睡眠についてのカテゴリ記事一覧


カテゴリ:睡眠について

睡眠についてのカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

睡眠について
    ■ 寝すぎは全く体によくなかった!? 睡眠不足以上に寝過ぎは体に悪いとされています。  すでに「寝すぎ」に関する問題については、医学的なデータがすでに沢山発表されていますが、長期間にわたって寝すぎが習慣化してしまうと体だけでなく脳の働きにまで深刻なダメージを与える危険性があります。  米国心臓学会の研究結果によりますと、長期間にわたって毎日8時間以上眠ると心臓疾患のリスクを高める危険性があり...

記事を読む

睡眠について
     ■ 睡眠不足に悩まされる人たちが急増中! 過度なストレスなどが原因で睡眠不足に悩まされる人たちが年々増えています。  しかも睡眠が浅いため疲れが中々取れません。そのしわ寄せが日中睡魔となって襲ってきます。  我慢しても何度も睡魔に襲われるため、仕事の効率が著しく悪化し、ミスを連発したりします。  仕事で車を運転している人は大きな事故につながりかねないので非常に危険です。  そうした中注目を...

記事を読む

睡眠について
     ■ 左向きで寝るだけで健康になる!? 突然ですが、あなたは寝るときに右と左どちらを向いて寝ていますか?  ちなみに私は、ここ2~3年左向きを意識しながら毎晩寝ています。  左向きに寝ることでリンパと血流を良い状態に保つことができます。  また、睡眠の質も高まるので翌日に疲れが残らなくなりました。  以前よりも少ない睡眠時間(5~6時間)でも、気持ちよく起きることができますし、脳も朝からすっ...

記事を読む

睡眠について
     ■ 睡眠の質が低下する理由とは? 仕事の疲れやストレスが年齢とともに解消するのが難しくなってきます。  その原因としては「睡眠」の質の低下があげられます。  加齢が進むについて睡眠時間が短くなります。  ですので、その分一回あたりの睡眠の質を高める努力がどうしても必要となります。  人間の体は朝起きておひさまの陽を浴びてから13~15時間程度経過すると、睡眠ホルモンのメラトニンが分泌される...

記事を読む

睡眠について
     ■ うたた寝が心と体の健康にいい?仕事や勉強している最中に寝たくもないのに「うたた寝」してしまった経験が誰しもあるかと思います。  そんなとき「集中力」が足りてないと、自分を責めたりしていませんか?実は、この仮眠とすら呼べない最長で数十秒間程度の「うたた寝」が脳にとても良い刺激をあたえ、認知症予防にも繋がることが最近の研究で明らかになったんです。     ▼ マイクロスリープはとにかく気持ち...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

寝すぎに注意!毎日8時間以上眠ると死亡率が30%高くなる!?動脈硬化や糖尿病など生活習慣病の発症リスクもアップ

 
sleeping_too_much_1.jpg
 
 
 

■ 寝すぎは全く体によくなかった!?


 
睡眠不足以上に寝過ぎは体に悪いとされています。
 
 
すでに「寝すぎ」に関する問題については、医学的なデータがすでに沢山発表されていますが、長期間にわたって寝すぎが習慣化してしまうと体だけでなく脳の働きにまで深刻なダメージを与える危険性があります。
 
 
米国心臓学会の研究結果によりますと、長期間にわたって毎日8時間以上眠ると心臓疾患のリスクを高める危険性があり、死亡リスクが30%アップすることが明らかになっています。
 
 
他にもいろいろと寝すぎによるデメリットはありますが、主だったものは以下のとおりです。
 

●鬱のリスクを高める
●ホルモンバランスが乱れる
●自律神経のバランスが乱れる
●糖尿病のリスクを高める
●太りやすい体質になる
●心臓に負担を与える
●疲れやすくなる

 
 
 

■ なぜ人は寝すぎてしまうのか?


 
寝すぎてしまう人の中には一度起きてもすぐにまた寝てしまう方が少なくありません。
 
 
二度寝も15分程度であれば心と体をリラックスさせ、良い影響を与えてもくれますが、トータルで睡眠時間が8時間以上となれば体に良くありません。
 
 
私の友人に平日は8~9時間寝て、週末は12時間以上寝ている人がいます。
 
 
平日は仕事があるから、なんとか嫌々起き上がるも、週末は誰も咎めるものがいないので、昼過ぎ(冬は夕方まで)まで寝ています。
 
 
学生時代は非常にスリムだったのですが、今では当時の面影がまったくないほど太ってしまいました。
 
 
まだ若いのにすでに生活習慣病予備軍に仲間入りしています。
 
 
学生時代はどちらかというと睡眠時間が短い方だったのですが、社会に出てからは仕事のストレスで睡眠時間が次第に長くなっていったようです。
 
 
 
 
 

■ 寝つきが悪いと寝すぎてしまう?


 
寝貯めするかのように寝すぎてしまう原因の一つとして、寝付きの問題があります。
 
 
平日は布団に入った瞬間に仕事のことなど不安なことを考えてしまい、思うように寝つけないといった問題に苦しめられている人が非常に多いです。
 
 
今回は寝すぎがいかに人間の心と体に問題であるかについてと不安を抑えて快眠するための方法を分かりやすく解説した動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

【1日たった20分】NASAが認めた昼寝や仮眠の効果が凄い!ストレス激減、仕事の効率が大幅アップ!

 
nap_01171.jpg
 
 
 
 

■ 睡眠不足に悩まされる人たちが急増中!


 
過度なストレスなどが原因で睡眠不足に悩まされる人たちが年々増えています。
 
 
しかも睡眠が浅いため疲れが中々取れません。そのしわ寄せが日中睡魔となって襲ってきます。
 
 
我慢しても何度も睡魔に襲われるため、仕事の効率が著しく悪化し、ミスを連発したりします。
 
 
仕事で車を運転している人は大きな事故につながりかねないので非常に危険です。
 
 
そうした中注目を集めているのが「昼寝(仮眠)」です。
 
 
 
 
 

■ 日本でも仮眠を推奨する職場が増えている


 
昼寝によって不足している睡眠分をカバーすることが出来る上に作業効率が著しく上がるので日本でも昼寝(仮眠)を推奨する職場が増えてます。
 
 
私は毎日2回ほど15分程度の仮眠をとっています。
 
 
このため1回あたりの睡眠時間が極端に短くても、しっかり心と体の健康を維持することができています。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

左向きに寝るだけで得られる8つの健康効果が凄い!血液やリンパの流れを良くして様々な病気の予防に役立つ!

 
sleep_on_the_left_01111.jpg
 
 
 
 

■ 左向きで寝るだけで健康になる!?


 
突然ですが、あなたは寝るときに右と左どちらを向いて寝ていますか?
 
 
ちなみに私は、ここ2~3年左向きを意識しながら毎晩寝ています。
 
 
左向きに寝ることでリンパと血流を良い状態に保つことができます。
 
 
また、睡眠の質も高まるので翌日に疲れが残らなくなりました。
 
 
以前よりも少ない睡眠時間(5~6時間)でも、気持ちよく起きることができますし、脳も朝からすっきりクリアです。
 
 
最初の頃はベットと壁の隙間に布団をまるめて寝ていたのですが、最近はそのようなことをしなくても左向きの状態を保ったまま寝れるようになりました。
 
 
アーユルヴェーダ(サンスクリット語で「生命科学」という意味)の大家John Douillard博士によりますと、左向きに寝ることによって様々な健康効果がえられると論文や著書などで力説しています。
 
 
ただし、全ての方に同じ効果が得られるわけではなく、人によってどうしても差が生じます。
 
 
また、様々な諸事情により左向きに寝る体勢が取れない方もいらっしゃるかと思います。
 
 
予めその点をご理解していただいた上で読み進めていただければ幸いです。
 
 
 
 
healthy_way_to_sleep_01111.jpg
 
 
 

■ 左向きに寝ることで睡眠の質が飛躍的に向上!


 
古今東西、睡眠に関しては色々なスタイルと考え方がありますが、今回ご紹介させていただく「左向きに寝る」だけの非常にシンプルなこの方法は、他のどの睡眠方法よりもメリットが多いです。
 
 
「左向きに寝る」睡眠方法は、ストレスフルな現代社会を生きるうえで心と体の健康を維持するために欠かすことのできない「睡眠」の質を最大限に高めることが出来る大変優れた健康法です。
 
 
睡眠の質が良くなることで得られるメリットは計り知れません。
 
 
まず、自律神経のバランスが整って、生活リズムが安定します。
 
 
これにより、肥満や高血圧、耐糖能障害、循環器疾患、メタボリックシンドロームといった生活習慣病の予防につながります。
 
 
また、セロトニンの分泌量の増えて不安や怖れといったネガティブな思考から解放され、心の健康にも良い効果をもたらしてくれます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

睡眠障害を放置するのは危険!体調不良の大半は「睡眠」に問題あり!睡眠の質を高めてぐっすり寝る方法

 
Sleeping_disorder_01071.jpg
 
 
 
 

■ 睡眠の質が低下する理由とは?


 
仕事の疲れやストレスが年齢とともに解消するのが難しくなってきます。
 
 
その原因としては「睡眠」の質の低下があげられます。
 
 
加齢が進むについて睡眠時間が短くなります。
 
 
ですので、その分一回あたりの睡眠の質を高める努力がどうしても必要となります。
 
 
人間の体は朝起きておひさまの陽を浴びてから13~15時間程度経過すると、睡眠ホルモンのメラトニンが分泌されるので、次第に体は眠る体制に入っていきます。
 
 
睡眠の質を高めるには、その2時間以内に眠ることが理想とされています。
 
 
しかし、現実問題として働いている人にとっては難しいですよね。
 
 
 
 
 

■ 体調不良の原因は睡眠にあった?


 
日々の仕事による疲労やストレスを解消するには、どうしても「休養」が必要になります。
 
 
我々日本人は欧米の人たちと異なり、この休養することが難しいですよね。
 
 
休むことに対して大なり小なり罪悪感を感じてしまうからだと思います。
 
 
ですので、なおさらのこと睡眠の質を高めることが大事なんです。
 
 
そうすることで欧米の人のように定期的に長期間休む必要はありません。
 
 
毎日その日の疲れやストレスを解消できます。
 
 
実際に体調不良の大半は寝ることで解消できるといわれてます。
 
 
寝つきが悪い方の大半は体内時計が狂っていたりします。
 
 
寝る直前になっても頭を血が巡り続けているためです。
 
 
ですので、睡眠の質を高めることで、血流が改善して代謝、免疫力、脂肪燃焼効率を高めることができます。
 
 
 
 

▼ 脳を興奮させない!


 
小学校のころの遠足を思い出して下さい。
 
 
楽しいことがある前日は、普段のように眠れませんよね。
 
 
目が覚めてしいまうのは興奮して脳が緊張しているからなんです。
 
 
同じように翌日会議があったり、重要な取引があったり、主張のため朝早く起きなければいけない場合、脳が緊張してしまい目が覚めていつまでも眠れません。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

超短時間の「仮眠」で脳の働きを改善!ストレス抑制、記憶力向上、集中力アップ、疲労回復、脳梗塞や心筋梗塞の予防に!

 
nap_1251.jpg
 
 
 
 

■ うたた寝が心と体の健康にいい?



仕事や勉強している最中に寝たくもないのに「うたた寝」してしまった経験が誰しもあるかと思います。
 
 
そんなとき「集中力」が足りてないと、自分を責めたりしていませんか?


実は、この仮眠とすら呼べない最長で数十秒間程度の「うたた寝」が脳にとても良い刺激をあたえ、認知症予防にも繋がることが最近の研究で明らかになったんです。
 
 
 
 
 

▼ マイクロスリープはとにかく気持ちいい!


 
ちなみに仮眠を英語でナップ(Nap)といい、こうした仮眠ともいえない超短時間仮眠を英語ではマイクロスリープ(Microsleep)といいます。
 
 
マイクロスリープは微小睡眠ともいい、本人は起きていたいのに数秒から数十秒間ほど睡眠状態に入ります。


突然カクッとなるわけですが、当の本人からすれば目が覚めた瞬間は気持ちよいわけですが、気絶寸前のような感覚に襲われるので、あまり体に良いことだと思えません。
 
 
しかし、これが意外にも良い効果をもたらしてくれるんです。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます