脳の働きについてのカテゴリ記事一覧


カテゴリ:脳の働きについて

脳の働きについてのカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

脳の働きについて
      ■ 脳の働きはボッーとしたほうがいい!? 仕事や日常生活で何らかしらの問題が発生したとき、あなたはどのように対応していますか?。解決策をひねり出すために必死になって考えるのではないでしょうか?。  しかし、一生懸命考えても何も思いつかないことの方が多いですよね。実は何もしないで「ボっー」とした方が脳の働きいいことが最新の脳研究で明らかになったんです。  あまりにも非常識な発想ですが、問題...

記事を読む

脳の働きについて
      ■ トランス脂肪酸が含まれた食品の恐怖とは! 昨年ついにアメリカで「トランス脂肪酸」の使用に関して規制されることとなりました。日本では特別規制されていません。今のところ規制される予定もないようです。  しかし、マーガリンやマヨネーズなどにトランス脂肪酸は多く含まれています。  これまでトランス脂肪酸は肥満の原因として問題視されていましたが、最近の研究結果によりますと「記憶力」の低下を招く...

記事を読む

脳の働きについて
      ■ 若い人の間で脳の老化が進んでいる!? 世の中が便利になればなるほどストレスが拡大し、皮肉にも人間一人あたりが負う負担が大きくなっています。ですので、ストレスを避けることが難しく、現状ではストレスが様々な病気を引き起こす原因となっています。  特に最近はスマホを長時間利用する人が増えているので、若い人であっても老眼になったり、急に白髪が増えたり、これまであまり若い人の間では見られなかっ...

記事を読む

脳の働きについて
     ■ 右脳人間、左脳人間は本当にいるの!? 今回のテーマは優れた人間の脳の仕組みについてです。よく「あなたは右脳派、左脳派?」といったことを問いながら右脳と左脳の機能を解説する雑誌などのメディアがありますよね。  実は明確に右脳派(右脳人間)、左脳派(左脳人間)と分けることはできないのですが、脳の仕組みを解説するうえでわかりやすいということで、こうした例えが多く用いられるようです。  大雑把...

記事を読む

脳の働きについて
     ■ 統合失調症とは?  統合失調症は、現実と区別がつかないレベルの幻聴や幻覚、妄想、興奮などの症状のほかに、やる気の低下や感情の起伏の喪失、引きこもりといった、幅広い精神症状を呈する病気です。統合失調症は10代から30代に多く、今現在120人に1人の割合で発症しています。  すでに統合失調症患者は100万人以上に超えているので、誰もがない得る病気です。ちなみに統合失調症の平均発症年齢は男性...

記事を読む

頑張らないほうが上手くいく!?ぼーっとしてるとき人間の脳は普段の「約20倍」も働いていた!最強のストレス対処法!

 
 
brain_function_161.jpg
 
 
 
 

■ 脳の働きはボッーとしたほうがいい!?


 
仕事や日常生活で何らかしらの問題が発生したとき、あなたはどのように対応していますか?。解決策をひねり出すために必死になって考えるのではないでしょうか?。
 
 
しかし、一生懸命考えても何も思いつかないことの方が多いですよね。実は何もしないで「ボっー」とした方が脳の働きいいことが最新の脳研究で明らかになったんです。
 
 
あまりにも非常識な発想ですが、問題を解決しようと思ったら、必死になって考えるよりも「ボっー」としたほうがいいわけです。つまり、必死になって考えるというのは、脳の働きを邪魔していることと同じなんですね。

» 記事の続きを読む

あなたの記憶力を「 最大10% 」も低下させてしまう恐ろしい食品とは!?摂り過ぎには要注意!!

 
 
poor_memory_081.jpg
 
 
 
 

■ トランス脂肪酸が含まれた食品の恐怖とは!


 
昨年ついにアメリカで「トランス脂肪酸」の使用に関して規制されることとなりました。日本では特別規制されていません。今のところ規制される予定もないようです。
 
 
しかし、マーガリンやマヨネーズなどにトランス脂肪酸は多く含まれています。
 
 
これまでトランス脂肪酸は肥満の原因として問題視されていましたが、最近の研究結果によりますと「記憶力」の低下を招く原因にもなるようです。
 
 
 
 

『 スナック菓子などにトランス脂肪酸が多く含まれている! 』


 
毎朝1時間運動しているので、体重を気にすることはありませんが、記憶力が低下するのは私にとっては大問題です。どうしたって仕事のパフォーマンスが落ちますからね。ちなみに2g以上は摂り過ぎとなります。
 
 
幼少の頃からスナック類のお菓子に慣れ親しんできた身としては食べる量を減らすだけでも辛いです。ちなみに各食品に含まれるトランス脂肪酸は以下の票のとおりです。
 
 
 
trans_fatty_acid_content.jpg
 
出典:食品安全委員会
 
 
 
 

■ トランス脂肪酸のなにがいけないのか?


 
トランス脂肪酸は、水素添加した植物油を取り扱う過程で人工的に生成される最も危険視されている脂肪酸です。悪玉コレステロール、動脈硬化、心臓疾患、ガン、免疫機能、認知症、アレルギー、アトピーなどへの悪影響が報告されています。
 
 
ということで今回はトランス脂肪酸の摂り過ぎによって記憶力が低下してしまうメカニズムについて分かりやすくまとめさせていただいた記事と、トランス脂肪酸についてより詳しく解説している動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

記憶力と集中力を高める5つの食べ物の効果が凄い!脳の老化も抑えて認知症を予防!

 
 
brainaging.jpg
 
 
 
 

■ 若い人の間で脳の老化が進んでいる!?


 
世の中が便利になればなるほどストレスが拡大し、皮肉にも人間一人あたりが負う負担が大きくなっています。


ですので、ストレスを避けることが難しく、現状ではストレスが様々な病気を引き起こす原因となっています。
 
 
特に最近はスマホを長時間利用する人が増えているので、若い人であっても老眼になったり、急に白髪が増えたり、これまであまり若い人の間では見られなかった病気(生活習慣病など)を引き起こすケースが増えています。
 
 
ですので、脳の老化が進んでしまうのも例外ではありません。20代前半の若者であっても、いち早く前頭葉の老化が始まります。40代になると少しずつ脳が縮んでいきます。
 
 
 
 

『 前頭葉の老化が進むと恐ろしいことに?』


 
前頭葉の老化が進むとあらゆる意欲が衰えます。しかも想像力も落ちるので、感情のコントロールが次第に困難となり、突然激昂してしまうケースも少なくありません。


そうならないためにも、しっかり脳老化の予防に取り組まなければなりません。
 
 
ということで今回は脳の老化を予防する働きに優れた5つの食品について分かりやすく解説したWoorisさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

右脳派・左脳派診断テストでどっちか分かる!右脳と左脳の特徴とは?

 
rightbrain_leftbrain_1.jpg
 
 
 
 

■ 右脳人間、左脳人間は本当にいるの!?


 
今回のテーマは優れた人間の脳の仕組みについてです。


よく「あなたは右脳派、左脳派?」といったことを問いながら右脳と左脳の機能を解説する雑誌などのメディアがありますよね。
 
 
実は明確に右脳派(右脳人間)、左脳派(左脳人間)と分けることはできないのですが、脳の仕組みを解説するうえでわかりやすいということで、こうした例えが多く用いられるようです。
 
 
大雑把に分けると日常的に右脳を使っている時間が多いのか、左脳を使っている時間を多く使っているのかの違いですが、ストレス社会においてはどうしても左脳を使う時間が多くなります。
 
 
ですので、一般的には右脳(左脳)を使っている時間が平均より多いか少ないかの差しかありません。
 
 
 
 

『 右脳、左脳の特性を理解して強みに変える! 』


 
ちなみに私はどんな問題を解いても必ず「右脳派」と分類されるのですが、正直以前はあまり嬉しくありませんでした。


しかし、最近は右脳の特性をしっかり理解して、それを強みにしたほうがいいなと最近は考えるようにしています。
 
 
最後に見るだけで右脳派か左脳派かわかるテスト動画をご用意させていただいたので、是非こちらを御覧いただき、右脳派か左脳派か診断してみてください。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

統合失調症の症状は幻覚や被害妄想だけじゃない!他にもある自分や周囲の人を苦しめる統合失調症の辛い症状とは?

 
 
331420180205ht.png
 
 
 
■ 統合失調症とは?
 
 
統合失調症は、現実と区別がつかないレベルの幻聴や幻覚、妄想、興奮などの症状のほかに、やる気の低下や感情の起伏の喪失、引きこもりといった、幅広い精神症状を呈する病気です。統合失調症は10代から30代に多く、今現在120人に1人の割合で発症しています。
 
 
すでに統合失調症患者は100万人以上に超えているので、誰もがない得る病気です。ちなみに統合失調症の平均発症年齢は男性が27歳、女性が30歳となっています。残念ながら統合失調症の原因は依然として解明されていません。
 
 
統合失調症を放置すると症状の悪化が進み、患者本人だけでなく、周囲の人を巻き込んで日常生活に障害をもたらす可能性があるので、できるだけ早い段階で医療機関を受診することが大切ですが、本人は正常だと思い込んでいるため、受診させるのも容易ではありません。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます