腸のタグ記事一覧


タグ:腸

腸のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

健康法
  【腸はとっても働きものです】 (1)「吸収」:糖、アミノ酸、脂肪酸など栄養吸収(2)「免疫」:腸内細菌と協力して病原菌、ウィルスから体を守る(3)「浄血」:善玉菌が腸内の腐敗を防ぐ、血液をきれいにする(4)「消化」:食べたものを細かくする(5)「解毒」:腸内細菌が解毒を行う(6)「合成」:3000種類の酵素を作る(7)「排泄」:老排物や毒素を排泄     ■ 腸のトラブル!便秘はすでに国民病! ...

記事を読む

健康法
     ■ 腸は脳よりも凄い?! 腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。  というのも幸せホルモンと言われているセロトニンという物質のほとんどが腸で作られているからです。  冷えなどの影響で腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが著しく悪化してしまいますので、心と身体の健康を維持するには常に腸を良い状態に保つ必要があります。   ●腸が良い状態(善玉菌の割合が多い)...

記事を読む

健康法
     ■ 人はなぜストレスに苦しめられるのか!? 幸せホルモンの一つである「セロトニン」は、心と体を安定させるために欠かすことが出来ない神経伝達物質です。  セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患を誘発することになるわけですが、実はセロトニンが不足している人が増えています。  意外に思われるかもしれませんが、女性の方が不足している人が多い状況にあります。  その結果として、うつ病を発症する...

記事を読む

マッサージ
     ■ おなかの調子はいかがですか? 今の時期は季節の変わり目ということもあって、気候の変化が激しいことから疲労、だるさ、イライラ、めまいといった体調不良に悩まされるケースが少なくありません。  意外にもこうした体調不良の多くが胃と腸の状態が悪化していることが原因とされています。  胃と腸の働きを改善して、こうした様々な体調不良の症状を解消する健康法として今回ご紹介させていただくのが、『1日1分...

記事を読む

その他
     ■ 腸は単なる消化器官ではない!? 腸にも脳と同じような機能がいくつかあるため、腸は第二の脳といわれており、すでに30年以上前から神経伝達物質が腸を自律的に動かしていることが証明されています。  腸内細菌(善玉菌)が減少し、悪玉菌が腸内に増えてしまうと腸内環境が悪くなるため、腸の働きも当然悪化します。  そうなると血液がドロドロになって血流が悪化するといった具合に様々な健康被害を引き起こす...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

腸の働きを活性化すると自律神経が整って血流を改善!免疫機能を強化して便秘、肌トラブル、胃や腸の病気の予防に!

 
bowel_function_181.jpg

 

【腸はとっても働きものです】
 
(1)「吸収」:糖、アミノ酸、脂肪酸など栄養吸収
(2)「免疫」:腸内細菌と協力して病原菌、ウィルスから体を守る
(3)「浄血」:善玉菌が腸内の腐敗を防ぐ、血液をきれいにする
(4)「消化」:食べたものを細かくする
(5)「解毒」:腸内細菌が解毒を行う
(6)「合成」:3000種類の酵素を作る
(7)「排泄」:老排物や毒素を排泄
 

 
 
 
 

■ 腸のトラブル!便秘はすでに国民病!


 
今回ご紹介させていただくストレッチは、以前TBS系列で放送されていた「教科書にのせたい!」という番組で「腸」の働きについて特集されたものです。


あの順天堂大学医学部の小林弘幸教授が出演されていて、腸の働きを活発化させるストレッチを自ら実演いながらやり方を紹介しています。
 
 
腸のトラブルというと便秘があげられます。実際に便秘で苦しんでいる人が日本国内だけでも500万人以上いるとされています。もはや国民病といっても良いくらいのレベルに達しています。


20代から30代前半くらいまでは、男性よりも女性のほうが圧倒的に便秘に苦しむ人が多いのですが、50代では男女ほとんど変わらないようです。
 
 
その理由として、腸の働きが著しく悪化することが上げられます。腸の働きが良くなれば、健康はもちろんのこと、美容にも良い効果をもたらしてくれるので、是非今回ご紹介させていただくストレッチを実践して腸を整えていきましょう。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

腸を温めると幸せホルモン「セロトニン」がドバドバでる!自律神経を整えて便秘、がん、アレルギー、うつ病を予防!

 
warm_the_intestines_1251.jpg
 
 
 
 

■ 腸は脳よりも凄い?!


 
腸は脳に匹敵するくらい人の心と身体の働きに影響を与える臓器です。
 
 
というのも幸せホルモンと言われているセロトニンという物質のほとんどが腸で作られているからです。
 
 
冷えなどの影響で腸の働きが悪化するとセロトニンが作られる働きが著しく悪化してしまいますので、心と身体の健康を維持するには常に腸を良い状態に保つ必要があります。
 
 
 

●腸が良い状態(善玉菌の割合が多い)


 
good_bowel_condition_1251.jpg
 
 
 

●腸が悪い状態(悪玉菌の割合が多い)


 
bad_bowel_condition_1252.jpg
 
 

 
腸内で悪玉菌が増え続けると、以下のような問題が起こる可能性があります。
 
 

▼ 腸内環境の悪化によるトラブル


 
悪玉菌が増え続けて腸内のバランスが崩れると、胃や腸の働きが悪化して消化器系のトラブルが起こりやすくなります。
 
 
例えば、便秘や下痢、腹痛などが起こりやすくなる可能性ががあります。
 
 
 
 

▼ 免疫力が低下するリスク


 
腸内には、免疫力をサポートする善玉菌が豊富に存在しています。
 
 
悪玉菌が増えすぎると、その影響で善玉菌の数が減ってしまうので、免疫力が低下する可能性があります。
 
 
 
 

▼ 皮膚などに炎症がおきる


 
悪玉菌が増えすぎると、腸内環境が悪化して腸内で共存していた様々な菌たちが棲みづらくなり、その影響で皮膚などに炎症が生じる原因となる物質が生成されるリスクが高まります。
 
 
 
 

▼ 肥満や生活習慣病のリスクの増加


 
腸内細菌叢は、体内の栄養素の代謝や吸収にも関与しています。
 
 
悪玉菌が増えすぎると、食べ物の栄養素を効率的に取り込めなくなり、肥満や生活習慣病のリスクが高まることがあります。
 
 
 
 

▼ 自律神経のバランスも乱れる!


 
また、腸が冷えると自律神経のバランスが乱れてしまうので、様々な体調不良を引き起こす原因となってしまいます。
 
 
そうならないためにも腸を冷やしてはいけません。腸を冷やして心と身体に良いことは何一つありません。


逆に常に温めることによって、美容と健康に優れた効果をもたらします。」
 
 
事実うつ病などの精神疾患に関しても脳だけでなく腸の影響についても考慮する動きが広がっているので、今後さらに腸の働きの重要性が高まる可能性があります。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

幸せホルモン「セロトニン」は約95%腸で作られる!腸がきれいになるとセロトニンが増えて心と体がもっと健康に!

 
bowel_condition_01071.jpg
 
 
 
 

■ 人はなぜストレスに苦しめられるのか!?


 
幸せホルモンの一つである「セロトニン」は、心と体を安定させるために欠かすことが出来ない神経伝達物質です。
 
 
セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患を誘発することになるわけですが、実はセロトニンが不足している人が増えています。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、女性の方が不足している人が多い状況にあります。
 
 
その結果として、うつ病を発症する人は比率でいうと女性の方が男性よりも多いです。
 
 
なぜセロトニンが不足してしまうのかというと、その原因は「ストレス」です。
 
 
 
 

▼ イライラ、不安、考え過ぎはセロトニン不足が原因!?


 
セロトニンは脳と腸で生成され、精神を安定させる働きがあるわけですが、長期間に渡って強いストレスにさらされると自律神経のバランスも悪化します。
 
 
ですので、腸を含めた身体中の器官の働きが乱れてしまい、様々な体調不良を引き起こす原因となります。
 
 
そうならないためにもセロトニンを意識して増やす必要があります。
 
 
そのために「脳」と「腸」の状態と取り巻く環境をしっかり整えなければなりません。
 
 
腸の働きが悪化して真の健康は得られません。
 
 
それほど腸は人間の心と体の健康にとって大事な臓器です。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

体調不良の原因は「胃と腸」にあった!1日1分「おなかもみ上げ」で痩せにくい、便秘、むくみ、肩コリの予防に!

 
belly_massage_01021.jpg
 
 
 
 

■ おなかの調子はいかがですか?


 
今の時期は季節の変わり目ということもあって、気候の変化が激しいことから疲労、だるさ、イライラ、めまいといった体調不良に悩まされるケースが少なくありません。
 
 
意外にもこうした体調不良の多くが胃と腸の状態が悪化していることが原因とされています。
 
 
胃と腸の働きを改善して、こうした様々な体調不良の症状を解消する健康法として今回ご紹介させていただくのが、『1日1分で人生が変わるおなかもみ上げ』という本で解説されている「おなかもみ上げ」です。
 
 
Amazonでこの本を購入する >>
 
 
 
整体の世界では結構昔からある手法なんだそうですが、整体師でもある著者の先生が、これまでの経験から、誰でも簡単に不調を改善できる「おなかもみ上げ」を提案したところ、その優れた効果が瞬く間に口コミで広がりました。
 
 
 
 

▼ 胃や腸の働きを改善するメリットとは?


 
胃や腸は食べ物を消化するだけでなく、その他にも健康を維持する上で欠かすことができない色々な働きがあるので、胃や腸をつねに良い状態に保つことによって、健康維持につながります。
 
 
1日1分程度「おなかもみ上げ」でお腹を刺激してあげることによって、胃や腸の働きが次第に良くなり、様々な体調不良の症状を改善することが期待できます。
 
 
しかも、「おなかもみ上げ」は、場所を選ばず、どこでも出来る点も大きな魅力です。
 
 
ということで、今回は「おなかもみ上げ」の優れた効果・効能について分かりやすく解説したダ・ヴィンチニュースさんの記事と「おなかもみ上げ」を実演している動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

あなたの怒りや悲しみといった感情は「脳」ではなく「腸」によってコントロールされていた!?

 
stomach_brain_12231.jpg
 
 
 
 

■ 腸は単なる消化器官ではない!?


 
腸にも脳と同じような機能がいくつかあるため、腸は第二の脳といわれており、すでに30年以上前から神経伝達物質が腸を自律的に動かしていることが証明されています。
 
 
腸内細菌(善玉菌)が減少し、悪玉菌が腸内に増えてしまうと腸内環境が悪くなるため、腸の働きも当然悪化します。
 
 
そうなると血液がドロドロになって血流が悪化するといった具合に様々な健康被害を引き起こす原因となります。
 
 
 
 
How_serotonin_is_made_091.jpg
 
 
 

■ セロトニンの分泌量が増えるメリット!


 
また、セロトニンなどの幸せホルモンの分泌(脳が1割に対し、腸は9割)も悪化します。
 
 
これにより、うつ病などの精神疾患を引き起こしやすくなるので、心と体の健康を維持するためにも腸内環境をしっかり整える必要があります。
 
 
セロトニンが増えることによって、以下のメリットが得られます。
 
 
 
 

▼ セロトニンが増えるメリット(1)「気分の安定」


 
セロトニンは、脳内物質の一つで、幸せホルモンとして知られています。
 
 
セロトニンが増えると、ストレスによる様々な症状が抑えられ、気分が安定することが知られています。
 
 
 
 

▼ セロトニンが増えるメリット(2)「睡眠の質が良くなる」


 
セロトニンが増えると、睡眠の質が良くなります。
 
 
日中にセロトニン分泌量が増えると夜間にメラトニンの分泌量が増えます。
 
 
メラトニンには睡眠誘導作用があり、質の良い睡眠に誘導してくれます。
 
 
 
 

▼ セロトニンが増えるメリット(3)「食欲をコントロール」


 
セロトニンは、摂食中枢を抑制し、満腹中枢を刺激することによって、食欲を抑える働きがあります。
 
 
このため、セロトニンが不足してしまうと、ストレスで過食を抑えられなくなってしまいます。
 
 
セロトニンの分泌量が安定すると食欲をコントロールするのが容易になります。
 
 
 
 
 

▼ セロトニンが増えるメリット(4)「痛みを緩和」


 
セロトニンには痛みを緩和する効果があります。
 
 
セロトニンが増えると、痛みを感じる神経の伝達が抑制され、痛みを緩和する効果が得られます。
 
 
しかし、何らかの原因でセロトニンが不足してしまうと、痛みを抑制する働きが低下して、痛みを感じやすくなります。
 
 
 
ということで、今回は腸によって怒りや悲しみといった感情がコントロールされているメカニズムを分かりやすく解説したカラパイアさんの記事を引用させていただきました。
 
 
腸内環境を良い状態に保つための方法を解説した自然治癒倶楽部さんの動画を合わせてご覧ください。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます