脳のタグ記事一覧


タグ:脳

脳のタグが付いた記事一覧。健康と美容はセットで考えなければ必ず失敗します!。同じ失敗を繰り返さないために病気や体の痛み、こりなどの仕組み、そして、健康と美容を同時に実現するためのダイエット方法や各種エクセサイズを分かりやすく解説しています!いつまでも若々しい健康な体を手にいれたい方必見です!

その他
     ■ 悪口を言えば言うほど嫌なこと起こる! 過去100年間にわたって科学は飛躍的進化をとげましたが依然として人間は脳のメカニズムについて完全には解明できていません。謎だらけと言っても過言ではありません。  脳の働きは非常に優れたものでありながら、ある意味欠陥としかいいようのない1つの弱点があります。それは「脳は主語を理解できない」という点です。  ですので、人の悪口=自分の悪口として脳は捉え...

記事を読む

脳の働きについて
      ■ 脳の働きはボッーとしたほうがいい!? 仕事や日常生活で何らかしらの問題が発生したとき、あなたはどのように対応していますか?。解決策をひねり出すために必死になって考えるのではないでしょうか?。  しかし、一生懸命考えても何も思いつかないことの方が多いですよね。実は何もしないで「ボっー」とした方が脳の働きいいことが最新の脳研究で明らかになったんです。  あまりにも非常識な発想ですが、問題...

記事を読む

体の痛み不調の原因
     ■ 腰痛のほとんどが原因不明? 今回は、TBSの健康情報番組「健康カプセル!ゲンキの時間」にて紹介されていた原因不明の腰痛の改善方法をご紹介させていただきます。  どんなに名医が診断しても、腰痛の直接的な原因が解明できるのは全体の15%程度なんだそうです。ちなみに腰痛は「特異的腰痛」、「非特異的腰痛」の二つに分かれます。  特異的腰痛は、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症などで、こ...

記事を読む

脳の働きについて
      ■ 若い人の間で脳の老化が進んでいる!? 世の中が便利になればなるほどストレスが拡大し、皮肉にも人間一人あたりが負う負担が大きくなっています。ですので、ストレスを避けることが難しく、現状ではストレスが様々な病気を引き起こす原因となっています。  特に最近はスマホを長時間利用する人が増えているので、若い人であっても老眼になったり、急に白髪が増えたり、これまであまり若い人の間では見られなかっ...

記事を読む

脳の働きについて
     ■ ボーッとすることに罪悪感を抱いてませんか? 毎年新年度を迎えるとになると春季うつの症状に悩まされるケースが増え始めます。  春季うつは、新生活や寒暖差の激しい気候の変化によって自律神経の緊張状態が続いてしまうことが主な原因とされています。  あなたの職場にもいませんか?  こうした精神的な病に苦しめられる方の特徴として「休むことに対して罪悪感を感じている」点があげられます。  仕事に関...

記事を読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

人の悪口をいうと「運が悪くなる」?意地悪な人は例外なく人の悪口を言う人たちだった?何と悪口が認知症の原因に!

 
swearing_222.jpg
 
 
 
 

■ 悪口を言えば言うほど嫌なこと起こる!


 
過去100年間にわたって科学は飛躍的進化をとげましたが依然として人間は脳のメカニズムについて完全には解明できていません。謎だらけと言っても過言ではありません。
 
 
脳の働きは非常に優れたものでありながら、ある意味欠陥としかいいようのない1つの弱点があります。それは「脳は主語を理解できない」という点です。
 
 
ですので、人の悪口=自分の悪口として脳は捉えてしまうので、悪口を言いたくなるようなことが現実に起こってしまいます。
 
 
この事実をきちんと把握して脳いの使い方を整えてあげると人生が好転して大きく飛躍します。
 
 
 
 
 
swearing_223.jpg
 
 
 

■ 脳は他人の悪口と自分への悪口と区別がつかない!?


 
脳は主語が理解できない点をもう少し分かりやすく解説させていただきますね。


例えばあなたが職場の同僚であるAさんの悪口を言ったとします。脳は誰かの悪口を言っていることは理解できても、このAさんの悪口を言っているとは理解できなわけです。


当然ここで脳内で混乱が生じてしまい、大抵の場合において脳は間違って自分の悪口を言っていると認識してしまいます。


従って自分の悪口をいわれていると誤認識するため脳は強いストレスを受けることになります。


悪口を言ったその瞬間は気分が晴れても、しばらくするとまたモヤモヤしてくるのはそのためなんです。
 
 
 
 
 
swearing_224.jpg
 
 
 

■ 悪口を言えば言うほどストレスが増える!


 
自分の悪口を言っているというご認識がストレスとなって脳内にコルチゾールというストレスホルモンを分泌させてしまうため、脳の働きを著しく悪化してしまいます。


つまり悪口を言い続ければ脳内にコルチゾールが常に大量に発生してしまうため、脳の老化が進み続けてしまい最終的には認知症を発症してしまうかもしれないんです。


私は以前介護施設で研修を受けたことがあったのですが、私が担当させていただいたある女性は60歳前半の方でしたが、かなり認知症が進んでいました。


この方は口を開けば旦那さん、息子さんのお嫁さんの悪口を言ってました。
 

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

頑張らないほうが上手くいく!?ぼーっとしてるとき人間の脳は普段の「約20倍」も働いていた!最強のストレス対処法!

 
 
brain_function_161.jpg
 
 
 
 

■ 脳の働きはボッーとしたほうがいい!?


 
仕事や日常生活で何らかしらの問題が発生したとき、あなたはどのように対応していますか?。解決策をひねり出すために必死になって考えるのではないでしょうか?。
 
 
しかし、一生懸命考えても何も思いつかないことの方が多いですよね。実は何もしないで「ボっー」とした方が脳の働きいいことが最新の脳研究で明らかになったんです。
 
 
あまりにも非常識な発想ですが、問題を解決しようと思ったら、必死になって考えるよりも「ボっー」としたほうがいいわけです。つまり、必死になって考えるというのは、脳の働きを邪魔していることと同じなんですね。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

原因不明の腰痛を改善する意外な方法!原因はストレスによる脳の異常反応?

 
 
lower_back_pain1.jpg
 
 
 

■ 腰痛のほとんどが原因不明?


 
今回は、TBSの健康情報番組「健康カプセル!ゲンキの時間」にて紹介されていた原因不明の腰痛の改善方法をご紹介させていただきます。
 
 
どんなに名医が診断しても、腰痛の直接的な原因が解明できるのは全体の15%程度なんだそうです。ちなみに腰痛は「特異的腰痛」、「非特異的腰痛」の二つに分かれます。
 
 
特異的腰痛は、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症などで、このよように原因が特定できるものです。これらの腰痛の全体に占める割合は15%しかありません。
 
 
 
 

『 画像検査まで行っても腰痛の原因が分からない? 』


 
一方、非特異的腰痛は、その多くが原因不明となっています。しかも、画像検査まで行っても腰痛の原因が分かりません。つらい腰痛の治療を受ける側からすれば、不安になりますよね。
 
 
実はぎっくり腰も本当の原因はわからないんです。しかし、ぎっくり腰を患った方の大半は自然に治ります。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

記憶力と集中力を高める5つの食べ物の効果が凄い!脳の老化も抑えて認知症を予防!

 
 
brainaging.jpg
 
 
 
 

■ 若い人の間で脳の老化が進んでいる!?


 
世の中が便利になればなるほどストレスが拡大し、皮肉にも人間一人あたりが負う負担が大きくなっています。


ですので、ストレスを避けることが難しく、現状ではストレスが様々な病気を引き起こす原因となっています。
 
 
特に最近はスマホを長時間利用する人が増えているので、若い人であっても老眼になったり、急に白髪が増えたり、これまであまり若い人の間では見られなかった病気(生活習慣病など)を引き起こすケースが増えています。
 
 
ですので、脳の老化が進んでしまうのも例外ではありません。20代前半の若者であっても、いち早く前頭葉の老化が始まります。40代になると少しずつ脳が縮んでいきます。
 
 
 
 

『 前頭葉の老化が進むと恐ろしいことに?』


 
前頭葉の老化が進むとあらゆる意欲が衰えます。しかも想像力も落ちるので、感情のコントロールが次第に困難となり、突然激昂してしまうケースも少なくありません。


そうならないためにも、しっかり脳老化の予防に取り組まなければなりません。
 
 
ということで今回は脳の老化を予防する働きに優れた5つの食品について分かりやすく解説したWoorisさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


※本ページはプロモーションが含まれています。

ボーッとしているときの脳は普段の20倍働いていた!?誰でも凄い自分になれるストレス知らずの脳の使い方!

 
Inspiration_01171.jpg
 
 
 
 

■ ボーッとすることに罪悪感を抱いてませんか?


 
毎年新年度を迎えるとになると春季うつの症状に悩まされるケースが増え始めます。
 
 
春季うつは、新生活や寒暖差の激しい気候の変化によって自律神経の緊張状態が続いてしまうことが主な原因とされています。
 
 
あなたの職場にもいませんか?
 
 
こうした精神的な病に苦しめられる方の特徴として「休むことに対して罪悪感を感じている」点があげられます。
 
 
仕事に関しても朝から晩までフル活動で取り組んでいかなければならないと思っています。
 
 
しかも週末も何かしなければいけないという思い込みから、しっかり予定を組んで、その通りに行動するので、家でボーッと過ごすことがありません。
 
 
これでは心と体が休まる暇がありません。
 
 
このため精神的に疲弊してしまうわけですが、実は無理してバリバリ働くよりも、ボーッとしながら働いたほうが仕事の生産性が上がることが証明されています。
 
 
 
 
 

■ 脳はとてつもなく働き者だった!?


 
実はボーッとしているとき脳は充電しているように思われますが、実は普段の約15~20倍働いているんです。
 
 
ですので、意外に思われるかもしれませんが、意識してバリバリはたらくよりも、意識してボーッとしたほうがいいんですね。
 
 
しかも、そうすることで、仕事のストレスを抑えることができるので、色々とメリットがあります。
 
 
ということで今回はボーっとしているときの凄い脳の働きについて分かりやすく解説したSuzieさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む

Copyright © 健康と美容のためのダイエットとエクセサイズ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます