2016年11月の記事一覧


月別アーカイブ:2016年11月

2016年11月の記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
       ■ リンゴはいまがまさに旬!  昔から「一日一個のリンゴで医者いらず」と言われるほど、リンゴには美容と健康に優れた効果をもたらす栄養素が豊富に含まれています。中身がすかすかな外国産のりんごよりも国内産のりんごの方が中身がしっかりつまっているので、1日1個ではなく、半分で十分優れた健康効果が期待できるといった声もあります。  ちなみにりんごの収穫時期は10月から12月くらいまでです。保存...

記事を読む

その他
        ■ 卵をもっと食べておけばよかったと後悔しています!  私個人的に食へのこだわりは特にないですが、それでも日々の食事による健康には十分気をつけているので、栄養バランスに関しては抜かりなく考えているつもりです。しかし、これまで自分の中で唯一不足しているなと感じていた食品がありまして、それが実は「卵」だったんです。  その理由というのが、単に「コレステロール」を気にしすぎていたためです。...

記事を読む

体の痛み不調の原因
        ■ 腰痛予防は年齢や性別に関係なく必須です!  腰痛に苦しめられている人が年々右肩上がりで増え続けています。2013年の時点で慢性化していない潜在的な腰痛患者の数を含めると2800万人を超えています。すでに10人に1人が腰痛持ちとされています。  しかし、悲しいことに日本では、これほどまでに腰痛で苦しめられている人がいながら、あまり深刻にとらえられていません。恐らく腰痛は高額医療に結...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ 血液型で認知症リスクが異なる!  日本では性格診断で血液型が良く利用されていて、個人的には良くあたるなと、感心することが多いのですが、欧米では信憑性が低いとして、血液型別の性格診断や占いのようなものに触れる機会はほとんどありません。  しかし、認知障害、認知症に関しては血液型が大いに関連しそうなんです。以前ご紹介させていただいた、米バーモンド大学医学部の研究チームが米医学誌「Neurolog...

記事を読む

その他
      ■ 若い人たちの間で認知症が急増している!?  ここ最近「デジタル認知症」が若い人たちの間で急増しているのをご存知ですか!?。スマホによって一般の人たちの生活習慣が大きく変化しています。メリットも大きいですが、その半面色々な問題点を抱えています。  デジタル認知症もその一つです。現在スマホを利用しているユーザーの60%以上が「最近モノ忘れがひどくなった」と感じているので、デジタル認知症は...

記事を読む

その他
      ■ 風邪やインフルエンザが流行る時期とは!?  風邪やインフルエンザは毎年12月後半から3月前半までが流行時期とされています。ですので、今のうちから免疫力を高めて、しっかり備えておく必要がありますが、これから年末にかけて何かと忙しく、疲れがたまりやすいので、気が緩みがちです。  風邪やインフルエンザのウィルスは、そうしたところを容赦なくつけ込んできます。風邪やインフルにかかると熱がでます...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 頭痛を慢性化させてしまう原因とは?  緊張型頭痛は、肩のこりなどが原因で、突発的に頭痛に襲われます。医療機関で診てもらえばすぐに痛みから開放されるのですが、頭痛を軽視している人が多いので、医療機関を受診しません。  日本では頭痛を軽視する傾向が依然として強いですよね。「頭痛程度で会社を休むわけにはいかない」と考える人が多いです。ですので、多くの人が頭痛は市販薬で治るものと考えています。...

記事を読む

その他
      ■ 口が開いてしまっている人が増えている!?  突然ですが、あなたは普段の呼吸を鼻と口、どちらで行っていますか?。意外に思われるかもしれませんが「口呼吸」と「鼻呼吸」では身体に与える影響がまったく異なります。  ここ最近無意識のうちに「口呼吸」をしてしている人が急速に増えています。すでに日本人の半数以上が口で呼吸をしている状態です。小学生以下の子どもたちに関しては、8割が口呼吸をしている...

記事を読む

りんごは「ホット」で医者いらず!りんごは「加熱」すると栄養価がアップして最強の万能薬になる!?

 
 
6118920161129.png
 
 
 
 
 
■ リンゴはいまがまさに旬!
 
 
昔から「一日一個のリンゴで医者いらず」と言われるほど、リンゴには美容と健康に優れた効果をもたらす栄養素が豊富に含まれています。中身がすかすかな外国産のりんごよりも国内産のりんごの方が中身がしっかりつまっているので、1日1個ではなく、半分で十分優れた健康効果が期待できるといった声もあります。
 
 
ちなみにりんごの収穫時期は10月から12月くらいまでです。保存がかなり効くようなので、2~3月くらいまではスーパーの店頭に並びます。つまり、リンゴは今まさに旬なんです。
 
 
実はリンゴは加熱することによって、りんご本来の栄養価がさらにアップするのをご存知ですか?。ちなみにリンゴに含まれる代表的な栄養素は以下のとおりとなります。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

卵は1日1個までは嘘だった!?コレステロールは身体に悪くない!?1日3個の卵で人はもっと健康になれる!

 
 
4868920161124.png
 
 
 
 
 
 
■ 卵をもっと食べておけばよかったと後悔しています!
 
 
私個人的に食へのこだわりは特にないですが、それでも日々の食事による健康には十分気をつけているので、栄養バランスに関しては抜かりなく考えているつもりです。しかし、これまで自分の中で唯一不足しているなと感じていた食品がありまして、それが実は「卵」だったんです。
 
 
その理由というのが、単に「コレステロール」を気にしすぎていたためです。卵は完全食品(人間が健康を維持するために必要な栄養を幅広く含んだ食品)でありながら、コレステロール値が高いということで無意識のうちに控えていたようです。
 
 
去年までは卵を食べない日の方が多かったのですが、これが大きな間違いであることに今年に入ってようやく気がついたので、それ以降は卵を出来るだけ食べるようにしていますが、卵の持つ優れた栄養素が健康につながっていると実感しています。
 
 
4928920161124.png
 
 
また、これまでコレステロール=体に悪いとされていた根拠が酷いんです。今から100年以上前にロシアでうさぎを使った実験で行われた結果をもとにされているので、そもそも人間にあてはめるのが無理な話だったんですよね。
 
 
ということで、今回は最近読んだ本の著者である『卵を食べれば全部よくなる』の著者である佐藤智春さんが卵の優れた効能とコレステロールに関する誤解について語ったデイリーニュースオンラインの記事と1度に沢山の卵を食べられるレシピとして最高のオムライスの作り方を実演した動画をあわせてご紹介させていただきます。
 
 
食べ過ぎは勿論良くありませんが、あまりにもメディアから報じられる情報を気にしすぎるのもよくありませんね。バランスを考えて卵料理を楽しみたいです。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

10人に1人が腰痛持ち!腰痛は深刻な国民病だった!腰痛を解消するには揺らしてゆるめるのが効果的!

 
 
4578920161124.png
 
 
 
 
 
 
■ 腰痛予防は年齢や性別に関係なく必須です!
 
 
腰痛に苦しめられている人が年々右肩上がりで増え続けています。2013年の時点で慢性化していない潜在的な腰痛患者の数を含めると2800万人を超えています。すでに10人に1人が腰痛持ちとされています。
 
 
しかし、悲しいことに日本では、これほどまでに腰痛で苦しめられている人がいながら、あまり深刻にとらえられていません。恐らく腰痛は高額医療に結びつかないからではないかと個人的に思っています。
 
 
生活習慣病を手厚く保証する民間の保険は色々ありますが、腰痛に関しては見たことがありません。これだけ医学が進歩しているにもかかわらず腰痛の原因の約8割が不明状態にあるのも、こうした問題と無関係ではないように思われます。
 
 
 
4558920161124.png
 
 
 
確かに腰痛は症状であって病気ではないので仕方ない面もありますが、人によっては数十年間もその症状に苦しめられているケースも珍しくないだけに、歯がゆいところです。ですので、自分の健康は自分で守るしかありません。
 
 
そのためにも年齢や性別に関係なく腰痛予防が必要だと思います。ということで、今回は国民病としての腰痛の問題点について解説している「HEALTH PRESS」さんの記事と腰痛の痛みを劇的に抑えるセルフ整体の実演動画をご紹介さえていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

血液型で認知症リスクが異なる!?認知障害のリスクが一番高いのはAB型で認知症の発症リスクが一番低いのがO型!?

 
 
2308920161118.png
 
 
 
 
■ 血液型で認知症リスクが異なる!
 
 
日本では性格診断で血液型が良く利用されていて、個人的には良くあたるなと、感心することが多いのですが、欧米では信憑性が低いとして、血液型別の性格診断や占いのようなものに触れる機会はほとんどありません。
 
 
しかし、認知障害、認知症に関しては血液型が大いに関連しそうなんです。以前ご紹介させていただいた、米バーモンド大学医学部の研究チームが米医学誌「Neurology」に寄稿した記事によると、認知障害になるリスクを解析したところAB型は他の血液型とくらべて82%も高いことが判明しています。


ちなみに、ここでいう「認知症」と「認知障害」の違いについてですが、認知障害は認知症の前段階(物忘れが進んでいるレベル)の状態をさします。認知症はレビー小体型認知症やアルツハイマー型認知症など認知機能が著しく低下し、社会生活が困難なレベルの病気です。
 
 
 
2318920161118.png
 
 
 
AB型は脳卒中や心臓病を発症させるリスクも他の血液型よりも高いようです。そうした中で今回は、アルツハイマーなどの認知症を発症するリスクが一番低いのがO型である可能性がシェフィールドの研究チームによって発表された記事(出典:FUTURUS(フトゥールス)さん)をご紹介させていただきます。
 
 
O型は以前から、がんなどの死のリスクが高い病気になりにくい(あくまでも他の血液型とくらべて)といったことがささやかれていましたが、今回の研究でその謎がまた一歩前進することになりました。
 
 
うまくいくと認知症の治療が飛躍的に進化する可能性を秘めているだけに本当に楽しみです。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

記憶力や集中力が低下するデジタル認知症とは?認知症だけじゃない!他にもあるスマホ依存による健康被害とは?

 
 
9420161115.png
 
 
 
 
■ 若い人たちの間で認知症が急増している!?
 
 
ここ最近「デジタル認知症」が若い人たちの間で急増しているのをご存知ですか!?。スマホによって一般の人たちの生活習慣が大きく変化しています。メリットも大きいですが、その半面色々な問題点を抱えています。
 
 
デジタル認知症もその一つです。現在スマホを利用しているユーザーの60%以上が「最近モノ忘れがひどくなった」と感じているので、デジタル認知症は予備軍を含めるとかなりの数になりそうです。
 
 
ですので、10代の若者の間でも記憶力に問題のあるケースが増えています。事実、18歳から39歳の14%の人が記憶力が実際に衰えていることが明らかになっています。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

風邪やインフルエンザが流行る前に知っておきたい急に熱がでた時の対処法!!安易に解熱剤に頼るのは危険です!!

 
 
1020161017.png
 
 
 
 
■ 風邪やインフルエンザが流行る時期とは!?
 
 
風邪やインフルエンザは毎年12月後半から3月前半までが流行時期とされています。ですので、今のうちから免疫力を高めて、しっかり備えておく必要がありますが、これから年末にかけて何かと忙しく、疲れがたまりやすいので、気が緩みがちです。
 
 
風邪やインフルエンザのウィルスは、そうしたところを容赦なくつけ込んできます。風邪やインフルにかかると熱がでますが、これは免疫力を高めて風邪やインフルエンザをやっつけるために必要不可欠なのですが、あまりにも熱が高い状態では日常生活に支障を来します。
 
 
ということで今回は発熱した場合の対処法などをまとめさせていただきました。熱を下げる効果の高いツボ押しの実演動画も合わせてご紹介させていただきますので、発熱したさいに試してみてください。
 
 
熱がでたからといって慌てる必要はありませんが、あまりにも発熱による症状が辛い場合は内科を受診しましょう。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

緊張型頭痛の原因や症状について!頭痛が慢性化すると大変なのに頭痛を慢性化させてしまう恐ろしい原因とは?

 
 
6644201611105.png

 
 
 
■ 頭痛を慢性化させてしまう原因とは?
 
 
緊張型頭痛は、肩のこりなどが原因で、突発的に頭痛に襲われます。医療機関で診てもらえばすぐに痛みから開放されるのですが、頭痛を軽視している人が多いので、医療機関を受診しません。
 
 
日本では頭痛を軽視する傾向が依然として強いですよね。「頭痛程度で会社を休むわけにはいかない」と考える人が多いです。ですので、多くの人が頭痛は市販薬で治るものと考えています。
 
 
しかし、強い痛みに襲われているにもかかわらず、治療を先伸ばしするのは危険です。市販薬が全く効かなくなったり、痛みが慢性化することも少なくないので、そうなる前に受診しましょう。

» 記事の続きを読む

 タグ

鼻呼吸の健康効果がとにかく凄い!口呼吸による様々な問題点とは!?鼻呼吸で人生の質が大きく変わります!

 
 
5274201611101.png
 
 
 
 
■ 口が開いてしまっている人が増えている!?
 
 
突然ですが、あなたは普段の呼吸を鼻と口、どちらで行っていますか?。意外に思われるかもしれませんが「口呼吸」と「鼻呼吸」では身体に与える影響がまったく異なります。
 
 
ここ最近無意識のうちに「口呼吸」をしてしている人が急速に増えています。すでに日本人の半数以上が口で呼吸をしている状態です。小学生以下の子どもたちに関しては、8割が口呼吸をしているといわれています。こどもが口呼吸をしている
 
 
普段から口がポカンと開いてしまっている人を至る所でみかけます。私が仕事柄意識して見ているからかもしれませんが、少なくとも1990年代までは、これほどまで口が開きっぱなしの人は多くありませんでした。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます