体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:体の痛み不調の原因

体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
     ■ 今大注目の「ふくらはぎ健康法」とは!?  SMAPの中居正広さんが司会を務める人気バラエティ番組「金スマ」で『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』の著者・槙孝子先生が考案された「ふくらはぎ健康法」が、丁度昨年の今頃くらいに紹介され、一躍注目を集めることとなりました。  番組内で高血圧の方がふくらはぎのセルフマッサージを1ヶ月間行ない、マッサージを行う前とは比較にならないほど健康になった...

記事を読む

体の痛み不調の原因
   ■ あなたはメタボ対策をしてますか!?  メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に該当する人たちが約960万人います。予備軍が980万人もいるので、この2つを合わせると1940万人です。  恐ろしいことに人口の6分の1が生活習慣病を発症する危険性にさらされているわけです。メタボリックシンドロームの大きな原因を占めるのが極度の運動不足です。  特に地方の方は通勤が車の場合、仕事の関係で職場で...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 悪玉菌の増殖度は恐ろしいほど速かった?  今回は腸内細菌についてなんですが、最近ようやく腸内細菌の重要性が色々なメディアで取り上げられるようになりました。腸内細菌は人間の心と体の健康を保つうえで非常に重要な役割を担っています。  腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(どっちつかずの状態)が存在し、善玉菌が急に減りすぎたり、悪玉菌が増えすぎると様々な体調不良を引き起こします。ですので、腸内細...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    ■ 血液型によってなりやすい病気がある!?  我々日本人は、血液型診断や血液型占いが好きですよね。欧米(特にユーロ圏の人)では信憑性が低いということで、こうした血液型診断なるものを信じている人が少ないです。しかし、血液型別で発症しやすい病気、発症しにくい病気があるということに関しては、並々ならぬ関心を示していました。  国立遺伝学研究所が発表した論文によりますと、世界最古の血液型はA型なんだ...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    ■ 骨盤が歪むと引き起こされる病気や症状とは?  今回のテーマは、「骨盤の歪みを整える方法」です。骨盤の歪みや骨盤が後傾することによって下腿の筋肉が硬くなってしまうケースが女性を中心に多く見受けられます。骨盤が歪んでしまうと以下の症状が引き起こされてしまい、そのまま放置すると健康リスクが高まります。  (1)代謝が落ちる(体質的に太りやすくなる) (2)ぽっこり下腹 (3)便秘 (4)肩こり...

記事を読む

ふくらはぎマッサージの健康効果が凄い!ふくらはぎを揉んで足のつり、むくみ、冷え、慢性疲労の予防に利く!

 
 
381420180219ht.png
 
 
 
■ 今大注目の「ふくらはぎ健康法」とは!?
 
 
SMAPの中居正広さんが司会を務める人気バラエティ番組「金スマ」で『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』の著者・槙孝子先生が考案された「ふくらはぎ健康法」が、丁度昨年の今頃くらいに紹介され、一躍注目を集めることとなりました。
 
 
番組内で高血圧の方がふくらはぎのセルフマッサージを1ヶ月間行ない、マッサージを行う前とは比較にならないほど健康になったので、中高年の方を中心に大反響となったようです。
 
 
美容と健康に関する効果が高いということで、昨年後半に入ってから、「ふくらはぎマッサージ」、「ふくらはぎダイエット」、「ふくらはぎ健康法」といった言葉を耳にすることが以前よりも多くなりました。

» 記事の続きを読む

1日1分で50分のウォーキング以上の運動効果!下半身の脂肪をスッキリ落として運動不足を解消!

 
32782017401ht.png

 
 
■ あなたはメタボ対策をしてますか!?
 
 
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に該当する人たちが約960万人います。予備軍が980万人もいるので、この2つを合わせると1940万人です。
 
 
恐ろしいことに人口の6分の1が生活習慣病を発症する危険性にさらされているわけです。メタボリックシンドロームの大きな原因を占めるのが極度の運動不足です。
 
 
特に地方の方は通勤が車の場合、仕事の関係で職場で一日座りっぱなしだと、職場と自宅内を動き回るくらいしか体を動かしません。
 
 
 
 
322_2016030922163314d.png
 
 
 
『 ハードな運動は習慣化するのが難しい 』
 
 
ウォーキングなどの適度な運動は刺激がないので見向きもせず、激しいジムワークを好む傾向が強いですが、大抵挫折します。辛い運動は余程精神力がない限り、長く続けることは難しいので、結果的に挫折することになります。
 
 
そこで今回オススメしたいのが「バックランジ」というエクセサイズです。名前だけ聞くと軍隊か何かのトレーニングのようで肉体的にきつそうですよね。

» 記事の続きを読む

腸内環境を良くする9つの食品の健康効果が凄い!腸内の善玉菌を増やして代謝、免疫力、脂肪燃焼効率をアップ!

 
 
232420180205ht.png
 
 
 
■ 悪玉菌の増殖度は恐ろしいほど速かった?
 
 
今回は腸内細菌についてなんですが、最近ようやく腸内細菌の重要性が色々なメディアで取り上げられるようになりました。腸内細菌は人間の心と体の健康を保つうえで非常に重要な役割を担っています。
 
 
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(どっちつかずの状態)が存在し、善玉菌が急に減りすぎたり、悪玉菌が増えすぎると様々な体調不良を引き起こします。ですので、腸内細菌はバランスが非常に重要になります。
 
 
 
 
2020171105ht.png
 
 
 
『 悪玉菌が増える = 腸内環境悪化? 』
 
 
肥満の人は、このバランスが著しく悪いため、太りやすい体質になってしまうわけですが、この状態をさらに放置してしまうと、悪玉菌が勢いを増して繁殖してしまいます。
 
 
そうなると、肝臓がんをはじめ、がんを発症させてしまうリスクが高まってしまうことが最近の研究結果によって明らかになっていますが、しかし、だからといって悪玉菌だけを減らしても健康を維持できません。バランスが重要なんです。
 
 
 
 
 
3538920161122.png
 
 
 
『 腸内細菌の役割とは? 』
 
 
腸内細菌の主な役割は以下の通りとなっています。
 
 
●アミノ酸やビタミンなどの栄養素を作る
 
●免疫機能を正常に作動させるスイッチ
 
●消化管内の働きを守る
 
 
 
3518920161122.png
 
 

善玉菌の役割とは?
 
・美容や健康に欠かすことができないビタミン類を生成する(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK)
・免疫力を高めて傷や病気の治りを早くする
・がんなどの病気の予防
・老化を防止する
・コレステロール値を下げる
・悪玉菌が増える(悪さする)のを抑える
 
 
 
悪玉菌の役割とは?
 
・腸内を腐らせる
・おならを発生させる
・発がん物質など有害物質を作り出す
・肝臓などの内臓器官に負担をかける
 

 
 
いかに腸内細菌が重要かおわかり頂けたかと思います。ということで、今回は過去50年間に渡る腸内最近の研究結果を大変分かりやすくまとめている Yu Suzuki さんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

血液型別病気リスクとは?血液型によって発症しやすい病気を発症したさいの注意点とは?血液をきれいにして病気を予防!

 
28340170201hd.png
 
 
 
■ 血液型によってなりやすい病気がある!?
 
 
我々日本人は、血液型診断や血液型占いが好きですよね。欧米(特にユーロ圏の人)では信憑性が低いということで、こうした血液型診断なるものを信じている人が少ないです。しかし、血液型別で発症しやすい病気、発症しにくい病気があるということに関しては、並々ならぬ関心を示していました。
 
 
国立遺伝学研究所が発表した論文によりますと、世界最古の血液型はA型なんだそうです。地域によって各血液型の人口比率にばらつきがあるのは、それぞれの血液型が誕生するまでにタイムラグがあるからかもしれません。
 
 
ちなみに私はA型なんですが、A型は日本人の約4割を占めています。また、A型は一番免疫力が弱いので、一番病気になりやすいとされています。日本における死亡原因のトップは、ご存知のとおり「がん」です。
 
 
 
25640170201hd.png
 
 
 
『 血液をきれいな状態に保つことが大切 』
 
 
統計によるデータはありませんが、もしかしたらガン患者の間で最も多い血液型はA型なのかもしれません。ちなみに生涯でがんに罹患する確率は、男性63%、女性47%となっていますので、すでにがんは2人に1人が発症している時代に突入しています。
 
 
病気の原因の約9割が血液の状態によるものとされているくらい、健康を維持するためにも血液を良い状態に保つことが大切なんですが、簡単そうで難しいですよね。
 
 
ということで今回は血液型別かかりやすい病気となりにくい病気について分かりやすく解説しているBUIさんの記事と健康を維持するうえで血液をきれいにすることの大切さを説く斎藤一人さんの動画をご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む

 タグ

仙骨をゆるめて万病のもと「骨盤の歪み」を整えて免疫力強化!頭痛、肩こり、腰痛、便秘、ぽっこりお腹の予防に効く!

 
1620180810hm_2018082411123865d.png
 
 
 
■ 骨盤が歪むと引き起こされる病気や症状とは?
 
 
今回のテーマは、「骨盤の歪みを整える方法」です。骨盤の歪みや骨盤が後傾することによって下腿の筋肉が硬くなってしまうケースが女性を中心に多く見受けられます。骨盤が歪んでしまうと以下の症状が引き起こされてしまい、そのまま放置すると健康リスクが高まります。
 
 

(1)代謝が落ちる(体質的に太りやすくなる)
 
(2)ぽっこり下腹
 
(3)便秘
 
(4)肩こり

(5)腰痛
 
(6)筋力の低下
 
(7)ホルモンバランスの乱れ
 
(8)血液やリンパの流れが悪化

 
 
120170106.png
 
 
 
『 骨盤の歪みを予防・改善するには!? 』
 
 
ちなみに骨盤は、寛骨(かんこつ)という骨があって、真ん中に「仙骨」、その仙骨に続いて「尾骨」があり、また、寛骨は、「腸骨」「恥骨」「坐骨」の三つから成り立っています。
 
 
骨盤が歪んでしまうと女性特有の体調不良が生じやすくなるので、骨盤をつねに整えて健康リスクを抑える必要があります。骨盤を整える方法はいくつかありますが、自分で出来る手段の一つとして最適なのがストレッチです。
 
 
ストレッチを習慣的に行うことによって、歪みが慢性化することを防ぐことができますし、ちょっとした体の異変にもすぐに気づけるようになるので、健康管理がより簡単になります。
 
 
 
1020170106.png
 
 
 
『 ストレッチを習慣化して骨盤の歪みを改善しましょう! 』
 
 
ということで、今回は整体 姿勢屋の院長・堀口先生自ら実演する仙骨をゆるめて骨盤の歪みを整えるストレッチをご紹介させていただきます。すでに骨盤が歪んでしまっている人だけでなく、歪みを予防する上でも最適なストレッチですので、是非実践してみてください。
 
 
(注意)このストレッチは仙骨をゆるめるので、妊娠中の方は非常に危険なので絶対に行わないでください。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます