脳のタグ記事一覧


タグ:脳

脳のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

食事の問題について
     ■ 炭酸飲料水は脳にとてつもないダメージを与える? 私ほんの数年前まで毎日コーラーの500ml缶を3本ほど飲むほど大の炭酸飲料水クレイジーだったのですが、その後体調不良が長らく続いたので、今では一切飲んでいません。  炭酸飲料水は甘くて美味しいですが、その甘さの素である人工甘味料は脳の神経細胞が出す信号を書き換えてしまうことによって、脳の働きを著しく悪化させてしまいます。  ジョギングなど...

記事を読む

脳の働きについて
     ■ ボーッとすることに罪悪感を抱いてませんか? 毎年11月後半くらいになると本格的に寒さが厳しくなり、冬季うつの症状に悩まされるケースが増え始めます。  あなたの職場にもいませんか?  こうした精神的な病に苦しめられる方の特徴として「休むことに対して罪悪感を感じている」点があげられます。  仕事に関しても朝から晩までフル活動で取り組んでいかなければならないと思っています。  しかも週末も何...

記事を読む

マッサージ
     ■ 疲れている人が増えています! 目からくる頭痛、疲れ、めまいに悩まされている人がここに来て加速的に増えています。  しかも中高年ではなく、20代の人たちにそうした傾向が強く見られます。  その原因としてスマホの長時間利用が大きな割合を占めています。  スマホによって姿勢がだんだん前かがみになると体への負荷が比例して大きくなります。  そうすると次第に体へ与えるダメージが大きくなるので、あ...

記事を読む

健康法
     ■ 人はなぜストレスに苦しめられるのか!? 幸せホルモンの一つである「セロトニン」は、心と体を安定させるために欠かすことが出来ない神経伝達物質です。  セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患を誘発することになるわけですが、実はセロトニンが不足している人が増えています。  意外に思われるかもしれませんが、女性の方が不足している人が多い状況にあります。  その結果として、うつ病を発症する...

記事を読む

その他
     ■ 腸は単なる消化器官ではない!? 腸にも脳と同じような機能がいくつかあるため、腸は第二の脳といわれており、すでに30年以上前から神経伝達物質が腸を自律的に動かしていることが証明されています。  腸内細菌(善玉菌)が減少し、悪玉菌が腸内に増えてしまうと腸内環境が悪くなるため、腸の働きも当然悪化します。そうなると血液がドロドロになって血流が悪化するといった具合に様々な健康被害を引き起こす原因...

記事を読む

美味しいから怖い!炭酸飲料が脳の神経細胞を破壊する4つの健康被害とは!?

 
carbonated_drink_01241_202301241615586c3.jpg
 
 
 
 

■ 炭酸飲料水は脳にとてつもないダメージを与える?


 
私ほんの数年前まで毎日コーラーの500ml缶を3本ほど飲むほど大の炭酸飲料水クレイジーだったのですが、その後体調不良が長らく続いたので、今では一切飲んでいません。
 
 
炭酸飲料水は甘くて美味しいですが、その甘さの素である人工甘味料は脳の神経細胞が出す信号を書き換えてしまうことによって、脳の働きを著しく悪化させてしまいます。
 
 
ジョギングなどのスポーツを行ったあとに炭酸飲料を飲むと心と体スッキリして、ものすごく気分が良くなります。しかし、それは単なる錯覚だったようです。
 
 
私のように毎日大量に炭酸飲料水を飲むと頭痛や不眠、不安障害の原因にもなりえるので、脳に悪影響を与えることはほぼ間違いありません。
 
 
私のように完全に飲むのを辞めなくても、週に数回飲むくらいに留めるために是非炭酸飲料水の恐ろしい脳へのダメージを知っていただきたく、炭酸飲料水の有害性について説いたWoorisさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

ボーッとしているときの脳は普段の20倍働いていた!?誰でも凄い自分になれるストレス知らずの脳の使い方!

 
Inspiration_01171.jpg
 
 
 
 

■ ボーッとすることに罪悪感を抱いてませんか?


 
毎年11月後半くらいになると本格的に寒さが厳しくなり、冬季うつの症状に悩まされるケースが増え始めます。
 
 
あなたの職場にもいませんか?
 
 
こうした精神的な病に苦しめられる方の特徴として「休むことに対して罪悪感を感じている」点があげられます。
 
 
仕事に関しても朝から晩までフル活動で取り組んでいかなければならないと思っています。
 
 
しかも週末も何かしなければいけないという思い込みから、しっかり予定を組んで、その通りに行動するので、家でボーッと過ごすことがありません。
 
 
これでは心と体が休まる暇がありません。
 
 
このため精神的に疲弊してしまうわけですが、実は無理してバリバリ働くよりも、ボーッとしながら働いたほうが仕事の生産性が上がることが証明されています。
 
 
 
 

▼『 脳はとてつもなく働き者だった!? 』


 
実はボーッとしているとき脳は充電しているように思われますが、実は普段の約15~20倍働いているんです。
 
 
ですので、意外に思われるかもしれませんが、意識してバリバリはたらくよりも、意識してボーッとしたほうがいいんですね。
 
 
しかも、そうすることで、仕事のストレスを抑えることができるので、色々とメリットがあります。
 
 
ということで今回はボーっとしているときの凄い脳の働きについて分かりやすく解説したSuzieさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

脳の再起動ボタン風府の疲労回復効果が凄い!頭がスッキリ気持ちいい!脳疲労、眼精疲労、首コリ、肩こりの予防にも!

 
pressure_points_01111.jpg
 
 
 
 

■ 疲れている人が増えています!


 
目からくる頭痛、疲れ、めまいに悩まされている人がここに来て加速的に増えています。
 
 
しかも中高年ではなく、20代の人たちにそうした傾向が強く見られます。
 
 
その原因としてスマホの長時間利用が大きな割合を占めています。
 
 
スマホによって姿勢がだんだん前かがみになると体への負荷が比例して大きくなります。
 
 
そうすると次第に体へ与えるダメージが大きくなるので、ある日突然目から来る頭痛、体の痛みやコリに襲われることになります。
 
 
こうした状態が長期化してしまうとメンタル面でも悪い影響を与えるので注意が必要です。
 
 
 
 
【首の曲がる角度が大きくなると、首の骨にかかる負荷が増える】
 
neck_load_01111.jpg
 
 
 

▼『 頭痛程度では病院に行かないため症状がさらに悪化!』


 
仕事でPCを一日中操作し、プライベートで長時間スマホを利用すれば体が悲鳴をあげるのも無理ありません。
 
 
しかし、日本では目から来る頭痛程度で会社を休んで病院へ行く人はほとんどいません。
 
 
大抵の人は、市販薬を飲みながらそのまま放置してしまうので、さらに症状が悪化します。
 
 
そうならないためにも心と体の疲れを回復させるためのケアが必要になります。
 
 
ということで今回はTwitterで話題の頭脳労働の疲れをすっきりと取る疲労回復の方法をご紹介します。

» 記事の続きを読む

幸せホルモン「セロトニン」は約95%腸で作られる!腸がきれいになるとセロトニンが増えて心と体がもっと健康に!

 
bowel_condition_01071.jpg
 
 
 
 

■ 人はなぜストレスに苦しめられるのか!?


 
幸せホルモンの一つである「セロトニン」は、心と体を安定させるために欠かすことが出来ない神経伝達物質です。
 
 
セロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患を誘発することになるわけですが、実はセロトニンが不足している人が増えています。
 
 
意外に思われるかもしれませんが、女性の方が不足している人が多い状況にあります。
 
 
その結果として、うつ病を発症する人は比率でいうと女性の方が男性よりも多いです。
 
 
なぜセロトニンが不足してしまうのかというと、その原因は「ストレス」です。
 
 
 
 

▼『 イライラ、不安、考え過ぎはセロトニン不足が原因!? 』


 
セロトニンは脳と腸で生成され、精神を安定させる働きがあるわけですが、長期間に渡って強いストレスにさらされると自律神経のバランスも悪化します。
 
 
ですので、腸を含めた身体中の器官の働きが乱れてしまい、様々な体調不良を引き起こす原因となります。
 
 
そうならないためにもセロトニンを意識して増やす必要があります。そのために「脳」と「腸」の状態と取り巻く環境をしっかり整えなければなりません。
 
 
腸の働きが悪化して真の健康は得られません。それほど腸は人間の心と体の健康にとって大事な臓器です。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

あなたの怒りや悲しみといった感情は「脳」ではなく「腸」によってコントロールされていた!?

 
stomach_brain_12231.jpg
 
 
 
 

■ 腸は単なる消化器官ではない!?


 
腸にも脳と同じような機能がいくつかあるため、腸は第二の脳といわれており、すでに30年以上前から神経伝達物質が腸を自律的に動かしていることが証明されています。
 
 
腸内細菌(善玉菌)が減少し、悪玉菌が腸内に増えてしまうと腸内環境が悪くなるため、腸の働きも当然悪化します。


そうなると血液がドロドロになって血流が悪化するといった具合に様々な健康被害を引き起こす原因となります。
 
 
 
How_serotonin_is_made_091.jpg
 
 
 

『 セロトニンの分泌量を増やして精神疾患を予防! 』


 
また、セロトニンなどの幸せホルモンの分泌(脳が1割に対し、腸は9割)も悪化するので、うつ病などの精神疾患を引き起こしやすくなるので、心と体の健康を維持するためにも腸内環境をしっかり整える必要があります。
 
 
ということで、今回は腸によって怒りや悲しみといった感情がコントロールされているメカニズムを分かりやすく解説したカラパイアさんの記事と腸内環境を良い状態に保つための方法を解説した自然治癒倶楽部さんの動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます