生活習慣病対策のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:生活習慣病対策

生活習慣病対策のカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

生活習慣病対策
 引用元:日経Gooday     ■「血管年齢」とは?  今回のテーマは、「血管年齢」についてです。血管年齢とは、血管の状態を測る一つの指標で、血管年齢が実年齢よりも高ければ動脈硬化がかなり進んでます。  反対に実年齢よりも血管年齢が若ければ、健康と判断することができます。メタボ対策をしっかり行なうことによって、血管年齢を若く保つことができます。  血管年齢は医療機関で簡単に調べることができます。生活...

記事を読む

生活習慣病対策
     ■ 慢性腎臓病(CKD)とは!? 今回のテーマは、「CKD=慢性腎臓病について」です。ちなみにCKDとはChronic Kidney Diseaseの略称です。  慢性腎臓病(CKD)は、腎臓の働きが健康な人の60%以下に低下する、もしくは、たんぱく尿や血尿が出るといった腎臓の働きが悪化した状態が一定期間を超えて続くことを言います。     ■ 慢性腎臓病(CKD)の患者数は1330万人超!  ちなみに日本では慢性腎臓病(CKD)...

記事を読む

生活習慣病対策
  引用元:Wikihow    ■ 痛風とは? 痛風とは、足の親指の付け根などの関節に炎症を起こして、強い痛みをともなう病気で、血液中の尿酸値が高いと関節に尿酸の結晶がたまり、突然強い炎症を起こします。  発作的な痛みの症状が起こるため、「痛風発作」と呼ばれています。  痛風発作が続くと足首や膝の関節までも傷みはじめ、発作の間隔が次第に短くなり、関節を破壊します。  痛風は、30代、40代男性での発症が...

記事を読む

生活習慣病対策
     ■ 「心筋梗塞」とは!? 今回は、「心筋梗塞症」がテーマです。一昨年、俳優の渡哲也さんが急性心筋梗塞を発症し、入院していたことがニュースで報じられ、大きな話題となりました。  手術は無事成功し、その後は自宅にて療養され、噂されていたような重病ではなかったことが幸いし、すでに仕事に復帰されているようなんですが、病気が病気なだけに、「すっかり元気になられた」、というわけには行かないようです。 ...

記事を読む

生活習慣病対策
    ■ 動脈硬化を予防する方法とは? 今回のテーマは、心筋梗塞の予防についてです。動脈硬化につながる血液の汚れを防ぐことによって心筋梗塞を予防することができるわけですが、動脈硬化は初期の段階ではほとんど症状らしい症状がありません。  ですので、症状がでるときには、すでにかなり状態が悪化していると考えてください。動脈硬化が進行すれば、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血...

記事を読む

血管年齢の若返りが期待できる食べ物とは?血液がサラサラになって生活習慣病の予防に

 
vascular_age.jpg

引用元:日経Gooday
 
 
 
 
 

■「血管年齢」とは?


 
 
今回のテーマは、「血管年齢」についてです。血管年齢とは、血管の状態を測る一つの指標で、血管年齢が実年齢よりも高ければ動脈硬化がかなり進んでます。
 
 
反対に実年齢よりも血管年齢が若ければ、健康と判断することができます。メタボ対策をしっかり行なうことによって、血管年齢を若く保つことができます。
 
 
血管年齢は医療機関で簡単に調べることができます。


生活習慣を改善するめの指標として血管年齢を計測されることをオススメします。





■ 血管年齢の若返りが期待できる食べ物とは?




血管年齢の若返りが期待できる食べ物は以下のとおりです。



(1)青魚(いわし、さば、さんまなど)

(2)大豆食品(納豆、豆腐など)

(3)海藻類

(4)キノコ類

(5)野菜

(6)ナッツ類

(7)お茶(緑茶、コーヒーなど)

(8)お酢



» 記事の続きを読む

沈黙の臓器「腎臓」が腎不全を知らせる8つのサイン!成人の約8人1が発症するCKD=慢性腎臓病などの腎疾患を予防!

 
kidney_01201.jpg
 
 
 
 

■ 慢性腎臓病(CKD)とは!?


 
今回のテーマは、「CKD=慢性腎臓病について」です。ちなみにCKDとはChronic Kidney Diseaseの略称です。
 
 
慢性腎臓病(CKD)は、腎臓の働きが健康な人の60%以下に低下する、もしくは、たんぱく尿や血尿が出るといった腎臓の働きが悪化した状態が一定期間を超えて続くことを言います。
 
 
 
 
 

■ 慢性腎臓病(CKD)の患者数は1330万人超!


 
ちなみに日本では慢性腎臓病(CKD)がシニア世代を中心に急速には広がっています。
 
 
事実日本では、すでに1割超(およそ8人に1、その数約1330万人)の人たちが慢性腎臓病を患っているとされています。
 
 
また、人工透析を受けている患者さんも、すでに26万人を超えていて、毎年1万人ずつ増え続けている状態です。
 
 
このため慢性腎臓病(CKD)は、新しい「国民病」といわれるくらい誰もがなり得る病気なので、もはや他人ごとでは済まされません。
 
 
ですので、中高年と呼ばれる年代に達したら慢性腎臓病(CKD)を予防するためにも、定期的に検査を受ける必要があります。

» 記事の続きを読む

痛風に悪い食べ物ランキング!痛風に良い食べ物ランキング!

 
gout_01121.jpg
 
引用元:Wikihow
 
 
 
 

■ 痛風とは?


 
痛風とは、足の親指の付け根などの関節に炎症を起こして、強い痛みをともなう病気で、血液中の尿酸値が高いと関節に尿酸の結晶がたまり、突然強い炎症を起こします。
 
 
発作的な痛みの症状が起こるため、「痛風発作」と呼ばれています。
 
 
痛風発作が続くと足首や膝の関節までも傷みはじめ、発作の間隔が次第に短くなり、関節を破壊します。
 
 
痛風は、30代、40代男性での発症が多く、女性は痛風全体の1%から2%くらいの割合で男性に圧倒的に多い病気で、痛風の患者数は87万人とされています。
 
 
厚労省の調べによりますと痛風は予備軍を含めると既に500万人に達しています。
 
 
痛風は、糖尿病、尿路結石、虚血性心疾患といった合併症を発症するリスクが高いので、早期発見して、長期的に治療に取り組むことが求められます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

心筋梗塞の前兆・原因・症状について!なぜ沢山の人が心筋梗塞の初期症状を見逃して放置してしまうのか?

 
myocardial_infarction_1262.jpg
 
 
 
 

■ 「心筋梗塞」とは!?


 
今回は、「心筋梗塞症」がテーマです。一昨年、俳優の渡哲也さんが急性心筋梗塞を発症し、入院していたことがニュースで報じられ、大きな話題となりました。
 
 
手術は無事成功し、その後は自宅にて療養され、噂されていたような重病ではなかったことが幸いし、すでに仕事に復帰されているようなんですが、病気が病気なだけに、「すっかり元気になられた」、というわけには行かないようです。
 
 
心筋梗塞は中高年だけでなく、20代、30代の間でも広がっている大変恐ろしい病気です。心筋梗塞は、下図にありますとおり動脈硬化や血管の中でプラーク(脂肪などの固まり)が破れて血栓ができてしまったことで、冠動脈が詰まってしまい、心筋に血液が行かなくなった状態をさします。
 
 
 
 

『 生活習慣を改善することが最善の予防策! 』


 
言葉にするだけでも恐ろしい病気なんですが、その症状に気づけ無いケースが増えています。心筋梗塞を予防するうえで大切なのが、生活習慣を改善することです。そのためにも正しい知識が必要になります。
 
 
今回ご紹介させていただく「いきいき健康ライフさん」の動画にて「狭心症・心筋梗塞」の主な症状と予防する方法について分かりやすく解説していますので、こちらと合わせてご覧頂ければ幸いです。

» 記事の続きを読む

心筋梗塞の予防効果を高める3つのポイント!血流を改善して免疫機能強化!がん、動脈硬化、脳卒中などの予防にも!

 
520180910hm_2019120319242192d.png
 
 
 

■ 動脈硬化を予防する方法とは?


 
今回のテーマは、心筋梗塞の予防についてです。動脈硬化につながる血液の汚れを防ぐことによって心筋梗塞を予防することができるわけですが、動脈硬化は初期の段階ではほとんど症状らしい症状がありません。
 
 
ですので、症状がでるときには、すでにかなり状態が悪化していると考えてください。動脈硬化が進行すれば、日本人の死因の主な原因である心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)を引き起こすリスクが高まります。
 
 
動脈硬化は、現代病の典型です。というのも動脈硬化は肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病を放置してしまうことで進行してしまうからです。
 
 
 
 

『 大半の病気が血液の汚れが原因!? 』


 
動脈硬化をはじめ糖尿病、心筋梗塞などを防ぐには、いかに血液をキレイな状態に保つかがカギとなります。もし血流障害から血液が汚れてしまうと、次第に「血栓」ができやすくなり、さらに血管が細くもろくなってしまいます。
 
 
その結果として、動脈硬化が起こり、心筋梗塞を発症するリスクが高まるわけです。ですので、血管年齢を若く保ちながら健康を維持するためには、やはり血をきれいに保つことがどうしても重要なんです。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます