脳のタグ記事一覧


タグ:脳

脳のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
      ■ ストレスを解消しようとするとストレスが激増!  人を苦しめるものにストレスがあります。ストレスをお酒やショッピングなどで解消しようとするとかえってストレスが大きくなって自分のもとに帰ってきます。  お酒を飲めば飲むほど、買い物すればするほど辛いことがやってきます。これに早くきづかないと辛いことばかりでなく、依存症になってしまうので、おすすめできません。       ■ ストレスを感じる...

記事を読む

その他
   ■ 腸の働きを良くすれば人生はもっと上手くいく!?  先日、順天堂大学医学部附属順天堂医院の小林弘幸先生の著書「 人生を決めるのは脳が1割、腸が9割! 」を読み、改めて腸の持つ優れた機能に驚かされました。小林先生は順天堂大学医学部附属順天堂医院の便秘外来に勤務する現役の医師です。  数年先まで予約が埋まっている状況にありながら、毎年必ず自律神経と腸活、便秘などに関する著書が出版され、出す本すべて...

記事を読む

その他
    ■ 悪口を言えば言うほど脳は老化する?!  過去100年間にわたって化学は飛躍的進化をとげましたが依然として人間は脳のメカニズムについて完全には解明できていません。謎だらけと言っても過言ではありません。  脳の働きは非常に優れたものでありながら、ある意味欠陥としかいいようのない1つの弱点があります。それは「脳は主語を理解できない」という点です。  この事実をきちんと把握して利用してやることに...

記事を読む

その他
     ■ 脳の働きはボッーとしたほうがいい!?  仕事や日常生活で何らかしらの問題が発生したとき、あなたはどのように対応していますか?。解決策をひねり出すために必死になって考えるのではないでしょうか?。  しかし、一生懸命考えても何も思いつかないことの方が多いですよね。実は何もしないで「ボっー」とした方が脳の働きいいことが最新の脳研究で明らかになったんです。  あまりにも非常識な発想ですが、問題...

記事を読む

その他
     ■ ボーッとすることに罪悪感を抱いてませんか?  毎年11月後半くらいになると本格的に寒さが厳しくなり、冬季うつの症状に悩まされる方が目立ち始めます。あなたの職場にもいませんか?。こうした精神的な病に苦しめられる方の特徴として「休むことに対して罪悪感を感じている」点があげられます。  仕事に関しても朝から晩までフル活動で取り組んでいかなければならないと思っています。しかも週末も何かしなけれ...

記事を読む

幸せホルモン「セロトニン」の健康効果が凄い!自律神経が整って睡眠の質が改善!記憶力低下、PMS、うつ病の予防に!

 
 
122017901ht_20170908205315b78.png
 
 
 
 
■ ストレスを解消しようとするとストレスが激増!
 
 
人を苦しめるものにストレスがあります。ストレスをお酒やショッピングなどで解消しようとするとかえってストレスが大きくなって自分のもとに帰ってきます。
 
 
お酒を飲めば飲むほど、買い物すればするほど辛いことがやってきます。これに早くきづかないと辛いことばかりでなく、依存症になってしまうので、おすすめできません。
 
 
 
 
 
0420170301ht_2017030920141643c.png
 
 

■ ストレスを感じるのはセロトニン不足の証拠!?
 
 
強いストレスを感じているとき人は、どうしてもそのことばかり考えてしまうので、ストレスがあったことさえ忘れてしまう状態にもっていけばいいわけです。そうしないと頭から離れることはありません。
 
 
その一つの方法として幸せホルモン「セロトニン」を増やすことによって比較的容易に実現できます。このセロトニンは、脳内で作られる脳内ホルモン(神経伝達物質)の一つで、強いストレスを感じているときは、セロトニンが不足しています。

» 記事の続きを読む

脳1割、腸9割で人生はもっと上手くいく!腸は第2の脳どころではない腸が持つ10の機能が凄すぎる!


3420181205hm.png
 
 
 
■ 腸の働きを良くすれば人生はもっと上手くいく!?
 
 
先日、順天堂大学医学部附属順天堂医院の小林弘幸先生の著書「 人生を決めるのは脳が1割、腸が9割! 」を読み、改めて腸の持つ優れた機能に驚かされました。小林先生は順天堂大学医学部附属順天堂医院の便秘外来に勤務する現役の医師です。
 
 
数年先まで予約が埋まっている状況にありながら、毎年必ず自律神経と腸活、便秘などに関する著書が出版され、出す本すべてベストセラーとなっています。それだけ現代人が抱えている問題に腸が深く関わっているんです。
 
 
腸は第二の脳といわれていますが、小林先生は人生を決めるのは脳が1割、腸が9割であると強く訴えています。「オキシトシン」などのいわゆる幸せホルモンは腸によって約9割ほど分泌されるので、腸の働きが悪化すれば心と体の健康は著しく損なわれます。
 
 
10620161019.png
 
 
 
『 善玉菌を増やして腸内環境を整える! 』
 
 
心と体の健康を維持する上で欠かすことのできない自律神経(交感神経と副交感神経)の働きを良くするためにも腸内環境を良い状態に保つ必要があります。そのためにも善玉菌を増やして腸内環境を整えなければなりません。
 
 
しかし、依然として腸の働きについて、あまり知られていませんよね。ということで、今回は腸に関する10の豆知識をわかりやすくまとめたカラパイアさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

人の悪口をいうと「運が悪くなる」?意地悪な人は例外なく人の悪口を言う人たちだった?何と悪口が認知症の原因に!

 
1692017926ht.png
 
 
 
■ 悪口を言えば言うほど脳は老化する?!
 
 
過去100年間にわたって化学は飛躍的進化をとげましたが依然として人間は脳のメカニズムについて完全には解明できていません。謎だらけと言っても過言ではありません。
 
 
脳の働きは非常に優れたものでありながら、ある意味欠陥としかいいようのない1つの弱点があります。それは「脳は主語を理解できない」という点です。
 
 
この事実をきちんと把握して利用してやることによって人生が大きく飛躍します。なぜなら感情をコントロールしている「古い脳」は驚くべきことに主語が理解できません。
 
 
 
 
47560170301ht.png
 
 
 
【 脳は他人の悪口と自分への悪口と区別がつかない!? 】
 
 
ですので、新しい脳から送られてくる情報を主語がない状態で理解します。主語が理解できないとどうなるか?。例えば職場の同僚であるAさんの悪口を言ったとします。
 
 
しかし、脳は誰かの悪口を言っていることは理解できても、このAさんの悪口を言っているとは理解できなわけです。当然ここで混乱が生じてしまいます。
 
 
そして、大抵の場合において脳は間違って自分の悪口であると認識してしまうのです。従って自分の悪口をいわれていると誤認識するため強いストレスを受けることになります。
 
 
 
 
47460170301ht.png
 
 
 
【 悪口を言えば言うほどストレスが増える! 】
 
 
このストレスが脳内にコルチゾールというストレスホルモンを分泌させてしまうため、脳の働きを著しく悪化してしまい、脳の老化がどんどん進んでいきます。
 
 
もっと簡単にいえば、人の悪口をいうと、脳内にコルチゾールが大量に発生してしまうので、脳の老化が進み、そのまま放置してしまうと認知症の発症リスクが高まります。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

頑張らないほうが上手くいく!?ぼーっとしてるとき人間の脳は普段の「約20倍」も働いていた!最強のストレス対処法!

 
 
1872017929ht.png
 
 
 
■ 脳の働きはボッーとしたほうがいい!?
 
 
仕事や日常生活で何らかしらの問題が発生したとき、あなたはどのように対応していますか?。解決策をひねり出すために必死になって考えるのではないでしょうか?。
 
 
しかし、一生懸命考えても何も思いつかないことの方が多いですよね。実は何もしないで「ボっー」とした方が脳の働きいいことが最新の脳研究で明らかになったんです。
 
 
あまりにも非常識な発想ですが、問題を解決しようと思ったら、必死になって考えるよりも「ボっー」としたほうがいいわけです。つまり、必死になって考えるというのは、脳の働きを邪魔していることと同じなんですね。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ

ボーッとしているときの脳は普段の20倍働いていた!?誰でも凄い自分になれるストレス知らずの脳の使い方!

 
19520171127ht.png
 
 
 
 
■ ボーッとすることに罪悪感を抱いてませんか?
 
 
毎年11月後半くらいになると本格的に寒さが厳しくなり、冬季うつの症状に悩まされる方が目立ち始めます。あなたの職場にもいませんか?。こうした精神的な病に苦しめられる方の特徴として「休むことに対して罪悪感を感じている」点があげられます。
 
 
仕事に関しても朝から晩までフル活動で取り組んでいかなければならないと思っています。しかも週末も何かしなければいけないという思い込みから、しっかり予定を組んで、その通りに行動するので、家でボーッと過ごすことがありません。
 
 
これでは心と体が休まる暇がありません。このため精神的に疲弊してしまうわけですが、実は無理してバリバリ働くよりも、ボーッとしながら働いたほうが仕事の生産性が上がることが証明されています。
 
 
 
832_2016081518422853a.png
 
 
 
『 脳はとてつもなく働き者だった!? 』
 
 
実はボーッとしているとき脳は充電しているように思われますが、実は普段の約15~20倍働いているんです。ですので、意外に思われるかもしれませんが、意識してバリバリはたらくよりも、意識してボーッとしたほうがいいんですね。
 
 
しかも、そうすることで、仕事のストレスを抑えることができるので、色々とメリットがあります。ということで今回はボーっとしているときの凄い脳の働きについて分かりやすく解説したSuzieさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます