intestinal_environment.jpg

 
 
 

■ 悪玉菌の増殖度は恐ろしいほど速かった?


 
今回は腸内細菌についてなんですが、最近ようやく腸内細菌の重要性が色々なメディアで取り上げられるようになりました。腸内細菌は人間の心と体の健康を保つうえで非常に重要な役割を担っています。
 
 
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌(どっちつかずの状態)が存在し、善玉菌が急に減りすぎたり、悪玉菌が増えすぎると様々な体調不良を引き起こします。ですので、腸内細菌はバランスが非常に重要になります。
 
 
 
 

『 悪玉菌が増える = 腸内環境悪化? 』


 
肥満の人は、このバランスが著しく悪いため、太りやすい体質になってしまうわけですが、この状態をさらに放置してしまうと、悪玉菌が勢いを増して繁殖してしまいます。
 
 
そうなると、肝臓がんをはじめ、がんを発症させてしまうリスクが高まってしまうことが最近の研究結果によって明らかになっていますが、しかし、だからといって悪玉菌だけを減らしても健康を維持できません。バランスが重要なんです。
 
 
 
 
 
colon.jpg
 
 
 

『 腸内細菌の役割とは? 』


 
腸内細菌の主な役割は以下の通りとなっています。
 
 
●アミノ酸やビタミンなどの栄養素を作る
 
●免疫機能を正常に作動させるスイッチ
 
●消化管内の働きを守る
 
 
 
good_bacteria.jpg

 
 

善玉菌の役割とは?
 
・美容や健康に欠かすことができないビタミン類を生成する(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK)
・免疫力を高めて傷や病気の治りを早くする
・がんなどの病気の予防
・老化を防止する
・コレステロール値を下げる
・悪玉菌が増える(悪さする)のを抑える
 
 
 
悪玉菌の役割とは?
 
・腸内を腐らせる
・おならを発生させる
・発がん物質など有害物質を作り出す
・肝臓などの内臓器官に負担をかける
 

 
 
いかに腸内細菌が重要かおわかり頂けたかと思います。ということで、今回は過去50年間に渡る腸内最近の研究結果を大変分かりやすくまとめている Yu Suzuki さんの記事と動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む