体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:体の痛み不調の原因

体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
    ■ 今回のテーマは「脳卒中の予防」 今回は、著書「脳卒中で死にたくなければアゴを押しなさい」(著者:森昭、森光恵、出版:マガジンハウス)から、なぜアゴを押すことで「脳卒中を予防することができるのか」、についてまとめさせていただきました。  Amazonでこの本を購入する >>   脳卒中の主な原因は動脈硬化ですが、動脈硬化のリスク要因はたばこ、高血圧、肥満、糖尿病、高脂血症などと言われています。 ...

記事を読む

体の痛み不調の原因
 【引用】 wikiHow    ■ 愛のある言葉でオキシトシンの分泌量がアップ 人を好きになるドキドキ感は、いくつになってもかけがえのないものですが、できるだけ良い関係を保つためにも、愛のある言葉を掛け合うことが大切です。ちなみに愛のある言葉をかけあうだけで体温がアップします。  後述しますが、これがとてつもない健康効果が得られるんです。愛のある言葉といっても別に難しく考える必要は一切ありません。ただ「愛...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ くも膜下出血とは? 今回は「くも膜下出血」がテーマです。くも膜下出血は、「脳卒中」の一つで、「脳梗塞」、「脳出血」の次に多いとされています。  統計以来くも膜下出血を発症する人達が増え続けているのですが、発症する約7割が女性とされており、毎年30000人以上の方がくも膜下出血によって命を落としています。    『 くも膜下出血はある日突然起こります! 』 ある日突然起こるので、周囲の人た...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 体にやさしい寝方にするメリットとは? 体に痛みがあると、思うように寝れなかったり、寝ている間に寝返りを打って、強い痛みで目がさめてしまう、といったことを誰もが一度は経験されたことがあるかと思います。そうなると神経が痛みに集中して意識してしまうので、思うように寝れません。  睡眠不足になると疲れが取れにくくなってしまいます。そうすると翌日の仕事や学業に支障をきたしてしまうことになるので、...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 大腸がんは男女ともに死亡原因の上位に! ここ日本でも食の欧米化が依然として進んでいることから、大腸がんを患う人が年々右肩上がりで増えています。  男女ともに大腸がんはガン全体の上位(男性は3位、女性は1位)にあります。  私個人的に大好きだった俳優の今井雅之さんも大腸がんを患い、壮絶な闘病生活の末、2015年5月28日に52歳という若さで亡くなりました。  今井さんは、亡くなる前年の後...

記事を読む

脳卒中で死にたくなければアゴを押しなさい!唾液の量を増やして動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、がんの予防に


press_the_chin_2.jpg
 
 
 
 

■ 今回のテーマは「脳卒中の予防」


 
今回は、著書「脳卒中で死にたくなければアゴを押しなさい」(著者:森昭、森光恵、出版:マガジンハウス)から、なぜアゴを押すことで「脳卒中を予防することができるのか」、についてまとめさせていただきました。
 
 
Amazonでこの本を購入する >>
 
 
 
脳卒中の主な原因は動脈硬化ですが、動脈硬化のリスク要因はたばこ、高血圧、肥満、糖尿病、高脂血症などと言われています。
 
 
動脈硬化を予防するために適度な運動、健康によいた食事(塩分を控えるなど)、質のン高い睡眠、アルコールを控えることが大切と言われてきましたが、筆者の森先生いわく唾液の量を増やすことが最も重要と主張されています。

» 記事の続きを読む

人を好きになるドキドキ感が愛情ホルモン「オキシトシン」の分泌量をアップ!ストレスを抑制して多幸感をアップ!


hug_1.jpg
 
【引用】 wikiHow
 
 
 

■ 愛のある言葉でオキシトシンの分泌量がアップ


 
人を好きになるドキドキ感は、いくつになってもかけがえのないものですが、できるだけ良い関係を保つためにも、愛のある言葉を掛け合うことが大切です。ちなみに愛のある言葉をかけあうだけで体温がアップします。
 
 
後述しますが、これがとてつもない健康効果が得られるんです。愛のある言葉といっても別に難しく考える必要は一切ありません。ただ「愛してる」というだけでOkなんです。


この言葉には人を思いやるすべてが含まれています。しかも愛情ホルモン「オキシトシン」の分泌量がアップし、言う方も言われる方も幸せな気分になります。
 
 
オキシトシンは、幸せホルモンとも言われていて、以下の効果が期待できます。
 
 

・幸福感が得られる

・自律神経のバランスを整える

・ストレスや不安が和らぐ

・免疫力アップ

・胃腸など内臓のコンディションアップ

・便秘や肩こりの改善

・他人に対する信頼感が増し、共感力が高まる

・心が安定して集中しやすくなる為記憶力・学習効果が高まる

 
 
 
 

『 愛のある言葉をかけると体温が上昇して代謝と免疫力がアップ! 』


 
過去に愛を言葉として伝えることによって、どのような変化が人体に起こるのか実際に実験が行なわれました。
 
 
その結果、愛の言葉を伝えられた被験者の体温は平均約0.8℃上昇したようです。「なんだそれだけ...」と思われるかもしれませんが、体温を1度あげると基礎代謝が約12%前後上昇し、同時に免疫力が高まるので、心と体の健康に良い効果をもたらします。
 
 
なぜこのようなことが起こるのかというと、愛の言葉をかけることによって「副交感神経」が活性化するため、その結果として体温が上昇し、しかもリラックスした状態になります。相手に安心感を与えられるので、そうなるのも無理ありませんね。

» 記事の続きを読む

くも膜下出血は発症すると約30%の人が死亡する怖い病気!くも膜下出血を早期発見するには!?

 
subarachnoid_hemorrhage_1.jpg
 
 
 
 

■ くも膜下出血とは?


 
今回は「くも膜下出血」がテーマです。くも膜下出血は、「脳卒中」の一つで、「脳梗塞」、「脳出血」の次に多いとされています。
 
 
統計以来くも膜下出血を発症する人達が増え続けているのですが、発症する約7割が女性とされており、毎年30000人以上の方がくも膜下出血によって命を落としています。
 
 
 
 

『 くも膜下出血はある日突然起こります! 』


 
ある日突然起こるので、周囲の人たちはパニックに陥ります。もし目の前で発作が起こったらすぐに救急車を呼ばなければなりません。命を取り止めるために一分一秒を争います。
 
 
ですので、冷静に対応するためにも、正しい知識がどうしても必要です。今回はくも膜下出血の原因と症状、予防法について解説させていただきます。

» 記事の続きを読む

辛い症状を抑える体にやさしい寝方8選!背中や腰の痛み、副鼻腔炎、月経前症候群、高血圧、頭痛の症状の緩和に役立つ

 
how_to_sleep_1.jpg
 
 
 
 

■ 体にやさしい寝方にするメリットとは?


 
体に痛みがあると、思うように寝れなかったり、寝ている間に寝返りを打って、強い痛みで目がさめてしまう、といったことを誰もが一度は経験されたことがあるかと思います。そうなると神経が痛みに集中して意識してしまうので、思うように寝れません。
 
 
睡眠不足になると疲れが取れにくくなってしまいます。そうすると翌日の仕事や学業に支障をきたしてしまうことになるので、できるだけ睡眠中は、体に負担がかからないように工夫をこらして、眠りやすい状態にしなければなりません。
 
 
そこで今回は、枕とタオル(小さくまるめたもの)を使った楽な寝方をご紹介させていただきます。


それぞれの症状にあわせて寝ていただくだけで、自然と体が楽になります。(人によって合わない場合もありますので、効果が見られない場合はすぐに中止してください)

» 記事の続きを読む

大腸がんの見逃してはならない9つの症状!大腸がんの発症を抑える安全な予防法とは!?大腸がんを早期発見するには?

 
colorectal_cancer_01201.jpg
 
 
 
 

■ 大腸がんは男女ともに死亡原因の上位に!


 
ここ日本でも食の欧米化が依然として進んでいることから、大腸がんを患う人が年々右肩上がりで増えています。
 
 
男女ともに大腸がんはガン全体の上位(男性は3位、女性は1位)にあります。
 
 
私個人的に大好きだった俳優の今井雅之さんも大腸がんを患い、壮絶な闘病生活の末、2015年5月28日に52歳という若さで亡くなりました。
 
 
今井さんは、亡くなる前年の後半に入って突然体調不良に見舞われたようです。
 
 
しかし、かかりつけの病院では検査設備に乏しいため、今井さんは忙しい合間を塗って色々な医療機関を渡り歩くこととなり、その結果として大腸がんの発見が大幅に遅れてしまったのだとか。
 
 
 
 
 

■ レントゲン検査だけでは不十分?


 
レントゲン検査だけでは、見落とされてしまう可能性が高いとされていますが、進行がんですら見落とされてしまうケースが少なくないだけに、最近はMRIによる検査に注目が集まっています。
 
 
すでにMRI健診を行っている医療機関が増えていますが、病院によって独自の検査技術を確立しているところも多いので、どうしても病院によって検査の過程や結果に差がでます。
 
 
 
 
 

■ 急激に増え続ける大腸がん!


 
日本人でがん死亡率が増え続けているのは、肺がんと大腸がんです。
 
 
食の欧米化が急激に進んだ1980年頃に比べて男性で3.1倍、女性で2.8倍。
 
 
2010年には約4万5000人も大腸がんで命を落としています。
 
 
大腸がんの発症リスクとして重要なのが「加齢」と「糖尿病」です。
 
 
特に糖尿病は、糖尿病でない人と比べて肝臓がんの発症リスクが1.97倍、膵臓がんの発症リスクが1.85倍、大腸がんの発症リスクが1.4倍となっています。
 
 
 
 
 

■ 便秘を放置してはいけいない!?


 
日本では1億2千万あまりの人口のうち、約700万人が辛い便秘の症状に苦しめられています。
 
 
便秘が続くと「宿便」という症状にたどり着くわけですが、その状態を放置すると、腹痛、肌荒れ、体臭、口臭といった症状を発症しやすくなります。
 
 
また、さらに放置してしまうと、腸内環境が致命的なまでに悪化してしまうので、いぼ痔、腸閉塞、さらには大腸がんを発症するリスクがより高まります。
 
 
腸内観葉を良い状態にして、便秘を解消しましょう。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます