認知症のタグ記事一覧


タグ:認知症

認知症のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

脳の働きについて
   あなたの脳は、あなたが思っている以上に若々しさを保つ可能性を秘めています。  最新の研究によれば、脳トレが脳の老化を止める最強の方法であることが明らかになってきました。  脳を鍛えることで、記憶力が向上し、認知機能が改善し、さらにはストレスを抑制することが可能になるのです。  この記事では、その驚くべき事実と、どのようにして脳トレを取り入れることができるのかについて詳しく解説します。  今回...

記事を読む

認知症予防と対策
     ■ 認知症を予防する対策が急務!? 少子高齢化が叫ばれだしたのが1990年代頭くらいでしょうか、その当時よりも今現在我々日本人の平均寿命が伸びているので、役人や政府が想定していた以上に65歳以上の高齢者の方が増えています。  長生きすることは素晴らしいことですが、問題となるのが加齢にともなう「認知症」です。  厚生労働省のデータによりますと、1995年には126万人だった65歳以上の方の高...

記事を読む

認知症予防と対策
     ■ アルツハイマー型認知症は認知症で最も多い認知症 意外に思われるかもしれませんが、アルツハイマー型認知症は、認知症の中で最も多く、男性よりも女性が圧倒的に多いのが特徴です。しかも、他の認知症がほぼ横ばい状態にありながら、アルツハイマー型認知症は依然として右肩上がりで増えています。  ちなみにアルツハイマー型認知症は、軽度、中度、高度の三段階に分かれていまして、高度アルツハイマー型認知症ま...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 運動不足=肥満=認知症!? 今回のテーマは「脳の老化」についてです。  最近認知症と肥満の関係を説く研究結果がさかんに発表されていますが、単に肥満というだけでなく、運動不足も大きな原因の一つであることが明らかになりました。  つまり、運動不足⇒肥満⇒脳の老化+生活習慣病となってしまうわけですが、脳の老化といってもいきなりアルツハイマーになってしまうわけではありません。  発症までの10年...

記事を読む

認知症予防と対策
     ■ 運動不足が脳老化を加速させる! 多くの人が脳は加齢が進むにつれて老化すると考えていますが、最新の研究によって、人間の脳はいくつになっても新しい細胞が生まれていることが明らかになっています。  脳を老化させてしまう原因として最も大きな割合を占めるのが「運動不足」です。運動不足によって体だけでなく脳も持久力が衰えてしまうので考える力も退化していきます。確かに頭だけで考えようとすると思考がワ...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

脳の老化を止める脳トレは最強の老化防止方法だった!?脳を鍛えると記憶力向上、認知機能改善、ストレスを抑制!

 
brain-aging.jpg
 
 
あなたの脳は、あなたが思っている以上に若々しさを保つ可能性を秘めています。
 
 
最新の研究によれば、脳トレが脳の老化を止める最強の方法であることが明らかになってきました。
 
 
脳を鍛えることで、記憶力が向上し、認知機能が改善し、さらにはストレスを抑制することが可能になるのです。
 
 
この記事では、その驚くべき事実と、どのようにして脳トレを取り入れることができるのかについて詳しく解説します。
 
 
今回は、脳の老化を抑える方法を分かりやすく解説したDoctors Meさんの記事と精神科医:樺沢紫苑先生によるストレスに強くなる方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。
 
 
 

・ 脳の老化は止められない?

・ 脳の老化を予防するには?

・ 脳の老化にストップをかけよう!

・ 最近急に記憶力が落ちた!?

・ 脳の活性化にぴったりなのは?

・ 感動は脳の若返りに効果的!

・ 脳の老化を止める脳トレのまとめ


 
 
 

■ 脳の老化は止められない?


 
先日街中を歩いていたところ徘徊中のおばあさんに遭遇しました。何でも家の外から出たら帰り道が分からなくなってしまったとのこと。初めてのことで戸惑いました。
 
 
色々話してみると、このおばあさん普通に話せるのですが、自宅の電話番号も住所も自分の年齢も全く記憶にありませんでした。わざと忘れたふりをしているかのようでした。
 
 
まだお若いのにここまで脳の老化が進んでしまうと日常生活に支障をきたします。
 
 
 
 
 

■ 脳の老化を予防するには?


 
脳の老化を予防するには「脳のトレーニング」と日常生活で生じるストレスに強くなることです。ストレスをそのまま放置してしまうと体全体を蝕みます。
 
 
脳の老化の予防とストレスを効率よく抑えるためにも、ある程度若いうちから体だけでなく脳も一緒にトレーニングすれば、脳の老化の進行は大幅に抑えることができるので、体だけ、脳だけではなく、体全体を鍛えましょう。
 

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

100歳までボケない最新の「認知症対策」が凄い!!4つの習慣で「長寿遺伝子」をオンにする!

 
old_man_01251.jpg
 
 
 
 

■ 認知症を予防する対策が急務!?


 
少子高齢化が叫ばれだしたのが1990年代頭くらいでしょうか、その当時よりも今現在我々日本人の平均寿命が伸びているので、役人や政府が想定していた以上に65歳以上の高齢者の方が増えています。
 
 
長生きすることは素晴らしいことですが、問題となるのが加齢にともなう「認知症」です。
 
 
厚生労働省のデータによりますと、1995年には126万人だった65歳以上の方の高齢者の認知症患者が20年後の2015年には2倍の262万人に達しています。
 
 
2025年くらいまでは右肩上がりで増えることが予想されます。
 
 
介護施設はどんなに増やしても追いつきませんし、病院では認知症患者の数が増えたため、治療や身の回りのケアなどに看護師さんが取られてしまうので、他の業務をこなすのが大変厳しい状態です。
 
 
 
 
 

■ 介護業界は人手不足が危機的状況に!


 
こうした理由から年々人手不足が深刻化しています。
 
 
介護関連の資格は人気が高い割に、資格を取得しても、実際に働く人は少ないです。
 
 
このため、高齢者の心と体の健康を維持するうえで認知症を予防するための対策がどうしても必要です。
 
 
ということで、今回は順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授 白澤卓二先生による認知症予防対策をまとめたPRESIDENT Onlineさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

老後「アルツハイマー」にならないために今からやるべき4つのこと!脳は鍛えればいつでも若返る!?

 
dementia_01131.jpg
 
 
 
 

■ アルツハイマー型認知症は認知症で最も多い認知症


 
意外に思われるかもしれませんが、アルツハイマー型認知症は、認知症の中で最も多く、男性よりも女性が圧倒的に多いのが特徴です。


しかも、他の認知症がほぼ横ばい状態にありながら、アルツハイマー型認知症は依然として右肩上がりで増えています。
 
 
ちなみにアルツハイマー型認知症は、軽度、中度、高度の三段階に分かれていまして、高度アルツハイマー型認知症までいくと言語障害がかなり進んでしまうため、会話やコミュニケーションがとれません。
 
 
高齢化が進み、高齢の夫婦二人だけで生活しているケースが増えています。


このため夫婦のどちらかがアルツハイマー型認知症を発症してしまうと、高齢者が高齢者を介護する形となってしまい、介護疲れで介護していた側の人間に先立たれてしまうケースも珍しく無い状況にあります。
 
 
 
 

▼ 脳はいつでも若返る!


 
そうならないためにも40歳を過ぎたら認知症予防が重要になるわけですが、脳老化が進むと脳の働きは悪くなります。
 
 
しかし、多くの人がちょっとした物忘れは年齢的な問題で仕方ないと、放置してしまうケースが非常に多いです。
 
 
しかし、脳というのは筋肉と同じで鍛え方によっては、今よりも脳を活性化することができます。
 
 
脳はいつでも若返るんです。
 
 
もちろん年を取って定年してから何もしなければ脳の働きはあっという間に低下します。
 
 
 
dementia_01132.jpg
 
 
 

▼ 若返るシニアが急増中!


 
しっかり脳を鍛えることで脳老化が進むのを抑えるだけでなく、より脳の働きがよくなります。
 
 
実際に70歳を過ぎてボケ防止のために取り組み始めた英語をマスターされた方が沢山います。
 
 
脳が若返ると行動的になるので見た目も自然と若返ります。
 
 
ということで今回は将来アルツハイマー型認知症にならないための予防法について分かりやすく解説したセルフドクターさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。
 

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

40歳代以上の方に知ってほしい運動不足が老化を加速させてしまう理由について!脳の老化、肌の老化に要注意!

 
woman_feel_bad_01111.jpg
 
 
 
 

■ 運動不足=肥満=認知症!?


 
今回のテーマは「脳の老化」についてです。
 
 
最近認知症と肥満の関係を説く研究結果がさかんに発表されていますが、単に肥満というだけでなく、運動不足も大きな原因の一つであることが明らかになりました。
 
 
つまり、運動不足⇒肥満⇒脳の老化+生活習慣病となってしまうわけですが、脳の老化といってもいきなりアルツハイマーになってしまうわけではありません。
 
 
発症までの10年間の生活習慣が脳の老化の原因となります。
 
 
特に地方に住んでいる方は自宅から職場まで車通勤の方が少なくありません。
 
 
しかも終日会社の中でパソコンの前に座りっぱなしの状態で仕事をされる方が多いので、ほとんど体を動かしていないことになります。
 
 
 
 
vascular_condition_01111.jpg
 
 
 

■ 運動不足は万病のもと!


 
残念ながら都心で生活する人たち以上に運動不足(かなり深刻な)の方が多いです。
 
 
運動不足が慢性化する余分な脂肪を溜め込むことなり、これが体の代謝を低下させ、血行障害を引き起こす原因となります。
 
 
さらに放置すると肥満化が一気に進み、それと並行して血液がドロドロとなって上図のような形で血管が細くなってしまいます。
 
 
そうなると血栓症、動脈硬化、心筋梗塞、糖尿病といった生活習慣病を引き起こすので、運動は定期的に行わなければ健康は維持できません。
 
 
ということで今回は運動不足による脳の老化のメカニズムを解説した記事をご紹介していただきます。
 
 
そして、運動不足効率よくを解消していただくために自宅にいながら数十分間の有酸素運動に匹敵する運動効果がある「ヨガポーズ:ランジ」の動画をあわせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

早くボケる高齢者の驚くべき共通点とは?運動不足が人の脳と体の老化を加速させる!脳と体を鍛えて認知症を予防!

 
brain_function_252.jpg
 
 
 
 

■ 運動不足が脳老化を加速させる!


 
多くの人が脳は加齢が進むにつれて老化すると考えていますが、最新の研究によって、人間の脳はいくつになっても新しい細胞が生まれていることが明らかになっています。
 
 
脳を老化させてしまう原因として最も大きな割合を占めるのが「運動不足」です。運動不足によって体だけでなく脳も持久力が衰えてしまうので考える力も退化していきます。確かに頭だけで考えようとすると思考がワンパターンに陥りやすいです。
 
 
体力がないと考え抜こうとする意欲もなくなるわけです。これをそのまま放置してしまうと認知症リスクが一気に高まります。事実認知症患者の多くが運動不足に陥っているとされています。通勤・通学で体を動かす程度だと、行動がワンパターンになりやすいです。
 
 
 
 
 
brain_function_253.jpg
 
 
 

■ 頭と体を鍛えて認知症を予防する!


 
入社から定年まで同じ職場に通っていた人で趣味がない人は定年を迎えると「バーニングアウト」しやすいとされています。同居されている家族が精神的に参ってしまい、本人よりも先にうつ病を発症してしまうケースも少なくありません。
 
 
そうならないためにも老後の人生を充実させるための努力が必要となります。ということで、今回は頭と体を鍛えることで認知症を回避することの大切さを解説したBusiness Journalさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます