脳のタグ記事一覧


タグ:脳

脳のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

マッサージ
     ■ 疲れている人が増えています! 目からくる頭痛、疲れ、めまいに悩まされている人がここに来て加速的に増えています。  しかも中高年ではなく、20代の人たちにそうした傾向が強く見られます。  その原因としてスマホの長時間利用が大きな割合を占めています。  スマホによって姿勢がだんだん前かがみになると体への負荷が比例して大きくなります。  そうすると次第に体へ与えるダメージが大きくなるので、あ...

記事を読む

健康法
     ■ 人はなぜストレスに苦しめられるのか!? 幸せホルモンの一つである「セロトニン」は、心と体を安定させるために欠かすことが出来ない神経伝達物質です。  セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患を誘発することになるわけですが、実はセロトニンが不足している人が増えています。  意外に思われるかもしれませんが、女性の方が不足している人が多い状況にあります。  その結果として、うつ病を発症する...

記事を読む

その他
     ■ 腸は単なる消化器官ではない!? 腸にも脳と同じような機能がいくつかあるため、腸は第二の脳といわれており、すでに30年以上前から神経伝達物質が腸を自律的に動かしていることが証明されています。  腸内細菌(善玉菌)が減少し、悪玉菌が腸内に増えてしまうと腸内環境が悪くなるため、腸の働きも当然悪化します。  そうなると血液がドロドロになって血流が悪化するといった具合に様々な健康被害を引き起こす...

記事を読む

食品の効果効能
     ■ セロトニンとは!? 幸せホルモンの一つである「セロトニン」は脳と腸で生成(9割りが腸)され、精神を安定させる優れた効能・効果があります。  腸内環境を改善することによってセロトニンの分泌が活発化します。  セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れてイライラしやすくなったり、気分がモヤモヤしたり、落ち込みやすくなったりします。  また、最悪の場合はうつ病を引き起こしてしまうリスクがあり...

記事を読む

その他
     ■ ストレスを解消しようとするとストレスが激増! 人を苦しめるものにストレスがあります。ストレスをお酒やショッピングなどで解消しようとするとかえってストレスが大きくなって自分のもとに帰ってきます。  お酒を飲めば飲むほど、買い物すればするほど辛いことがやってきます。これに早くきづかないと辛いことばかりでなく、依存症になってしまうので、おすすめできません。     ■ ストレスを感じるのはセロ...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

脳の再起動ボタン風府の疲労回復効果が凄い!頭がスッキリ気持ちいい!脳疲労、眼精疲労、首コリ、肩こりの予防にも!

 
pressure_points_01111.jpg
 
 
 
 

■ 疲れている人が増えています!


 
目からくる頭痛、疲れ、めまいに悩まされている人がここに来て加速的に増えています。
 
 
しかも中高年ではなく、20代の人たちにそうした傾向が強く見られます。
 
 
その原因としてスマホの長時間利用が大きな割合を占めています。
 
 
スマホによって姿勢がだんだん前かがみになると体への負荷が比例して大きくなります。
 
 
そうすると次第に体へ与えるダメージが大きくなるので、ある日突然目から来る頭痛、体の痛みやコリに襲われることになります。
 
 
こうした状態が長期化してしまうとメンタル面でも悪い影響を与えるので注意が必要です。
 
 
 
 
【首の曲がる角度が大きくなると、首の骨にかかる負荷が増える】
 
neck_load_01111.jpg
 
 
 

▼ 頭痛程度では病院に行かないため症状がさらに悪化!


 
仕事でPCを一日中操作し、プライベートで長時間スマホを利用すれば体が悲鳴をあげるのも無理ありません。
 
 
しかし、日本では目から来る頭痛程度で会社を休んで病院へ行く人はほとんどいません。
 
 
大抵の人は、市販薬を飲みながらそのまま放置してしまうので、さらに症状が悪化します。
 
 
そうならないためにも心と体の疲れを回復させるためのケアが必要になります。
 
 
ということで今回はTwitterで話題の頭脳労働の疲れをすっきりと取る疲労回復の方法をご紹介します。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

幸せホルモン「セロトニン」は約95%腸で作られる!腸がきれいになるとセロトニンが増えて心と体がもっと健康に!

 
bowel_condition_01071.jpg
 
 
 
 

■ 人はなぜストレスに苦しめられるのか!?


 
幸せホルモンの一つである「セロトニン」は、心と体を安定させるために欠かすことが出来ない神経伝達物質です。
 
 
セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患を誘発することになるわけですが、実はセロトニンが不足している人が増えています。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、女性の方が不足している人が多い状況にあります。
 
 
その結果として、うつ病を発症する人は比率でいうと女性の方が男性よりも多いです。
 
 
なぜセロトニンが不足してしまうのかというと、その原因は「ストレス」です。
 
 
 
 

▼ イライラ、不安、考え過ぎはセロトニン不足が原因!?


 
セロトニンは脳と腸で生成され、精神を安定させる働きがあるわけですが、長期間に渡って強いストレスにさらされると自律神経のバランスも悪化します。
 
 
ですので、腸を含めた身体中の器官の働きが乱れてしまい、様々な体調不良を引き起こす原因となります。
 
 
そうならないためにもセロトニンを意識して増やす必要があります。
 
 
そのために「脳」と「腸」の状態と取り巻く環境をしっかり整えなければなりません。
 
 
腸の働きが悪化して真の健康は得られません。
 
 
それほど腸は人間の心と体の健康にとって大事な臓器です。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

あなたの怒りや悲しみといった感情は「脳」ではなく「腸」によってコントロールされていた!?

 
stomach_brain_12231.jpg
 
 
 
 

■ 腸は単なる消化器官ではない!?


 
腸にも脳と同じような機能がいくつかあるため、腸は第二の脳といわれており、すでに30年以上前から神経伝達物質が腸を自律的に動かしていることが証明されています。
 
 
腸内細菌(善玉菌)が減少し、悪玉菌が腸内に増えてしまうと腸内環境が悪くなるため、腸の働きも当然悪化します。
 
 
そうなると血液がドロドロになって血流が悪化するといった具合に様々な健康被害を引き起こす原因となります。
 
 
 
 
How_serotonin_is_made_091.jpg
 
 
 

■ セロトニンの分泌量が増えるメリット!


 
また、セロトニンなどの幸せホルモンの分泌(脳が1割に対し、腸は9割)も悪化します。
 
 
これにより、うつ病などの精神疾患を引き起こしやすくなるので、心と体の健康を維持するためにも腸内環境をしっかり整える必要があります。
 
 
セロトニンが増えることによって、以下のメリットが得られます。
 
 
 
 

▼ セロトニンが増えるメリット(1)「気分の安定」


 
セロトニンは、脳内物質の一つで、幸せホルモンとして知られています。
 
 
セロトニンが増えると、ストレスによる様々な症状が抑えられ、気分が安定することが知られています。
 
 
 
 

▼ セロトニンが増えるメリット(2)「睡眠の質が良くなる」


 
セロトニンが増えると、睡眠の質が良くなります。
 
 
日中にセロトニン分泌量が増えると夜間にメラトニンの分泌量が増えます。
 
 
メラトニンには睡眠誘導作用があり、質の良い睡眠に誘導してくれます。
 
 
 
 

▼ セロトニンが増えるメリット(3)「食欲をコントロール」


 
セロトニンは、摂食中枢を抑制し、満腹中枢を刺激することによって、食欲を抑える働きがあります。
 
 
このため、セロトニンが不足してしまうと、ストレスで過食を抑えられなくなってしまいます。
 
 
セロトニンの分泌量が安定すると食欲をコントロールするのが容易になります。
 
 
 
 
 

▼ セロトニンが増えるメリット(4)「痛みを緩和」


 
セロトニンには痛みを緩和する効果があります。
 
 
セロトニンが増えると、痛みを感じる神経の伝達が抑制され、痛みを緩和する効果が得られます。
 
 
しかし、何らかの原因でセロトニンが不足してしまうと、痛みを抑制する働きが低下して、痛みを感じやすくなります。
 
 
 
ということで、今回は腸によって怒りや悲しみといった感情がコントロールされているメカニズムを分かりやすく解説したカラパイアさんの記事を引用させていただきました。
 
 
腸内環境を良い状態に保つための方法を解説した自然治癒倶楽部さんの動画を合わせてご覧ください。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

朝カレーで幸せホルモン「セロトニン」がドバドバ出る!?朝カレーで基礎代謝と免疫力を高めて元気モリモリ!

 
Curry_and_rice_12151.jpg
 
 
 
 
■ セロトニンとは!?
 
幸せホルモンの一つである「セロトニン」は脳と腸で生成(9割りが腸)され、精神を安定させる優れた効能・効果があります。
 
 
腸内環境を改善することによってセロトニンの分泌が活発化します。
 
 
セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れてイライラしやすくなったり、気分がモヤモヤしたり、落ち込みやすくなったりします。
 
 
また、最悪の場合はうつ病を引き起こしてしまうリスクがあります。
 
 
誰もが不安や恐れなどネガティブな思考や感情に翻弄されること無く精神的に安定した生活を送りたいと願っていますよね。
 
 
しかし、テロや経済不況などの社会的不安が世界的に広がっている状況では、不安なことを考えないようにするほうが難しいですよね。
 
 
気を楽に持とうとすればするほど苦しくなります。
 
 
 
Serotonin_secretion_12151.jpg
 
 
 

▼ セロトニンの分泌力を高める食品とは!?


 
それよりも、セロトニンの分泌を活発化させたほうが、簡単に心と体をリラックスさせることができます。
 
 
そのためには脳と腸の両方を整えなければなりません。
 
 
ちなみにセロトニンを増やしてくれる食品は以下のとおりです。
 
 

【セロトニンを増やす食品】
 
(1)牛乳
(2)チーズ
(3)ヨーグルト
(4)豆腐
(5)納豆
(6)しょうゆ
(7)味噌
(8)カツオ
(9)マグロ
(10)アーモンド・ピーナッツ
(11)バナナ
(12)小麦胚芽
(13)卵
 

 
Serotonin_secretion_12152.jpg
 
 
 

▼ カレーがセロトニンの分泌力を高める!?


 
これらの食品を摂取しながらセロトニンの分泌を活性化するのも一つの手ですが、もっと効率よくセロトニンの分泌を活性化する方法があります。
 
 
それがカレーライスを食べることです。
 
 
そう、みんなの大好きなあのカレーです。
 
 
ということで、今回はカレーライスを食べることによって、セロトニンの分泌を活性化させる方法についてまとめたロケットニュース24さんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

幸せホルモン「セロトニン」の健康効果が凄い!自律神経が整って睡眠の質が改善!記憶力低下、PMS、うつ病の予防に!

 
Serotonin_secretion_1281.jpg
 
 
 
 

■ ストレスを解消しようとするとストレスが激増!


 
人を苦しめるものにストレスがあります。ストレスをお酒やショッピングなどで解消しようとするとかえってストレスが大きくなって自分のもとに帰ってきます。
 
 
お酒を飲めば飲むほど、買い物すればするほど辛いことがやってきます。これに早くきづかないと辛いことばかりでなく、依存症になってしまうので、おすすめできません。
 
 
 
 
 

■ ストレスを感じるのはセロトニン不足の証拠!?


 
強いストレスを感じているとき人は、どうしてもそのことばかり考えてしまうので、ストレスがあったことさえ忘れてしまう状態にもっていけばいいわけです。そうしないと頭から離れることはありません。
 
 
その一つの方法として幸せホルモン「セロトニン」を増やすことによって比較的容易に実現できます。このセロトニンは、脳内で作られる脳内ホルモン(神経伝達物質)の一つで、強いストレスを感じているときは、セロトニンが不足しています。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます