体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧


カテゴリ:体の痛み不調の原因

体の痛み不調の原因のカテゴリ記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
      ■ 健康は足で決まる!?  意外に思われるかもしれませんが、足は血液を運ぶポンプとしての役割があるため「第二の心臓」と呼ばれています。実は心臓だけでは体全体に血液を行き渡らせることができません。足を動かすことによって初めて可能になります。  ですので、足は我々人間が生きていくうえで非常に大切な役割をいくつも抱えていることになります。そんな大切な足の状態が良くなければ当然健康が阻害されてし...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    ■ 運動不足は万病の元だった...  長時間に渡って座りっぱなしの状態が続くことで、代謝機能や血液の流れが次第に悪化します。そのまま放置してしまうと深刻な病気を引き起こすリスクがあるので、職場でも意識して立ったり歩いたりすることが大切です。  加齢が進むにつれて筋肉量が低下するので、余計に運動不足による健康被害が深刻化します。そこでオススメしたいのが「ウォーキング」です。1日30分以上、週3回...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ スマホの長時間使用で「頸椎椎間板ヘルニア」が急増!?  スマホの長時間使用による健康被害が深刻化しています。ちなみに全世代でみたスマホの平均利用時間は1日122分で、世代別で一番長い時間スマホを使用しているのが、10代女子で平均200分だそうです。(MMD研究所による調査)  スマホ1台で日常生活の大半のことは済ませることができます。物凄く便利ですが、その代償として、頭痛、首や肩のコリや...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    ■ 朝食を抜くのはデメリットだらけ?  ほんの一昔前まではダイエットの一環として朝食を抜くことがもてはやされていましたが、最近では朝食をしっかり摂ることの重要性がより高まっています。朝、昼、晩の3食の中で最も重要なのが朝食とされているほどです。  朝食を抜くとたしかにダイエット効果はそれなりにありますが、それ以上にデメリットが多いです。朝食を抜くと血糖値が下がるので勉強や仕事のパフォーマンス...

記事を読む

体の痛み不調の原因
   ■ 今回のテーマは「脊柱管狭窄症のストレッチ」 今回は、著書「寝ながら1分! 脊柱管狭窄症を自分で治す本」(著者:白井天道、出版:SBクリエイティブ)から、二つの脊柱管狭窄症のストレッチ、その優れた健康効果についてまとめさせていただきました。  著者の白井天道先生は、鍼灸師・整体師として西住之江整体院の院長務め、これまで9万人以上の患者さんの施術を行っています。また、ユーチューバー(動画再生300...

記事を読む

足のツボ押しと貧乏ゆすりの健康効果が凄い!血流を改善して脳の活性化、ストレス抑制、股関節痛の予防・改善に!

 
 
16820171018ht.png
 
 
 
 
■ 健康は足で決まる!?
 
 
意外に思われるかもしれませんが、足は血液を運ぶポンプとしての役割があるため「第二の心臓」と呼ばれています。実は心臓だけでは体全体に血液を行き渡らせることができません。足を動かすことによって初めて可能になります。
 
 
ですので、足は我々人間が生きていくうえで非常に大切な役割をいくつも抱えていることになります。そんな大切な足の状態が良くなければ当然健康が阻害されてしまいます。
 
 
このため、足の状態をつねに良い状態に保つことが健康につながるわけですが、冬は足がむくみやすく、しかも寒いので動くことが何かと億劫になり、運動不足に陥りやすいことから、血行不良になりやすいので注意しなければなりません。
 
 
 
 
5570161213l.png
 
 
 
『 セルフケアで重症化を防ぐ! 』
 
むくみは腎臓や肝臓の状態が悪いと慢性的な症状として現れます。こうなると内科など専門医を受診しなければなりません。ですので、そうなる前に足をケアすることを習慣化することをオススメします。
 
 
今の季節でしたら、「お風呂」や「足湯」をしながら足をマッサージしてあげるだけでも全然違います。足をいたわることで美容と健康に関する得られるメリットは計り知れません。
 
 
ということで今回は健康の鏡である足の状態をチェックし、むくみなどの症状があれば、速やかに改善するための方法として、足のツボ押しと「貧乏ゆすりエクセサイズ」をご紹介させていただきます。(以前人気情報番組「サタデープラス」(毎日放送)で紹介された方法がベースになっています)

» 記事の続きを読む

ウォーキングの優れた健康効果5選!免疫機能を強化して老化、骨粗鬆症、高血圧、動脈硬化、がん、糖尿病の予防に利く!

 
17620170731ht.png
 
 
 
■ 運動不足は万病の元だった...
 
 
長時間に渡って座りっぱなしの状態が続くことで、代謝機能や血液の流れが次第に悪化します。そのまま放置してしまうと深刻な病気を引き起こすリスクがあるので、職場でも意識して立ったり歩いたりすることが大切です。
 
 
加齢が進むにつれて筋肉量が低下するので、余計に運動不足による健康被害が深刻化します。そこでオススメしたいのが「ウォーキング」です。1日30分以上、週3回以上行うのが健康を維持する上で理想とされています。
 
 
ちなみにハーバード・メディカル・スクールの研究チームは、1日30分以上の活発なウォーキングを習慣化することによって、以下の効果が得られると報告しています。やはりウォーキングは生活習慣を改善するうえで欠かすことができない最強エクセサイズです。

» 記事の続きを読む

スマホの長時間使用で「頸椎椎間板ヘルニア」が急増!頸椎予防ストレッチで頸椎をほぐせば身体の不調に効く!

 
 
13372017401ht.png
 
 
 
■ スマホの長時間使用で「頸椎椎間板ヘルニア」が急増!?
 
 
スマホの長時間使用による健康被害が深刻化しています。ちなみに全世代でみたスマホの平均利用時間は1日122分で、世代別で一番長い時間スマホを使用しているのが、10代女子で平均200分だそうです。(MMD研究所による調査)
 
 
スマホ1台で日常生活の大半のことは済ませることができます。物凄く便利ですが、その代償として、頭痛、首や肩のコリや痛み、眼精疲労、不眠、めまい、耳鳴りといった様々な身体の不調に悩まされている方が増えています。
 
 
どうしても、首を前に出したり、同じ姿勢が続いたりする事で、負担がかかります。そのまま放置してしまうと「頸椎椎間板ヘルニア」を発症する危険性がありますので、日常的に姿勢には十分注意する必要があります。
 
 
 
 
194401801018ht.png
 
 
 
『スマホの利用で一番負担がかかるのは首!』
 
 
ちなみにスマホを利用するさいに一番身体の中で負担がかかるのは「首」です。首は身体にとって単に頭を支えるだけでなく、神経や内臓の働きにも大きく影響するので、注意が必要です。
 
 
例えば高血圧、自律神経失調症、うつ病、甲状腺、肌荒れといった症状が首に関連しています。首のゆがみを治したことによって長期間に渡って苦しめられていた慢性の偏頭痛が治ったり、その他にも様々な症状が改善されたりします。
 
 
また、頚椎とその周辺の筋肉をほぐすストレッチを行うことによって、頸椎椎間板ヘルニアの予防にもなりますし、上述した様々な身体の不調を予防・改善する効果も期待できますので、是非今回ご紹介させていただくストレッチを取り入れてみてください。

» 記事の続きを読む

やっぱり朝食も和食が最高!がんを引き起こす可能性のある出来れば避けたい5つの朝食メニューとは!?

 
436_20160616185458e92.png
 
 
 
■ 朝食を抜くのはデメリットだらけ?
 
 
ほんの一昔前まではダイエットの一環として朝食を抜くことがもてはやされていましたが、最近では朝食をしっかり摂ることの重要性がより高まっています。朝、昼、晩の3食の中で最も重要なのが朝食とされているほどです。
 
 
朝食を抜くとたしかにダイエット効果はそれなりにありますが、それ以上にデメリットが多いです。朝食を抜くと血糖値が下がるので勉強や仕事のパフォーマンスが著しく低下します。
 
 
一時的に体重は減っても、栄養バランスが偏ると徐々に肥満化していきます。また、動脈硬化や脳卒中などの生活習慣病リスクが高まりますので、朝食を抜いていいことはほとんどありません。
 
 
 
 
 
4030171005ht.png
 
 
 
■ パンと牛乳が体を壊す!?
 
 
「パンと牛乳は今すぐやめなさい!」の著者・内山葉子先生は、パンは腸と脳をこわし、牛乳は骨と血管を弱くすることを指摘しています。また、乳ガン患者さんの特徴として「パンと牛乳」を好む傾向が強いのだとか。
 
 
乳がんを予防する上でも、これらは避けるべきと強く説いています。ちなみに牛乳とパンを控えるだけで、内臓脂肪が激減し、アトピー、鼻炎の症状が改善、子宮筋腫、卵巣嚢腫が縮小するなど健康にいいことだらけです。
 
 
しかも、朝食でパン食を好む人は、欧米人が好むおかず(カリカリベーコン、ハムエッグなど)を食べるので、余計に腸内環境を悪化させて免疫力を奪うので、美容と健康に関してはデメリットだらけです。
 
 
 
 
4120171005ht.png
 
 
 
『 朝食はパンよりもご飯の方がいい理由とは? 』
 
 
また、“脳トレ”でおなじみの東北大学教授・川島隆太氏がおこなった調査によれば、朝食がパンの子どもはご飯を食べている子どもよりも脳の発達がおくれやすいとのことです。しかも子どもの学年が上がるにつれて、パン派とご飯派の発達の差がどんどん広がるのだとか……!
 
 
健康のためにも脳の発育のためにも、朝食はパンよりもご飯のほうがオススメです。特に昔ながらのおかずらしいおかずがない朝食(みそ汁、お新香、納豆など)は、朝食メニューとして最高です。
 
 
しかし、「どうしてもパンじゃなきゃ!」という場合は、同じパンでも精製されていない全粉粒のものを選びましょう。全粉粒のパンは小麦粉のパンよりも栄養価が高く、食後の血糖値も上がりにくいといわれています。
 
 
 
 
36360170301ht.png
 
 
 
『 朝食は何でもいいというわけにはいかない!? 』
 
 
それほど朝食は重要なのですが、だからといってお腹を満たせれば何でもいいというわけにはいきません。残念ながら和食以外の朝食定番メニューの中には健康によくないものがかなり含まれています。
 
 
ということで、今回は「がんリスク」が高い朝食メニューについて解説させていただいたまとめと、自力でガンを治す方法を解説した宗像久男先生の動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 タグ
None

寝ながら1分! 脊柱管狭窄症を自分で治す本!脊柱管狭窄症のストレッチで辛い痛みにさようなら!


10620200715.png
 
 
 

■ 今回のテーマは「脊柱管狭窄症のストレッチ」


 
今回は、著書「寝ながら1分! 脊柱管狭窄症を自分で治す本」(著者:白井天道、出版:SBクリエイティブ)から、二つの脊柱管狭窄症のストレッチ、その優れた健康効果についてまとめさせていただきました。
 
 
著者の白井天道先生は、鍼灸師・整体師として西住之江整体院の院長務め、これまで9万人以上の患者さんの施術を行っています。また、ユーチューバー(動画再生300万回超!)としても活躍されています。
 
 
脊柱管狭窄症のストレッチは、寝たままの状態でできるので、運動嫌いの方でも問題なく出来ます。また、脊柱管狭窄症ではなくても、肩こりや腰痛の予防・改善にも効果が期待できるストレッチです。


» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます