骨盤のタグ記事一覧


タグ:骨盤

骨盤のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

ストレッチ
     ■ 本当に長年苦しめられてきた腰の痛みを解消できるのか!? 今回のテーマは腰痛を解消する方法についてです。  また、今回ご紹介させていただくYoutube動画(一番下にあります)は、「腰痛」の痛みを劇的に緩和させる方法が非常に分かりやすい形で紹介されています。  腰痛で苦しんでている患者さんに実際にこのエクセサイズを行ってもらい、驚くほどすごい効果を発揮しています。    ■ 椅子に座って足を広げ...

記事を読む

ストレッチ
     ■ 腰痛に苦しめられている人が増えている! 今現在、日本国内では約2800万人もの方々腰痛に悩まされているとされていて、その数が依然として増えているようです。  4人に1人が腰痛を抱えているということで、腰痛は国民病といっても過言ではない状況にあります。  腰痛に苦しまれている方の多くが腰回りの筋肉が硬いです。  腰を動かすと痛いので、運動不足に陥り、さらに周辺の筋肉が硬くなって痛みが広が...

記事を読む

ストレッチ
     ■ 運動不足が深刻な社会問題に! 今現在「運動不足」が深刻な社会問題となっています。  運動しないと筋肉の質と量が低下し、血流も悪化するので、必然的に免疫力も低下することとなり、様々な体調不良を引き起こす原因となります。  特に注意していただきたいのが、「股関節周りの筋肉」です。  運動不足によって股関節周りの筋肉が硬くなってしまうと健康面で様々な悪影響を及ぼします。     ■ 股関節周り...

記事を読む

ストレッチ
     ■ 坐骨神経痛とは? 坐骨神経痛は、お尻から足の後ろ側にかけて生じる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことをさします。  ちなみに坐骨神経は腰から太股にある後大腿皮神経、膝部分の総腓骨神経、ふくらはぎにある脛骨神経などの大きな神経と足底神経などの小さな神経によって成り立ってます。  坐骨神経痛の原因として最も多いのが「椎間板ヘルニア」です。  脊椎腫瘍、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症な...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 姿勢が何より大切な理由とは!? 女性だけでなく、男性も体がゆがんでしまうと様々な病気を引き起こしてしまう原因になってしまいます。  例えば急に疲れやすくなったり、頭痛をはじめ体のいたるところが痛みだすケースが少なくありません。  そして、問題となるのは肉体面だけではありません。  心も次第に病みやすくなってしまうので、うつ病などを引き起こしてしまいますので、たかが姿勢と侮るのは大変危険...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

足を開いて閉じるだけで「腰痛」を予防・改善!腰回りの筋肉を柔らかくして骨盤の歪みを改善!辛い腰痛にさようなら!

 
stretch_01181.jpg
 
 
 
 

■ 本当に長年苦しめられてきた腰の痛みを解消できるのか!?


 
今回のテーマは腰痛を解消する方法についてです。
 
 
また、今回ご紹介させていただくYoutube動画(一番下にあります)は、「腰痛」の痛みを劇的に緩和させる方法が非常に分かりやすい形で紹介されています。
 
 
腰痛で苦しんでている患者さんに実際にこのエクセサイズを行ってもらい、驚くほどすごい効果を発揮しています。
 
 
 
 

■ 椅子に座って足を広げるだけ!


 
基本的にこちらのエクセサイズは椅子に座って同じ動作(足を水平に広げたり閉じたりする)を繰り返すだけです。
 
 
ですので、特別なスキルや運動能力は全くといっていいほど必要ありません。
 
 
だれでも出来るの動作ですから、年齢に関係なく実践することができます。
 
 
こちらのエクセサイズはテレビを見ながらでもできるので、スキマ時間を利用すれば無理なく習慣化することができます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

うつ伏せになって「腰をユラユラ動かす」だけで腰痛やギックリ腰の予防・改善に!腰に負担をかけずに腰回りをほぐす!




 
waist_stretch_01171.jpg
 
 
 
 

■ 腰痛に苦しめられている人が増えている!


 
今現在、日本国内では約2800万人もの方々腰痛に悩まされているとされていて、その数が依然として増えているようです。
 
 
4人に1人が腰痛を抱えているということで、腰痛は国民病といっても過言ではない状況にあります。
 
 
腰痛に苦しまれている方の多くが腰回りの筋肉が硬いです。
 
 
腰を動かすと痛いので、運動不足に陥り、さらに周辺の筋肉が硬くなって痛みが広がっていきます。
 
 
 
 
 

■ 腰回りの筋肉が柔らかくなるメリットについて


 
腰回りの筋肉が硬くなると、姿勢が悪くなったり、腰に負担がかかったりして、痛みや炎症を引き起こす可能性が高まるので注意が必要です。
 
 
腰回りの筋肉が柔らかくなると、腰の動きがスムーズになって血液やリンパの流れを良くし、痛みや炎症を抑える効果が期待できます。
 
 
また、腰回りの筋肉は、体幹を支える重要な役割を果たしているため、腰回りの筋肉が柔らかくなると、運動能力や日常生活の質が向上します。
 
 
体幹が強くて柔軟ならば、バランスや安定性が高まるので、しゃがんだり、立ち上がったり、物を持ち上げたりするときに、腰にかかる負荷を分散させることが無理なくできるんです。
 
 
日常生活での動作も楽になるので、腰の痛みによって抱えていたネガティブな感情から解放されます。
 
 
 
 
 

■ うつ伏せで腰をユラユラ動かすだけで腰痛が改善!


 
ということで、今回は腰痛の方のためのストレッチをご紹介させていただきます。
 
 
こちらのストレッチは、腰に負担をかけることなく、腰回りの硬くなってしまった筋肉を徐々に柔らかくすることで、つらい腰痛を解消していきます。
 
 
今回ご紹介させていただくストレッチのやり方は非常に簡単です。
 
 
基本的にうつぶせになって、マットレス、布団、ベットのうえでうつ伏せになった状態でゆっくりとおしりをユラユラ左右にふるだけです。
 
 
特別難しいことは一切ありません。誰にでも簡単にできるストレッチです。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

「股関節回し」のお腹引き締め効果が凄い!高橋克典さんも実践!ヒップアップ、肩こり、腰痛、猫背、尿漏れ予防にも!

 
hip_stretch_01141.jpg
 
 
 
 

■ 運動不足が深刻な社会問題に!


 
今現在「運動不足」が深刻な社会問題となっています。
 
 
運動しないと筋肉の質と量が低下し、血流も悪化するので、必然的に免疫力も低下することとなり、様々な体調不良を引き起こす原因となります。
 
 
特に注意していただきたいのが、「股関節周りの筋肉」です。
 
 
運動不足によって股関節周りの筋肉が硬くなってしまうと健康面で様々な悪影響を及ぼします。
 
 
 
 
 

■ 股関節周りの筋肉が硬くなるデメリットが怖い!


 
股関節まわりの筋肉が硬くなると、まず、股関節の可動域が制限されます。
 
 
ここでいう股関節の可動域とは、「股関節が自由に動かせる範囲」のことで、これが狭くなると、歩幅や走力が低下したり、柔軟性やバランス感覚が損なわれたりします。
 
 
また、股関節の可動域が制限されると、膝や腰に過度な負担がかかるので、その状態を放置すると膝や腰の痛みや炎症、変形性関節症などのリスクを高める原因となるので注意が必要です。
 
 
股関節まわりの筋肉が硬くなるデメリットはこれだけではありません。
 
 
先に述べたとおり血流やリンパ液の流れが悪くなります。
 
 
血流やリンパ液の流れは、筋肉や関節に栄養や酸素を運び、老廃物を排出する働きをしています。
 
 
しかし、股関節まわりの筋肉が硬くなると、これらの流れが妨げられ、免疫力を低下させるだけでなく、むくみや冷え性などの不快な症状を引き起こす可能性があるので厄介なんです。
 
 
 
 
 

■ 股関節周りの筋肉を柔らかくしよう!


 
股関節まわりの筋肉を柔らかく保つことによって、美容と健康に良い効果をもたらしてくれます。
 
 
しかし、毎日仕事や家事に忙しくてジムに通うのも大変ですよね。
 
 
どんなに優れたエクササイズを行っても、習慣化しなければ効果は得られません。
 
 
ですので、今回は自宅でも職場でも場所を選ばずに出来る「股関節回し(楽やせ体操)」をご紹介します。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

腰回りを柔らかくする5つのストレッチ!血流を改善して筋力をアップ!坐骨神経痛、老化による筋肉低下の予防に!

 
waist_stretch_01121.jpg
 
 
 
 

■ 坐骨神経痛とは?


 
坐骨神経痛は、お尻から足の後ろ側にかけて生じる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことをさします。
 
 
ちなみに坐骨神経は腰から太股にある後大腿皮神経、膝部分の総腓骨神経、ふくらはぎにある脛骨神経などの大きな神経と足底神経などの小さな神経によって成り立ってます。
 
 
坐骨神経痛の原因として最も多いのが「椎間板ヘルニア」です。
 
 
脊椎腫瘍、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症なども坐骨神経痛の原因とされています。
 
 
 
 
 
sciatica_01121.jpg
 
 
 

■ 坐骨神経痛になるのは中高年だけではない!?


 
20代から30代の若い世代においては「腰椎椎間板ヘルニア」「梨状筋症候群」が多く、高齢世代になると大半は「腰部脊柱管狭窄」と「腰椎椎間板ヘルニア」を原因として坐骨神経痛を引き起こします。
 
 
また、坐骨神経痛による痛みが腫瘍によって引き起こされているケースもあるので、病院でさえも診断するのは簡単なことではないようです。
 
 
特に梨状筋が坐骨神経痛を圧迫することで生じる「梨状筋症候群」は難しいとされています。
 
 
 
 
 

■ 坐骨神経痛に効くストレッチ5選


 
今回米国の健康情報サイト「Prevention」にて坐骨神経痛や腰痛予防などに良い効果をもたらすストレッチが5つほど紹介されていたので、こちらの方を動画と合わせてご紹介させていただきます。
 
 
これら5つのストレッチは坐骨神経痛の症状を緩和する効果があるとされています。
 
 
また、激しい運動をすることなく下半身の筋肉を強化することができるので下半身を強化しながら腰痛予防、老化に伴う筋力低下にも良い効果をもたらしてくれます。
 
 
筋肉量が増えることによって「血流」と「代謝」も改善されるので、ダイエット効果も期待できます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

体のゆがみは万病の元だった!骨盤の歪みと姿勢を改善する方法とは?血流とリンパを改善して様々な体調不良にさようなら!

 
body_strain_12171.jpg
 
 
 
 

■ 姿勢が何より大切な理由とは!?


 
女性だけでなく、男性も体がゆがんでしまうと様々な病気を引き起こしてしまう原因になってしまいます。
 
 
例えば急に疲れやすくなったり、頭痛をはじめ体のいたるところが痛みだすケースが少なくありません。
 
 
そして、問題となるのは肉体面だけではありません。
 
 
心も次第に病みやすくなってしまうので、うつ病などを引き起こしてしまいますので、たかが姿勢と侮るのは大変危険です。
 
 
下図にあるとおり、スマホを利用するさいの姿勢で体に大きな負担がかかります。
 
 
今日明日では骨盤に大きな変化はありませんが、時が経つにつれて歪んでいきます。
 
 
 
 
 

▼ 体の歪みは放置せずにエクセサイズで即解消!


 
もしゆがんでしまったら、真っ先に骨盤の歪みを解消することが先決です。
 
 
最近では自分で骨盤を矯正することが出来るグッズも幾つか発売されてますし、骨盤のゆがみをセルフチェックしたり、エクセサイズで解消する方法もいくつかあります。
 
 
ということで、今回は姿勢とゆがみについて分かりやすく解説しているPRESIDENT Onlineさんの記事と骨盤のゆがみをセルフチェックしてエクセサイズだけでゆがみを解消する方法を解説した動画をご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます