自律神経のタグ記事一覧


タグ:自律神経

自律神経のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

マッサージ
     ■ リンパマッサージとは!? リンパマッサージがどんなものか詳しい内容までは分からなくても、その名前は一度は聞いたことがあるかと思ます。リンパは上図にあるとおり体内に蓄積された老廃物を体の外へと排出するための管が血管とは別に全身にくまなく通っています。  わたしたち人間の体には毛細血管から細胞の隙間に漏れてしまった老廃物を心臓へと運ぶリンパ液の流れがあるのですが、このリンパ液が流れる管をリ...

記事を読む

健康法
     ■ 腸は脳よりも凄い?! 腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。  というのも幸せホルモンと言われているセロトニンという物質のほとんどが腸で作られているからです。  冷えなどの影響で腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが著しく悪化してしまいますので、心と身体の健康を維持するには常に腸を良い状態に保つ必要があります。   ●腸が良い状態(善玉菌の割合が多い)...

記事を読む

ストレッチ
      ■ 自律神経失調症の治療に光明 自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、この二つの自律神経のバランスが悪くなってしまうと、心と体に様々な不調が生じます。これが「自律神経失調症」のメカニズムの基本です。  また、自律神経失調症は男性よりも女性に多くみられる病気で、免疫力が低下しやすい冬は注意しなければなりません。気温や気候などの急激な変化は、大きな身体的ストレスになるからです。  で...

記事を読む

マッサージ
     ■ なぜ季節の変わり目は免疫力が低下しやすいのか!? 季節の変わり目は気候の変化が激しいので、一日で気温が乱高下することも珍しくありません。  そこで注意したのが「免疫力の低下」です。  特に梅雨入り前の今の時期は免疫力が低下しやすいので要注意です。  免疫力が低下すると風邪、インフルエンザなどの感染症だけでなく、様々な病気を引き起こしやすくなります。  また、自律神経やホルモンバランスが...

記事を読む

健康法
     ■ 自律神経とは? 自律神経は各内臓器官の働きや血液やリンパの流れといった人間が自分の意思ではコントロールすることができない体の働きを正常に動くように管理しています。  また、自律神経は以下の図にありますとおり、交感神経と副交感神経の2つの神経によって構成されています。  これらのうち運動をしているときや緊張するなどして何らかしらのストレスがかかってる状況では副交感神経は機能せず交感神経が...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

首こりは万病のもと!首リンパマッサージで自律神経を整える!頭痛、肩こり、慢性疲労、うつ病、しわ、たるみの予防に!

 
neck_lymphatic_massage_111.jpg
 
 
 
 

■ リンパマッサージとは!?


 
リンパマッサージがどんなものか詳しい内容までは分からなくても、その名前は一度は聞いたことがあるかと思ます。リンパは上図にあるとおり体内に蓄積された老廃物を体の外へと排出するための管が血管とは別に全身にくまなく通っています。
 
 
わたしたち人間の体には毛細血管から細胞の隙間に漏れてしまった老廃物を心臓へと運ぶリンパ液の流れがあるのですが、このリンパ液が流れる管をリンパ管といいます。
 
 
ちなみに血液は心臓がポンプの役割を果たしながら全身に流れていますが、リンパは筋肉の動きによって流れています。ですので、リンパの流れが悪化すると、体内の老廃物がそのまま体の中に残ってしまい、様々な体のトラブルを引き起こします。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

腸を温めると幸せホルモン「セロトニン」がドバドバでる!自律神経を整えて便秘、がん、アレルギー、うつ病を予防!

 
warm_the_intestines_1251.jpg
 
 
 
 

■ 腸は脳よりも凄い?!


 
腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。
 
 
というのも幸せホルモンと言われているセロトニンという物質のほとんどが腸で作られているからです。
 
 
冷えなどの影響で腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが著しく悪化してしまいますので、心と身体の健康を維持するには常に腸を良い状態に保つ必要があります。
 
 
 

●腸が良い状態(善玉菌の割合が多い)


 
good_bowel_condition_1251.jpg
 
 
 

●腸が悪い状態(悪玉菌の割合が多い)


 
bad_bowel_condition_1252.jpg
 
 

 
腸内で悪玉菌が増え続けると、以下のような問題が起こる可能性があります。
 
 

▼ 腸内環境の悪化によるトラブル


 
悪玉菌が増え続けて腸内のバランスが崩れると、胃や腸の働きが悪化して消化器系のトラブルが起こりやすくなります。
 
 
例えば、便秘や下痢、腹痛などが起こりやすくなる可能性ががあります。
 
 
 
 

▼ 免疫力が低下するリスク


 
腸内には、免疫力をサポートする善玉菌が豊富に存在しています。
 
 
悪玉菌が増えすぎると、その影響で善玉菌の数が減ってしまうので、免疫力が低下する可能性があります。
 
 
 
 

▼ 皮膚などに炎症がおきる


 
悪玉菌が増えすぎると、腸内環境が悪化して腸内で共存していた様々な菌たちが棲みづらくなり、その影響で皮膚などに炎症が生じる原因となる物質が生成されるリスクが高まります。
 
 
 
 

▼ 肥満や生活習慣病のリスクの増加


 
腸内細菌叢は、体内の栄養素の代謝や吸収にも関与しています。
 
 
悪玉菌が増えすぎると、食べ物の栄養素を効率的に取り込めなくなり、肥満や生活習慣病のリスクが高まることがあります。
 
 
 
 

▼ 自律神経のバランスも乱れる!


 
また、腸が冷えると自律神経のバランスが乱れてしまうので、様々な体調不良を引き起こす原因となってしまいます。
 
 
そうならないためにも腸を冷やしてはいけません。腸を冷やして心と身体に良いことは何一つありません。


逆に常に温めることによって、美容と健康に優れた効果をもたらします。」
 
 
事実うつ病などの精神疾患に関しても脳だけでなく腸の影響についても考慮する動きが広がっているので、今後さらに腸の働きの重要性が高まる可能性があります。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

背骨をねじるだけで自律神経失調症を改善できる!背骨ねじりは「腰痛」「肩こり」「頭痛」「胃痛」にも効くセルフケア!

 
 
regulate_the_autonomic_nervous_system.jpg
 
 
 
 

■ 自律神経失調症の治療に光明


 
自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、この二つの自律神経のバランスが悪くなってしまうと、心と体に様々な不調が生じます。これが「自律神経失調症」のメカニズムの基本です。
 
 
また、自律神経失調症は男性よりも女性に多くみられる病気で、免疫力が低下しやすい冬は注意しなければなりません。気温や気候などの急激な変化は、大きな身体的ストレスになるからです。
 
 
ですので、季節の変わり目には自律神経失調症が起こりやすいといわれています。しかし、現時点でも自律神経失調症の決定打となる原因が明らかになっていないので、自律神経失調症を放置してしまうのは大変危険です。
 
 
 
 
 

■ 自律神経失調症を治療する「ウォールツイスト」とは!?


 
その一方で自律神経失調症の予防方法や改善方法沢山ありますが、個人的には「腸活」が一番自律神経を整える効果が高い健康法だと思っていました。しかし、腸活でさえも万能というわけにはいきません。
 
 
そこで色々と調べたところ、今回ご紹介させていただく、背骨を動かしながら自律神経失調症を治療する「ウォールツイスト」にたどり着きました。背骨をねじって簡単な呼吸法を行うだけなのですが、しっかり自律神経を整えてくれます。
 
 
ということで今回は、自律神経失調症についてと、その改善方法(背骨ねじり)について分かりやすく解説している、HEALTH PRESSさんの記事とエクセサイズ動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

【知らないと大損!】爪もみの健康効果が凄い!?自律神経とホルモンバランスを整えて免疫力アップ!

 
nail_massage_01121.jpg
 
 
 
 

■ なぜ季節の変わり目は免疫力が低下しやすいのか!?


 
季節の変わり目は気候の変化が激しいので、一日で気温が乱高下することも珍しくありません。
 
 
そこで注意したのが「免疫力の低下」です。
 
 
特に梅雨入り前の今の時期は免疫力が低下しやすいので要注意です。
 
 
免疫力が低下すると風邪、インフルエンザなどの感染症だけでなく、様々な病気を引き起こしやすくなります。
 
 
また、自律神経やホルモンバランスが乱れやすいのでメンタルの面でも悪影響をおよぼします。
 
 
しかし、自分では免疫力が低下していることに気づけません。
 
 
ほんの少し普段より夜更かししただけで翌日に頭痛や腹痛、冷え、目まいといった体調不良を引き起こす可能性があるだけに、免疫力を低下させないための対策が必要です。
 
 
 
 
 

■ ストレスが免疫力を低下させる!


 
ちなみに免疫力が低下する原因についてですが、気温の変化だけでなく、「ストレス」も大きな割合を占めています。
 
 
自律神経の一つである「交感神経」が過度に緊張すると「リンパ球」が減少するため、免疫力が低下します。
 
 
習慣的に運動されている方は問題ないのですが、そうでない方は気候や環境のちょっとした変化、ストレスなどによって免疫力が著しく低下します。
 
 
そこで、手軽に出来る「免疫力アップ法」としておすすめしたいのが「爪もみ」です。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

自律神経を整える簡単セルフケアの健康効果が凄い!片頭痛、不眠、うつ病、肩こりなど様々な体調不良の予防に!

 
Autonomic_nerves_12281.jpg
 
 
 
 

■ 自律神経とは?


 
自律神経は各内臓器官の働きや血液やリンパの流れといった人間が自分の意思ではコントロールすることができない体の働きを正常に動くように管理しています。
 
 
また、自律神経は以下の図にありますとおり、交感神経と副交感神経の2つの神経によって構成されています。
 
 
これらのうち運動をしているときや緊張するなどして何らかしらのストレスがかかってる状況では副交感神経は機能せず交感神経が優位になって作用します。
 
 
 
Autonomic_nerves_12282.jpg
 
 
 

▼ 自律神経は司令塔のような存在!


 
例えばストレスのかかる状況で交感神経は心拍数を上昇させ、抹消血管を収縮させ、血圧を上昇させる一方、血流を悪化させてしまうので一気に疲労が増します。
 
 
つまり自律神経は司令塔のような役割を果たしているわけです。
 
 
そして自律神経のバランスがさらに悪化し、「自律神経失調症」となってしまった場合は以下のような心身に悪影響をおよぼす症状を引き起こすことになります。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます