2019年01月の記事一覧


月別アーカイブ:2019年01月

2019年01月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
     ■ 悪玉菌の増殖度は恐ろしいほど速かった?  今回は腸内細菌についてなんですが、最近ようやく腸内細菌の重要性が色々なメディアで取り上げられるようになりました。腸内細菌は人間の心と体の健康を保つうえで非常に重要な役割を担っています。  腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(どっちつかずの状態)が存在し、善玉菌が急に減りすぎたり、悪玉菌が増えすぎると様々な体調不良を引き起こします。ですので、腸内細...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ 腎マッサージとは!?  御存知の通り腎臓は、体の老廃物をろ過して排出する器官ですが、腎臓の働きが悪化すると本来であれば体に必要なものが排出されてしまったり、血液が汚れてドロドロになり、体もむくんでしまい、様々な病気を引き起こす原因になります。  中高年になると腎臓の働きが悪化しやすくなるので、意識してケアする必要があります。そこでオススメしたいのが、カリスマ鍼灸師・寺林陽介さん自ら考...

記事を読む

不安神経症の予防と対策
   ■ 不安神経症とは?  今回のテーマは、「不安神経症」です。また、今回ご紹介するYoutube動画は、パニック障害などの不安症を解消する方法が分かりやすく解説されています。  それもそのはず、こちらの谷信弥先生は、学生時代にパニック障害を患っています。かなり長期間にわたって、その症状に苦しめられたため、自ら身体の仕組みを深く勉強し、今では完治しています。  その経験を分かりやすくまとめていますので、...

記事を読む

その他
      ■ ストレスに立ち向かうには?!  何かとストレスの多い現代社会を生きるには、やはりストレスに打ち勝つために自分にあった方法(スポーツ、趣味、自己啓発など)でストレスと向き合う必要がありますよね。  しかし、大抵お金がかかってしまいます。自己啓発・ビジネス系のセミナーなどはとてつもないお金がかかりますから受けたくても受けられません。      『セロトニンを増やして心を安定させる!?』 ...

記事を読む

その他
   ■ 強いメンタルを手にするには!?  意外に思われるかもしれませんが、いわゆる「メンタルが強い人」は、元々メンタルが強いわけではありません。  自分自身が納得する生き方や自分が望む結果を手にするために、どうしても強いメンタルが必要であることを思い知らされる場面に何度も遭遇し、自ら試行錯誤を繰り返しながら強いメンタルを手にするケースが少なくありません。  代表的なのが昨年メキシコリーグの強豪パチ...

記事を読む

その他
    ■ ふくらはぎは第二の心臓  血液の流れをスムーズに保つことによって、私たち人間は健康を維持することができます。一般的に血液を運ぶのは心臓だと思われていますが、実は心臓だけでは全身に血液を送り出すことができないんです。  意外に思われるかもしれませんが、人間の体の血液の約70%は、下半身に集まっていて、「ふくらはぎ」が、下半身に流れてきた血液を心臓へと送り出す第二ポンプのような役割を果たして...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 足底筋膜炎とは!?  1日中立ちっぱなしの状態で仕事をしている人は、足底へ強い負荷がかかるため、ある日突然足の裏に強い痛みが生じる「足底筋膜炎」を発症するリスクが非常に高いです。  足底筋膜炎は、上図にありますとおり足の裏にある筋膜が炎症を起こすことによって強い痛みが生じます。足底筋膜炎の痛みが生じる場所についてですが、かかとの骨の前あたりが痛むケースが圧倒的に多いです。  しかし、人...

記事を読む

自律神経失調症の予防と対策
      ■ 自律神経失調症とは?!  自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、不規則な生活習慣などによって、自律神経のバランスが乱れることによって、自律神経失調症を引き起こしてしまいます。  自律神経失調症の主な症状として、めまい、ふらつき、動悸、頭痛、胃痛、下痢、倦怠感などがあげられます。ストレス社会といわれて久しいですが、自律神経失調症やパニック障害、不安症などの精神疾患を患う人が増...

記事を読む

その他
     ■ ぐるぐる回す「足首まわし」とは?  先日「ふくらはぎマッサージ」の効能・効果と、そのやり方について解説させていただいたところ、大変好評だったのですが、今回は「ふくらはぎマッサージ」よりも、さらに簡単にできる「足首回し」をご紹介させていただきます。  「足首回し」は、文字通り足首を回すだけです。たったこれだけなんですが、骨盤矯正効果が非常に優れているので、足首回しを習慣化することによって...

記事を読む

その他
      ■ リンゴと酢の優れた栄養素について  リンゴ酢は、文字通りリンゴをお酢につけたものでして、その優れた美容と健康効果から、ここ2~3年で愛用者が劇的に増えています。ちなみにリンゴと酢に含まれる栄養素はそれぞれ以下のとおりです。   【リンゴ】 (1)ビタミンA(2)ビタミンB(B1,B2,B6)(3)ビタミンC(4)ビタミンE(5)ナイアシン(6)タンパク質(7)脂質(8)炭水化物(9)カリウム(10...

記事を読む

腸内環境を良くする9つの食品の健康効果が凄い!腸内の善玉菌を増やして代謝、免疫力、脂肪燃焼効率をアップ!

 
 
232420180205ht.png
 
 
 
■ 悪玉菌の増殖度は恐ろしいほど速かった?
 
 
今回は腸内細菌についてなんですが、最近ようやく腸内細菌の重要性が色々なメディアで取り上げられるようになりました。腸内細菌は人間の心と体の健康を保つうえで非常に重要な役割を担っています。
 
 
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(どっちつかずの状態)が存在し、善玉菌が急に減りすぎたり、悪玉菌が増えすぎると様々な体調不良を引き起こします。ですので、腸内細菌はバランスが非常に重要になります。
 
 
 
 
2020171105ht.png
 
 
 
『 悪玉菌が増える = 腸内環境悪化? 』
 
 
肥満の人は、このバランスが著しく悪いため、太りやすい体質になってしまうわけですが、この状態をさらに放置してしまうと、悪玉菌が勢いを増して繁殖してしまいます。
 
 
そうなると、肝臓がんをはじめ、がんを発症させてしまうリスクが高まってしまうことが最近の研究結果によって明らかになっていますが、しかし、だからといって悪玉菌だけを減らしても健康を維持できません。バランスが重要なんです。
 
 
 
 
 
3538920161122.png
 
 
 
『 腸内細菌の役割とは? 』
 
 
腸内細菌の主な役割は以下の通りとなっています。
 
 
●アミノ酸やビタミンなどの栄養素を作る
 
●免疫機能を正常に作動させるスイッチ
 
●消化管内の働きを守る
 
 
 
3518920161122.png
 
 

善玉菌の役割とは?
 
・美容や健康に欠かすことができないビタミン類を生成する(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK)
・免疫力を高めて傷や病気の治りを早くする
・がんなどの病気の予防
・老化を防止する
・コレステロール値を下げる
・悪玉菌が増える(悪さする)のを抑える
 
 
 
悪玉菌の役割とは?
 
・腸内を腐らせる
・おならを発生させる
・発がん物質など有害物質を作り出す
・肝臓などの内臓器官に負担をかける
 

 
 
いかに腸内細菌が重要かおわかり頂けたかと思います。ということで、今回は過去50年間に渡る腸内最近の研究結果を大変分かりやすくまとめている Yu Suzuki さんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

腎マッサージの健康効果が凄い!腎臓の働きを改善して疲労回復効果をアップ!動脈硬化、高血圧、むくみの予防に!

 
 
41520170501ht.png
 
 
 
 
■ 腎マッサージとは!?
 
 
御存知の通り腎臓は、体の老廃物をろ過して排出する器官ですが、腎臓の働きが悪化すると本来であれば体に必要なものが排出されてしまったり、血液が汚れてドロドロになり、体もむくんでしまい、様々な病気を引き起こす原因になります。
 
 
中高年になると腎臓の働きが悪化しやすくなるので、意識してケアする必要があります。そこでオススメしたいのが、カリスマ鍼灸師・寺林陽介さん自ら考案された「腎マッサージ」です。
 
 
腎マッサージは、お腹からわき腹、背中にかけて、おへその高さに複数の腎のツボを1回=1分間で効率よく刺激していきます。たった1分間で驚くほど凄い疲労回復効果が期待できます。
 
 
 
 
『 管理人一押しの「背中グリグリ」 』
 
5268920161126.png
 
 
 
『 とにかく体が楽になる! 』
 
 
実際にやってみた感想ですが、「背中グリグリ」が一番気持ちよく、あっという間に全身がポカポカになるので、いかに効率よく代謝がアップしているか、手に取るように分かります。体が楽になるので、お風呂の中で背中ぐりぐりをやりながら体を癒やしてます。
 
 
腎マッサージは、お腹まわりを中心に刺激するので、スリム効果も期待できそうです。また、血流が改善されるので、頭はスッキリしますし、目の疲れや肩のコリも軽減されます。仕事や勉強の合間に行えばリフレッシュできますよ。
 
 
ということで、今回は腎マッサージを解説した「ダ・ヴィンチニュース」さんの記事と実際に寺林さんが腎マッサージを実演した動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

自然治癒力を高めて不安神経症を予防!姿勢と呼吸を正せば不安は小さくなる!不安神経症の予防は規則正しい生活が大切!

 
123201708015ht.png

 
 
■ 不安神経症とは?
 
 
今回のテーマは、「不安神経症」です。また、今回ご紹介するYoutube動画は、パニック障害などの不安症を解消する方法が分かりやすく解説されています。
 
 
それもそのはず、こちらの谷信弥先生は、学生時代にパニック障害を患っています。かなり長期間にわたって、その症状に苦しめられたため、自ら身体の仕組みを深く勉強し、今では完治しています。
 
 
その経験を分かりやすくまとめていますので、説得力が全然ちがいます。ちなみに不安神経症とは、不安を主な症状とする神経症のことで、考えれば考えるほど不安がよぎり、苦しむことになります。

» 記事の続きを読む

ストレス抑制効果に優れた幸せホルモン「セロトニン」を増やす方法!自律神経を整えて不眠、生理痛、うつ病の予防に!

 
 
38320170501ht.png
 
 
 
 
■ ストレスに立ち向かうには?!
 
 
何かとストレスの多い現代社会を生きるには、やはりストレスに打ち勝つために自分にあった方法(スポーツ、趣味、自己啓発など)でストレスと向き合う必要がありますよね。
 
 
しかし、大抵お金がかかってしまいます。自己啓発・ビジネス系のセミナーなどはとてつもないお金がかかりますから受けたくても受けられません。
 
 
 
434.png
 
 
 
『セロトニンを増やして心を安定させる!?』
 
 
そこでおすすめしたいのが脳内ホルモンの一種である「セロトニン」を大量に分泌することです。ストレスにひるまずに前向きに生きていくためには欠かすことができません。
 
 
セロトニンは幸せホルモンと称して、良くテレビや雑誌等でも頻繁に取り上げられています。それくらセロトニンの心を安定させる力が注目を集めているわけです。
 
 
 
 

3220161114.png
 
 
 
■ セロトニンが増えるとどうなるの?!
 
 
セロトニンがふえることによって心と体が安定するので、まず「睡眠の質」がっ高まります。睡眠の質が高まると「疲労回復」に感する高い効果を示してくれます。
 
 
心と体が安定化するので、ストレスにも怯むことなく立ち向かうことができます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

メンタルが強い人は実は傷つきやすかった!?傷ついてもすぐに立ち直る人の7つの特徴!挫折や試練さえも楽しむ方法

 
220180810hm.png

 
 
■ 強いメンタルを手にするには!?
 
 
意外に思われるかもしれませんが、いわゆる「メンタルが強い人」は、元々メンタルが強いわけではありません。
 
 
自分自身が納得する生き方や自分が望む結果を手にするために、どうしても強いメンタルが必要であることを思い知らされる場面に何度も遭遇し、自ら試行錯誤を繰り返しながら強いメンタルを手にするケースが少なくありません。
 
 
代表的なのが昨年メキシコリーグの強豪パチューカを退団して、オーストラリアのAリーグ・メルボルン・ビクトリーFCに電撃移籍して世界を賑わせた元サッカー日本代表の本田圭佑選手です。今でこそ本田選手といえば、日本人らしからぬ強いメンタルの持ち主のように思われています。
 
 
 
 
9820161019.png
 
 
 
『傷ついた心をいち早く癒やす!』
 
 
しかし、プロサッカー選手としてのキャリアをスタートさせた名古屋グランパスからオランダのVVVフェンローに渡った当初は自己主張があまりにも弱すぎたため、周囲の信頼が全く得られないたため、フリーキックを蹴らせてもらえませんでした。
 
 
周囲の人たちとも思うようにコミュニケーションが取れなかったため、相当苦労されたようですが、たった2年でキャプテンをまかされるまでに成長しました。苦労したかいあって監督、チームメイト、クラブの運営サイド、サポーターからも絶大な信頼を得ました。
 
 
強いメンタルを手にするためには同時に傷ついた心からいち早く回復する治癒力が必要です。ということで、今回は心の自然治癒力が優れた人の特徴について分かりやすく解説されたカラパイアさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

ひざ裏を伸ばす健康効果がすごい!ふくらはぎが柔らかくなって若返る!肌老化、腰痛、肩こり、生活習慣病の予防に!

 
120180810hm.png
 
 
 
■ ふくらはぎは第二の心臓
 
 
血液の流れをスムーズに保つことによって、私たち人間は健康を維持することができます。一般的に血液を運ぶのは心臓だと思われていますが、実は心臓だけでは全身に血液を送り出すことができないんです。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、人間の体の血液の約70%は、下半身に集まっていて、「ふくらはぎ」が、下半身に流れてきた血液を心臓へと送り出す第二ポンプのような役割を果たしています。このためふくらはぎは第二の心臓といわれています。
 
 
ですので、ふくらはぎの筋肉を揉みほぐすと、血液の流れがスムーズになり、同時に代謝や免疫力も高まるので病気も快方に向かいます。反対にふくらはぎの筋肉が固くなってしまうと血液の流れが悪化して様々な病気を引き起こす原因となります。
 
 
 
 
 
256420180205ht.png
 
 
 
■ ふくらはぎの筋肉が固くなるデメリットとは!?
 
 
ふくらはぎは、疲労が蓄積しやすいので、固くなりやすいことから、ストレッチやウォーキングなど適度な運動を習慣化する必要があります。運動不足が長期間続いてしまい、ふくらはぎの筋肉が硬直してしまうと、老廃物がたまり、むくみやすく、疲れやすくなります。
 
 
それほどふくらはぎは重要なんです。ということで今回は只今ベストセラーとなっている本、5秒 ひざ裏のばしですべて解決 ― 壁ドン! 壁ピタ! ストレッチの内容の紹介とふくらはぎを伸ばすストレッチをご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

足底筋膜炎の予防に効く3つのストレッチ!1日中立ちっぱなしの人必見!足裏から血流を改善して仕事の疲れも解消!

 
 
283420180205ht.png
 
 
 
■ 足底筋膜炎とは!?
 
 
1日中立ちっぱなしの状態で仕事をしている人は、足底へ強い負荷がかかるため、ある日突然足の裏に強い痛みが生じる「足底筋膜炎」を発症するリスクが非常に高いです。
 
 
足底筋膜炎は、上図にありますとおり足の裏にある筋膜が炎症を起こすことによって強い痛みが生じます。足底筋膜炎の痛みが生じる場所についてですが、かかとの骨の前あたりが痛むケースが圧倒的に多いです。
 
 
しかし、人によっては土踏まず、指の付け根、足の裏全体が痛むケースも見受けられます。足底筋膜炎は、朝起きてから最初の数歩がとても痛むのですが、時間が経過するとともに痛みが緩和されるケースが非常に多いです。
 
 
 
 
15120170728ht.png
 
 
 
『 足に強い痛みが突然生じる! 』
 
 
また、長い間座りぱなしの状態から、いきなり歩き出すと当然のことながら痛みが生じます。そして、かかとの骨の前方内側を押すととても強い痛みが生じるケースがあり、これも「足底筋膜炎」の大きな特徴の一つです。
 
 
やっかいなのは、最初の一歩が一番痛みが強く、歩数を重ねるごとに痛みが和らいでくるため、痛みが生じる部分に湿布などを貼って、足底筋膜炎を放置してしまうことです。本格的な治療を先延ばしすればするほど症状が悪化する危険性があります。
 
 
 
 
284420180205ht.png
 
 
 
『 痛みの原因は足裏にはない!? 』
 
 
足底筋膜炎は、足を酷使するアスリートや一日中立ちっぱなしの仕事をされている方に多くみられるため、足を酷使したことが原因で生じると思われる方が少なくありません。
 
 
しかし、実際にはそうしたことよりも、血行が悪化したことによる冷えや自律神経の乱れが原因で生じるケースが多いです。生活習慣を改善しなければ痛みが慢性化してしまう可能性が高いので、放置せずに整形外科を受診、もしくは整体の先生に診てもらいましょう。
 
 
ということで、今回は「足底筋膜炎」の症状を予防・改善するために自宅で簡単に出来るセルフケアと予防法について分かりやすく解説した海外の健康情報サイト「REMEDY DAILY」の記事と動画をご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

弱った自律神経を改善する方法とは?ストレスで硬くなった身体をほぐせば自律神経は整う!自律神経失調症の予防に!

 
 
12720171013ht.png
 
 
 
 
■ 自律神経失調症とは?!
 
 
自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、不規則な生活習慣などによって、自律神経のバランスが乱れることによって、自律神経失調症を引き起こしてしまいます。
 
 
自律神経失調症の主な症状として、めまい、ふらつき、動悸、頭痛、胃痛、下痢、倦怠感などがあげられます。ストレス社会といわれて久しいですが、自律神経失調症やパニック障害、不安症などの精神疾患を患う人が増えています。
 
 
自律神経失調症の直接的な原因は依然として解明されていませんが、症状を改善する方法は、幾つもあり、どれもそれなりに効果があります。私個人的な意見で恐縮ですが、自律神経失調症を発症した患者さんの多くが首や肩のコリがひどい状態にあります。
 
 
 
 
67040161005.png
 
 
 
『 自律神経失調症は自分で改善できる! 』
 
 
このため、ストレッチや自分で出来る簡単なセルフマッサージで体をほぐしてやることによって、例外もありますが、大抵の人は自律神経失調症の症状が飛躍的に改善します。
 
 
しかし、自律神経失調症の症状というのは、一時的なものなので、最初は戸惑いながらも放置してしまうケースが少なくありません。そうすると自律神経失調症の症状が悪化するばかりか、さらに他の重病の原因になりかねません。
 
 
ということで、今回は自律神経を整えるエクセサイズをご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

「足首回し」の健康効果が凄い!骨盤の歪みと血流を改善して免疫力アップ!慢性疲労、むくみ、冷え、腰痛の予防に利く!

 
 
4008920161123.png
 
 
 
■ ぐるぐる回す「足首まわし」とは?
 
 
先日「ふくらはぎマッサージ」の効能・効果と、そのやり方について解説させていただいたところ、大変好評だったのですが、今回は「ふくらはぎマッサージ」よりも、さらに簡単にできる「足首回し」をご紹介させていただきます。
 
 
「足首回し」は、文字通り足首を回すだけです。たったこれだけなんですが、骨盤矯正効果が非常に優れているので、足首回しを習慣化することによって、幅広い健康効果(冷え、むくみ解消など)が得られます。
 
 
基本的に足首回しは布団の中で起床時と就寝時に行うのですが、血流が良くなりますので、起床時は気分良く目覚めることが出来ますし、就寝時には体があたたまるので、ぐっすり眠ることが出来るようになります。
 
 
 
 
 【 骨盤が歪むパターン 】
5720161115_20161123223609f0a.png
 
 
 
『 足を回すだけで骨盤矯正+姿勢改善! 』
 
 
目覚めと睡眠の質が高まることによって、より健康になれますよ。しかも、骨盤がいとも簡単に矯正されるので、自然と姿勢も良くなるので、美脚にも良い効果をもたらしてくれます。これだけ簡単で幅広い健康効果が得られるエクセサイズは、そうありません。
 
 
ということで、今回は足首回しについて、非常に分かりやすく解説しているサプリさんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。血流を改善すれば免疫力や代謝も上がるので、様々な病気の予防にもなりますので、是非試してみてください。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

リンゴ酢に含まれるリンゴ酸とクエン酸の健康効果が凄い!免疫力と疲労回復効果がアップ!高血圧、糖尿病の予防にも!

 
 
248_201605311823268ff.png
 
 
 
 
■ リンゴと酢の優れた栄養素について
 
 
リンゴ酢は、文字通りリンゴをお酢につけたものでして、その優れた美容と健康効果から、ここ2~3年で愛用者が劇的に増えています。ちなみにリンゴと酢に含まれる栄養素はそれぞれ以下のとおりです。
 
 
 

【リンゴ】
 
(1)ビタミンA
(2)ビタミンB(B1,B2,B6)
(3)ビタミンC
(4)ビタミンE
(5)ナイアシン
(6)タンパク質
(7)脂質
(8)炭水化物
(9)カリウム
(10)カルシウム
(11)マグネシウム
(12)リン
(13)食物繊維
 

 
 
 
19220171021ht.png
 
 

【お酢】
 
(1)ビタミンB(B1,B2,B6,B12)
(2)ナイアシン
(3)ビオチン
(4)ナトリウム
(5)カリウム
(6)カルシウム
(7)マグネシウム
(8)リン
(9)亜鉛
(10)クロム
 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます