただきます。
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

辛い症状を抑える体にやさしい寝方8選!背中や腰の痛み、副鼻腔炎、月経前症候群、高血圧、胸焼け、頭痛の症状を緩和!

 
 
16020170501ht.png
 
 
 
■ 体にやさしい寝方にするメリットとは?
 
 
体に痛みがあると、思うように寝れなかったり、寝ている間に寝返りを打って、強い痛みで目がさめてしまう、といったことを誰もが一度は経験されたことがあるかと思います。そうなると神経が痛みに集中して意識してしまうので、思うように寝れません。
 
 
睡眠不足になると疲れが取れにくくなってしまいます。そうすると翌日の仕事や学業に支障をきたしてしまうことになるので、できるだけ睡眠中は、体に負担がかからないように工夫をこらして、眠りやすい状態にしなければなりません。
 
 
そこで今回は、枕とタオル(小さくまるめたもの)を使った楽な寝方をご紹介させていただきます。それぞれの症状にあわせて寝ていただくだけで、自然と体が楽になります。(人によって合わない場合もありますので、効果が見られない場合はすぐに中止してください)

» 記事の続きを読む

 タグ
None

足指まわしの健康効果が凄い!血液・リンパ液の流れの改善!外反母趾、老化、冷え、むくみ、尿漏れ、股関節痛予防に!


3220180810hm.png
 
 
 
■ 足指は健康の基本です!
 
 
日常生活の中で足の指を意識することは、ほとんどありませんよね。しかし、足の指は足の裏から足首、ふくらはぎ、ひざ、ももを経由して骨盤、背骨へとつながっており、いわば体の起点といってもいいくらい重要なんです。
 
 
加齢や極度の運動不足によって足の指が弱ってしまうとどうなると思いますか?。足の指につながる足の筋肉も弱ってしまいます。さらにその状態を放置すると足の骨や関節までもが弱ってしまうので、立ったり、歩いたりすることさえも困難になってしまいます。
 
 
そこで、今回は足の指をまわす健康法「足指まわし」をご紹介させていただきます。冷え、むくみ、股関節痛、ひざ痛、尿漏れなどの予防・改善に利きます。「下半身が変わると人生が変わる! すごい足指まわし」の著者YUKARIさんの実演動画をご覧になって、実践してみてください。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

なわとびダイエットの脂肪燃焼効果がすごい!全身の血流を改善!ふくらはぎや下半身の引き締めに効果絶大!

 
 
12120180310ht.png
 
 
 
■ なわとびはジョギングよりもカロリー消費効率が高い!?
 
 
意外に思われるかもしれませんが、欧米では数あるエクササイズの中で「なわとび」の人気が非常に高いです。日本では大人の男女がなわとびをしている姿を見かけることはほとんどありませんよね。小学生くらいの子供たちがやる運動といったイメージが強いです。
 
 
しかし、今後なわとびは日本でも人気が広がるかもしれません。というのも「なわとびダイエット」は、ダイエットエクササイズの中でカロリー消費効率が一番高く、心肺機能の向上や全身の筋肉量を増やして血流を改善するといった健康効果が非常に優れているためです。
 
 
 
 
 
12620180310ht.png
 
 
 
■ なわとびの健康効果がスゴイ!
 
 
例えば縄跳びはジャンプをすることで全身の脂肪を揺らしながら筋肉を程よく刺激します。これが非常に効率が良い全身運動となるので、10分程度まっすぐ普通に飛ぶだけで、その効果は軽いジョギングの1.3倍になるとされています。
 
 
また、上図にありますとおり、ふくらはぎや下半身の引き締めに優れた効果を発揮してくれますので、数あるダイエットエクササイズの中でダイエット効果は1位といっても過言ではありません。過酷な減量を強いられるボクシングの世界でも今だに行っています。
 
 
また、二重回しなどは、お腹の筋肉も使いますし、腕を素早く回すので肩甲骨を刺激してくれるので、縄跳びのダイエット効果が高いのもうなずけます。ということで、今回は縄跳びダイエットの優れたダイエット効果の解説と縄跳びのやり方を解説した動画をご紹介します。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます