腸のタグ記事一覧


タグ:腸

腸のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

体の痛み不調の原因
     ■ 人はなぜストレスに苦しめられるのか!?  幸せホルモンの一つである「セロトニン」は、心と体を安定させるために欠かすことが出来ない神経伝達物質です。セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患を誘発することになるわけですが、実はセロトニンが不足している人が増えています。  意外に思われるかもしれませんが、女性の方が不足している人が多い状況にあります。その結果として、うつ病を発症する人は比...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ おなかの調子はいかがですか?  今の時期は台風などの影響により気候の変化が激しいため疲労、だるさ、イライラ、めまいといった体調不良に悩まされるケースが少なくありません。意外にもこうした体調不良の多くが胃と腸の状態が悪化していることが原因とされています。  胃と腸の働きを改善して、こうした様々な体調不良の症状を解消する健康法として今回ご紹介させていただくのが、『1日1分で人生が変わるおなか...

記事を読む

その他
     ■ 腸は単なる消化器官ではない!?  腸にも脳と同じような機能がいくつかあるため、腸は第二の脳といわれており、すでに30年以上前から神経伝達物質が腸を自律的に動かしていることが証明されています。  腸内細菌(善玉菌)が減少し、悪玉菌が腸内に増えてしまうと腸内環境が悪くなるため、腸の働きも当然悪化します。そうなると血液がドロドロになって血流が悪化するといった具合に様々な健康被害を引き起こす原...

記事を読む

体の痛み不調の原因
   ■ 腸の凄すぎる働きについて!  腸は第二の脳といわれるくらい重要な役割を担っている器官です。腸は食べ物の消化・吸収・排泄だけでなく、「セロトニン」や「オキシトシン」といった、いわゆる幸せホルモンと呼ばれる脳内物質の分泌の約90%は腸によるものです。  つまり、人が幸せに生きるか、あるいは不幸を背負って生きるかは、腸の状態で決まると言っても過言ではないほど腸の役割は非常に重要なんです。ちなみに...

記事を読む

その他
      ■ セロトニンとは!?  幸せホルモンの一つである「セロトニン」は脳と腸で生成(9割りが腸)され、精神を安定させる優れた効能・効果があるわけですが、腸内環境を改善することによってセロトニンの分泌が活発化します。  セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れてイライラしやすくなったり、気分がモヤモヤしたり、落ち込みやすくなったり、暴力的になったり、最悪の場合はうつ病を引き起こしてしまうリス...

記事を読む

幸せホルモン「セロトニン」は約95%腸で作られる!腸がきれいになるとセロトニンが増えて心と体がもっと健康に!

 
 
325420180205ht.png
 
 
 
■ 人はなぜストレスに苦しめられるのか!?
 
 
幸せホルモンの一つである「セロトニン」は、心と体を安定させるために欠かすことが出来ない神経伝達物質です。セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患を誘発することになるわけですが、実はセロトニンが不足している人が増えています。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、女性の方が不足している人が多い状況にあります。その結果として、うつ病を発症する人は比率でいうと女性の方が男性よりも多いです。なぜセロトニンが不足してしまうのかというと、その原因は「ストレス」です。
 
 
 
 
9464201611109.png
 
 
 
『 イライラ、不安、考え過ぎはセロトニン不足が原因!? 』
 
 
セロトニンは脳と腸で生成され、精神を安定させる働きがあるわけですが、長期間に渡って強いストレスにさらされると自律神経のバランスも悪化してしまうので、腸を含めた身体中の器官の働きが乱れてしまい、様々な体調不良を引き起こす原因となります。
 
 
そうならないためにもセロトニンを意識して増やす必要があります。そのために「脳」と「腸」の状態と取り巻く環境をしっかり整えなければなりません。腸の働きが悪化して真の健康は得られません。それほど腸は人間の心と体の健康にとって大事な臓器です。

» 記事の続きを読む

体調不良の原因は「胃と腸」にあった!1日1分「おなかもみ上げ」で痩せにくい、便秘、むくみ、肩コリの予防に利く!

 
 
5820180301ht.png
 
 
 
■ おなかの調子はいかがですか?
 
 
今の時期は台風などの影響により気候の変化が激しいため疲労、だるさ、イライラ、めまいといった体調不良に悩まされるケースが少なくありません。意外にもこうした体調不良の多くが胃と腸の状態が悪化していることが原因とされています。
 
 
胃と腸の働きを改善して、こうした様々な体調不良の症状を解消する健康法として今回ご紹介させていただくのが、『1日1分で人生が変わるおなかもみ上げ』という本で解説されている「おなかもみ上げ」です。
 
 
整体の世界では結構昔からある手法なんだそうですが、整体師でもある著者の先生が、これまでの経験から、誰でも簡単に不調を改善できる「おなかもみ上げ」を提案したところ、その優れた効果が瞬く間に口コミで広がりました。
 
 
 
 
79678920161201.png
 
 
 
『 胃や腸の働きを改善するメリットとは!? 』
 
 
胃や腸は食べ物を消化するだけでなく、その他にも健康を維持する上で欠かすことができない色々な働きがあるので、胃や腸をつねに良い状態に保つことによって、健康維持につながります。
 
 
1日1分程度「おなかもみ上げ」でお腹を刺激してあげることによって、胃や腸の働きが次第に良くなり、様々な体調不良の症状を改善することが期待できます。しかも、「おなかもみ上げ」は、場所を選ばず、どこでも出来る点も大きな魅力です。
 
 
ということで、今回は「おなかもみ上げ」の優れた効果・効能について分かりやすく解説したダ・ヴィンチニュースさんの記事と「おなかもみ上げ」を実演している動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

あなたの怒りや悲しみといった感情は「脳」ではなく「腸」によってコントロールされていた!?

 
 
2420180201ht.png

 
 
 
■ 腸は単なる消化器官ではない!?
 
 
腸にも脳と同じような機能がいくつかあるため、腸は第二の脳といわれており、すでに30年以上前から神経伝達物質が腸を自律的に動かしていることが証明されています。
 
 
腸内細菌(善玉菌)が減少し、悪玉菌が腸内に増えてしまうと腸内環境が悪くなるため、腸の働きも当然悪化します。そうなると血液がドロドロになって血流が悪化するといった具合に様々な健康被害を引き起こす原因となります。
 
 
 
5544201611101.png
 
 
 
『 セロトニンの分泌量を増やして精神疾患を予防! 』
 
 
また、セロトニンなどの幸せホルモンの分泌(脳が1割に対し、腸は9割)も悪化するので、うつ病などの精神疾患を引き起こしやすくなるので、心と体の健康を維持するためにも腸内環境をしっかり整える必要があります。
 
 
ということで、今回は腸によって怒りや悲しみといった感情がコントロールされているメカニズムを分かりやすく解説したカラパイアさんの記事と腸内環境を良い状態に保つための方法を解説した自然治癒倶楽部さんの動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

腸内の善玉菌を増やして病気知らずの体に!腸がキレイになると血流が改善して動脈硬化、アレルギー、ガンの予防に!

 
153401801017ht_2018013018474307c.png

 
 
■ 腸の凄すぎる働きについて!
 
 
腸は第二の脳といわれるくらい重要な役割を担っている器官です。腸は食べ物の消化・吸収・排泄だけでなく、「セロトニン」や「オキシトシン」といった、いわゆる幸せホルモンと呼ばれる脳内物質の分泌の約90%は腸によるものです。
 
 
つまり、人が幸せに生きるか、あるいは不幸を背負って生きるかは、腸の状態で決まると言っても過言ではないほど腸の役割は非常に重要なんです。ちなみに脳死したとしても、腸は単独でしばらくの間は機能します。
 
 
 
 
1484420161215l.png
 
 
 
『 免疫細胞の約60%が腸の中にある! 』
 
 
しかし、腸が完全に死んでしまうと、脳の働きも完全に停止します。それくらい重要な器官でありながら、多くの人が腸の重要性に気がついていないため、腸内環境を悪化させ、自ら体調不良を引き起こしています。
 
 
上図にありますとおり、免疫細胞の約60%が腸内にあるため、腸の働きを悪化させてしまうと免疫機能そのものが低下してしまいますので、心と体の健康のためにも腸内環境を常に良い状態に保つ必要があります。
 
 
 
 
3104401801029ht.png

 
 
『 悪玉菌が増えると様々な病気の原因に! 』
 
 
また、腸内環境が悪化すればするほど、いわゆる善玉菌(ヤセ菌)が減り、悪玉菌が増えてしまうので、さらに心と体の健康が蝕まれてしまいます。ではどうすればいいか?。腸内環境を改善すればいいんです。
 
 
腸がキレイになると、がん、生活習慣病、アレルギー、うつ、肥満などを予防できますし、腸の働きが良くなれば自律神経のバランスも良くなるので、体全体の働きが良くなります。こうした理由から最強の健康法は実は「腸活」なんです。


今回は腸内環境を改善するメリットについて自分史上最高の腸になる!腸で酵素をつくる習慣(高畑宗明著)をベースに分かりやすく解説しているダイヤモンド・オンラインさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

朝カレーで幸せホルモン「セロトニン」がドバドバ出る!?朝カレーで基礎代謝と免疫力を高めて元気モリモリ!

 
 
656_20160720174717ceb.png
 
 
 
 
■ セロトニンとは!?
 
 
幸せホルモンの一つである「セロトニン」は脳と腸で生成(9割りが腸)され、精神を安定させる優れた効能・効果があるわけですが、腸内環境を改善することによってセロトニンの分泌が活発化します。
 
 
セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れてイライラしやすくなったり、気分がモヤモヤしたり、落ち込みやすくなったり、暴力的になったり、最悪の場合はうつ病を引き起こしてしまうリスクがあります。
 
 
誰もが不安や悩みに翻弄されること無く精神的に安定した生活を送りたいと願っているわけですが、テロや経済不況など社会的不安が世界的に広がっている状況では非常に困難です。気を楽に持とうとすればするほど苦しくなります。
 
 
 
103550161016.png
 
 
 
『セロトニンの分泌力を高める食品とは!?』
 
 
それよりも、セロトニンの分泌を活発化させたほうが、簡単に心と体をリラックスさせることができます。そのためには脳と腸の両方を整えなければなりません。 ちなみにセロトニンの分泌を活性化させる作用に優れた食品は以下のとおりです。
 
 

(1)牛乳
(2)チーズ
(3)ヨーグルト
(4)豆腐
(5)納豆
(6)しょうゆ
(7)味噌
(8)カツオ
(9)マグロ
(10)アーモンド・ピーナッツ
(11)バナナ
(12)小麦胚芽
(13)卵
 

 
13030170108.png
 
 
 
『 カレーがセロトニンの分泌力を高める!? 』
 
 
これらの食品を摂取しながらセロトニンの分泌を活性化するのも一つの手ですが、もっと効率よくセロトニンの分泌を活性化する方法があります。それがカレーライスを食べることです。そう、みんなの大好きなあのカレーです。
 
 
ということで、今回はカレーライスを食べることによって、セロトニンの分泌を活性化させる方法についてまとめたロケットニュース24さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます