体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:体の痛み不調の原因

体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
      ■ 爪もみ療法とは!?  爪もみ療法というと、素人では到底できない、難しい治療法に思えるかもしれませんが、本当にだれでも簡単にできて優れた健康効果が期待できる最強の「セルフケア」です。  テレビをみながら、お風呂にはいりながら、といった具合にスキマ時間を利用して手軽にできるのも「爪もみ療法」の大きな魅力です。しかし、どうせやるなら呼吸にも こだわってみましょう。  爪もみ療法は、図にある...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ インフルエンザに感染したら無理しない!  すでに風邪やインフルエンザ、ノロウイルスといった感染症が流行する時期に入ったわけですが、今年は例年以上に寒暖差が激しい日が続いていますので、免疫力が低下しやすいことから一層油断はできません。  インフルエンザの症状は風邪ににていますが、無理をして症状を悪化させてしまうと風邪をこじらした程度ではすまないので、無理をせずに休息を取ることが大切です...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ ついに大腸がんがガンの死亡原因のトップに!  日本人の死亡原因のトップはご存知のとおりガンですが、これまでガンといえば胃がんや肺ガンだったのですが、2015年度のがん統計予測で、ついに「大腸がん」が第一位となりました。女性や高齢者を中心に大腸がん羅患するケースが増えています。  2015年に俳優の今井雅之さんが「大腸がん」であることを公表したさいに行なわれた記者会見でのやつれた姿を見て...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 体調不良の原因は背骨の歪みだった?  背骨は我々人間とって最も重要な骨の一つです。背骨は単に頭を支えるだけでなく、全身を支えているので、様々な動作に背骨がかかわっているため、背骨が歪んでしまうと様々な動作が制限されてしまいます。  また、背骨の構造は心臓や肺を含む重要な器官の大半を保護している「胸郭(きようこう)」につながっています。そして、背骨は脳と体をつなぐ神経の束である脊髄を保護...

記事を読む

体の痛み不調の原因
      ■ 自律神経失調症の治療に光明  自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、この二つの自律神経のバランスが悪くなってしまうと、心と体に様々な不調が生じます。これが「自律神経失調症」のメカニズムの基本です。  また、自律神経失調症は男性よりも女性に多くみられる病気で、免疫力が低下しやすい冬は注意しなければなりません。気温や気候などの急激な変化は、大きな身体的ストレスになるからです。  ...

記事を読む

爪もみで自律神経を整えて血流を改善!不眠、肩こり、動悸、更年期障害、認知症、高血圧、脳梗塞、うつ病の予防に利く!

 
 
527090171222ht.png
 
 
 
 
■ 爪もみ療法とは!?
 
 
爪もみ療法というと、素人では到底できない、難しい治療法に思えるかもしれませんが、本当にだれでも簡単にできて優れた健康効果が期待できる最強の「セルフケア」です。
 
 
テレビをみながら、お風呂にはいりながら、といった具合にスキマ時間を利用して手軽にできるのも「爪もみ療法」の大きな魅力です。しかし、どうせやるなら呼吸にも こだわってみましょう。
 
 
爪もみ療法は、図にある各指の両角のツボを親指と人差指ではさみながら押します。そして、吸う時間の3~5倍程度の時間を掛けてゆっくりと静かに息を吐きながら爪をもむのがポイントです。
 
 
 
 
63340161004.png
 
 
 
『 深呼吸で自律神経のバランスが整う! 』
 
 
深呼吸をすることによって、吸う息は「交感神経」を、また、吐く息は「副交感神経」を刺激しますので、この二つの自律神経のバランスが整います。そして、爪のもみ方についてですが、押し続けてもリズミカルに押してもOKです。
 
 
動画で実演していますので、ぜひこちらのやり方を参考にしていたただき、最強の健康法「爪もみ健康法」を日常生活に取り入れてみてください。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

もしインフルエンザにかかったら食事はどうすればいいの?免疫力をアップしてインフルエンザウィルスを撃退する食事とは?

 
 
162401801018ht.png
 
 
 
 
■ インフルエンザに感染したら無理しない!
 
 
すでに風邪やインフルエンザ、ノロウイルスといった感染症が流行する時期に入ったわけですが、今年は例年以上に寒暖差が激しい日が続いていますので、免疫力が低下しやすいことから一層油断はできません。
 
 
インフルエンザの症状は風邪ににていますが、無理をして症状を悪化させてしまうと風邪をこじらした程度ではすまないので、無理をせずに休息を取ることが大切です。最近ではデレビのキャスターもインフルエンザに感染すると最低3日は番組出演を休んでいます。
 
 
殘念なことに風邪程度で会社を休むのを日本の社会では依然として「悪」とする向きが強いですよね。38℃も熱があるのに無理して出勤する人が諸外国では考えられないほど多いです。しかし、職場の人たちにうつさないためにも身体を休めなければなりません。
 
 
 
153401801017ht.png
 
 
『 腸の働きを改善する食事が理想 』
 
 
そのさいに問題となるのが食事ですよね。「腸の働き」を考慮して適切な食事を取らなければなりません。というのも免疫細胞の約60%は腸に存在するため、免疫力を高めるためにも食事は大切です。
 
 
しかし、だからといって何でも好きなものを食べればいいというわけにはいきません。また、免疫力を回復してくれるものとなると、かなり限られています。
 
 
今回のDoctors Meさんの記事はインフルエンザに感染してしまった場合の食事の取り方と具体的にどういったものを食べればよいか分かりやすく解説しています。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

ついに大腸がんがガンの死亡原因のトップに!なぜ大腸がんのサインを見逃してしまうのか?

 
 
531090171222ht.png

 
 
 
■ ついに大腸がんがガンの死亡原因のトップに!
 
 
日本人の死亡原因のトップはご存知のとおりガンですが、これまでガンといえば胃がんや肺ガンだったのですが、2015年度のがん統計予測で、ついに「大腸がん」が第一位となりました。女性や高齢者を中心に大腸がん羅患するケースが増えています。
 
 
2015年に俳優の今井雅之さんが「大腸がん」であることを公表したさいに行なわれた記者会見でのやつれた姿を見て衝撃を受けられた方も多いと思います。
 
 
 
 
552090171222ht.png
 
 
 
『 大腸がんは初期症状がほとんどないから怖い 』
 
 
大腸がんが怖いのは、初期症状がほとんどありません。ですので、早期発見が難しいとされています。ちなみに主な症状としては、血便、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、おなかが張る、腹痛、貧血、原因不明の体重減少などです。
 
 
そして、痛みなどの症状が出てきたころにはかなり進行しているので、早期発見するためにも40歳を過ぎたら定期的に検診を受けられることをオススメします。
 
 
もちろん検診を受けるだけではだめです。大腸がんは加齢とともに罹患リスクが高くなりますので、30代後半に入ったら早い段階で大腸がんの予防(生活習慣の見直し・改善)に取り組んだ方が良いでしょう。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

1日1分足を伸ばして背骨の歪みと血流を改善!肩こり、腰痛、生理不順、むくみ、下半身太りなどの予防に利く!

 
 
11920180310ht.png
 
 
 
■ 体調不良の原因は背骨の歪みだった?
 
 
背骨は我々人間とって最も重要な骨の一つです。背骨は単に頭を支えるだけでなく、全身を支えているので、様々な動作に背骨がかかわっているため、背骨が歪んでしまうと様々な動作が制限されてしまいます。
 
 
また、背骨の構造は心臓や肺を含む重要な器官の大半を保護している「胸郭(きようこう)」につながっています。そして、背骨は脳と体をつなぐ神経の束である脊髄を保護している関係から、背骨が歪むと全身の骨のゆがみ、痛み、しびれ、むくみといった症状を引き起こす原因となります。
 
 
そして、さらに症状が悪化してしまうと内臓にまで影響を及ぼします。ちなみに背骨が歪んでしまうことによって最も影響を受けるのが「腰椎」です。この腰椎がゆがむと腰痛、脚のしびれ、 足先のしびれなどの症状が起こります。
 
 
 
 
31760170301ht.png
 
 
 
『 放置すると症状がさらに悪化! 』
 
 
これらの症状が悪化すると、歩行困難になったり、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアになる可能性があるだけに注意が必要です。それだけではありません!、代謝が落ちて脂肪がつきやすくなると下半身太りになりやすく、また、内臓機能の働きも悪化します。
 
 
スマホの長時間利用やデスクワークで長時間座りっぱなしの方は背骨が歪みやすいので、是非今回ご紹介させていたただくエクセサイズ「仰向けの足の親指をつかむポーズ」を行って、背骨の歪みを調整してください。
 
 
しかも1に1分から2分程度でOKなので、忙しい方にぴったりです。本来は足の親指を手でつかむヨガポーズなんですが、ご自宅にあるベルトやタオルなどを使って行ってください。また、いきなりやると強い痛みが生じる可能性があります。慣れるまでは、ゆっくり出来る範囲内で行ってください。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

背骨をねじるだけで自律神経失調症を改善できる!背骨ねじりは「腰痛」「肩こり」「頭痛」「胃痛」にも効くセルフケア!

 
 
3024420161220l.png
 
 
 
 
■ 自律神経失調症の治療に光明
 
 
自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、この二つの自律神経のバランスが悪くなってしまうと、心と体に様々な不調が生じます。これが「自律神経失調症」のメカニズムの基本です。
 
 
また、自律神経失調症は男性よりも女性に多くみられる病気で、免疫力が低下しやすい冬は注意しなければなりません。気温や気候などの急激な変化は、大きな身体的ストレスになるからです。
 
 
ですので、季節の変わり目には自律神経失調症が起こりやすいといわれています。しかし、現時点でも自律神経失調症の決定打となる原因が明らかになっていないので、自律神経失調症を放置してしまうのは大変危険です。
 
 
 
 
3044420161220l.png
 
 
 
■ 自律神経失調症を治療する「ウォールツイスト」とは!?
 
 
その一方で自律神経失調症の予防方法や改善方法沢山ありますが、個人的には「腸活」が一番自律神経を整える効果が高い健康法だと思っていました。しかし、腸活でさえも万能というわけにはいきません。
 
 
そこで色々と調べたところ、今回ご紹介させていただく、背骨を動かしながら自律神経失調症を治療する「ウォールツイスト」にたどり着きました。背骨をねじって簡単な呼吸法を行うだけなのですが、しっかり自律神経を整えてくれます。
 
 
ということで今回は、自律神経失調症についてと、その改善方法(背骨ねじり)について分かりやすく解説している、HEALTH PRESSさんの記事とエクセサイズ動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます