125.png





■腰部脊柱管狭窄症とは?


普段歩いているとき、足に酷いしびれや痛みが現れ少しの間、腰を曲げて休憩取ると、そのしびれや痛みが軽くなるということはありませんか?。


今回のテーマは、「腰部脊柱管狭窄症」についてです。腰部脊柱管狭窄症は、足や腰にしびれや痛みが起こり歩くことが困難になる「整形外科疾患」です。


腰部脊柱管狭窄症は高齢者に見られる疾患で、特に70歳以上の方に多く見られます。


危険なのは、ただの老化現象と捉えてしまい、そのまましばらく放置してしまいます。当然のことながら、治療を先延ばしすれば、症状がさらに悪化します。


例えば歩かなくても、家の中で座っていても突然足がしびれたり、足に何か張り付いているかのような違和感を感じたり、また人によっては腰痛がひどくなる方もいます




出典:「健康ぷらざ」

チャンネル登録はコチラ







» 記事の続きを読む