自律神経のタグ記事一覧


タグ:自律神経

自律神経のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

食品の効果効能
   【朝ごはんを食べると得られる効果】 (1)脳の働きを活発にし、集中力や記憶力が高まる(2)体温が上昇して代謝が高まる(3)太りにくいカラダを作る(4)腸を刺激して便秘解消(5)疲労感が少ない     ■ 朝ごはんは絶対に食べたほうがいい!? 朝ごはんを食べない人が依然として増えています。  殘念ながら夫婦共働きの家庭が増えているため、家庭の事情によっては小学生くらいの子どもたちの間でも朝ごはん...

記事を読む

マッサージ
     ■ 口をぱくぱくするだけで超健康に! 今回は口を数秒間にわたって数回口をぱくぱく動かすだけで自律神経が整うエクササイズのご紹介です。  エクササイズといっても体は動かしません。  このエクササイズを行うと血流がよくなり、自律神経を動かす「迷走神経」を効率よく刺激することができるので、自律神経が整い上述した様々な症状を改善する効果が期待できます。  私も毎月色々な本を読んでますが、この201...

記事を読む

マッサージ
      ■ 自分でやる肩や首のコリ解消する方法が失敗する理由 今回は、辛い首や肩のコリ、目の疲れなどを解消するマッサージをご紹介させていただきます。今回ご紹介させていただく動画は、文字通り「あっ」という間に首のこりや肩こりを解消する方法を実演したものなんですが、やり方が本当に簡単で、耳を回すだけで魔法のようにコリや痛みが緩和されるんです。  普通肩こりを解消するためには、ストレッチなどで身体全体...

記事を読む

マッサージ
      ■ 爪の状態が悪いと病気が進行している!? 昔から「爪は健康状態を映す鏡」といったことが言われてますが、爪の状態を見れば、ある程度現在の健康状態を推測できます。実は爪にはあらゆる種類の病気や症状が映し出されています。それほど健康状態が爪にあたえる影響が大きいんです。  例えば2012年に米国(カリフォルニア大学)で発表された研究結果によりますと、乾癬(かんせん)(皮膚に出来た赤い発疹(ほ...

記事を読む

マッサージ
      ■ 爪もみとは!? 爪もみというと、素人では到底できない、難しい治療法に思えるかもしれませんが、本当にだれでも簡単にできて優れた健康効果が期待できる最強の「セルフケア」です。  テレビをみながら、お風呂にはいりながら、といった具合にスキマ時間を利用して手軽にできるのも「爪もみ」の大きな魅力です。しかし、どうせやるなら呼吸にも こだわってみましょう。  爪もみは、図にある各指の両角のツボを...

記事を読む

朝ごはんは絶対に食べたほうが良い!?血糖値の抑制、肥満、うつ病、疲労、生活習慣病などの予防に!

 
breakfast_1241.jpg
 
 

【朝ごはんを食べると得られる効果】
 
(1)脳の働きを活発にし、集中力や記憶力が高まる
(2)体温が上昇して代謝が高まる
(3)太りにくいカラダを作る
(4)腸を刺激して便秘解消
(5)疲労感が少ない
 

 
 
 
 

■ 朝ごはんは絶対に食べたほうがいい!?


 
朝ごはんを食べない人が依然として増えています。
 
 
殘念ながら夫婦共働きの家庭が増えているため、家庭の事情によっては小学生くらいの子どもたちの間でも朝ごはんを食べない子どもが増えているのが現状です。
 
 
夜にごはんを食べてから朝起きるまでに10時間近く間があきます。
 
 
この間にエネルギーをとっていないので、ごはんを食べないと脳を活性化させるブドウ糖が不足するのでやる気が起きません。
 
 
また、集中力も低下します。
 
 
しっかりエネルギーをとって朝からエネルギッシュに活動するためにも朝ごはんの役割が非常に重要になります。
 
 
そして、長期間にわたって朝ごはんを食べないと脂肪燃焼効率も悪化するので太りやすくなるので注意が必要です。
 
 
 
 
 

▼ 朝食を抜くのはリスクが大きすぎる!


 
そして、朝ごはんを抜くと健康や美容に悪影響を及ぼすだけでなく、長期間に渡ると「うつ病」など精神疾患(軽度の)を引き起こしやすくなってしまいます。
 
 
ですので、朝ごはんは色々な意味で欠かすことができません。
 
 
しかし、ただ食べればいいというわけではありません。
 
 
ということで、今回は朝ごはんの持つ優れた効能・効果を分かりやすく解説しているSuzieさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

口をぱくぱくするだけで速攻で自律神経が整う!自律神経失調症、高血圧、首・肩こり、腰痛、便秘などの予防に!

 
open_mouth_123.jpg
 
 
 
 

■ 口をぱくぱくするだけで超健康に!


 
今回は口を数秒間にわたって数回口をぱくぱく動かすだけで自律神経が整うエクササイズのご紹介です。
 
 
エクササイズといっても体は動かしません。
 
 
このエクササイズを行うと血流がよくなり、自律神経を動かす「迷走神経」を効率よく刺激することができるので、自律神経が整い上述した様々な症状を改善する効果が期待できます。
 
 
私も毎月色々な本を読んでますが、この2014年に発売された筒井重行先生の著書:「口をぱくぱくする」と超健康になるを手にしたときは正直「本当にこんな簡単な方法で健康になるのか?」と、戸惑いました。
 
 
Amazonでこの本を購入する >>
 
 
 
ちなみに著者の筒井先生は、元々大学病院の口腔外科に勤務されていた歯科医師で、(現在は風楽自然医療研究所の所長を務めてます。)これまで3万人以上の患者さんを治療しているので、その内容は目からウロコですが、効能・効果に関しては、すぐに納得できました。
 
 
 
function_of_autonomic_nerves.jpg
 
 
 

▼ 自律神経うつの人の意外な特徴とは?


 
自律神経うつに苦しめられている人の多くが首や肩がめちゃくちゃこっています。
 
 
首の筋にある迷走神経をマッサージしながら刺激してあげることで、次第に自律神経が正常な状態にもどり、本来の健康状態に改善されます。
 
 
この口ぱくぱくは文字通り口をぱくぱくするだけなので、マッサージよりもさらに簡単です。
 
 
いつでもどこでも出来るので、習慣化しやすい点もこのエクセサイズの大きな魅力です。
 
 
自律神経の乱れが改善されると以下の症状も同時に改善されます。
 
 

【自律神経が整うと改善する症状】
 
(1)めまい
(2)頭痛
(3)動悸
(4)高血圧
(5)下痢
(6)不安感
(7)首・肩こり
(8)吐き気
(9)食欲不振
(11)不眠
(12)腰痛
(13)便秘
(14)胃腸炎
(15)頻尿
(16)更年期障害
 

» 記事の続きを読む

耳をやさしくひっぱるだけで「自律神経」が整う!首や肩のコリ、頭痛、疲労、生理不順、肌トラブルの予防に!

 
 
ear_massage_221.jpg
 
 
 
 

■ 自分でやる肩や首のコリ解消する方法が失敗する理由


 
今回は、辛い首や肩のコリ、目の疲れなどを解消するマッサージをご紹介させていただきます。


今回ご紹介させていただく動画は、文字通り「あっ」という間に首のこりや肩こりを解消する方法を実演したものなんですが、やり方が本当に簡単で、耳を回すだけで魔法のようにコリや痛みが緩和されるんです。
 
 
普通肩こりを解消するためには、ストレッチなどで身体全体ををゆるめてやる方法が一般的ですよね。
 
 
そうすることで身体全体の血行が良くなり、つらい肩こりの痛みが緩和されます。しかし、時間がなんだかんだ取られます。また、「肩甲骨はがし」のように効果があっても実践するのが難しい物が多いです。
 
 
 

 

■ ストレッチは習慣化するのが非常に困難


 
ストレッチやエクササイズを実践するうえで一番のネックは、習慣化するのが容易ではないことです。


ストレッチやエクササイズを実践すれば体に良い効果をもたらしてくれると分かっていても、仕事から疲れて帰ってきて、やる気になりますか?


ストレッチやエクササイズを習慣化するまで取り組むには相当意志が強くなければできません。今日やって、次が1週間後だったら、本来期待できる効果が得られません。


その点マッサージは気軽にできます。意志の力も必要ありません。
 
 
今回ご紹介させていただく耳マッサージは動画内でも難しいことは一切行っていません。時や場所を選ばず簡単にできるので、苦労することなく習慣化できるのが最大の魅力です。

» 記事の続きを読む

爪をみれば健康状態がズバリ分る!爪が健康状態を警告する5つのサインとは!?こうなる前に爪もみで簡単セルフケア!

 
 
nail_condition_221.jpg
 
 
 
 

■ 爪の状態が悪いと病気が進行している!?


 
昔から「爪は健康状態を映す鏡」といったことが言われてますが、爪の状態を見れば、ある程度現在の健康状態を推測できます。実は爪にはあらゆる種類の病気や症状が映し出されています。それほど健康状態が爪にあたえる影響が大きいんです。
 
 
例えば2012年に米国(カリフォルニア大学)で発表された研究結果によりますと、乾癬(かんせん)(皮膚に出来た赤い発疹(ほっしん)の上に、フケのような垢が付着し、ポロポロとはがれ落ちる病気)の患者さんの約77%に何らかしらの爪の異常が見られたようです。
 
 
一般的な症状としては爪が崩壊(爪床からの爪の剥離)します。また、真菌性爪感染症になると爪が黄色に変化し、様々な体調不良を引き起こしますので、小まめに爪の状態をチェックすることをオススメします。
 
 
 
 
 
nail_condition_222.jpg
 
 
 

■ 爪もみ療法でセルフケア!


 
また、爪に何かしらのサインが出ている場合、自律神経が崩れているケースが多いので、各病気のサインが初期の段階であれば、自律神経のバランスを整えることで、症状改善されるきっかけになります。
 
 
上図にあるとおり、手の指には沢山のつぼがありますので、指を普段から軽くマッサージしてあげるだけでも、良い効果をもたらしてくれます。ということで、今回は爪もみ療法のやり方とあわせて、健康状態がわかる爪の5つのサインをご紹介させて頂きます。

» 記事の続きを読む

爪もみで自律神経を整えて血流を改善!不眠、肩こり、動悸、更年期障害、認知症、高血圧、脳梗塞、うつ病の予防に!

 
 
nail_rubbing_191.jpg
 
 
 
 

■ 爪もみとは!?


 
爪もみというと、素人では到底できない、難しい治療法に思えるかもしれませんが、本当にだれでも簡単にできて優れた健康効果が期待できる最強の「セルフケア」です。
 
 
テレビをみながら、お風呂にはいりながら、といった具合にスキマ時間を利用して手軽にできるのも「爪もみ」の大きな魅力です。しかし、どうせやるなら呼吸にも こだわってみましょう。
 
 
爪もみは、図にある各指の両角のツボを親指と人差指ではさみながら押します。そして、吸う時間の3~5倍程度の時間を掛けてゆっくりと静かに息を吐きながら爪をもむのがポイントです。
 
 
 
 
 
function_of_autonomic_nerves.jpg
 
 
 

■ 深呼吸で自律神経のバランスが整う!


 
深呼吸をすることによって、吸う息は「交感神経」を、また、吐く息は「副交感神経」を刺激しますので、この二つの自律神経のバランスが整います。
 
 
そして、爪のもみ方についてですが、押し続けてもリズミカルに押してもOKです。
 
 
動画で実演していますので、ぜひこちらのやり方を参考にしていたただき、最強の健康法「爪もみ」を日常生活に取り入れてみてください。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます