stretch_the_back_of_the_knee_161.jpg
 
 
 
 

■ ふくらはぎは第二の心臓


 
血液の流れをスムーズに保つことによって、私たち人間は健康を維持することができます。
 
 
一般的に血液を運ぶのは心臓だと思われていますが、実は心臓だけでは全身に血液を送り出すことができないんです。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、人間の体の血液の約70%は、下半身に集まっていて、「ふくらはぎ」が、下半身に流れてきた血液を心臓へと送り出す第二ポンプのような役割を果たしています。
 
 
このためふくらはぎは「第二の心臓」といわれています。
 
 
ですので、ふくらはぎの筋肉を揉みほぐすと、血液の流れがスムーズになり、同時に代謝や免疫力も高まるので病気も快方に向かいます。
 
 
反対にふくらはぎの筋肉が固くなってしまうと血液の流れが悪化して様々な病気を引き起こす原因となります。
 
 
 
 
 
stretch_the_back_of_the_knee_162.jpg
 
 
 

■ ふくらはぎの筋肉が固くなるデメリットとは!?


 
ふくらはぎは、疲労が蓄積しやすいので、固くなりやすいことから、ストレッチやウォーキングなど適度な運動を習慣化する必要があります。
 
 
運動不足が長期間続いてしまい、ふくらはぎの筋肉が硬直してしまうと、老廃物がたまり、むくみやすく、疲れやすくなります。
 
 
それほどふくらはぎは重要なんです。ということで今回は数年前にベストセラーとなった本、5秒 ひざ裏のばしですべて解決 ― 壁ドン! 壁ピタ! ストレッチの内容の紹介とふくらはぎを伸ばすストレッチをご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む