275.png





■タンパク質が体内で増えすぎると?

肉類中心の食生活は様々な弊害をもたらします!。タンパク質を過剰摂取することとなり、タンパク質のかけらがルローなど不純物となって血の巡りを著しく悪化させます。


それだけではありません。胃の中に残った消化されないタンパク質の残骸が腐敗します。そうなれば腸の中は大変です。まず腸から異臭を放つことになります。


そして、便秘に苦しめられることになります。これが長期化することになると、栄養の吸収が著しく悪化することになり、免疫力も落ちるので疲れやすくなり、病気がちとなります。







» 記事の続きを読む