自律神経のタグ記事一覧


タグ:自律神経

自律神経のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
    ■ リンパとは!?  リンパマッサージがどんなものか詳しい内容までは分からなくても、その名前は一度は聞いたことがあるかと思ます。リンパは上図にあるとおり体内に蓄積された老廃物を体の外へと排出するための管が血管とは別に全身にくまなく通っています。  わたしたち人間の体には毛細血管から細胞の隙間に漏れてしまった老廃物を心臓へと運ぶリンパ液の流れがあるのですが、このリンパ液が流れる管をリンパ管とい...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    ■ 自律神経失調症の治療に光明  自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、この二つの自律神経のバランスが悪くなってしまうと、心と体に様々な不調が生じます。これが「自律神経失調症」のメカニズムの基本です。  また、自律神経失調症は男性よりも女性に多くみられる病気で、免疫力が低下しやすい冬は注意しなければなりません。気温や気候などの急激な変化は、大きな身体的ストレスになるからです。  です...

記事を読む

体の痛み不調の原因
    ■ ハーブで崩れた女性ホルモンのバランスを整えよう!  女性の体は男性と比べて非常にデリケートなので体調不良も起こりやすいです。その原因についてですが、色々ありますが中でも女性ホルモンのバランスが崩れてしまったことに起因するケースが多いです。  腸の働きが悪化すると女性ホルモンの分泌は著しく悪化しますので、腸の状態を改善しなければなりません。その場合有効なのがハーブです。そうあのハーブティー...

記事を読む

その他
    ■ なぜ季節の変わり目は免疫力が低下しやすいのか!?  季節の変わり目は気候の変化が激しいので、一日で気温が乱高下することも珍しくありません。そこで注意したのが「免疫力の低下」です。特に梅雨入り前の今の時期は免疫力が低下しやすいので要注意です。  免疫力が低下すると風邪、インフルエンザなどの感染症だけでなく、様々な病気を引き起こしやすくなります。また、自律神経やホルモンバランスが乱れやすいの...

記事を読む

その他
    ■ 自律神経とは?   自律神経は各内臓器官の働きや血液やリンパの流れといった人間が自分の意思ではコントロールすることができない体の働きを正常に動くように管理しています。  また、自律神経は以下の図にありますとおり、交感神経と副交感神経の2つの神経によって構成されています。  これらのうち運動をしているときや緊張するなどして何らかしらのストレスがかかってる状況では副交感神経は機能せず交感神経...

記事を読む

首こりは万病のもと!首リンパマッサージで自律神経を整える!頭痛、肩こり、慢性疲労、うつ病、しわ、たるみの予防に!

 
120190310hm.png
 
 
 
■ リンパとは!?
 
 
リンパマッサージがどんなものか詳しい内容までは分からなくても、その名前は一度は聞いたことがあるかと思ます。リンパは上図にあるとおり体内に蓄積された老廃物を体の外へと排出するための管が血管とは別に全身にくまなく通っています。
 
 
わたしたち人間の体には毛細血管から細胞の隙間に漏れてしまった老廃物を心臓へと運ぶリンパ液の流れがあるのですが、このリンパ液が流れる管をリンパ管といいます。
 
 
ちなみに血液は心臓がポンプの役割を果たしながら全身に流れていますが、リンパは筋肉の動きによって流れています。ですので、リンパの流れが悪化すると、体内の老廃物がそのまま体の中に残ってしまい、様々な体のトラブルを引き起こします。

» 記事の続きを読む

背骨をねじるだけで自律神経失調症を改善できる!背骨ねじりは「腰痛」「肩こり」「頭痛」「胃痛」にも効くセルフケア!

 
3024420161220l.png
 
 
 
■ 自律神経失調症の治療に光明
 
 
自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、この二つの自律神経のバランスが悪くなってしまうと、心と体に様々な不調が生じます。これが「自律神経失調症」のメカニズムの基本です。
 
 
また、自律神経失調症は男性よりも女性に多くみられる病気で、免疫力が低下しやすい冬は注意しなければなりません。気温や気候などの急激な変化は、大きな身体的ストレスになるからです。
 
 
ですので、季節の変わり目には自律神経失調症が起こりやすいといわれています。しかし、現時点でも自律神経失調症の決定打となる原因が明らかになっていないので、自律神経失調症を放置してしまうのは大変危険です。
 
 
 
 
3044420161220l.png
 
 
 
■ 自律神経失調症を治療する「ウォールツイスト」とは!?
 
 
その一方で自律神経失調症の予防方法や改善方法沢山ありますが、個人的には「腸活」が一番自律神経を整える効果が高い健康法だと思っていました。しかし、腸活でさえも万能というわけにはいきません。
 
 
そこで色々と調べたところ、今回ご紹介させていただく、背骨を動かしながら自律神経失調症を治療する「ウォールツイスト」にたどり着きました。背骨をねじって簡単な呼吸法を行うだけなのですが、しっかり自律神経を整えてくれます。
 
 
ということで今回は、自律神経失調症についてと、その改善方法(背骨ねじり)について分かりやすく解説している、HEALTH PRESSさんの記事とエクセサイズ動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

ハーブティーの健康効果が凄い!ホルモンバランスを改善してアレルギー、生理痛、不眠症、更年期障害、うつ病の予防に!

 
3720190105hm.png
 
 
 
■ ハーブで崩れた女性ホルモンのバランスを整えよう!
 
 
女性の体は男性と比べて非常にデリケートなので体調不良も起こりやすいです。その原因についてですが、色々ありますが中でも女性ホルモンのバランスが崩れてしまったことに起因するケースが多いです。
 
 
腸の働きが悪化すると女性ホルモンの分泌は著しく悪化しますので、腸の状態を改善しなければなりません。その場合有効なのがハーブです。そうあのハーブティーなどでお馴染みのハーブです。
 
 
ハーブと一口にいっても日本国内で入手できるものだけでも150種類ほどありまして、それぞれ微妙に効能が異なりますが、どれも精神的なイライラなどを抑えるこうかはとりわけ高いとされています。
 
 
 
 
 
58_2016011711204823a.png
 
 
 
■ 冬の体調不良にハーブティーが効く!
 
 
特に季節の変わり目は、免疫力の低下から腸の働きもより悪化しますので、女性にとっては体調管理がもっとも難しい時期といえます。そこでオススメしたいのがハーブティで心と体をあたためて女性ホルモンのバランスを正常な状態に調節することです。
 
 
ということで今回はハーブの効能やハーブティーに関する情報をわかりやすくまとめたby.Sさんの記事とおいしくハーブティを入れる方法を解説した動画をあわせてご紹介させていただきます。
 
 
これからますます寒さが厳しくなりますので、ぜひハーブティを上手に取り入れて厳しい冬を乗り越えて下さいね!!

» 記事の続きを読む

爪もみの健康効果が凄い!?爪をもみながら優しくツボを指圧!自律神経とホルモンバランスを整えて免疫力をアップ!

 
620190204hm.png
 
 
 
■ なぜ季節の変わり目は免疫力が低下しやすいのか!?
 
 
季節の変わり目は気候の変化が激しいので、一日で気温が乱高下することも珍しくありません。そこで注意したのが「免疫力の低下」です。特に梅雨入り前の今の時期は免疫力が低下しやすいので要注意です。
 
 
免疫力が低下すると風邪、インフルエンザなどの感染症だけでなく、様々な病気を引き起こしやすくなります。また、自律神経やホルモンバランスが乱れやすいのでメンタルの面でも悪影響をおよぼします。
 
 
しかし、自分では免疫力が低下していることに気づけません。ほんの少し普段より夜更かししただけで翌日に頭痛や腹痛、冷え、目まいといった体調不良を引き起こす可能性があるだけに、免疫力を低下させないための対策が必要です。
 
 
 
 
5548920161126_20161128180829a5c.png
 
 
 
『 ストレスが免疫力を低下させる! 』
 
 
ちなみに免疫力が低下する原因についてですが、気温の変化だけでなく、「ストレス」も大きな割合を占めています。自律神経の一つである「交感神経」が過度に緊張すると「リンパ球」が減少するため、免疫力が低下します。
 
 
習慣的に運動されている方は問題ないのですが、そうでない方は気候や環境のちょっとした変化、ストレスなどによって免疫力が著しく低下します。そこで、手軽に出来る「免疫力アップ法」としておすすめしたいのが「爪もみ」です。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

自律神経を整える簡単セルフケアの健康効果が凄い!片頭痛、不眠、うつ病、肩こりなど様々な体調不良の予防に利く!

 
74420180201ht.png
 
 
 
■ 自律神経とは? 
 
 
自律神経は各内臓器官の働きや血液やリンパの流れといった人間が自分の意思ではコントロールすることができない体の働きを正常に動くように管理しています。
 
 
また、自律神経は以下の図にありますとおり、交感神経と副交感神経の2つの神経によって構成されています。
 
 
これらのうち運動をしているときや緊張するなどして何らかしらのストレスがかかってる状況では副交感神経は機能せず交感神経が優位になって作用します。
 
 
 
5124201611101.png
 
 
 
『 自律神経は司令塔のような存在! 』
 
 
例えばストレスのかかる状況で交感神経は心拍数を上昇させ、抹消血管を収縮させ、血圧を上昇させる一方、血流を悪化させてしまうので一気に疲労が増します。つまり自律神経は司令塔のような役割を果たしているわけです。
 
 
そして自律神経のバランスがさらに悪化し、「自律神経失調症」となってしまった場合は以下のような心身に悪影響をおよぼす症状を引き起こすことになります。
 
 
 
5134201611101.png

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます