390190601hm.png
 
 
 
■なぜ紫外線と言うのか?
 
 
きょうのテーマは「紫外線」です。こども達は夏休みに入り、家族で外に出る機会が多くなるこれからの季節、しっかりとした紫外線対策が必要です。さてさて、突然ですが、なぜ紫外線と言うかみなさんはごぞんじでしょうか?。紫外線は「紫の外」ですね。
 
 
私たちが日常的に浴びる光にはいくつかの種類がありまして、太陽から届く光のうち、赤、オレンジ、黄色、緑、青、藍色、紫、このいわゆる「虹の七色」は、人が目にすることが出来る「可視光線」と呼ばれています。
 
 
昔「赤橙の緑は青藍の紫」と覚えさせられました。今私たちが大切なのはそこではなくてですね、赤と紫の外側「赤外線」と「紫外線」なんです。

» 記事の続きを読む