ストレッチのカテゴリ記事一覧


カテゴリ:ストレッチ

ストレッチのカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

ストレッチ
    ■ メタボが急増中!メタボの原因は運動不足 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に該当する人たちが約960万人います。予備軍が980万人もいるので、この2つを合わせると1940万人です。  恐ろしいことに人口の6分の1が生活習慣病を発症する危険性にさらされているわけです。  メタボリックシンドロームの大きな原因を占めるのが極度の運動不足です。     ■ メタボリック症候群の診断基準とは...

記事を読む

ストレッチ
     ■ 季節の変わり目の体調不良に注意!? これから本格的に冬を迎えるにあたって、急に寒くなったり、暖かくくなったりと、一日の寒暖差が激しくなるので、健康管理には十分気をつけなければなりません。というのも季節の変わり目は、気候の変化によって男女に関係なく免疫力が低下しやすく、体調不良を引き起こしやすいためです。  特にエアコンの効いた室内で一日中座りっぱなしの状態で過ごすと血行・血流が著しく悪...

記事を読む

ストレッチ
     ■ 肩こりはすでに立派な国民病 肩こりには色々な原因がありますが、肩甲骨周辺の筋肉が固くなってしまうと、肩こりや四十肩などのトラブルが生じやすくなります。また、痛みが慢性化すると日常生活において様々な支障をきたすことになるので、25歳をすぎたら日常的に肩甲骨周辺の筋肉をほぐす必要があります。  といいますの、社会に出て2年目、3年目に入るとだんだん動かなくなってしまうからです。また、最近は...

記事を読む

ストレッチ
     ■ 首こりに悩む人が増えている理由とは? 今回のテーマは、「首のこり」です。吉原綜合治療院の吉原先生が考案された首のこりに効くエクセサイズを実際に吉原先生が実演しながら動画内で解説されているので、非常に分かりやすく、しかも簡単です。  昔は首がこるのは職場で一日中デスクワークされてる方や看護師さんや介護士さんなど無理な体勢で仕事をされる方が大半でした。  しかし、最近は自宅にパソコンがあり...

記事を読む

ストレッチ
     ■ 体幹エクセサイズお腹引き締め効果がすごい? 気になる「お腹まわりの脂肪」、あなたは大丈夫ですか?。  メタボ対策の点からもお腹まわりの脂肪には十分注意する必要があります。  しかし一度ついた脂肪は中々とれません。  前は比較的取れやすいのですが、横は日常生活で中々使わないので、脂肪が取れにくいです。  ということで今回は前、後、右、左、すべての脂肪をとる体幹エクセサイズをご紹介させてい...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

バックランジの健康効果が凄い!血流を改善して代謝、免疫力、筋力をアップ!肩こり、腰痛、筋肉低下、老化の予防に!


back_lunge_1.jpg
 
 
 
 

■ メタボが急増中!メタボの原因は運動不足


 
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に該当する人たちが約960万人います。


予備軍が980万人もいるので、この2つを合わせると1940万人です。
 
 
恐ろしいことに人口の6分の1が生活習慣病を発症する危険性にさらされているわけです。
 
 
メタボリックシンドロームの大きな原因を占めるのが極度の運動不足です。
 
 
 
 
 

■ メタボリック症候群の診断基準とは?


 
メタボリック症候群を簡単に診断する一つの指標として以下の2つの項目があります。
 
 
(1)に加えて(2)の中で2項目以上当てはまる場合はメタボリック症候群です。
 
 

▼(1)必須科目(内臓脂肪蓄積)


 
【ウエスト周囲径】
 
・男性 85cm以上
・女性 90cm以上
 
 

▼(2)選択項目


 
【高脂血症項目】
 
・中性脂肪が150mg/dl以上
・HDLコレステロールが40mg/dl未満
 
のいずれかもしくは両方
 
 
 
【高血圧項目】
 
・最高(収縮期)血圧が130mmHg以上
・最低(拡張期)血圧が85mmHg以上
 
のいずれかもしくは両方
 
 
 
【糖尿病項目】
 
・空腹時血糖値が110mg/dl以上
 
 
 
しかし、中年期をすぎて運動を始めても中々習慣化することが出来ません。
 
 
ウォーキングのように20分くらい歩かないと脂肪燃焼効果期待できない有酸素運動は挫折しやすいですよね。
 
 
 
 
 

■ 忙しい人にはバックランジがおすすめ!


 
だからといって運動不足解消のためにいきなり激しいジムトレーニングを始めるのもおすすめできません。
 
 
初日から筋肉痛で苦しめられるので、早い段階でほとんどの方が挫折します。
 
 
また、効果がでるまでに時間がかかったり、辛いのは長くは続かないんです。
 
 
そこで今回オススメしたいのが「バックランジ」というエクササイズです。
 
 
バックランジは初心者の方が初めて行ってもフォームが崩れにくいので、しっかりハムストリングス大腿四頭筋、大臀筋といった筋肉を刺激して、下半身を効率よく鍛えることができます。
 
 
ウォーキングは長い時間歩いても、筋肉はつきませんが、このバックランジはたった1分間でウォーキングの50分間に相当する筋トレ効果が期待できる優れモノです。
 
 
ですので、バックランジは忙しい人にピッタリのエクササイズです。
 
 
そんなバックランジの効果ややり方について本文内で詳しく解説させていただきました。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

背中とお尻の筋肉を伸ばして余分な脂肪をすっきり落とす!猫背、肌荒れ、むくみ、冷え、肩こり、腰痛の予防にも!

 
camel_pose1.jpg
 
 
 
 

■ 季節の変わり目の体調不良に注意!?


 
これから本格的に冬を迎えるにあたって、急に寒くなったり、暖かくくなったりと、一日の寒暖差が激しくなるので、健康管理には十分気をつけなければなりません。


というのも季節の変わり目は、気候の変化によって男女に関係なく免疫力が低下しやすく、体調不良を引き起こしやすいためです。
 
 
特にエアコンの効いた室内で一日中座りっぱなしの状態で過ごすと血行・血流が著しく悪化するので、すぐに体全体の筋肉が固くなり、その影響から基礎代謝と免疫力が低下して様々な体調不良を引き起こすリスクが高まるので注意してください。
 
 
また、安易に指圧や整体などのマッサージにたよってしまうと、施術を受けたときはいいのですが、すぐに体の状態が元に戻ってしまうので、つらい症状がなかなか改善されません。


そこでおすすめしたいのが、適度な運動を習慣化することです。
 
 
 
 
 

■ ヨガのラクダポーズの健康効果がすごい


 
個人的におすすめしたいのが、ヨガのラクダのポーズです。


このポーズは、1日1回たった10秒で背中とお尻の筋肉をバランス良く刺激しながら同時に腸を刺激するので、腸の働きが改善され、血行が良くなるため、首や肩のコリ、便秘、むくみなどの症状を改善する効果が期待できます。
 
 
また、お腹、背中、お尻を引き締める効果、猫背など姿勢を正す効果が期待できる大変優れたヨガポーズです。


今回はラクダポーズのやり方と効能についてわかりやすくまとめているLocariさんの記事と実演動画を合わせてご紹介させていただきます。是非お試し下さい!

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

大谷翔平投手の「肩甲骨ストレッチ」が凄い!背中と肩の筋肉が柔らかくして肩コリ、首コリ、背中や腰の痛みの予防に

 
shoulder_blade_stretch_1.jpg
 
 
 
 

■ 肩こりはすでに立派な国民病


 
肩こりには色々な原因がありますが、肩甲骨周辺の筋肉が固くなってしまうと、肩こりや四十肩などのトラブルが生じやすくなります。


また、痛みが慢性化すると日常生活において様々な支障をきたすことになるので、25歳をすぎたら日常的に肩甲骨周辺の筋肉をほぐす必要があります。
 
 
といいますの、社会に出て2年目、3年目に入るとだんだん動かなくなってしまうからです。


また、最近はスマホの長時間利用が様々な健康被害を引き起こし、社会問題になっていますので、社会人になったら効果の高い肩甲骨ストレッチを日常的に行うことを強くオススメします。
 
 
しかし、殘念ながら肩を回すくらいでは肩や肩甲骨周辺の筋肉は中々ほぐれてくれません。


無理してやると、かえって痛みが強くなったりするので、痛みがある場合は控えた方がいいでしょう。


そこでオススメしたいのがスポーツ選手が実際に行っている肩甲骨ストレッチです。


今回は大谷翔平投手が実際に行っている肩甲骨ストレッチと肩甲骨をはがす効果に優れたストレッチを実演している動画をご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

首こりは揉めば揉むほど悪化する?首こりは首こり解消ストレッチ!肩こり、五十肩、背中の痛みの予防にも!

 
stiff_neck_1.jpg
 
 
 
 

■ 首こりに悩む人が増えている理由とは?


 
今回のテーマは、「首のこり」です。吉原綜合治療院の吉原先生が考案された首のこりに効くエクセサイズを実際に吉原先生が実演しながら動画内で解説されているので、非常に分かりやすく、しかも簡単です。
 
 
昔は首がこるのは職場で一日中デスクワークされてる方や看護師さんや介護士さんなど無理な体勢で仕事をされる方が大半でした。
 
 
しかし、最近は自宅にパソコンがあり、かつ仕事以外の時間の大半をスマホを使用されているので、こういったことが災いし、職業を問わず首がこる方がここにきて急激に増えています。
 
 
 
 

■ 首こりの原因とは!?


 
首こりの原因は、人によって異なりますが、日常生活に余計な負担をかけないためにも、しっかりコリを解消していくためにも、その原因を把握して、しっかり対処しなければなりません。
 
 
ちなみに首コリの主な原因は以下のとおりです。
 
 

(1)血行不良
 
(2)首周辺の筋肉が硬直(乳酸などの疲労物質が原因)
 
(3)首周辺の筋肉が硬直(酸素不足)
 

 
 
 

『 首こりの最も大きな原因は血行悪化 』


 
首こりは血行が何らかの原因によってが悪化することが最も大きな原因とされています。血流が悪化することによって、筋肉に酸素が行き渡らなくなり、乳酸などの老廃物が溜まりやすくなってしまうため、その結果として筋肉が硬くなってしまいます。
 
 
筋肉が硬くなると筋肉の伸び縮みが正常にできなくなってしまうので、首こり、肩こりに繋がってしまいます。しかも、首周辺にある血管は脳に血液を送る重要な役割を果たしているため、首周辺の血流が悪化すると、脳への酸素供給も低下します。
 
 
 
 
 
stiff_neck_2.jpg
 
 
 

『 首こりを揉んではならない理由とは!? 』


 
首こりを解消するさいに注意しなければならないのが、首を揉んだり、叩いてコリや痛みを緩和させようとしてしまうことです。東京脳神経センターの理事長を務める松井孝嘉博士が著書「首は絶対にもんではいけない!」で力説しています。
 
 
首には脳につながる神経やツボがたくさんあるので、下手にマッサージすると頭痛やめまいなど様々な体調不良を引き起こす原因になりますので、首コリのセルフケアはマッサージよりもストレッチやエクセサイズが有効とされています。
 

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

体幹と呼吸法をあわせた「くびれ体操」のウエスト引き締め効果が凄い!おなか周りを引き締めて肩こりや腰痛の予防にも!

 
trunk_stretch_01241.jpg
 
 
 
 

■ 体幹エクセサイズお腹引き締め効果がすごい?


 
気になる「お腹まわりの脂肪」、あなたは大丈夫ですか?。
 
 
メタボ対策の点からもお腹まわりの脂肪には十分注意する必要があります。
 
 
しかし一度ついた脂肪は中々とれません。
 
 
前は比較的取れやすいのですが、横は日常生活で中々使わないので、脂肪が取れにくいです。
 
 
ということで今回は前、後、右、左、すべての脂肪をとる体幹エクセサイズをご紹介させていただきます。
 
 
こちらのエクセサイズ毎日たった3分で脅威の効果を実現します。
 
 
今回ご紹介させていただく動画は、毎日放送の人気番組「サタデープラス」にて過去に放送されたものです。
 
 
画質はあまり良くありませんが、内容はピカイチです!!。
 
 
 
 
 

■ タレントのキンタローさんのウエストが1週間で約6センチも細くなった!


 
ウエストを短期間でスリムにする画期的なエクセサイズが実演されています。
 
 
ちなみに同番組出演されたタレントのキンタローさんは、1週間で約6センチもウエストが細くなっています。
 
 
こちらのエクセサイズを提唱している中村格子先生は、整形外科医・医学博士として大変素晴らしい実績をあげています。
 
 
「大人のラジオ体操」という本を出版し、瞬く間にベストセラーとなりました。
 
 
今回ご紹介させていただくエクセサイズは、呼吸を意識しながら体幹を刺激するので、ウエストを細くする効果は勿論のこと、胃や腸の働きを改善、腰痛予防、姿勢を改善する効果なども期待できるので、是非試してみて下さい。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます